2018年2月19日 (月)

薪ストーブを飼い慣らし

180219hana今朝もスモールなままのうちの前は北サイドで膝モモ。上げて割れないってよかそもそもウネリが小さいのだな。

180219makiテレビつけても相変わらずハニュー君にコダイラさんのリプレイが加わって、もう飽きたっつーのということで午前中から薪割り作業に邁進。
去年薪置き場に収まりきらず丸太のまま積んでおいた分からチェーンソー2ラウンド分を薪にする。
本格的な南房での冬も2シーズン目で、ストーブの扱いも慣れてきた感じ。
ワシの感覚ではあんまし綺麗に長さが揃ってるより、ランダムに長いのとか太いのとかが混じってる方が扱いやすいかな。木の種類も長持ちする樫みたいのから、軽くてあっつう間に燃え尽きちゃうセンダンみたいなのまでを上手いこと使いこなすのが楽しくなってきた。

日差しが入ると昼間はそのまま燃え尽きさせちゃって夕方再点火のパターンが定着してきたし。
午後はちょっと室温高すぎかもくらいにポカポカで、野菜シーズンに向けて植えたトマトの種も芽を出してきたしね。

晩飯は夕べやった一人鍋の出汁を再活用、っつうか締めを一晩ずらして食ってるだけっぽい鍋焼きうどんっす。
180219nabeyaki

| | コメント (0)

2018年2月17日 (土)

2連覇の夜

180217hana
今朝のうちの前は西オフで膝モモ。まぁなんとか立てるか立てないかというところ。

どうせ西風入るんだろうなと思ってたら案外上がらないんで、久々にウチの前から漕ぎ。
南西っけなんで中学下に向かうも人多めで高校下まで漕ぐと、時折腰腹くらいのツルンとしたのがたまに入ってきてレギュラーを6-7本乗れました。
案の定途中から南西風が入ってく来たんで撤退したけどサクッと遊べました〜。
日差しは暖かかったんで3ミリスキンで入ったけど念のため今期初ブーツは正解だったかも。

うちに戻ってシャワー浴びるとちょうどフィギュアの決勝の時間でついつい最後までしっかり見てしまいました。

夜はブイチさんとアッちゃんとマルモ家伺いまして、フキノトウの天ぷらとかタコ飯とか。
あらっスマホ家に忘れて来ちゃったんで恒例の画像はナシ。
あー、今日は何回ハニュー君の録画見たかなぁ。でもライブで見るのが正解だったよなぁ。

| | コメント (0)

2018年2月14日 (水)

和食の基本

180214hana今日も強風の予報が出てるうちの前は朝はまだ西のオフが弱めで、しかしてサイズは膝とミニマム。
180214shira日差しは暖かいんで風邪がこのまま弱めなら漕ぎだけでもやりたいところだけど、昼前には南が入り始めてインサイドまでサイドショアがブンブン。
夕方のニュースだと日本海側では春一番が吹いたと言うことらしい.
春になるのは嬉しかったり、もうちょっとスノーシーズン続いて欲しかったりと微妙だけど、南房の強風はもういい加減に止んで欲しかったりする。

180214doi実家との行ったり来たりでまったく読書が進まない状態だったのだがここに来て中途半端に読み進んでたのが何冊か読了。
NHKの家庭料理番組で時々顔見たりしてたこの人、なんだかノーブルな雰囲気があってある意味違和感あったのだが、ちょっと調べてみたらなるほど血筋だわ。
たまたまちょっと前に出たエッセイを本屋で見かけて旅のお供にと買ってみたらこれが大正解。
家庭料理と言うより日本料理の基本的な心構えが菜箸、おたま、布巾なんていう台所にある道具を通じてイヤミなく説明されて、うなずくことしきりですわ。なるほどねぇ、と背筋が伸びる感じ。
これはキッチンできちんと読まねば、なんてね。

180214genmai一方同じようなタイミングで玄米食べるワシとしてはタイトルに惹かれて買っちまったこの本。
表紙にもあるとおり、マクロビやってる人は不健康に「見える」のは何故だ、ってとこから始まるのだが、医者のくせにまったくエビデンスを示さず、そんな感じがするからダメ的な論拠がダラダラと。
要は玄米炊くときにはしっかり長時間水に浸さなくちゃダメよって事らしいんだけど、説得力まったくナシで途中で読むのをやめてしまったワシとしては珍しい一冊になってしまいました。ワシに言わせりゃトンデモ本だな。

| | コメント (0)

2018年2月13日 (火)

溶接手袋

180213hana今朝も朝から冬型で強風のうちの前は西のオフがやや強めでスネ膝とショアブレイクのみのフラット。
180213desertrose日差しは確実に伸びて春が近づいてる予感はあるのだが、こう風が強くては体感温度は上がらず。
軒下の多肉地帯に植えたデザートローズは茎を伸ばして花を咲かしてるんだけど、これからどうなるのやら。他の多肉も意外と頑張っており、暖かくなったら多肉の園が出現することを期待したいもので。
とりあえず今日も走ってみるかとオフショアで風が当たらない中学側にコースをとってみる。

日差しがあれば日中の室内は温度も上がってストーブはそのまま自然消火しており、夕方日が射さなくなってから再度点火すれば大丈夫な南房。
一日中くべっぱなしってのは天気の悪かった数日だけだったかも。

ストーブ導入時から使っていた革手袋がボロボロになってきたんで2台目のを探していたのだが、今使ってるのはGAPのセールで革手袋で1000円くらいで充分。
ただ手首までしかカバーしてないんでダウンとか着たままだと扉にさわっちゃうと穴開いちゃったりするんでもそっと長いヤツがベストだよなぁとは思っていたのだが、ネットで「薪ストーブ、手袋」みたいに探すと肘まであるようなヤツはけっこうなお値段のばかりで、輸入物なんかは諭吉クラスになっちゃって二の足を踏んでいた。
ところが今回帰省した折パワコメでめっけた「溶接用」ってのが革製、肘までカバーするやつでなんと1000円しないじゃないですかっ、っと速攻で購入。
180213stobeglove
うち帰って使ってみたけど、縫い目が内側にあるんで焦げてほつれたりしないし、こりゃサイコーかもと大満足。これで暫くアタマ悩ませないでよくなりましたよ。

180213mukokuここんとこ葬儀がらみで届いた映画も観るどころでなかったのだが、ちょっと時間ができて観たのがコレ。
剣道題材のらしいと言うことくらいしか事前の知識はなかったのだが、観始めたらこれがもう暗いのなんの。
父子の剣道を巡る相克がテーマなんだけど、四分の三以上が息子の荒れた生活描いてるだけ。
そっちに尺とられてもう一人の主役の高校生が剣道にのめり込んでゆく姿が全然描けてないし、もう全然だめでした。
高校生役やってた目が印象的な役者さんがUAの息子だってのと、主役の綾野くんのかなり追い込んで締まりきった背中が唯一の収穫かなぁ。

| | コメント (0)

2018年1月30日 (火)

カーヴィングデー

180130iwatake目を覚まして窓からクルマを見ると、ん〜やっぱしたいして降ってねぇ。
ルーフにはせいぜい5センチくらいのがうっすら積もってるだけ。

180130groboま、こんなもんだよね。
だいたい里に雪が多いときは白馬は降らない気がする。
ということで待ち合わせの「平和な」ゲレンデの駐車場に到着すると、既にGロボと帝王は到着済み。まもなくISE3も現れて今日はゲレンデセッションということで。

ISE3とGロボは先日、元デモンストレーターやってた人の滑りのレッスンを受けて衝撃を受けたとかで、カーヴィングのおさらいをやりたくて仕方がない様子。
ゴンドラの中でも盛んに習ったメソッドの話が続く。
スノーボードはもちろん、スキーも波乗りもウィンドもSUPも入門スクール的なモノは受けたことがあってもあとは転んで落ちてジタバタしながらなんとか覚えてきたワシにとって、ソコソコ滑れるようになってからレッスン受けるという発想がそもそもなかったのだが。

180130brakeそれでも一緒に滑って、ゴンドラの中で聞きかじったインストラックションを意識して滑ってみると確かにターンの切れが違うような。それに確かに滑りに無理がなくなって疲れも少ないような。
多分調子のいいときには無意識にやってるアクションを、ひとつひとつ分解して言葉にして意識的に身体の動きに繋げるってところがプロのレッスンが違うところなんでしょうね。

180130slasherワシは最初はTTで滑っていたのだけど、途中でフローターのスプリットに替えてみて去年どうにも調子が出なかったこの板の滑りを再確認。
持った瞬間の重さにゲンナリして滑れる気がしなかったのだが、これが滑り出してみると重さもまったく気にならず去年は全然ダメだった当て込み系のアクションも問題なし。
あぁ、やっぱりそうなのか。
先シーズンはスプリットボードのせいにしていた調子の悪さだが、単に滑り込みが足りなかっただけだったのね。年末からソコソコ滑り込んでる今シーズンは脚前もできあがって、普通に滑れるようになったって事ですか。

180130katsu軽い休憩はさんだ以外はガッツリ昼過ぎまでカーヴィングやり倒してから昼飯はやっぱりゴマカフェにて。
朝はカップ麺だったし、今日はけっこうガッツリ滑っちゃったから「肉」定食でいきましょうということでチキンカツをば。
うぅむけっこう腹一杯になっちゃって晩飯食えるか心配になってきたぞ。

白馬のショップ巡りしてから宿に戻って、風呂入ってプシュッとやって昼寝してのサイコールーティンのあとは、なかなか予約が取れない蕎麦居酒屋をISE3が予約してくれての晩ご飯。
180130dinner
古民家移築したと思われるジャポニズム溢れる内装の店内にはワシら以外ポンニチ人のお客は皆無。確かにこの雰囲気にはガイジンさんもヤラレるでしょうな。
かといって出てくる食事は決して手を抜いておらずお客に迎合するでもなく、定番のタコのペペロンチーノをはじめレベル高くてワシらも全て満足。
外人客もソコソコ上品な感じだし、おまけにお勘定もリーズナブルとあってはチョイと荒れ気味の感があるニセコの飲食店に爪の垢を煎じてのませたい感じかもだ。

明日は高気圧がかぶって一日だけの晴れ間が望めそう。
ということで久々の裏山ツアーとなりそうですがさてどうなる事やら。
180130zen

| | コメント (0)

2018年1月28日 (日)

梅は咲いたか(ってタイトル毎年書いてる気がする)

180128hana
今朝も冷え込んだうちの前は北西クロスオフでモモ腰のワイドなインサイドブレイク。
できないことはないだろうけどやんない。

夕べは寝るまでしっかりストーブ焚いたんで、昼間の日差しもプラスしてなんとかやっとうち全体が暖まってきた気がする。
コンポストにおがくず加えようとうちの裏回ったら梅の花がほころび始めており、季節は春にそろそろ近づいてるのかもね。
180128ume

| | コメント (0)

2018年1月23日 (火)

賑やかな通夜

180123livecamera関東は大雪の朝。
電車は気合いで動かしてるようだけど首都高始め道路は酷いことになってるらしい。
さて南房はと和田のライブカメラをチェックしてみるとさすが南房、一ミリも降った様子ナシ。
去年積もった雪ほったらかしてたらアロエとかが溶けちゃってかわいそうだったんでちょっと心配だったのよね。

180123shukkan午前中はパラパラ訪れる弔問客の相手したり、告別式の打ち合わせしたり。
親戚のバァさんどもは供える団子の作り方で盛り上がってたり。
3時から通夜の会場に向かう前に清拭(せいしき)っての、親戚連中で遺体を拭いてから出棺。
いちおうオプションで湯灌やってくれる納棺師も苫小牧にもいるみたいなんだけど、まぁそんな形式張らんでもね。

180123seshuクルマで15分ほどのところにある葬儀屋がやってる葬祭場に着く頃には突然吹雪になってしまい、親戚のばあさんが「出棺の時には何ともなかったのにねぇ..」と年寄り特有の因縁めいた台詞を吐いてみたり。
久々に喪服に袖を通したワシは施主(喪主は母)ということで喪章をつけることに。人生2回目の施主だけど家建てるときにはなんもつけんかったなぁ。ははは。

6時からの通夜が始まってみると大雪にもかかわらず、けっこうな数の弔問客がいらっしゃってビックリ。
確かにこの人数があとから後から実家訪れて線香あげてったら母親参っちゃうよなぁ。年寄りの知恵に感心することしきりだ。

ひととおりの読経と焼香が終わって弔問客を送り出す。
こっちじゃお清めの振る舞いとかはないんだそうで、そのまま2階の座敷に上がって親戚一同で「通夜」ということで卓を囲んでの夕食というかお別れの宴に突入。
今回集まったのは父の兄弟とその連れあい、妹と仲のよい従姉妹が一人にワシと妹の子供の孫4名。
うちの息子どもはトーキョーからで混乱した交通機関をかいくぐってなんとか通夜までには到着。ワシの息子世代の従姉妹同士は案外仲がよくて、なんだか久々の再会に盛り上がっている様子。
盛り上がってるのはいいんだけどたびたびお棺の窓を開けて亡くなった爺様の顔見てるかと思いきや、蓋ごと外して記念写真撮り始めたりの乱暴狼藉。うちの母親まで混じってあぁしろこうしろ、とがめ立てする無粋な親戚もおらずなんだか妙に盛り上がって、母親も「賑やかでじぃちゃんも喜んでるよ。」と。
まぁそんなこんなで通夜の夜は更けていくのでした。
180123mados

| | コメント (0)

2018年1月22日 (月)

お悔やみもうしあげます欄

180122saidan
昨日決めた葬儀の日程は大安の今日は一日おいて、明日に通夜で明後日が告別式というモノ。
首都圏じゃ火葬場も葬儀場もなかなか空きがなくてかなり待たされるなんて話も聞くけど、さすがに田舎じゃそんなことはなさそうで。

昨日の段階で普通の葬儀をやることに親戚一同衆議一決したので、朝から葬儀屋の担当者が来て細々とした打合せをすることに。
最近は家族葬も一般的になってきているし、もう高齢で知人も少なくなってるだろうからそれでいいんじゃね?なんてワシは考えてたのだが、生まれも育ちも苫小牧でまだ知人も多く存命してるであろう父親の葬儀の場合、家族葬にしてしまうとあとから知った人たちがバラバラと実家に線香あげに来たりして、それも母親が全部知らない人もいるだろうし負担になるだろうから、一気にやっちまえというのが結論。
朝、お向かいの人に昨日亡くなったことを伝えたら早速午前中からご近所の来訪がパラパラと始まり、なるほどなぁという感じ。

ということで、地元の夕刊紙と北海道新聞の地方欄の「お悔やみもうしあげます」欄にも掲載をすることにした。
地元の夕刊紙なんてこの欄見るために購読してる年寄りもたくさんいるようで、貴重な広告となってるらしく以前は有料だった掲載料が無料になった模様。ははは。
実際夕刊紙が配達された時間帯からボチボチ実家に電話が入ったりしてるモンね。

180122shutokoテレビじゃ太平洋沖を通過する南岸低気圧の影響で都内でも降り出した雪のニュースでほとんど「祭」状態だ。
毎度の事ながら脆弱な都会の足元を冷笑しながらニュース見てる地方人は多いんだろうな。うちの周りのピカピカのミラーバーンそのまま持ってったら大変なことになるんだろうなぁとか考えてニヤニヤしたり。

| | コメント (0)

2018年1月15日 (月)

換気扇掃除

180115hana
今朝のうちの前は西オフでモモ腰のインサイドブレイクと昨日よりはマシな感じ。

180115oliverice朝飯には久々に土鍋でオリーブご飯を炊いてみた。
オリーブはもちろん自家製の塩漬けなのだが、レシピ通り2.5合に15粒って入れたのだがちょっと物足りなかったかも。もっと増やして塩味はオリーブからだけにしてもいいかもだな。
ちなみに今回は白米2合にもち麦0.5合という配合。

洗い物してたら排水口のネットがけっこういっぱい気味になってなってるのに気がついて作業を開始、ついでだからこないだ買っておいてまだ交換してない換気扇カバーの取り替えを始めたところ、そういや換気扇の掃除ってまだ一回もやってなかったな、こりゃついでだからレンジフードの内側も拭かなくちゃ、と大掃除のような騒ぎになってしまいましたw。

| | コメント (0)

2018年1月11日 (木)

午前券めいっぱい

180111gondra
一昨日から昨日にかけて通過した低気圧が今回の冬型をもたらすわけだけど、実は前線通過時に白馬は大雨だったらしい。
通過後は雪にもちろん変わったのだが、ゆるふわゲレンデに行ったGロボのレポートによるとその後の新雪が乗ってはいたものの若干の底付き感があった模様。
だけどまぁこのガッツリした冬型なら今日は大丈夫でしょ、と期待したモノの朝起きてクルマの上の雪をチェックっすると10センチチョイといったところでしょうか。なんだよ。

今日はゴマちゃん達と連絡をとった帝王と一緒に岩岳に行くことになってるんだけど、さてどうでしょかね。あんまし期待しないで行こう。
今日はゴマちゃんやウタさんかぁちゃんやその友達というレディースチームと合流。
朝イチゴンドラでチェックした未圧雪コースはトレースは残ってるもののなんとかイケそう、ということで一発目突撃。狙いは見事にあたって地形は残ってるけど底付きナシのロデオパウダー。うっひゃ〜たのすぃ〜。
数本ゴンドラで回してから今度はカモシカ側に移動。
180111kamo
こちらも底付きナシのチョイ荒れパウっぽいところから、ピステンにふんわり乗ったところ、脇パウといろんなパターンで楽しみまくり。なにせワシら以外ほとんどライバルがいないのがこのゲレンデのいいところですわね。

まだまだ残ってるけど、そろそろ開いてるかもとまたゴンドラに乗って裏側に。
ちょうど「B」も開いたところで、ここは更にボコボコの地形に一瞬カリッといく程度でガッツリ積もってる。先シーズンはこの地形にやられちまった記憶があるんだけど、今年は年内から滑ってたせいか下半身がしっかり対応できて若干慎重気味だけど楽しめました〜。
オープンはあっという間にギタギタになっちゃったけど意外と正規コースに残ってたり、ツリーも絡めたりしてグルグル回し。

180111tt最後はちょっと歩いてエントリーする日陰のほうに行ってますかと。
ここはワシまだ滑ったことなかったのだけど、まだまだラインが残っており適度な斜度と深い新雪。あんまり楽しくておかわり4回くらいしちゃって、特に最後の一本は手つかずの右クォーターパイプをスラッシュしまくりで、こりゃ記憶に残るシークエンスとなって今日のルーティンは終了。

気がつけば午前券いっぱいの1時まで滑り倒してしまいました〜。
おかげさまで滑りも荒れパウにも対応できて、ちょっと復活してきたような。
板のチョイスも今季初のTTだったのだがチョイスもバッチリ。

180111ramenガッツリ滑ったあとはラーメンでしょうということで、久々のとっつぁんラーメンで醤油と餃子をオーダー。
腹パンパンになったところでワシは宿に退散いたしまして、プシュッとやって温泉入れば極楽浄土でございますw。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧