2018年11月14日 (水)

若き日のチューバッカ

20181114hana雨上がりのうちの前は北西のクロスオフがやや強めで夕べの低気圧のウネリで肩〜アタマとサイズアップだけど、乱れたワイドダンパーでセットが入るとワシ的にはクローズと言いたいかも。

という事で今日もノーサーフで図書館行ったりしてから、思い立って秋立に向けスプリットボードにワックス入れる事にする。
あらら、ちゃんとシーズン仕舞いしなかったんで例年ならワックス厚めに入れてるはずがそのままでエッジにサビ浮いちゃってるわ。
久々にファイルとか引っ張り出してエッジ研ぐとこからメンテナンスいたします。
20181114wax
それにしても今年の秋の訪れは遅く、先々週末ガッと寒気入ったあとは雪降らず、今年はパスする事にした伊勢さんツァーも中止になったらしい。
ワシは最終週に行く予定だけどそれまで降るかどうかという感じですなぁ。

20181114solo月曜日に観た映画。

今回は若き日のハン・ソロがお題のSWスピンオフもんですな。チューバッカとの出会い、とか。
まぁなんと言いましょうか安定の出来といいましょうか、マンネリと言いましょうか、ディズニーがこれだけカネかければこの程度のクオリティーは当然と申せましょうか、でもハラハラドキドキ感とかまったくないのよね。
「カメ止め」の監督がインタビューで「『ハン・ソロ』2秒も撮れない」って笑ってたけど、まさにカネかけりゃいいってもんじゃないという事なんでしょうな。
あ、でもSWファンには面白いというか観とけってことでしょうなぁ。

| | コメント (4)

2018年11月 6日 (火)

雨がち火曜日

20181106hana
火曜のうちの前は西のオフでモモ腰とインサイドブレイクのみ。
ま、いいや、お江戸行く日だし。

しかして天気予報はだんだん悪化して、どうやら午後は雨がパラつく、が都内はけっこうな降りになると。
えぇ〜、なんとか天気もちそうな予報だったから今日は用事済ませに銀座行くつもりでいつもより早いバス予約したのだが。キャンセル料100円がもったいなくて予約通りのバスに乗る、しみったれたワシである。
アクアライン出た頃、湾岸は本格的な雨となっておりトーキョー駅もけっこうな雨。
歩いて京橋まで行こうと思ってたんで濡れるの嫌になっちゃって、トーキョー駅近辺のデパートとか本屋で時間潰しちゃいましたよ。
天候不順な今年ではあるけど、なんかかなりの確率で火曜日雨がちな気がするんだよなぁ。

ということでヤギューせんせいのクラスもちょっと人数少なめ。
今日のクラスは最終ポーズにここんとこ取り組んでいるサーランバ シールシャーサナ(支えのある頭立ちのポーズ) のバリエーションを一歩進ませて、逆立ちのまま前後開脚をするというアーサナを。自分では前後対照に開いてるつもりでも前側のほうが角度着いちゃってるらしい。逆立ちだとバランス難しいのよね。
来週はここから更にひねりを入れる予定だそうです。

20181106bento帰りのバスは近頃では珍しくソコソコな混み方で、ワシの隣は空席のままかと思った最後の瞬間若い兄ちゃんが着席。
お供の大洗名物「釜揚げしらす弁当」はシンプルなシラスがたっぷりのってて、梅干しが大粒で美味しかったし隅っこの明太子もアクセントとしてなかなか。付け合わせも過不足なくて満足できる美味しさだったんだけど窮屈だったのがねぇ...。

| | コメント (0)

2018年11月 2日 (金)

方丈記現代語訳

20181102hana今朝のうちの前はスッキリ晴れて北西のクロスオフで膝モモとスモールなまま。しばらく厳しいかなぁ。
でもまぁ、一昨日昨日とスッキリした秋空期待してたのに曇って肌寒くなっちゃったからこの青空は嬉しいわ。

そのまま風が弱そうなんで波はイマイチだろうけど漕ぐことにする。
北西オフショアでのんびり海上散歩でしょ、と思って海岸出たらちょうど北東に振れたっぽくクロスオフでブローが強め。風で海面ボヨボヨなところに風波がたまに入ってアウトでモモ腰くらいのが割れて行きで4本。静江岩場についたら北サイドに振れて腰くらいの2本なんとか。帰りには北東のクロスオンに振れたせいか風波がコンスタントに入ってうちの前のフィニッシュ7本。
水温は思ったほど下がっておらずロンスプでオッケー。ワシ、ロンジョンだし、漕ぎトレーニングのつもりだったから儲けモンじゃないっすかねぇ。

20181102houjoukiこないだ読んだ現代語訳義経記のきっかけになった宇治拾遺集が載っているちょっと変わった日本文学全集の別巻。
古文の代表的なエッセイ3編が個性豊かな「訳者」によって現代語訳されてますな。
この3編ともワシは小学生の頃小学館の「世界の名作文学全集」でまさに現代語訳で初めて読んでけっこう好きだった覚えがあるのだが、長ずるに及び古文という勉強が大嫌いで結局オリジナルは読まずじまいという中途半端なおつきあいで終わっているのだった。
ということで今回ちょっと癖はあるけれど同時代の作家が現代語訳してくれてるの読んで、目の付け所、感じ方は現代人も変わらないのよねぇと改めて感心した事でした。

| | コメント (0)

2018年10月29日 (月)

やっと秋空

20181029sunriseさすがにもうすぐ11月。日がどんどん短くなって、日の出も今日で6時くらい。
5時とかに起きて薄暗い中、朝ヨガやってると朝日が窓から射して来るというそんな季節でございます。

20181029hana朝日を浴びつつ走りながらチェックした今朝のうちの前は、南西のクロスオフが走ってるうちに強くなりだして白波が入る胸肩のスーパーワイド、日中はビュービューになりそうな予感。
ただし天気予報みると今週はずっと晴れマークで、9月から長く続いた天候不順もやっと終わって気持ちのいい秋晴れが続くのかも。
日中は気温も上がって昼前後はハンモック吊ってしまいましたよ。
そして今年初めてみたキレイな夕焼けだったかも〜。
20181029sunset

20181029mathmaticsという事で読書の秋もたけなわ。で今回読了した本。
ちょっと前に話題になってたのをリクエスト。
ワシったら大学受験は国立理系だったもんで数Ⅲまでやってるもんで、微分積分もそれなりのレベルまでやっており、問題解いたときの爽快感とかもなんとなくおぼえている。
そんなワシの数学のイメージと言えば、やっぱり黒板の前で数式書きまくってパズルを解くような、理論的で理性的で非常にクールなイメージ。
「独立研究者」として大学なんぞに属さず、公演とかワークショップで活躍している筆者が著したこの本はここんとこ読んでる研究者本同様、数学に関する面白知識とか研究者の面白エピソードとかそんな内容なんだろうな、と勝手に想像していた。
ところが読んでビックリ、いかに数学が情緒的な学問であるのかという事を、非常に哲学的な文章で説明してるのよね。特にチューリングと岡潔という二人の数学者を通して描く数学の風景ってんですかね、出版者の紹介ページに
「つまり、数学とは「数」という対象についての科学的な知の体系ではなく、生きるものとしての人間が、自分をも包含する宇宙の相関を手探りし続ける姿に他ならない。生まれ落ちた自分の身体はまさに問いの資源であり、身体や感覚を通して世界と交感していく中に、数学への旺盛な衝動が生まれてくるのだと作者は言う。」とあるのだが...正直ワシには抽象的すぎてピンと来ませんでしたぁ。

| | コメント (0)

2018年10月27日 (土)

釣果でまんぷく

20181027hana夜半から大雨降ったうちの前、朝飯食べたら小止みになったんでチェックすると南のサイドオンで胸肩のグチュグチュ。ってかクローズアウトだな。

雨雲は次々に北上してきて午前中は降ったり止んだり、夕方近くなってやっと空が明るくなってきた。

20181027chekenramenということで図書館で目にして借りたのを読了。
10月から始まった朝ドラ主人公のモデルの伝記ですな。
いや、今度のはほんと面白いわぁ。ツイッターの「まんぷく反省会」っつータグも見るようになっちゃって、女性視聴者がハセヒロに悶絶してる様子とか笑えるのよ。

主人公については普通の主婦だからあまり記録はないようで脚本家も「ほぼフィクション」と言ってるようなんだけど、この本読むと今のところでてくるエピソードはけっこう実話らしかったりして、なるほどねぇ、みたいな。その後のエピソードも拾ったから、これからのストーリー展開にどう生かされてくのか楽しみ。
わはは、すっかり暇なテレビオヤジだわ。

今週の晩飯は梅ちゃんのご招待で釣果をご馳走に。
鯛やらカンパチやらをカルパッチョ、刺身、ナメロウ、カマ焼き、シャブシャブ、締めにマゴ茶とフルコース。
ミックスなめろうの味付けとか、カマ焼きの塩加減とか絶品で、お魚料理させたら梅ちゃんの右に出るものはおりません。ほんとごちそうさまでしたww。
20181027dinner


| | コメント (0)

2018年10月21日 (日)

裸でキリマンジャロ

Img_7313日曜朝のうちの前は北西のクロスオフがやや強めで腰腹。
日中は更に風が上がりそうな予報なんで今日もダメっぽい。

しかして天気は久々の快晴で日中は気温も20度越えと、秋はこうじゃなくっちゃねっていう久々に気持ちのいいお天気。
買い物に出かけるとそこら中でバイクツーリングだらけ。さわやかな空気と青空をお楽しみくだせぇ。

20181021survivalでこんな天気じゃ読書もはかどるわけでこの本を読了。
通称「アイスマン」と呼ばれるヴィム・ホフってぇオランダ人がいるそうで、「もともと人類はほとんど裸で越冬していたはずで、日を操るようになって以来様々な技術で身体を温める事によって元々もっていた能力を失っているのだ」という考えに基づき、自身が開発した独特のメソッドで寒冷な環境に順応する事が可能になって凍り漬けでも低体温症にならないとか、裸でキリマンジャロ登頂したりしているらしい。
それをインチキじゃね?とルポしようとしたアメリカ人のライターが、実際にそのメソッドによってホフと一緒に裸でキリマンジャロを登頂する、というお話。

メソッドの中核をなすのは呼吸法でヨガで言うところのバストゥリカー、火の呼吸ってやつですな。短い間隔で呼吸を繰り返して意識的に頻呼吸というか一時的な過呼吸状態みたいになるやつ。
たまにワシもプラナヤーマやる時にはやるんでちょっと興味を持ちまして。
まぁ読み終わった感想といたしましては、はぁ凄いですねとしか言いようがないのだが、なんで裸でキリマンジャロ登らなくちゃいけないのかよくワカランしさぁ、正直でそれで?というところもあり。だって当時の人類なんて30年も生きてられなかったわけで、敢えて100歳時代と言われる現代人の長寿とトレードオフする意味があんのか?と思ったりもする。
まぁ年々指先とか先端部の血行が悪くなっており山で冷たい思いするの防げるといいかもね、というところ。

ちなみに途中の章でホフ・メソッドを参考にしている例として、レアード・ハミルトンのウォーターマントレーニングジムがレポートされておりまして、レアードがLAで経営してるセレブ相手のトレーニングジムで成功してる場面が出てくるのよね。
レアード番長、昔っから山っ気あるなと思ってたけどしっかり儲けてやがんなぁ。

| | コメント (0)

2018年10月 7日 (日)

ジョロウグモ大発生

20181007hana連休中日のうちの前は日本海で熱低に変わった25号に吹き込む南西の極強クロスオフに潰されて膝モモ。今日は一日ダメそう。

そういや酷暑がおさまり始めたあたりからジョロウグモが大活性化してる。益虫と心得て駆除はしないのだが、うっかりするとクモの巣に引っかかってベトベトになっちゃうもんで、裏に行くのにわざわざ遠回りしちゃったりして。
20181007jorougumo
ワシは天候のせいなのかと思ってたのだがtsunoによると天敵の蜂が農薬で激減してるせいだとか。
結局ニンゲンのせいなのね。

今夜の晩飯はワシが昼前からタンドリチキン漬け込んでると申告したにもかかわらず、ブイチ家できりたんぽ鍋。
ま、美味しかったからいいんですけど統一感ありませんわねぇ。
20181007kiritanpo

| | コメント (0)

2018年10月 5日 (金)

レバノンでワルツを

20181005hana雲が厚い今朝のうちの前は北北西のサイドオフで膝モモ。
走ってるうちは大丈夫だったけどいつ降り出してもおかしくない空模様。

とはいえ沖縄近海を北上する25号からのウネリが入ってる可能性もあるんで、めんどくさいけど一応最南端チェックするかと出撃。
ところが家出た途端にポツリポツリと降りだしてしまい、気分が萎えてしまいワクワク広場でところてん買って戻っちまうダメなワシです。
ってなことで今日もずっとうちの中かよ。

20181005bashirということでこんなアニメを観た。
2008年のイスラエル作品でかなりの高評価だったらしいのだが、当時アニメ方面にまったくい興味なかったからね>ワシ。
最近になってラジオで取り上げられて気になってリクエスト。

レバノン内戦に参戦した経験のある主人公が戦時の記憶が全くないことに気がついて、当時の知人などを訪ね歩いて徐々に記憶を取り戻してゆくストーリー。
テーマもホロコースト経験したイスラエル軍がパレスチナ住民の虐殺を黙認していたっつうなかなかヘビーな内容でございました。
観てるとリアルな絵柄が動画撮ってトレースしたんじゃないか、って感じでわざわざアニメにする必要あんの?と疑問が起こったのだけど、フラッシュバックや悪夢の幻想的な映像とか、終始一貫した暗くてコントラストの強い画質とかが実写より訴えたいことを強調するんだなってのが段々納得できるようになるのよね。

ウム、確かにいい映画だわ。

| | コメント (0)

2018年10月 2日 (火)

南房パトロール

20181002hana今朝のうちの前は西のオフが弱くて腹胸。大風も止んだけどサイズダウンもしてしまいウネリもまとまらず。
今日はお江戸だからいいんだけどね。

20181002imomushiお江戸行く前に昨日は風が強くて行けなかった台風被害巡回に。
今回は南西がきつかったんで南側に山背負ってるブイチ家、マルモ家、ほんじょ山荘は無事。
オンショア吹き込むアオタさんちが心配だったけど、こちらも問題なしでございました。
さてお江戸行くか。

本日のヤギューせんせいのレッスンテーマは「ねじり」。
せんせいの場合、どっちかっつーと立ちポーズとかのあとにクールダウン気味でやることが多いんだけど、今回はメインでシークエンスを組んで、バーラドヴァージャーサナ I(賢者のポーズ)とかアルダマッツェーンドラーサナ(半分の魚の王のポーズ) とか普段あまりやらないアーサナも後半やりまして。アルダマッツェーンドラーサナはお尻を足に乗せるオリジナルポーズをやるのだが、どうしてもバランスがとれなくなっちゃうのよね。

20181002bento帰りのお供は気をひく海鮮弁当がなかったんで鹿児島黒豚とんかつと焼肉御膳
やっぱついつい揚げ物選んじゃうのよねぇ。
トンカツは冷めても美味しくけっこう満足っす。

| | コメント (0)

2018年10月 1日 (月)

俺ちゃん続編

20181001hana夜半に24号が本州縦断した今朝のうちの前は当然ですが夜中から続く南西が極強でアタマオーバー〜ダブルでクローズアウト。

今日から10月1日。とはいえ隠居のワシには下期を感じさせるのは大阪製作の朝ドラが始まったことくらいでしょうか。
昼前にちょっと風が弱くなったんで軽く走ったら、弱くなったのはほんとにちょっとだけの間でまた爆風となっちまい帰りの向かい風で果てそうになってしまいました。

20181001dpool2つうことで金曜日に観たヤツ。
お馬鹿アメコミ映画の続編ですな。
もう今回もハチャメチャでアクションとかもそうなんだけど、ヒーローアクション映画のお約束を次々におちょくり破るギャグはかなり笑えますわ。
一番笑えたのはエンドシークエンスのあとにぶち込まれた、それでもとりあえず成立していたストーリーをちゃぶ台返しにするタイムリープギャグですかね。
ワシ的にはマジメに「世界観」とかやってるマーベル映画とかよりこっちの方が面白いっす。
「3」もできちゃうんだろうなぁ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧