2018年4月18日 (水)

隠された数字

180418hana夜半からビュービューの暴風雨になって10時近くにやっと小止みになったうちの前は北のサイドがやや強くて胸肩〜アタマ。ちょっと風が収まってきてやれなかないかもしれんけどワイドで流れもきつそうだし。
まぁおとなしくしとこ。

180418marqurly日曜日にアオタさんと観た映画。
アメリカがソ連にスプートニクス、ガガーリンと宇宙開発競争に後れをとった頃、NASAに軌道なんかの計算業務で雇われていた黒人女性達のお話。当時はまだコンピューターが導入されてなくて人間が計算してたんですな。
そしてまだ公民権運動の真っ最中で黒人は下働きの労働力としてしか扱われないなか、能力を発揮して認められていくっつー実話を元にしたお話ですな。
まぁ最近ありがちな黒人成功譚といえばその通りなのだけど、つくりやテンポがよくて気持ちよく観られたいい映画でございました。
同僚でおデブなおばちゃんはこないだの半魚人映画で導入されるコンピューターに先んじて取り組むいい役やってたし、もう一人の同僚は黒人ゲイ映画に出てたキレーなおねーさんでエンジニアとして抜擢される、二人とも準主役としていい演技してたなぁ。

| | コメント (0)

2018年4月11日 (水)

偲ぶ会

180411hana今朝もうちの前は南西クロスオフがやや強くて膝モモ。
毎日のように前線通り過ぎて、北東〜南西の強風の繰り返し。
いったい何往復めでしょうか。シューヘー親分がいみじくも往復ビンタに例えてたけど今日も続きますわ。
でもまぁ今日はお江戸な日なんでアクアラインが通行止めにならなきゃいいっすけど。

いつもの火曜日から水曜に振り替えた今日のクラスだけど、テーマは「趣味悠々」ということでゆったり基本をやりましょうということで一緒なのだが固定のメンバー構成の違いから水曜日のほうが若干マイルド。
皆さん春の陽気のせいかアタマがボーッとするとかという人が多くて、ロープワークから始めて基本的な立ちポーズなんかがメインでございました。

で、曜日を替えたのは今夜新宿で会社の同期の集まりにでるためでございまして。
働いてたときから同期会とかには一切出てなくて、会社を辞めて南房に引っ越してからは他の飲み会とかにも一切出なくなっちゃったのだが、今回は同期の一人が3月にガンで亡くなってそれを「偲ぶ会」をやるって事だったんでほとんど始めて出席させていただきました。
ま、たまたま水曜日にやるってことだったんでヨガがらみで出られるってこともあったんだけど。

180411cruise2久々に訪れた新宿は相変わらずの混雑でもうイヤ。紀伊國屋とかいっても買いたい本が目に残らないのですよね。
元職場の目の前にある会場に行くと既に同期の連中が20名以上。
もちろん年相応の劣化はワシも一緒だけど、業種のせいか他の会社の同年代の連中よりは若作りじゃないかな。もう何十年ぶりみたいな顔もチラホラ。
浪人で入社した連中は既に定年退職してて、そのまま会社に残ったヤツ、他の会社に転職したヤツ、ワシみたいに早期退職したヤツと様々なんですけど、プラプラしてるのってワシだけみたい...。
集まった同期は入社80人目中30人ってことで恒例の同期会より集まったようだ。

亡くなった同期ってのはワシが南房に隠居決め込んだあと唯一うちに遊びに来たヤツなんですよね。
別に特別親しかったわけじゃないけど飄々として面白いやつで、2浪だったヤツは既に定年退職したあと継続契約してて、なおかつ前立腺ガンやったあと完治して好きなバイク楽しんでるって事だったのだが。
その後去年の秋くらいから体調不調を訴えて、そのままあっという間に進行ガンに冒されて逝ってしまったということでございました。あのときは元気だったんだけどな〜。
ん〜寿命と言うには早すぎる。同期の何人かは亡くなってるんだけど病気は二人目かなぁ。

次にこの手の会に出るのはいつかのぉ。
180411isoroku

| | コメント (0)

2018年4月 2日 (月)

JK制服マーケティング

180402hana
ジョギングしながらチェックしたうちの前は北西のクロスオフが弱くてモモ腰とちょっとサイズ上がってきたかも。まぁ昨日までがあまりにもだったから十分できるように見えますわな。

ということで今日も風があがる予報なんで朝飯食ってからとっとと海に。
しかして本日は久々の波乗りなんだぜ。漕いでばっかりなんでそろそろパドル筋リハビリしないことにはということで、浮かんでるだけで乗れなくてもいいからと中学下にパドルイン。
南東のオンから南のクロスオンでワイドな腹胸ってとこか。まぁなんとかアウトには出られたぞ、と。
オンで乱れる海面に時々入ってくるワイド目のセットを狙うも板に立つのが最大の難関。ひっ転がったり足滑らせたりとまぁ散々ですな。
それでもなんとか胸くらいのレフト2本滑れたんで、シーズン最初のリハビリとしては儲けモンってかんじ。
気温も高くて快晴の波乗り気持ちいいっすねぇ。水温低めで5ミリで入ったけど途中からネックカバーは外しちゃいましたよ。

180402seifukuこないだ読了した本。
トンボ学生服のマーケティングの人が長年制服ウォッチングした話でけっこうマジメ。
ワシは制服マニアじゃありませんけどなんかひっかかったのは、会社に入社して2年目で制服売り場に応援で配属されたりしたからでしょうかね。
そうそう、あそこにいかなかったらM平先輩とウィンドサーフィン始めたりしなかっただろうし、こんな横乗りダメおやぢにならなかったかもだよなぁ。
中味は主にルーズソックスあたりからの制服の着崩しの観察やグループインタビューとか通じて調べた彼らの意識とか、学校側とかメーカーの対応とかを紐解くって感じでなかなか面白うございました。
高校生が3年間の自分の価値みたいなのを意識してるって、ワシらの頃にはなかったもんなぁ。うちの高校制服自由だったのに学ラン着たりしたおぼえはあるけど、めんどくさいのが理由だったりしたしたし。
JKにはかないませんなぁ。

| | コメント (0)

2018年3月13日 (火)

ニセコ逍遙

180313hirafu
どうせだったらビカビカに晴れてシャバシャバの春雪のほうがマシかもな、と期待していたのだが天気予報によると倶知安方面は中途半端な曇り空らしい。
さすがに今日明日実家でグデグデするのもナニですからムリヤリニセコに行くことにする。

到着したヒラフのゲレンデは予報通りの曇り空に上部がガスってる。
とりあえずセンターフォーに乗ってみたものの降り場あたりで既にガスガス。フリココースでも滑って身体慣らすかと滑り始めましたら、なんと最初の急斜面はカリンカリンのアイスバーン。キャーたすけてぇぇぇ、と横滑りで降りる始末。
ゲレンデ下部は緩んでザラメっぽくはあるのだけど、初心者スクールも入り乱れてスピードなんぞだせやしない。
3本ほど滑ると今度は暖かい南っ風が入ってきたのかガスがどんどん下に降りてきて、センターフォーも半分くらいガスの中。
しょうがないんで休憩するかと高原ゴンドラに乗ったのはいいけどガスガスでコース取り間違えてまたセンターフォー方面に降りちゃったり。

180313bouyou
ガスの中なんとか望羊荘まで辿り着いたけど2壁に迷い込んでやられちゃいましたよ。
まだ11時になったばかりでガイジン家族だけ。ガスはミゾレっぽくなってたらしくベショ濡れですわ。

180313butadonそんじゃ年末はシーズンはじめでまだ作ってなかったいつものアレ頼むかな、とメニューを見るとアウト・オブ・オーダーじゃないですか。
オバサンに聞いてみると人手不足でチャーハン作る余裕がないらしく、従いましてカレーチャーハンは作れないんだと。
残念だけど過去にしがみついても仕方がない、新メニューの豚丼を注文。
ほとんど丼2重に覆うくらいの豚の量に圧倒されてしまいました。
そんなことやってる間にも続々とガイジンで席が埋まってゆき、ポンニチ人は相変わらずワシだけでございますわ。
外に出てみると望羊荘もガスに包まれて、こりゃダメだと5本で撤退することに。一本1000円かよ〜。

今までだったらトーゼン鯉川、なのだがなんと日帰り温泉まで3月1日で営業を終了してしまったとの悲報を来る前に聞いて悲嘆に暮れておったのだが、こうなったら五色温泉まで足を伸ばしてやるんだぜ。
180313goshiki
そういやずいぶん前に北斜面ツアーで滑って以来五色温泉にはご無沙汰だったのよね。もう20年くらい経っちゃったかなぁ。
なんせ鯉川がよすぎたモンですから、あぁ...。

180313seppiちょっと標高が高いいんで30分ほどのドライブの半分はガスの中。
最後に訪れた時はちょうど立て替えたばかりでピカピカだったのだが、館内はさすがに時間を感じさせるヤレ方でこれからいい感じに育つのかもしれません。
こんな時期は初めてで貸し切りの露天風呂は屋根からと外側から張り出した3メートル近い雪庇のような積雪が今にも崩れそうな勢いで、半分以上は立ち入り禁止。
ま、久々に五色にも来れたし、帰りに寄ったショールームでスズちゃんとも話せたし、来てよかったんでわないでしょーかー。

| | コメント (0)

2018年2月26日 (月)

家系図作成

180226hana
戻ってきたうちの前は北サイドでモモ腰。潮が多くてワイドなインサイドブレイクのみ。
寒々しくて入る気になれないっす。

旅の片付けしたり洗濯したりしつつ、午後は松島町でとってきた謄本もとに手書きで作った家系図の清書をしてみる。
きっとあるんだろうなと検索してみたら案の定ありましたiPadの家系図アプリ。
ちょっと使い勝手慣れるまで時間かかったけどなんとかワシまでの5代分。
生年没月日も入力できるんでデータベース的にわかりやすく、pdfに落としてコンビニでプリントしたら結句綺麗にできました。
予定通り四十九日に集まった親戚どもに配布してやろうかと。

| | コメント (0)

2018年2月22日 (木)

ファミリーツリーな旅

180222yakuba
今朝はちょっと早めに起きて東北道を北上。
一月前に父親が亡くなったあと、役所の届けとかで戸籍謄本とかとってると父親の父親、つまりワシの爺さんの元の本籍が宮城県の松島であることが判明。
判明ってか秘密にされてたわけでもなかったんだが、父方の婆さん、母方の両方はなんとなく話を聞いてたのだけど、親父はもちろんオジキ達がいる席でも父方の爺さんだけはボンヤリ東北らしいというくらいで出自が語られることがなかったのよね。
なもんでワシも敢えて聞こうとしてこなかったのだが、ま単身北海道に出てきてその後も親戚づきあいなかったところみると多分あんまりシアワセな思い出もなかったのかな、とか。
しかしてやっぱし気になるじゃないですか。
ということでこの機会を逃すとずっとボンヤリしたままで終わりそうな感じ。
去年味をしめた東北温泉旅行も兼ねて、こりゃいっちょ調べてみるかということですな。

しかしていつもの事だが宮城県遠い。
仙台までってほんと遠い。6時前に出て松島に着いたのが1時近くだもの。
とりあえず最初に仕事片付けということで町役場に直接乗りつける。
平日の午後ということで窓口はガラガラでスンナリ辿れるだけの直系の謄本4組をいただきまして。
その足で爺さんの旧本籍地あたりを歩いてみることに。

事前にグーグルマップとかで調べて明治の住所表示が今でも生きており、役場からもそんなに遠くなさそうなことから役場にクルマ駐めっぱ(ゴメンナサイ)にして徒歩で向かう。
松島と言えば日本三景ってくらいの観光地なワケだけど、観光基地からは隣り合う地区で、近づくにつれて漁港の雰囲気が。
例によってちょっとゴチャゴチャした人気のない家並みを入っていくと、まさにこの場所か、ふーんとお宅の表札見てみるとまさに「千葉」さんのお宅じゃないですかっ。
意を決して呼び鈴鳴らしてみたのだが、不在らしくちょっとホッとしたりして。

そのまま海岸方面に歩いて行くとまさに漁港の雰囲気で、防波堤がちょっと高いのは津波の影響でしょうか。
ちなみにこの松島は周りの島が防潮堤がわりとなって、周りの石巻なんかに比べると奇跡的に被害が少なかったらしく、このあたりも痕跡は感じられません。
180222yakikaki
180222kakiya漁港の前には直売の看板掲げたお店が数軒あって、そのうちの一軒は店先で牡蛎やらを焼いてその場で食べられるらしい。事前に調べて焼き牡蛎小屋が名物らしく楽しみにしていたのだが、晩飯までの時間がなさそうなんで今日は2個だけ焼いてもらうことにする。
う〜むホクホクで香ばしくて美味いわぁ。生牡蠣より好きかもしれません。牡蛎醤油も添えられてたけど全然いらないよね。無料のワカメの味噌汁もんまかったっす。

180222tera漁港周りを散策してからもう一度千葉さんちの前を通って不在を確認して通り過ぎると、ちょっと先にお寺があり看板からすると曹洞宗の寺らしい。
苫小牧で檀家になってる寺も曹洞宗で、ずっとワシはどうせ宗派に関係なくたまたま檀家になったに違いないと思ってたのだが、これはひょっとするとここの檀家だったから選んだのかも。
境内に入ってみるとソコソコ立派なお寺さんで、周りにもたくさんのお墓が。ひょっとしてと思い、全部の墓をひとつひとつチェックしてみたのだが「千葉家之墓」は複数あったけど、爺様が使ってた家紋と同じ墓はなかったようで。ま、家紋がテキトーだったのかもしれないけど。

ちょうどチェックインの時間が近づいてきたんで役場に戻り、今日の探索は終了。
ネットで予約した宿はモダンで小綺麗な小ホテル。晩飯時におひとり様はワシだけでございました。
180222dinner

夕食のあとは部屋に戻って、今日とってきた謄本元に家系図づくりをはじめてみた。昔の戸籍って家長性が反映されてわかりづれ〜。
それでもなんとか4代前、明治以降はなんとか辿れるかも。
ふむふむ空白はあるけど、なんか想像巡らせるとドキドキしちゃうなぁ。

| | コメント (0)

2018年2月 8日 (木)

ホッキ祭

180208musium
今日は他のゲレンデサクッと滑って...というのはグッと抑えて残りの事務仕事を片付けねばな。
ということでちょっと時間をずらして市役所に謄本とか取りにいったら、委任状の不備とかで出直したりしてやっと窓口終わって、税金関連の書類を...って昼休みでお休みでやがる。

時間つぶしに市役所周りの施設の様子なぞを。
180208kagakucentreワシが通った小中学校は市役所中心のまぁ官庁街みたいなところにあったのだが、ワシがガキの頃には苫小牧市もわりと景気がよかったのかいわゆる箱物行政っての?市役所の周りに市民ホールだの体育館だのボコボコと施設ができてる時期で。
プラネタリウムとかも最新式だった科学センターみたいなのの様子をチェック。

180208kagakuさすがに50年近く建ってる建物は老朽化が顕著で、あれ?1階にあったはずの郷土史博物的な展示がなくなっていて、オンボロヘリコプターとかもう、何年前の科学だよってな展示物がほぼ朽ち果てるように放置されていたりして。
2階の展示はもっと悲惨で、平日の昼間であるからして来館してるのもワシと同年代のおっさんがいかにも暇そうに二人ほど。
いたたまれなくなって逃げるように出てしまいましたがな。

180208tenrankai郷土史的なのはアイヌの事物とかあったんでけっこう見たかったので、その場で「苫小牧、郷土史、展示」的な検索したら目と鼻の先に新しい施設ができてるらしい。
わりと真新しい美術館では収蔵品の特別展とかやってたのだが、ほぼ市に関わりのあるあんまし有名じゃない作家の作品ばっかし。経歴見るとだいたい市内の学校で美術教師やってた人が大半で、芸術家として食ってくのは大変だったんだろうなぁとか。
そしてそのトップにはワシが小学だか中学だかの時にご指導いただいた遠藤ミマンせんせいの画業が。痩せて癇癪もちだった記憶しかないのだが、市内の美術家としては有名だったのね。

180208ohtsubomask施設の半分は博物館。
なんせ歴史のない街ですから、縄文の発掘物からアイヌの生活そこから一気に江戸後期の開拓団になっちゃうのよね。
しかしてアイヌ関連の展示物では科学センターの一階にあった丸木舟と再会して懐かしかったりもしたし、「スケートの街」(苫小牧の場合、製紙に代表される工業関連以外、これくらいしか打ち出しようがないのだった)の展示物の中に、王子製紙アイスホッケー部の守護神、キーパーの大坪選手のマスクを見つけて大感激しちゃったんだぜ。
親父と一緒によく王子スポーツセンターに試合観に行ったよな〜。
それにしても苫小牧市の箱物行政はまだ続いとるようで、体育館も他に新しいの建てちゃってるしいくら土地があるっていってもなぁ〜。

なんて暇つぶししてからも一回市役所に。
書類も揃ったんで、その脚で司法書士のとこに届けて、相続関連の手続きもだいたい完了、今回のミッションコンプリートなんだぜ。

一仕事終えて、そういや今回は実家でずっと飯食って北海道らしいもん食ってないなぁ、そういやちょっと前に朝イチでやってた漁港のそばにあるはずの市場みたいの覗いてみようかしらとグーグルせんせいに道案内をお願い。
180208ichiba
180208shopsこれも徒歩圏内にあってガラリと入ると手前から海産物屋、八百屋までのオーセンティックな市場の作りとなっており、奥半分はオープンな感じの飯屋が連なっておりますな。
とりあえずザックリ一周してから、唯一縄のれんでクローズな感じの食堂に目をつける。
だって入り口に「ホッキ祭」と書いた黒板があって、本日限定ホッキ丼もホッキ料理も特別価格になってるじゃないッスか。
昼の2時過ぎとあって無人の店内のカウンターに座って、ホッキ丼ハーフとバター焼きを注文。
その場で剥いてくれたホッキ2個分の刺身の乗ったホッキ丼はハーフにしといて良かった、それでもご飯減らしてもらったし、ホッキのバター焼きもんまくて、これで900円とは大満足のホッキ祭でございました〜。
180208hokkidon

| | コメント (5)

2017年12月14日 (木)

ローカルの宿

171214center4
今回の宿は久々に比羅夫。
たまたま直前にナベちゃんからイベント参加のお誘いの電話があって(白馬で行けませんでしたけど)どっかいい宿知らない?ってお願いしたら仮予約入れてくれた初めての宿。
朝ご飯も7時からだというし、ベースの積雪は10センチくらいしかなかったけど久々に朝イチセンターフォーに並んでみた。

まだまだプレシーズンって事でのんびりした雰囲気がいいなぁ。
とりあえずフリココースで足慣らししてピスサラにふんわり乗った新雪で朝イチのシアワセを味わってみる。
2本ほど滑ってから花園方面に足を伸ばしてみたけど、昨日の風向きが北っけだったらしく花3は風が当たって飛ばされており、花1まで下ってピステン脇の膝モモ食い残しや荒れパウ楽しんで、気がつけば昼間でノンストップ。
花3脇のツリーはまだ地形がボコボコ残ってるのと風が抜けたあとで雪が締まってなかなかにテクニカルで跳ね返されちまいました。

171214currynan_2そろそろ充電切れも間近っぽいんで高原側に降りてファミリーコースから見晴らし偵察してからゴンドラへ。
ここは残ってるんじゃねーかな、斜面の向きによってはリセットかかってるかもしんないし、という読みはバッチシ。いつものメローなパウダーサイコー。
思わず2本滑って本日のミッション終了して蕎麦屋でカレー南蛮をいただいてからナベちゃんちに伺うことに。

今年も3冊目が出版されたSTUBENのプロモーションとかで飛び回ってるようで、昨日内地から帰ってきたばかりでさすがに疲れて滑る気になれなかったとか。
ここんところのナベちゃんの活動の裏話とか、ニセコの今日この頃とかの話をコーヒーいただきながら四方山話。
ニセコベースの重鎮スノーカメラマンとして活躍してきたナベちゃんだけど、ちょっとベクトル変える時期に来てるのかもしれないのかなぁ、とか。
お話ししてるうちに雲が抜けてナベちゃんちのリビングからはでっかい羊蹄山の姿が一望ですわ。
171214youtei

171214coropoccuruひとしきりご歓談してから宿に戻ってお風呂に入ってからチョイと仮眠。
さて今回ナベちゃんが紹介してくれた宿ですが、昔っから地元の方がやってる宿。
もともとニセコの宿ってこの辺の開拓農民が冬場の稼ぎ場所としてやっていた副業なワケなのだが、比羅夫坂にあったT木山荘やら銀R荘なんかが札束攻勢で次々に地上げ〜廃業に追い込まれていく中で、かろうじて踏ん張っている貴重な宿らしい。

結構大変な仕事だと思うんだけど、まわりがガイジン向けのコンドミニアムに建て替えられていくところを若旦那がしっかり引き継いでいるみたい。
来る前は向かしながらのシャビーな宿を想像してたんだけど、3年ほど前に改装したとかで客室は昔ながらの和室だけど設備も綺麗で充分ですわ。
風呂は掃除時間以外いつでも入れるし、朝飯も7時からと朝イチリフトに間に合うし、必要充分条件は全て満たしております。
そしてビックリしたのはロビーをはじめそこここにナベちゃんの作品パネルが展示されてて、まるでギャラリーのようなのね。ワシも持ってるTT師匠の北斜のバックサイドターンとか代表作も多数。
ナベちゃんに聞いたら、若旦那がなかなか意識高い系の人みたいでナベちゃんなんかの活動にも興味を持って、改装するにあたって作品かって展示してくれてるんだとか。
これからは定宿にしたいと思いまーす。
171214tt

| | コメント (6)

2017年11月25日 (土)

ブーツやらヘルメットやらつづれ織りやら

171125hana今朝のうちの前は北西のクロスオフが弱くて膝モモ。
まだ喉の調子は戻らず今日も自粛モードでいこう。

といっても横になってるわけにもいかないし、天気はいいから日中はストーブも焚く必要なくてポカポカ。
171125bootsワシ的にはシーズンインしてる山道具の準備と整理をすることに。
まずは新品の皮仕様のブーツに防水ワックスを塗ってみる。
このモデル去年限定品みたいな感じで発売されたんだけど、とりあえずガッカリ島行く前から履いてた2足(しかもシマノ製)がまだ履けるんで手を出さなかったのだが、シーズン中に両方とも踵が剥離し始めてソールリペアで直したんだけどいつブチ壊れてもおかしくない状況。
なもんでシーズンのおわりにてんちょのところにあった在庫をいただいておりまして。
ところが今年のシーズン前になってヨネックスがアキュブレードシステムの販売やめるみたいな事になり、このシステムで一生いこうと決めてるワシ的には買っといてよかったという感じ。
去年あたりから玉井師匠モデルに移行した奴らから、ビンディング下取りしようかな、とか。

171125helmet平行してやったのがヘルメットの塗装。
今シーズンから山でもヘルメット被ろうかな、とトライアルで立山にゲレンデ用に買ったヤツをもってったのだが特に問題なかったんで標準装備にすることに。
で、ずいぶん前に買ってちょっとカッチョ悪いよなぁと放置してたヤツを山用メットにすることに。
ただ真っ白なんで(コレが気に入らない最大の理由)マットブラックに塗ることにしたのだった。
パワコメで自動車用のスプレー買ってマスキングしてから5〜6回に別けての塗装。
うむ、なかなか美味くいったわい、と自己満足。

まぁなんだかんだで、冬支度は進んでますよ。

171125tapestry昨日観たライブ。
ちょっと前にCD&DVDをポチって手元にあったのだが、せっかくだからチカちゃん達と一緒に観るべぇかと観てなかったのだが、なんと明日の深夜にBSで放送されることを知りまして。
悔しいから放送される前に一人で観ちゃいました。

ライブはタイトル通り名作「つづれ織り」を演奏するライブってことで、アルバム通りの曲順、ほぼオリジナルのアレンジで、バックにダニー・コーチマーまで参加しての屋外ライブ。
いやいや相変わらずお若いわ。声にも張りあるしキーも下がってないし、あのスモーキーな声質は健在。もちろんアップだとシワとか目立っちゃうけど姿勢もしゃんとしてるし。
なんだか一曲ごとにウルウルしちゃいましたよ。

コレなら何回観てもいいな、と思いますんでチカちゃんもぜし。

| | コメント (0)

2017年11月19日 (日)

曼荼羅TT師はいかに

171119hana寒風の中を今シーズン初めてジャケット着て走ったうちの前は北西のクロスオフが極強で腹胸。ウネリはあるけど風強過ぎでオフショアに煽られたしぶきが凄い勢いで飛んでいる。
まだ上げてるしちょっと待つかな。

昼前には風も若干弱くなって、潮も干いてきたんでうちの前から入ることに。
北西クロスオフが弱めで、風が弱まって抑えられていたウネリが綺麗に割れてサイズはアタマ〜アタマオーバー。
セットが入るとアウトで割れたスープで一面真っ白。ってかずっとインサイドはスープ地獄でこりゃダメかもとココロ折れそうになるもなんとかゲティングアウトに成功。ありゃりゃ、橋の前まで流されちゃってるわ。
亜富ショアで整えられた波は面ツルでしっかり掘れるんだけどなかなかピークが合わず、たまのセットはでかすぎて攻めきれないまま。
中盤からはどんどんダンパー気味となりまったく乗れず、最後はやや強めの南東のオンショアに振れて海面が乱れたところで無念の撤退。
むむむ、修行がぜんぜん足りないっす。

171119iso3先日セブンでこんなおつまみを見つけまして。
そういやもう山の季節だ。
ずいぶん会ってないけど尊師はどうしておられるだろう。
イソさんの老後が心配だぁ、なんて以前は冗談めかして笑ったもんだが、もうぜんぜんリアルなお年頃になってしまいました。
人の心配している場合じゃないんですけど。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧