2018年12月11日 (火)

THIS IS WHAT WE'VE BEEN DOING

20181211gentembookということで今回のトリップのメインイベントはgentemstick20周年記念パーティーだったのだが、会の最後に参加者に配られた「引き出物」がこの本。
事前にSNSでgentem book作成中、みたいなアナウンスがチラッとあったのだが、そう書こういう目的だったのね。
で、この本のクオリティが尋常じゃなかった。

gentemstick立ち上げのフィロソフィーから始まって、代表するモデル、アウトライン、ロッカー形状、素材、に対する師匠の思いや、想定されるフィールドにに対するライダー達の考えが日英両記で語られ、その全てに師匠自身やgentem関係のフォトグラファーが撮影した写真が添えられている。
最初のコラムはWinterStick創立者のデイミトリエ・モリヴィッチ、最後を飾るのはジェリーさんのコラムという豪華さ。
そして紙や印刷・装丁はStubenと同じ印刷工場などを使ったというコダワリ。特に白黒写真の「黒」の深さには痺れましたわ。
とてもイチスノーボードメーカーが作成したとは思われぬクオリティ、信者ならずともココロに刺さる一冊ですわ。

20181211falllineFallLineの2号に掲載されている師匠のインタビュー記事と併せれば、この20年の歩みが立体的に掴めるんじゃないでしょうか。
今回は印刷トラブルがあったとかでパーティー参加者に配布する冊数ギリギリだったようだけど、限定数量ながら一般にも販売されるみたいなんで出入りのgentemディーラーからでも入手するべしっ!

| | コメント (0)

2018年12月 8日 (土)

パウダーシーズンイン!&祝20周年!

20181208annupuri
やっと積もった。
とは言っても15〜20センチってところか。
風は北西だったからひらふ花園側は飛ばされてる可能性もありゲレンデ下部まで繋がっているかどうか。
そして限られた滑走エリアに昨日から集結しているであろう濃い面々が集うとなると競争率も必然的に高くなるであろう。
ということでとりあえず下まで繋がっているという情報を密かにゲットしていたアンヌプリに移動するのだ。速攻で朝飯食べて爆撃して出撃。

8時チョイ過ぎに到着してみると、まだゴンドラに並んでるのはローカルとおぼしき3〜4名とガイジン数名。素早く列に並んで営業開始の8時半を待つ。
なんとか2番目のゴンドラに乗り込んで斜面の様子をチェックしつつ、吹雪いてやや視界の悪い上部に到着。スキーヤーズライトはまだ雪つきが悪くクローズされてる模様で、1番ゴンドラに乗ったローカルのラインを参考に慎重に滑り出し。
やっぱり上部は固いのと積もってるところのミックスだけどコブとかなくてストレスなし。端っこのほうは膝くらいの底付きナシで、ゲレンデ中段からはところによりモモ腰のパウダーもアリで久々の感覚に身体が喜んでるのがわかりますわ。
そんな感じでスイッチが入り、とはいっても4本目当たりからは荒れパウ修行も加わってシーズン始めといたしましては6本ほどでモモパンパンとなり一旦休憩。1年ぶりにパウコムに顔を出すことに。

20181208powcom
途中ゴンドラでニセコに移住したスガワラさんと一緒に滑ったのだが、実はスガワラさんはパウコムでずいぶん前からガイドをやってるらしい。
20181208fujitaパウコムにはバブちゃんもいて、やっぱしヒラフの喧噪避けてきた様子。
スガワラさんが入れてくれたコーヒーなどいただきながらマッタリしてるとこの数年パウコムの常連となりつつあるフジタくんが登場。なんと今シーズン新たにボードを買って今日納品ということらしい。
確か一昨年マンタレイをはじめウエアからボードケースに至るまで一式高級セットを揃えたはずなのだが、勧められて最新モデルの"The Chaser HighPerformance"を注文したとのこと。それってワシもちょっと気になってるモデルなんですけどぉ。
しかもトモキに勧められたとかでジャケットもパタゴニアからノースフェイスの高そうなモデルに買い替えてるじゃないですか。
むむむ、パウコムもカネ持った老人おだてて高価な商品売りつける悪徳商法始めてマンマとフジタ君は「太い客」として取り込まれた模様。まぁいっぱいカネ持ってるんだからいいんだけどね。

一休みしたあとはフジタ君の新艇おろしにつきあったのだが、さすがに以前の木の葉落としから上達してノーズがちゃんと下向くようになってゴンドラ一本降りてこられるようになっておりました。
老後の楽しみ増えたってことでよろしかったんでわないでしょうかね。

さて夜は今回のトリップのメインイベント「gentemstick創立20周年パーティー」でございます。
場所は花園のロッジでヒラフからシャトルバスに拾ってもらって会場に。
思えば樺山のコンテナ改造したところで3モデル発売してから苦節20年。
気がつけばラインナップも覚えきれないほどに充実して、SnowSurfカルチャーの発信基地として世界中から注目集めるまでになったんだもんなぁ。
最初のバス便だったんでまだ入れ込みは少なくて、混んじゃう前にTT夫妻と記念写真撮っちまえ。
20181208ptt
さて招待客は次から次へと到着し、気がつけば結構広い会場ギッシリ。
そしてここそこに懐かしい顔が現れ、もう10年以上ぶりの人とかも多くてあちこちで久しぶり〜ゲンキ〜の挨拶が。
ってなことで当日撮ったワシの懐かしい人々の一部をば。
20181208pchiba
20181208pjet

20181208poum

20181208psuzu

20181208ptemma
どうやら200人以上集まったようでもう途中からコントロール不能となりMCトモキも機能不全、ムービー上映中も後ろのほう3分の2はガヤガヤで大盛り上がりに盛り上がり最後はライダー集合で締となりました。

ショールームで二次会って話もあったのだが、充分楽しめたし酔っ払っちゃったから宿に帰ります〜。
20181208prider
この調子なら次の10年も攻め続けられそうですなぁ。

| | コメント (0)

2018年12月 7日 (金)

Next Generation

20181207hirafu
さてやっと冬型になって夕べのうちに...って1センチも積もっとらんではないですか。
ダメだこりゃ、とゲレンデに出かける気力もなく部屋でゴロゴロ。
そのうちやっと冬型が決まり始めたらしく風がビュービューに吹きはじめて、こりゃリフト止まっちゃうんじゃねぇのってぇ感じ。

昼近くになってもリフトは動いているようだし10センチくらいは積もったかもということなんで、とりあえずゲレンデの様子を見ることに。
しかして風で飛ばされてるのかベースでも昨日とほとんど変わらずブッシュが出ており、センターフォー上部からは予想通りまともに顔上げられないような強風でございます。
また戻って来れなくなると面倒なんで第3に乗り継ぎ第3周りを数本回すも、強風に加えてリフトが頻繁に止まるのに閉口。
これ強風で止めてるんじゃなくて、ガリガリに凍ってるところに降り場がちょっと急な下りなんでここに集まってるアジア系を中心とする初心者のミナサマが次々にコケるせいと思われます。
フードのない第3リフトで強風の中凍えて来ちゃったんで4本くらいで撤退することに決定。
昨日のゴンドラ同様、下りのセンターフォーに乗るのも初めてでスーパーコースを降りるのはなんだかドローンにでもなったような不思議な気分。

まだ昼ちょっと過ぎたとこなんで、暇つぶしにショールームに顔出すとgentem営業の千葉夫妻とちょっと前に生まれたオコチャマが。
20181207chibas
いやいやカワイイ盛りでございますなぁ。
20181207harunaカフェにはお腹に仕込み中のハルナちゃんもいて、世代交代を感じるワケでございます。
どうやら今日あたりから続々と関係者が集結してる様子で、積雪さえあれば週末はかなり盛り上がるのでわないでしょうかね。

| | コメント (0)

2018年12月 6日 (木)

Stuben vol.4

20181206hirafu
さて比羅夫に到着。
とりあえず宿のチェックインまで一滑りするかとチェックしたゲレンデ下部は予想通り。
あと2発は欲しい感じかなぁ。
とりあえず上まで偵察に行くかとセンターフォーに乗り、降り場で係の人に下まで繋がってるか確認すると無理、と。センターフォーかゴンドラで降りてくれと。

とほほ、ちなみに今回はこんな事態に備えてちょっと割高だけどインターネットリフト券を用意しておいたのだ。ま、偵察ってことで1〜2時間分滑ればいいんじゃね。
降り場はなんとカチカチで、第三はちょっと混んでる(ってかアルペン側は実質ここしか滑れない)んでそのまま6Cにカリカリいいながら降りて、結局6C上部もカリンコリン。こりゃひょっとしたら雨降ったのかもね。
まだピステンも入ってないらしくカリンコリンかコブコブでどうしようもございません。
撤退しようとアルペン側に戻ろうとしたら6Cからはクローズされて降りられなくなっており、しょうがなくゴンドラで下山。
20181206senter4
結局リフト券1時間分乗っただけで撤退。ワシのニセコ史上初の下りゴンドラとなってしまいました。
しかも乗ったの柿Tだもんなぁ。

降りてもまだお昼前なんで軽く腹ごしらえに蕎麦屋に入りとろろ蒸篭を注文。
出てくる前にナベちゃんに電話入れてみると花園にいるとかで、合流しそのままナベちゃんちにお邪魔することに。
ワシの魂胆といたしましては出版したてで東京ではまだなかなか手に入らないStubenの4冊目を直接ナベちゃんからゲットすることなのよね。
20181206stuben4今回はフォトイシューという話を聞いてたので、ひょっとしてネタ切れ?とチト懐疑的というか心配だったのがページを繰るごとに、創刊号から一本筋の通った、いや更に進化した誌面に納得。
いわゆるフォトイシューというと最新版のカッチョいい写真を並べる雑誌ばかりなのだが、さすがフォトグラファーが編集するStuben、写真(あるいは写真家)と滑りの歴史や関係を深く掘り下げた内容となっておりひと味違いますわ。

発行人ナベちゃんの今号にかける熱い想いや昨今のニセコ事情なぞ伺いながら、美味しいハンドドリップをいただくってぇゼータクな時間を過ごさせていただきましたわい。
20181206nabechan

さて、明日から冬型決まりそうだけどなんとかなるのかのぉ?

| | コメント (0)

2018年10月13日 (土)

ブイチシェフ

20181013hana朝方まで雨が降って走る気がなくなっちゃった今朝のうちの前は西のオフが弱くて膝。
波打ち際のみで南房的にはフラット。

朝飯食ってノテっとしてたが空はドンヨリなんだけど雨も止んだし、海にも入る気になんないしということでやっぱ走ることにしたらちょっとスイッチが入ってしまい久々に10キロ走ってしまいました。
山シーズンまでに下半身多少でもつくらなっくちゃだからなぁ。

20181013kinpira週末の持ち寄り飯は先週同様ブイチ家で。ほんじょさんは出張だし、ガチャ君もいるとかいないとかなんで4人でこぢんまりと。
メインは最近めきめきと料理の腕を上げている、っつーか南房で暇なのかお料理に精を出すブイチシェフのビーフシチューとポテサラ。
ワシはキンピラでも作るかって気分だったのだがビーフシチューと聞いて、洋風キンピラに路線変更。オリーブオイルにニンニクトウガラシのペペロンチーノオイルで得意の縦切りレンコンとニンジン炒めまして、フィニッシュにバルサミコ。まぁまぁ旨くできたんでねぇか。
20181013dinner

| | コメント (0)

2018年9月17日 (月)

家元が死んだ

20180917hana
連休最終日のうちの前は無風で腰腹。引き続きワイドなジャワ波。

どうも風が弱いんで今日も漕ぎ。
東のオンが弱めでセットは波長の長い肩〜アタマ。あれれけっこうでかいの入ってくるぞ。
どっからウネリが入ってくるのか、フィリピン香港西進して中国上陸した巨大なヤツからとしか思えない。でかいウネリはうちの前からサーフ橋くらいまで繋がっちゃってドッカァ〜ン。
しかしてキレるのもありで静江岩場でいいのも何本か乗せてもらえてギリギリプルアウトできたのもあったし、祝日なのに人も少なかったしでよろしかったんでわないでしょうか。
しかしまぁサイズがあると体力消耗するなぁ。

20180917danshi_2午後はこいつを読了。
立川流独立後の初の真打ちイコール独立の原因になった弟子の、家元死亡前後のドタバタを軸にそれに至る流れを一人称で描いた一冊。
この一門って家元はもちろん文章書く人多いけど、この人も落語もできる文筆家なのるくらいらしく達者な筆致で一門の右往左往を生き生きと描ききっいて面白うございました。
それにしても話には聞いていたけど、一筋縄ではいかなかったんですなぁ>談志。

| | コメント (0)

2018年9月16日 (日)

書斎ルポ

20180916hana
連休中日のうちの前は北西のクロスオフが弱めで腹胸〜肩。
朝飯食べてから外に出てみると今日は一日曇りの予報がなんと霧雨。

気分あがらんことこの上ないのだが不貞腐れていてもしょうがないので漕ぐことにする。
海上は無風で時々入るセットはワイドな腹胸。さすがに人は多くてうちの前とかけっこうな混雑ですな。
まぁメインは漕ぎだけのつもりで静江先輩んち前往復する間にたまに割れるのを捕まえて大原セブン下あたりで数本。
ほとんどダンパー気味だったけど一本だけショルダー綺麗に抜けてメイクできたんで文句は言わんことにします。

20180916sensei午後はこの本を読了。
単行本としては筆者のデビュー作になるイラストルポ。
表紙に名前の挙がっている歴戦の本読み達の書斎を妹尾河童式の真上から見下ろすイラストと筆者の文章で探訪した本。
研究者とかも多いんで自宅より仕事場のほうが多いでしょうかね。そんなこともあり、皆さん割りと整頓されてる印象で本に埋もれてるような書斎は少なくて、整理方法なんかが参考になるところもありましたわ。
例によって緻密なイラストで、ここから紀行シリーズが始まったわけですなぁ。

ちなみにこないだ図書館で文春パラパラやってたら、筆者は佐里と最近までストーカーの被害にあってたらしく、その時の体験の連載始めたみたい。ちょっと読みたいような怖いような...。

連休中日の晩ご飯もほんじょさんちで持ち寄り飯。とは言っても夕べA5はじめ盛りだくさんのおかずだったんでワシのミネストローネは今日に持ち越し。ワインだけ持って参加させていただきました。

| | コメント (0)

2018年9月13日 (木)

ジズライザー

20180913hana今朝のうちの前は北西のクロスオフで胸肩とややサイズアップ。
昨日あたりから空気が入れ替わってすっかり秋っぽい気持ちのいいお天気。

北っけがけっこう強くなってきたんで今日は久しぶりにアオタさんちの前に入ることにする。久しぶりにアオタさん来てるしね。
北っけのオフで腰腹〜セットで胸肩でかなり早めというかダンパー気味といいますか。
入ってみると面ツルなれどセットはやはりワイド。
板はロングをチョイスして2〜3本いいの乗れたし、なんせ天気が気持ちいいしでマルじゃないでしょうか。
海から上がるとアオタさんが昼ご飯用意してくれてたんで、遠慮なくご馳走になってしまいました。
20180913aotas

20180913kusakari午後はやっと涼しくなってきたんで草刈り作業。
こないだネットで発見した草刈り機に装着する「ジズライザー」なるスポイラーでチューンするんだぜ。
草刈りの際にはなるべく地面に近いところ、できれば草の根元を根こそぎ刈りたい(これを「地ズリ」というらしい)わけですが、うちみたいにモグラでデコボコしてたりすると石引っかけたり飛ばしたりして刈り後が一定しないし、それなりに浮かせた状態をキープするんで体力を使うのよね。
ところがこのスポイラーを装着すると、刈り歯を浮かせることなくこのスポイラーを地面につけちゃうことで地面からの距離を一定に保てるし重さも預けられて楽、ということらしい。
最初は上手いこと刈れなかったけど、後半には振り回すことなく楽に刈れるようになったかも。
うむ、「草刈りはモータースポーツ」なんだぜ。

| | コメント (0)

2018年9月12日 (水)

定期検診

20180912hana今朝のうちの前は北西のクロスオフでほとんどショアブレイクのモモ腰。

20180912kenshin今朝は健康診断なのよね。
去年までは元勤務先の健康保険組合に入ってたんで指定のトーキョーにある病院で受けてたのだが、今年からは市の定期健康検診を受けることになったのだった。
場所はガッカリ温泉なんで、受付開始の7時めがけてチャリでゴー。
空いてるかと思ったら年寄り(ワシ含む)暇だし、仕事の前に受ける人もアリでけっこうな混雑。
メインが「メタボ」だということで受診する内容は割りと軽めで血液検査だけみたいなもんですな。オプションでレントゲンとかバリウムとかも受けられるんだけど今回はパス。
来年はちゃんと鴨川で節目の人間ドックでも受けてみようかなぁ。

午後はダラダラしたあとセブンイレブンで待ち合わせ。
ブイチさんのお嬢さんのユッキーの知り合いのガイジンさんがポンニチ旅行中で、今夜からブイチさん宅に滞在するらしいんだけどブイチさんもチカちゃんも来れないって事でワシがご案内役を。
初めてあそこ行くの大変だもんね。
二人は仕事やめて次の仕事まで軽自動車借りて二月ほどポンニチ漫遊をやるみたいで、なんか羨ましいなぁ。
この調子ならほっといても大丈夫そうなんで家の鍵開けたりライフライン開通させてからスーパー案内したりして、あとは放置プレイっす。
20180912rachel

| | コメント (0)

2018年8月26日 (日)

coba来訪

20180826hanaちょっと気圧配置が緩んだ今朝のうちの前はあいかわらずの南西のクロスオフが割りと弱めでモモ腰。
夏も終わりに近い週末とあって朝から混み気味でございます。

台風あとの地形とかチェックしたいしってことでうちの前から漕ぐことに。
風は西南西のオフでときどき強めのブローが入ってウネリは弱く波打ち際でモモ腰といったところ。
昨日までの水温下がって海パンだけで落ちると冷たい〜っつうか気温が高いんで気持ちいい。
ちょっと乗ろうとかしてみたもののこりゃムリって事でアサオさんち前まで漕ぎトレーニングに専念することに。結局帰りの高校〜中学下でムリヤリ2本ほど腰くらいの乗っただけ。

うちに戻ってシャワー浴びると七横cobaから「今東京駅八重洲口出ました」とのご連絡。
あら、スッカリ忘れてたわぁ。そうだ8月末に学会だか高遠だかのついでに来るとか連絡あったんでした。
20180826cobaレンタカー借りてドライブがてら遊びに来てくれて、お土産までいただいて早速南グルカフェに。
例によってなんもオーダーしてないのに鯨だの煮付けだの次々とお任せ状態で締めの握りまで一直線で腹パンパン。
coba的にはちょこっと海でも入ろうかと企んでたみたいだけど、この状態では海どころではなくハンモックの海に沈んでトド状態の週末を楽しんでいただけましたでしょうかぁ。
20180826cobahummock

| | コメント (0)

より以前の記事一覧