2019年1月 9日 (水)

ペルシャの都

20190109hana昨日の冬型が緩み始めた今朝のうちの前は北西のクロスオフが強くて膝モモとあいかわらずスモール。
昨日けっこう降雪がありそうだったんで今朝から行こうか悩んだ挙げ句やめたのだが、昼前には青空覗いてすっかり雪は止んだみたいで、ま行かないでも良かったということにする。

20190109tohakuwallそういや昨日はトーハクで等伯みたあと本館をジックリみたのだが、展示物以外にも裏の庭園やら茶室を望むバルコニーから出てみたり、展示室の間にある小部屋の壁の意匠が手が込んだタイル張りになってるのに気がついたりと、なかなかゆったりした時間を過ごせて良かったのであった。

途中でトーハクいること呟いたりしたら、ほんじょさんから隣接する黒田記念館で年3回だけ期間限定の展示やってる事教えてもらって初めて「湖畔」「舞妓」とか見れたんでこれもラッキー。さんきゅ>ほんじょさん。
たまにはこういうのもいいっすね。
20190109tohakugarden20190109kurodaseiki


20190109perseで今日も夕方映画を1本。
イラン革命前後に幼少期をイランで過ごした女性を描いた自伝アニメ。もともと原作は作者が発表したバンドデシネ(フランスのマンガ)だそうで、フランスで製作されたそうで。
現代の海外アニメの傑作と評価されてるそうなんで借りたのだが、(特に欧米で)大絶賛されてる割りにはイマイチピンと来なかったのが正直なところですわ。
ってのも主人公の家族は革命政権下でもけっこうプチブルで、共産主義者だった叔父を殺されてたりはするモノのそれなりの生活エンジョイしてるし、イスラム化されてる暮らしから脱出してウィーンに留学させてもらったのにけっこうダメダメな暮らしに浸った挙げ句、馴染めなくてイランに逃げ帰ってみたり、帰ったら帰ったでダメ男と結婚してすぐ離婚して今度はパリに逃げ出すとか、要するにワシには感情移入できなかったのよね。
イスラム教の描き方がキリスト教側からの視線で、偏見がチラ見されるのもなんかイヤだったなぁ。
ということであんましスッキリしない1本でしたっ。

| | コメント (0)

2019年1月 7日 (月)

BBQ竜

20190107hana正月7日のうちの前は北西のクロスオフがやや強めで膝モモと相変わらずのスモール。

朝飯食ってから走ってると北のサイドに振れるわ風は強まるわ、正月明けのチョキチョキさん達が解放されたのか妙に混雑するわで入る気ゼロとなり、午後は読書やらで今日も夕方から映画を1本。
20190107bbqdragon在日の人たちを描いた名作の脚本家の最近ヒットさせた舞台の本人の初メガホンによる映画化。ラジオで監督本人が出てて面白そうだな、と。
1970年前後の大阪伊丹空港脇の国有地不法占拠地帯でホルモン屋を営む在日家族のお話。
出てる役者は日韓混合で日本育ちの設定の人は日本人の役者が、という棲み分けでワシの好きな役者さんがでてるし、それ以上に特に父親役の韓国人役者は圧倒的な存在感でござんした。
タイトな演出だし、在日のアンビバレントな立場を表現するストーリーも締まってていい映画だと思ったんだけど、どうしても韓国の人の感情表現は大げさに感じちゃうし、少ない登場人物で表現する男女の人間関係とか、舞台でも観たかったかなと思ったことでした。

晩飯は3日前からつくりはじめたブリ大根。
いい感じに大根が炊きあがってきたんだぜ〜。
20190107buridaikon

| | コメント (0)

2019年1月 6日 (日)

DOG ISLAND

20190106hana今朝のうちの前は北のサイドがやや強めで膝モモ。
朝は走っててもそんなに気温が低い感じはなかったのだがなんせ風が冷たい。
雲も多めで気温が上がらず買い物行った以外ほぼ引き籠もりでございます。

20190106dogislandんで夕方観た映画。
今年話題になった日本が舞台のストップモーションアニメ。この監督の作品って前作の実写もんも独特な世界観っつうかなんか夢見てるみたいな話だったけど、今回も不思議な舞台設定の日本。
ガイジンの日本イメージを良くも悪くも丹念に作り込んでいて、バックにちりばめられた変な日本語とかちょっと情報量多すぎで目がチラチラしちゃうくらいでストーリーは比較的単純なのだがちょっと疲れちゃうくらい。
最後に特典映像でメイキングとかを観たんだけど、CG全盛の時代にここまでやるのかよってくらいに実写に拘ってたり、声優も豪華だったりでこれだけでも見る価値あり。
小さい画面じゃ観ちゃダメなヤツでしたね。よかよか。
ちなみにこの画像は、オートモせんせいがコラボした作品だそーな。

| | コメント (0)

2019年1月 2日 (水)

均圧器

20190102hana_2
二日のうちの前は西のオフで腹胸のワイドブレイク。
12月は実家帰ったり白馬行ったりで月間100キロのノルマが半分くらいしかいかなかったんで、今年は仕切り直しで初ジョギング。
どれくらいまで走れるんだろうなぁ、とか考えながらも気持ちよく走れたんでヨシ。

うちに戻ってみると見慣れないセダンが駐まっており、あそうか次男から二日にちょっと行くからってラインあったっけ。
と玄関を開けるとリビングに次男とその友達と思われる若いオトコが3人ゴロゴロと眠りこけておる。
20190102guys_2
ありゃりゃ、これじゃ箱根駅伝みれねぇよ。
起こすのもアレなんで、2階でラジコ聴きながらここ書いたりして。
あとから聞いたら夕べ鴨川で徹夜で釣りしてからうちに来たらしい。
昼過ぎに笑福に飯食いにいってサッサと帰っていきましたわ。ま、正月に親の顔見に来るだけでも殊勝だと思わなくちゃね。

今夜はここんとこご馳走が続いてたせいか特に連絡もなく大人しくなりそうな予感がしていたところに、NYに行くチカちゃん成田に送ってから戻ってきたブイチさんから連絡あり。
映画観てからおせちの残りでも突きますべぇということに。
20190102equalで、観たのがコレ。
デンゼル・ワシントン扮する几帳面そうな倉庫係のおじさんが実はとんでもないワンマンアーミーの殺人機械だったのよ、というお話(あとで調べたらこのタイトルってアメリカンスラングで「武器」って意味あるのね)。
正体隠してたのだが暴れるきっかけになった娼婦役にキックアスの女の子がでててずいぶん大きくなったのぉと関心。
それにしても相手のロシアンマフィア相手に、まぁ乱暴だこと。
正月早々殺伐とした血まみれ気分にさせていただきましたw。
でも続編も観ちゃいそうです。

| | コメント (0)

2018年12月24日 (月)

性の戦い

20181224hanaクリスマスイブのうちの前は北西のやや強めで腰腹〜胸のインサイドブレイク。
晴れ間も出たし干けば..と思いきやあっという間に強風となり、チェックしたけどヨレヨレでちょっと入る気になれないコンディションになっちゃいました。
ここんとこ調子悪いなぁ。

20181224maki
ほんじゃ年内はもつかなと踏んでいた2号薪置き場の薪を使い切っちゃったんで、収まりきらずに積んでおいたピンコロを割る作業に入る。
けっこう遠慮ナシに焚いてるから今年は早めになくなるかも。
久々に作業したんでちょっと腰にきちゃったんで久々にナンチャッテ温泉に行ってマッサージ椅子のお世話になる。むむむ、極楽ですなぁ。

20181224sexes夕方からは2本立て。
まずは「カメ止め」。やっぱ2回観ても面白いわぁ、何回も観た人いたらしいけど気持ちわかるのぉ。
そんでもう1本はビリー・ジーン・キングのお話。
こないだ観たフィギュアスケートといい、女子スポーツモノって流行ってるんでしょうかね。
これは70年代当時大きな差のあった男子と女子のテニスプロ界にあって、ナンバーワンで女子プロテニスの地位向上目指していた彼女が男性至上主義者のロートルシニアと対戦したという実話の映画化。
ということで女性差別問題ということでのタイトルかと思ってたんだけど、実はレズビアンであることの葛藤というのがもうひとつのテーマだったのね。ということでちょっとヒリッとするけどなかなかいい映画でございました。
エマ・ストーン、やっぱいいわぁ。

| | コメント (0)

2018年12月21日 (金)

還暦の壁

20181221hana今朝のうちの前は北北西のサイドオフでさらにサイズが落ちてスネとほぼフラット。ショップ前は×ついちゃいましたよ。

なもんで走ったり、本読んだりで1日。
20181221roujinどうも誕生日を迎えるにあたりそれなりに心構えをしたくなったのか、こんな本を借りて読了。
高齢化の波を受けて20年ほど前から「老人力」だの「大往生」だの老いやら死やらを肯定的に捉える本やらがベストセラーになってるけど、これもそんな一冊。
どちらもそんな論調の論客そんな二人の対談集でござんす。
まぁ読みやすいし、ジジィなりの理論武装にはよかろうとサラッと読めますわ。

なぁんて自分の年齢に甘えそうになっちまいそうな今日この頃だったのだが、昨夜衝撃の事実が判明。
昨日ワシの大好きな打首さんがベーシストであるJunkoさんの"junkoさんお誕生日会"なるライブをやってたのは知っていたのだが、その会場で彼女が還暦になったとのお知らせが!
20181221junko
バンドの中でも一番激しいヘドバンで金髪のロングヘアーを振り乱すライブアクションで人気のJunkoさん。たぶんアラフォーくらいなのかなと思ってたらタメじゃないかよっ!
いやぁ自然体でアレやってんだからほんとスゲーわ。
すっかり御隠居風吹かしてる自分が恥ずかしいっす。

ということで新曲お楽しみ下さい。

| | コメント (0)

2018年12月20日 (木)

トリプルアクセル

20181220hana_2


今朝のうちの前は西オフが弱く、さらにサイズが落ちてスネ膝。
だぁめぇだぁ。

20181220tonyaつうことで夕べ観た映画。
90年代にアメリカのフィギュアスケーターとして活躍、というよりお騒がせのほうが記憶に残るトーニャ・ハーディングの伝記映画。
今やオシャレでしょうがない町ポートランドでホワイトトラッシュと呼ばれる白人貧困層の家庭で生まれ、毒親としかいいようのない母親とドキュンな彼氏なんかの環境の中、スケートの才能でのし上がっていくのだが...ってな話。
母親役の人凄いっす、さすがアカデミー賞助演女優賞。彼氏の友達のボンクラ役とかもハマってるし、ナニよりトーニャ役のハーレクインちゃんもいい。観る価値ある映画です。

で、思ったんだけど、彼女がフィギュアスケート界に名前が残ってるのはアメリカ人女性選手で初めてトリプルアクセルを競技会で跳んだってことなのよね。もちろん世界で一番は88年の伊東みどりなんだけど、世界で2番目。
で、こないだの紀平ちゃんも決めて優勝したわけだが30年の時間が経っても女子ではまだ10人も成功してないまだ最高峰の技なのね。 ちょっと前まで男子でも最難度だったわけで、これって人類の限界なんだろうなぁと改めて感心してしまいました。
そりゃ、コンビネーションまで決めりゃぁ優勝するわけだわなぁ。

| | コメント (0)

2018年12月17日 (月)

大富豪の誘拐

20181217hana_2前夜の雨が昼近くまでまで降り続いたうちの前は西のオフながらまとまらない腰腹。
気温も低めだし、そろそろ年末年始に向けて掃除始めるかとまずは脚立持ち出して梁をぞうきんがけとかする。

てなことやってると晴れ間が見えはじめて、気温も上がってきたしでうちの前チェックするとワイドながら胸肩にサイズアップ。
そういや漕いでばっかでひと月以上波乗りしてないかもということで、久々に中学下にパドルアウト。
セットは肩くらいのがときどきアウトでジャワッと割れてるんだけど、ピークがシフティでアウトでジタバタしてるうちにウネリが落ちてショアブレイクだけになっちゃって終了。わかってはいるけどコンスタントにやらないとダメだよねぇ。
おまけにちょっと暖かかったんでナメてジャーフルで出たら水温はそれなりに下がっており、指先冷えちゃいました。

20181217getyんで夕方観た映画。
70年代にローマでおきたアメリカの大富豪の孫が誘拐された事件の映画化。
去年公開されたけど、映画そのものよりキャスティングされてたケヴィン・スペイシーが同性セクハラ騒ぎで降板して公開直前に撮り直したとか、主役級二人のギャラの男女差が1000倍以上だったとかの騒ぎのほうが話題になったような。

でもリドリー・スコットが監督しただけあって、バンスカ発砲したり爆発したりがなくても充分楽しめるサスペンスでございましたよ。
あとは人間いくらカネがあってもシアワセじゃないでしょってアメリカ社会へのメッセージがちょっと。

| | コメント (0)

2018年12月 5日 (水)

放浪者の狂詩曲

20181205bohemianr今日は一日実家で停滞するのもなんなんで、帰省時恒例の映画鑑賞に出かける。
ちょうどこの映画が上映中で、ジイ様バア様号泣と評判の中味を確認することにする。
そもそもこの人達については友達が持ってたデビューアルバム聴いたのだがどうもイマイチ肌に合わず、ってかボーカルの人がなんか気持ち悪かったんだよね、正直。
その後もアルバム単位で聴いたおぼえなく、ワシにとってはいわゆるロックバンドというよりシングルヒット飛ばすポップグループだったのよね。
とはいえほとんどの曲は知ってたわけだけど残念ながらライブエイドのシーンでも号泣することもなく、ブライアン・メイとかが監修したせいもあるんだろうけど当たり障りのないストーリー展開だのぉとか、クールに鑑賞終了してしまいました。
ま、ファンの方にはよろしいのでしょうなぁ。

さて明日からニセコだけど、苫小牧も気温は高め。
ライブカメラ見るとベースはブッシュが出ちゃってる。サイトでチェックするとリフトはヒラフで6C、花3まで動いてるみたいだから上はなんとかなるんだろうなぁ。

| | コメント (0)

2018年12月 3日 (月)

危険な刑務所

20181203hana夕べ降ったけっこうな雨はあがってうちの前は西のオフでときどき腹胸がインサイドでワイドに割れるコンディション。
ん〜パス。

20181203brawl99夕べ観た一本。
こないだ観た西部劇の監督が撮った、まぁB級クライムアクションですね、同様に本邦での公開はなくセル&レンタルで上陸。

しかして観始めるとけっこうな迫力で引き込まれる、といってもハデなアクションシーンではなく暴力シーンが凄くて、タランティーノ的なグロい描写もあり〜のでなかなか凄まじく、エンディングまで引っ張られてしまいました。
けっこう重要な役でドン・ジョンソン(歳とったな〜)が出てきたんだけど、あとからこの作品とかググってみると「ジャンゴ」に出演してた〜的な解説で、マイアミ・バイスのことまで遡らないのよね。なんか時代を感じちゃいましたよ。

あ、明日から1週間ほど旅に出ますんでアップデートはそのあとで...。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧