2019年7月12日 (金)

異形の梅雨寒

20190712kame
朝からずっと雨。それもかなり激し目で外に行く気にもなれず。
ずっと前線が南海上に張り付いてるもんで気温も低め。まぁムシムシするよりいいけどね。


4時近くなってやっと止んで空が明るくなってきたんでうちの前をチェックに行くと北のサイドが弱めで腹胸。
20190712hana
上げてるせいかバシャンと割れて消えちゃう波で面はキレイでもまぁやらなくてもいいかなって感じ。しかしてあとから聞くとショップ前方面は整っていい感じになったらしい。まぁいいや。

うちに戻ると小屋の前になんか塊が落ちてるんで近づいてみるとカメですわ。
こんなところいると轢いちゃうよ、としばらく経ってから見に行ったらいなくなっておりました。雨が続くとモグラやらも活性化するんだよなぁ。

ってなことで、ここのところの梅雨寒のおかげで読書が進みます。
20190712igyou こないだ図書館で「異形の〜」ってぇタイトルに惹かれて借りまして読了したノンフィクション短編集。
戦後の鹿児島で半裸でサルのように生活する「ターザン姉妹」として報道された痕跡を探りに行く、という一篇目がなかなかに「異形」っぽくて期待したのだが、結局特にテーマを決めたわけでもなくいろんな雑誌に発表したルポルタージュをまとめた一冊でありちょっと期待はずれ。
読み進んでいくと、あれこれどっかで読んだかもというやり投げ選手の話になりまして、どうやら前に読んだやり投げの溝口健二のノンフィクション
http://zzrider.way-nifty.com/nichijou/2017/03/post-aa13.html
の元になった記事でございました。
一篇一篇はなかなか興味深くて面白かったんで、もそっとタイトル考えて欲しかったなぁ。

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

久々の青空満喫

20190710hana
久々に晴れた今朝のうちの前は北北西のサイドオフで腹胸〜肩とちょっとサイズアップ。
久しぶりに晴れたんでオンショアは仕方ないにしても意外と上がらなくて、風波で遊べちゃったりして...。
とショップ前までジョギングしながらチェックしたのだが、そんなことはもちろんなくて白波入ってボヨボヨ。

いーや、それでもとりあえず立ってるだけでも漕ぐだけでもいいからでるでしょ、明日からの天気予報だと連休も出る気にならないに違いない。
ってことで漕ぎ。だって晴れてるし空いてるんだもん。
うちの前は東北東クロスオン、ちょっと落ちて白波はなくなったかも。
しかして海上はボヨンボヨンで立ってるのがやっとじゃねぇのって感じ。とてもじゃないけど静江先輩んちまで行く気にならず。
アウトで風波が入ってくるんだけど、もちろんボヨボヨで、サイズはセットで胸肩。
ピークもボトムもフェイスもボヨンボヨンのガータガタ、なんとかかんとかテイクオフしても全部ロデオ状態でまぁ面白いと言えばおもしろいかもな。
それでも乗れたのはレフト中心に4〜5本、プルアウトまで決まってなかなかにスリリングで楽しかったっす。

20190710pasta
午前中にけっこうちゃんと身体動かしたんで、昼飯は畑の長ナスと去年作ったトマト、期限切れ間近の生フェットチーネでパスタ。

昼過ぎからまたオンショア強まってきたようだけど久々の青空にスッキリした空気ときちゃぁハンモック釣るしかないでしょ〜。20190710hummoc

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

夏野菜最盛期突入

20190707hana

今朝のうちの前は北西のクロスオフで胸肩とややサイズアップ。
しかして北西風が強くて面がヨレて乗りづらそう。
とりあえず雨はあがったんだけど冬みたいな北西の強風で軽く走ったのだが砂が飛んできて目を開けられないくらい。

20190707okura 畑のほうはインゲンがほぼ終了。ちゃんと食えるのって一月もたんのよね。
次のマメ類は梅雨明けにグリーンカーテンにしようとしている四角豆で最後。
トマトはミニトマトに続いてルンゴも熟してきた。夏野菜だとトウガラシ類が一番旬が長くてありがたいよなぁ。
まだまだ先かなと思っていたオクラも虫除けの寒冷紗とったら一個だけもうなってるのを発見。梅雨明け前だけどいよいよ夏野菜の季節ですなぁ。

晩飯は朝仕込んだ長ナスの三五八漬けやら梅干しやラッキョウ、畑のシシトウ豚肉の炒めたのとテーブルも自家消費率高くなってきたのぉ。
20190707dinner

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

明治娯楽物語

20190701hana
今朝もハヨからけっこうな雨。
9時過ぎに止んできたんで雨雲レーダー見ると一旦雨雲が抜けそうなかんじと見て軽く走ってみる。
海はといえばうちの前は南南西のサイドオフで腰腹のジャワジャワ。チョキチョキ関係のかたたちでしょうか、おきみやのインサイドに10人ばかり。

戻ってシャワー浴びるとまた雨降りだしてきた。
するってぇとアオタさんが来宅。昨夜はいってさっきまでカトーさんち前に入ってきたとか。
案の定昨日の南西強風のせいで水温激下がりらしいです。さっき走ったとき、ちょっとオンに振れるとイキナリヒヤッとしたもんね。
アオタさんといつものように御隠居トークして、午後は読書やら。今週はずっとこんな感じですかねぇ。

20190701bankara 前に筆者がラジオにでてて面白そうだとリクエストした一冊。
やたら長いタイトルだけど中味はそのまま。
明治の文学というと学校で習った鴎外〜漱石、二葉亭四迷だのの初期の文豪しか伝わってないけど、実は庶民に人気があったのはもっと俗で面白い出版物が人気だったんだよ、と紹介する本ですな。
種類を、講談速記本、最初期娯楽小説、犯罪実録、と分類し、どれもエンタメに徹底していて、馬鹿馬鹿しさとデタラメさのごった煮みたいな以下のような物語(出版社のページから抜粋)ばかり。

▼弥次喜多が宇宙旅行に行く『宗教世界膝栗毛』
▼遅刻で日露戦争に参加できなくなる『露西亜がこわいか』
▼主人公が焼酎と蟹を食べすぎて死ぬ『南京松』
▼トークの技術だけで城を奪う『西国轡物語』
▼神より強い覆面ヒーローが暴走して剣豪たちがフォローに苦心『箕輪城物語』
▼バンカラがゲンコツで虎退治『世界鉄拳旅行』
▼いつのまにか日→露にワープ『今様水滸伝』
▼忍術=催眠術を確立した『鬼丸花太郎』
▼元祖・大人をボコボコにする子ども『鳥刺し胆助』
▼魔法少女が正体を隠して諸国漫遊『戸澤雪姫』

実はほとんど国会図書館のアーカイブに載っているということでチャレンジしてみたんだけど、スキャンした元が不鮮明だったり、旧漢字なうえに仮名遣いが古かったりでかなり読みづらく、こうやってダイジェストしてもらえるのはありがたい(ホントにありがたいのか?)。
まぁ、明治の人達はこんなの面白がったのね、ってのがわかっただけでも楽しかったっす。

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

給食の功罪

20190629toropicanna
20190629ajisai 昨夜から時折強く断続的に雨が降って波チェックする気にもなれなず。
昨日しっかり遊べたから今日はまったく入る気になれません。
結局日中は強弱ありながらも降り続け、雑草は伸び放題、トリピカンナもアジサイも盛りを迎えておりますな。

夕方になってやっと空が明るくなってきたんで軽くジョグ。
今月は後半梅雨だから早めに距離積み上げてこうとしたのが功を奏したっつーか、今日でギリギリ100キロなんとか達成。
20190629hana
ちなみにうちの前は北西のクロスオフが弱っくてボヨボヨの膝モモながら、おきみや〜大原のインサイドではなんとか割れておりフィン折っちゃいそうな浅いところで小波大会。

この天気だし、マルモ家もほんじょさんもめんどくさくなるのはご同様で夜はウナギ居酒屋ということになり、酒抜きであそこは辛いんで今週はパス。

20190629kyuushoku こないだ読了した一冊。
タイトル通り、戦後直後からを中心に学校給食のどのように展開されたのかを調べた本。
給食、あんましいい思い出はございませんねぇ。北海道だったおかげで例の脱脂粉乳こそ飲まずに済んだモノの、コッペッパン好きじゃなかったしおかずもあんまし美味しかった記憶もなく。
さてそんな給食という施策が一部の学校で戦前からとられた最大の目的が、貧困家庭の栄養摂取と、給食目的で学校に来させる為だったという。
戦後の食糧難の時代にはアメリカの支援で実施されたってのは知ってたけど、その裏にアメリカの過剰農産物の消費という目的があったとか、その後国内の過剰米の消費の為もあって米を給食に使うようにしようとすると、それまで給食にパンを供給していた業者からの猛烈な反対運動があったとか、一種の利権ビジネスになっていったこととか、あまり知らなかったことも浮き彫りにしてくれてます。
当初は校内で調理してたのが、効率化のため給食センターで集中調理するようになったのはワシの田舎も一緒だったけど、確かにまずく(暖かくないしね)なったわけで、給食は「食育」の一巻であるとする教師や父兄と、効率化(=予算の削減)を優先する行政とのせめぎ合いが今も続いているらしい。

うちのあたりは少子化(と津波対策)でとうとう小中学校は一行に統合されちゃったけど、かえって校内調理になって良くなってるのかな、とか。

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

東京湾岸軍艦島

20190618hana
火曜朝のうちの前は北のサイドでモモ腰とスモール。
天気はいいけどね、今日はお江戸でござんす。

いつものように高速バスに乗り換えしばらくすると突然バスがストップ。
どうやら数台前方で追突事故があったらしく、片道1車線で中央分離ポールがあり追い越しもかなわずそのまま身動きできず。追突程度ならトンネル出口の広いところまで走行できそうなもんだが事故車両が現場検証まで持ってく気らしくまったく動かず。
結局20分ほど立ち往生してしまいました、バカタレめ。

まぁその後の道路状況は湾岸もスムース。
レインボーブリッジからは現在晴海で建設中のオリンピック村の工事現場が見える。大会後は一般のマンションとして発売されるらしいけど既に予約好調みたいなニュースやってたけど、こっから見る限り軍艦島とたいして変わらないんですけど。
20190618olimpic
経済効率とかからは大変よろしいのかもしれないけどカンベンですな。とかいって、ワシもずっと社宅育ちでその後もずっと集合住宅育ち。やっとこの歳で抜け出すことができたんだけど。

クラスにはなんとか間に合って今日は珍しく8名参加。ワシが休んだ先週は4人だけだったらしい。
今日は背骨の伸ばしから後屈までのシークエンスで、通常とはちょっと違うパターン。
前半の立ちポーズでプラサリタパードッターナーサナ(立って両脚を伸ばすポーズ)から、そのままウッティタートリコナーサナ(三角のポーズ)に移行するってのがあって、ワシの場合通常プラサリタパードッターナーサナは通常より足を開くもんだからそのスタンスからトリコアーサナはちょっと無理があったのぉ。先々週開き過ぎちゃダメだってやったばっかじゃないですかぁ。
ちなみにトリコアーサナのリンク先のモデルさんも明らかに開きすぎで、股関節がちゃんと開いておりませんな。

あと今日のシールシャアーサナは脚上げてから蓮華座の足を組むというパッドゥマシールシャアーサナをやってみるというのだったのだが、通常のパッドゥマアーサナでもガッツリ腕使わないと組めないワシにはムリ。

帰りのバスは意外と混んで、隣にちょっと太めのゴスロリっぽいスカート履いたねーちゃんが座ったんでお供の画像はナシ。
アクアトンネルくぐり抜けて橋に出てもまだ夕焼けの時期になりました〜。
20190618sunset

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

白戸外伝

20190616hana 
前線抜けた今朝のうちの前は西南西のクロスオフが極強でアタマオーバー〜ダブルと予想通りクローズアウト。写真おもっきさピンぼけだし。
朝イチ走ったけど復路の向かい風ったら上り坂走ってるみたいでキツかった〜。

20190616harvest 海どころのコンディションではございませんので畑チェックしたりハンモックで読書したり。
畑のほうもほぼ順調に夏野菜が育ちつつあり、上手い具合にスナップエンドウからインゲンに移行して、トウガラシも茄子もファーストロットを収穫。
早速晩飯にグリルしてアンチョビソースがけとシャレこいてやったんだぜ〜。
20190616dinner

20190616shirato んで、こいつを読了。
白戸三平ってワシらよりもやっぱ団塊の世代向けのマンガ家で、忍者武芸帳とかカムイ伝は少年誌読者のワシらには遠い存在(ってかガロなんて地方の子供は読まないでしょ)で、ワタリとかカムイ外伝を通読した程度。あぁ風のフジマルはけっこうしっかり観たけど白戸三平意識したワケじゃないし。
その後はオトナになってビッグコミックに不定期連載されてたカムイ外伝の二部もなんか話が繋がらなくて通読はしてないな。
あとビーパルに連載してたエッセイも「なんで?」って感じだったし。

そんな白戸せんせいの生い立ちから、内房に居を移してマイペースで生活されている様子を聴き書きしたりした本がコレ。(前置き長いな)
やっぱ戦前戦後をパイオニアとして生き抜いてきた人の人生って時に壮絶だし、戦後生まれのワシらにはうかがい知れない強さってあるんだよなぁ。
今さらながら読み返してみようかしら、なんて。

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

絶滅危惧種釣り

20190615hana_1
予報通り朝から暴風雨。
北側の窓がキレイになっていいかも〜、ぐらいに雨が叩きつけております。

夕方近くなって前線がちょうど通過してるところなんでしょうか、風も雨も弱まったんでどんだけグチャグチャか海の様子でも見るかと河口の橋に行ってみる。
当たり前だがぐっちゃぐちゃ。
20190615unagi と橋の上から釣り竿3本くらいセットして釣り糸を垂らすおぢさんあり。
何釣ってるんですかぁ?と傍らのバケツを覗き込みましたところ、うわ今や絶滅危惧種のウナギじゃございませんか。しかも一匹はかなりぶっといやつ。
こういう日は大雨で河口に流されてくるのが釣れるんだとか。
ときどき仕掛けをかけてるのを見ることあるんだけど、釣るのは初めて見ましたわ。
20190615fishing_1
おぢさん自分で蒲焼きにして食べるんだとか。天然物美味そうだぁ。
きっとこんな日を楽しみにしてるんだろうねぇ。もうこういうおぢさんは理屈抜きでリスペクトだなぁ。
でも小さいのはリリースするとか自分で養殖するとかしないんでしょうかね。

20190615tortija この天気なんで誰も来ないかと思ってたんだけどマルモ家とほんじょさんはちゃんと来ていて、夜はほんじょ山荘で持ち寄りって事で、ワシは畑で穫れ始めたインゲンでトルティージャを。
ニトスキがなかなか活躍してくれますな。
雨で閉じ込められたほんじょさんは白麻婆豆腐とジャージャー麺を用意してくれててウマス!。さすがこういう凝った料理はほんじょさんにお任せですわ。ワシにはこういう引き出しないもんねぇ。
20190615honjo_1

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

野球は好きじゃないのだけれど

20190610hana
梅雨全開で昨夜から雨の降り続く今朝のうちの前ちょっと小止みになった隙でチェックすると北のサイドがやや強めで膝モモ。こりゃムリでしょ。

20190610rakyou そういや昨日はらっきょを漬けたのだった。
この時期には直売所やスーパーにらっきょが並ぶのは気がついてはいたものの、ワシそんならっきょ好きか?とスルーしてきた。
のだが、こないだちょっとムラッときて500グラムの泥付きを直売所で買ってしまい、漬け酢はめんどくさがって市販のヤツ買っちゃったのだった。ところがうちに帰って泥落としてみるとほとんど薄緑になっちゃっており、ムカついて裏にぶちまけてしまったのだった。クソ。
なもんで昨日おどやで泥が落としてあって真っ白なのを売ってたのめっけて思わず買っちまったのだった。漬け酢買っちゃったしぃ。
ま、とりあえず漬け酢で一瓶。ちょっと入りきらなかったのはおとといtsunoにもらったハチミツ混ぜて二瓶。そんな食べるかなぁ。

20190610bat リクエストしてもう二月くらい経ったのが届いて読了。野球関連のエッセイです。
筆者がいろんな媒体に寄稿したエッセイをまとめたモノで、ワシったら野球にはほとんど興味ないんだけど、たまにB級グルメについてラジオゲスト出てくる筆者が結構面白いヤツなんで借りてみた。
よくありがちな野球の試合やら選手のドラマ(そういうのもありますが)じゃなくて、野球が好きすぎてどうかしちゃってる人達の話が面白かった。
東京ドームの近くにある野球関連書籍専門店、6年間無報酬でヤクルトの全試合を観戦・イラストにした自称「選手」の画家、伝説の応援団リーダー、宗派を越えた広島カープファンの坊さんの会。まぁまぁいろんな人がいますわい。
これ読むと日本人と野球ってほんとに相性が良くて、とりまく文化圏も歴史も広いよなぁってことがシミジミわかりますわ。
特に対象が野球じゃなくても偏愛すること、がわかる一冊でございました。

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

美波ハチミツ

20190608hana
昨日梅雨入り宣言があった土曜朝のうちの前は東のオンが微弱でサイズアップしたもののまとまりのない胸肩。
朝まで降ってた雨が残ってドンヨリしてた空がやっと明るくなったのは昼近くで、暇つぶしに走ったものの右大臀筋上部に痛みが走って4キロで中断。

20190608minamihoney 昼間ちょっと日が射してきたんでハンモックで読書なぞしたものの、思いの外東っけの風が冷たく早々に撤退。どうやら水温もかなり低めになってる模様。
夕方tsuno棟梁が絞りたてのハチミツを届けてくれたんで久々に漬けはじめた梅干しをハチミツ漬けにしてみようかな。一緒に枇杷やら卵までいただいてありがたいっす。

夜は今週も持ち寄り飯じゃなくてウナギ居酒屋で。
ブイチさんが送り迎えしてくれたんでワシも参加させてもらいました。たまに来るけどいつも繁盛してるよなぁ。
20190608unajin

| | コメント (0)

より以前の記事一覧