2018年7月20日 (金)

追悼アイク宮野

20180720hana金曜のうちの前はほぼ無風でモモ腰なんだが相変わらずのダンパー。
台風に地形リセットしてもらにゃどうしようもないっすね。

今日も「命に関わる高温」だそうでさすがのうちのあたりも日が高くなるにつれ汗がダラダラ。
チェックしてみると南っけが入ってボヨボヨだけどガラガラなんで涼みがてらうちの前にパドルイン。
さっきチェックした時にはインサイドのダンパーで時々切れるのもあるかなくらいだったのだが、ワシがパドルアウトしようとする直前にアウトから風波みたいのがガンガン入ってきて、ミドルからスープの嵐という「アルアル」なコンディションに一変。こりゃもうダメかもとココロ折れかけそうになったところでなんとかセットが切れてゲティングアウト完了。
海上は南東のオンでボヨンボヨンな海面に時々腹胸〜肩くらいのワイドな風波。
レギュラー一本、バックサイド一本なんとか墜落しちまったんで慎重にセット選んでいるとパッタリ割れなくなっちゃってインサイドダンパーのみに逆戻りしちゃって終了。
ロンジョンでちょうどいいくらいで体温は下がったかもね。

昼飯食べて読書したりしたあと、本日は君津のバスターミナルでtsunoと待ち合わせてクルマで東京へ向かう。
実は本日、テレマーカーのアイク宮野の葬儀が目黒で執り行われるのであった。

アイクとは確か山ボ研の集まりとかで知り合ったんだと思う。
当時スノーボーダー以上にバックカントリーやってるテレマーカーは少なくて、情報やらネットワーク求めて出入りするようになって、持ち前の凝り性もあって一目置かれるようになった記憶が。
ワシ以上にニセコに入り浸りで、ニセコに行くたびちょいちょいバッタリ会ったり飯を食ったりしたけど一緒に滑った記憶が少ないんだよなぁ。

夏場はシーカヤックをやるようになって館山のシーカヤックショップに出入りしていたようで、ワシがガッカリ島から帰ってきたあとtsunoを頼りに内房に物件探したりしているっつー噂を聞いた後、tsuno宅の隣に部屋を借りてワシも何度か遊びに行ったりしたんだよね。

20180720ikeそして数年前に体調崩してるらしいって噂を聞いたあとは、なかなか顔を合わせる機会もなかったんだけど顔本とかでは相変わらず山には行ってるみたいだったんで体調よくなったンだろうなとボンヤリ考えていたのだが。
ところが今週のアタマに突然tsunoから連絡があり、アイクが亡くなったと。

詳しくは聞いていなかったのだけど数年前に体調崩したというのは前立腺ガンだったそうで、全摘してその後は体調回復して仕事にも復帰していたとか。
ところが2〜3ヶ月前に検査の数値が悪くなったと思ったら、どんどん体調悪くなって今月に入って入院したと思ったら突然...。

20180720saidan
目黒の斎場にはホールにフォールディングカヤック、花の咲き乱れる山を模した祭壇の両脇にはテレ道具、SUP、ロングボードなぞアイクのアクティブな毎日が偲ばれる道具が飾られており、会葬者にもチラホラ海山関係者の顔が。
いい葬式なんてのがあるはずもないのだけど、アイクらしい送られかただなぁと思ったことでした。

それにしても、そろそろ同年代の物故者が出はじめるのは仕方ないとして同じような遊びをワシ以上に熱心にやってた人間が亡くなってくってのは人ごととは思えませんわなぁ。
自分だけは大丈夫だろうなんて思えないわけで、そろそろ万が一の場合の準備しとかなくちゃかも、とか。

最後に謹んでアイクのご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

2018年7月15日 (日)

女もつらいのね

20180715hana
夏本番のうちの前は今日もほぼ無風で腰腹。今朝もモヤってよく見えないけど相変わらずのインサイドダンパーっぽい。
しかして連休中日の本日のビーチは既に夏休みモード全開でソフトボード持った兄ちゃんやら、子供連れで賑わいそうですわ。

流石に今日は漕ぐ気にならず、波乗りも無理。
日が高くなると青空も広がって、どんどん気温は上がり日中は暑かったけどハンモック&現場扇風機でしのげたし、日が陰れば全然問題ナシ。
とりあえず今年もエアコンなしでオッケーっす。確実に湘南より過ごしやすいわぁ。(都内は問題外の外)

20180715janesuということでハンモックの滞在時間は必然的に長くなり、ボーッとしたアタマで読了した一冊。
最初の2冊は面白がって読んだし、その後もますますのご活躍で昼帯のラジオパーソナリティーとしても不動の地位をものにしてワシも定期的に聴いているのだが、出版される新刊は買わなくなっちゃった。
なんでしょうね、やっぱ100%女性としての立場からの文章についてけない気がしてるのよね。
で図書館にあったのを借りて読んだのだが、相変わらずの鋭い分析力とキャッチーなフレーズの連発は更に磨きがかかってる模様。
働く独身女性が戦闘態勢とるための武器の数々、暮らしぶりが時に赤裸々にユーモアたっぷり語られております。同じような境遇の女性達が読むと刺さりまくるんだろうなぁと感心しつつ、ワシにはカンケーない別な生き物のお話なのよね。
これからもあんまし熱心じゃないファンとしてフォローしようかなって感じっすね。

| | コメント (0)

2018年7月11日 (水)

岩牡蛎、ジェノベーゼ

20180711hana
今朝のうちの前は無風で昨日よりは若干落ち着いた感じの胸肩でもセットはワイドなアタマオーバーって感じ。
朝飯食べてから再度チェックしてみるとワイドさ加減は昨日と一緒だけど、出られない雰囲気じゃないんでアウトで割れるの狙って漕ぎで出ることにする。

アウトに出ると南風、中学〜高校下のアウトは時折アタマオーバーのセットが割れてるみたいなんでそっちに漕ぎ出す。
南が入って面がボヨボヨ気味だけど中学下でアタマオーバーを何本かメイク。
セット何本か乗ってみると、やっぱサイズがあると身体の消耗度が違うのを実感しますな。でも頭越えるとなかなかしっかりレール入れてボトムターンするの難しいわぁ。
暫くすると南が強まってきて、もっとでかいの割れてる高校下まで漕いだものの、ピークがヨレ始めてテイクオフのバランスが難しくテイクオフ前に転んだりパーリングしたり。
風下側に勢いつけつつやっとテイクオフしたのはサイズもでかかったけどプルアウトし損なってミドルまで持ってかれ、どんどん入ってくるセットにインサイド近くまで引きずられゲット不可能で終了。
正面まで戻ってもう一遍ゲティングアウトも考えたけど、インサイドのダンパー必死こいて越えるほどのなみじゃなくなっちゃってるんで撤退〜。

うちに戻ってネットチェックしてるとほんじょさんが平日なのに休みとってる模様。
ちょっと前から岩牡蛎が入荷してるっちゅう鰻屋で待ち合わせて、今年最初の岩牡蛎じゃ〜。
20180711iwagaki
7月入ってるせいか塩っ気も抜けてチュルンと口に滑り込ませて噛めば甘みがジュワーッと広がりますわ。
昨日アナゴ食べちゃったんで豆腐サラダを軽くいただいて、昼から満足〜。

今日はブイチさんもお休みとったとかで、ブイチさんちで植えてるバジルをジェノベーゼソースに作ったらしく、晩飯はワシんちでジェノベーゼのパスタとうちのナス&トマトのチーズ乗せグリルをいただきました〜。
作りたてのフレッシュなジェノベーゼソースはお店に出せるレベル。ブイチさんの料理もなかなかグレードアップしてきたんでないかい。
20180711buichi


| | コメント (0)

2018年6月 1日 (金)

歌通り

20180601hana
今朝のうちの前は快晴で北西のクロスオフが弱めでモモ腰。

朝飯食べてから今日も今日とて漕ぐことにする。
風は北のサイドに振れていて既に海面はボヨボヨしてたまに入るウネリもヨレてなかなかトリッキー。
静江先輩んち方面往復することにして大原〜サーフ橋あたりでボヨボヨした腰腹くらいのを数本。
静江岩場まで行くと腹胸くらいの綺麗なやつがたまに入ってきてるのが見えて、セットをジックリ待って3〜4本しっかり乗れて満足なり。
帰りは北東から東のオンに振れちゃってボヨンボヨンの海面となりサッサと撤退いたしました。

うちの前に上がってみると今朝からこっちに来てるっつー噂のあった波伝カトー社長がちょうど波チェック中。若いご友人も一緒で午前中はショップ前で梅ちゃんとワンラウンドやってたとか。
20180601namidenkato
更にワンラウンドやって昼飯食べてからうち寄ってくれて、ちょこっと雑談なんかさせていただきました。
なんせ一日誰とも喋らない日なんてザラだから、こんな会話も有難いっす。

20180601singst昨日観た映画。
以前観た胸キュンで切なかったアイルランドの音楽映画の監督の最新作(かな)。
80年代、不況まっただ中のアイルランドが舞台でダメ高校生がバンドを組んでいくコメディテイストの青春映画。
当時の閉塞感の塊みたいなダブリンの空気とロンドンに行って現状打開しようとするアイルランドのワカモノの切迫感が切ないっす。
全編デュラン・デュランあたりの80年代ポップがかかりまくって懐かしいし、オリジナルの楽曲もなかなかよろしいっす。
エンディングはちょっと「小さな恋のメロディ」思い出しちゃいました。
こういう小品スキだなぁ。

| | コメント (0)

2018年5月27日 (日)

WS最終日

180527ws
なんだかんだで5日間のWSも最終日。
そろそろ体中の関節やら筋やらがピキピキしてきたのだが、今までのアライメントのジックリとした調整から一転、太陽礼賛ベースに立ちポーズやらをビンヤサで1時間以上続けるハードなフローに。
途中厳しいアーサナの姿勢を保持させる時間も長くて、一般も多い参加者の悲鳴やうめき声があちこちから聞こえてくるし、ワシも今回のWSではじめてしっかり汗かいちゃいましたよ。

やっとビンヤサ終わったと思ったら今度はバックベントに突入。
さんざ準備のポーズやったあと、ウシュトラーサナ(ラクダのポーズ)だのウルドヴァ・ダニュラーサナ(上向きの弓のポーズ) だのガッチリやりまして。もちろん不得意中の不得意なのだが、しっかりとした準備のアーサナやったあとなんでワシ史上一番エビ反れたかも。
午後は逆転のポーズを最後にギリギリまでしっかりレッスンやっていただきました。

いやぁ教わる方もけっこう大変だったけど教えるエネルギーたるやそんなもんじゃないでしょう。
5日間まったく緩むことなくレッスンを続けてくれたラジせんせいには頭が上がりませんわ。

180527bento来年は協会主催になっちゃって協会員以外は出られない可能性もあるんで、しっかり身体に教えを刻みたいと思いまーす。
充実感たっぷりの5日間のご褒美はデパ地下老舗のヒレカツ弁当。
ついつい自分を甘やかしちゃうのよね。
さてこれから暫くイベントの予定はないんで南房生活どっぷり参りましょう。
180527sunset


| | コメント (0)

2018年5月26日 (土)

WSもあと一日

180526rajiさてラジせんせいのワークショップ、週末編は一般生徒も加わって場所も若干広い会場に移動。
昨日までの微に入り細に入りの内容から若干一般的なシークエンスにはなったモノの、やはり普通のクラスでは指摘されないような細かいアクションへの指導は相変わらず。
ふつうウッティタートリコナーサナ(三角のポーズ) とかウッティタ・パールシュヴァコナーサナ(体の脇を伸ばすポーズ) を「大の字」の姿勢から入る時の視線の置き方を教えてくれる先生なんていないよなぁ。
そして御年70越でありながらの柔軟性はどの参加者(指導者含む)以上なんだからグゥの音も出ないっす。

夜は有志参加のラジ先生歓迎会。
去年と同様いつものスタジオのはす向かいのインド料理屋で。
あ、一旦着替えにホテルに戻ってチノパン履こうとしたらポッケからearPods出てきてラッキー。

| | コメント (0)

2018年5月23日 (水)

ラジせんせいワークショップ初日

180523raji
さて本日よりインドはプネーのアイアンガー本部からラジせんせいをお迎えしてのワークショップ。
去年同様5日間ということで今回もトーキョーに泊まり込みでの参加でござんす。
ヨガマットにブランケット3枚、ブリック2個、ベルト2本と着替えなんかを詰め込んだスーツケースをゴロゴロ転がして、去年と同じ会場に9時半に到着。この時点でけっこう疲れちゃってんですけど。

去年はけっこういろんなアーサナやシークエンス、バリエーションをやって盛りだくさんな感じだったけど、今年は午前中はウィーラアーサナ(正座ですね)だけで1時間近くやったかな、そんでターダアーサナだけで午前中が終わり、午後もほとんどウィーラアーサナとか基本ポーズだけ。
去年のノート見ると初日の午後はもう立ちポーズをいろいろやってたんだけど、今年はとにかくジックリやるという事らしく、お話のひとつひとつが深いし繊細な感覚の追求。
ターダアーサナだけでもしっかりやるとジワッと汗が出てきちゃうんで、一日終わってけっこう消耗しちゃいますわ。

ホテルに戻ってシャワー浴びて晩飯ナニ食おうかなぁ。
フラフラ馬喰町歩いてたら結局去年も初日に入った韓国料理屋に足が向いちゃいました。
早い時間って事もあってお客はこの辺のOLグループが多くてコスパの高さを証明。
久々にケジャン食べちゃったりして、南房じゃこういうモノ食えないもんねぇ。あー旨かった。
180523kejan

| | コメント (0)

2018年5月16日 (水)

先頭村の伝記

180516hana今朝のうちの前は南西のクロスオフで膝モモ。ヒラメが釣れてるらしく定間隔で釣り人が。

ショボいけど天気もいいし風上がる前に漕ぐかなと朝飯前に漕ぎ出したのだが、既にそよそよし始めた風ががあっという間に上がり始めてブローは白波が。
アサオさんち往復するつもりが高校下すぎたあたりでまったく前に進まなくなりココロが折れて手前で折り返し。
追い風で一本腰くらいの風波乗ったけど面白いわけもなく、まぁ漕ぎトレーニングにはなりましたよって感じですかね。

180516bbungurad午後にかけて気温はどんどん高くなって、昼飯前からハンモックといいご身分で一冊読了。
こないだ読んだハルキさんのエッセイで触れられててちょっと興味を持ってポチッたのね。
ニューヨークのジャズクラブの女性オーナーの半生記ですな。
最初に結婚したのがブルーノートレコードの創設者のアルフレッド・ライオンで再婚相手がジャズクラブのオーナー、旦那の死後ジャズクラブのオーナー引き継いだ人ですから、当時のジャズ関係のお話満載、かと思いきや再婚後はほとんど専業主婦してたようでそれほどジャズエピソードが盛り込まれてるわけじゃございませんでした。
そんでも最盛期のジャズシーンやそのバックグランドの話がふんだんでなかなか興味深く読ませてもらいました。まぁちょっとジャズ齧ってるくらいのワシにはちょうどよかったかもね。

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

古巣の話

180514hana今朝のうちの前は西のオフでモモ腰。大潮なんで干いっぱいが10時頃なんで潮の動きに期待すっかな。

9時過ぎには青空も広がって風もさほど上がらないようなんでうちの前から漕ぎ。
南西のクロスオフで腹胸、うねりはあるんだけどうねりの間隔が短くて割れづらい。
アサオさんちまで漕ぎトレーニングのつもりがだったんだけど中学下あたりから時折綺麗に入ってくるのもアリで、南下しながら中学下で2本、高校下で一本、どれもショルダーの伸びる面ツルブレイク。
アサオち手前に来るとオフっけとなり、更に波は整ってなんと肩〜アタマが時折ブレイク。
ワイドで最後は閉じちゃうけど、シビレるドロップからボトムターン、ショルダーでドライブしてプルアウトなんてのもアリで久々にストーク。よかったヨカッタ。
南房に通い出した頃はちょうどこの河口も地形が整ってたけど、その後ドン深が続いちゃってポイントの体なしてなかったけど久々に復活か?なんて期待したりして。

シャワー浴びて余韻に浸ってると今鴨川にいるんですけどちょっと寄ってもいいですか?と元の部下からメッセージが。
もちろん暇ですのでお越し下さいな。
2年ほど前にワシの同期のおっさんとバイクツーリングのついでに立ち寄ってくれたヤツなのだが、その同期が年明けに急逝して以来だな。
親しくしてたんでかなりショックを受けてた様子だったのだが、当時の話を聞いたり最近の元勤務先の話をしたり。
経営陣が大幅に変わってかなり環境が変化したらしくなかなか大変そうですわ。いい時辞めましたよね〜ってぇいつものご評価をいただいちゃったりしてね。
180514tayama


| | コメント (0)

2018年5月 6日 (日)

こじれ鉄道旅

180506hana連休最終日のうちの前は北西のクロスオフが弱めで腰腹。意外と人は少なめで割れてる中学下側にサーファーが集中。5時台の波情報だとうちの前だけ△40ついちゃってるからこれから人集まるな。

天気予報だと明日から前線近づいて暫くダメそうなんで昨日の朝イチラウンドの勢いで入ることにする。
日の出も早くなってきたし早めに入る週間つけなくちゃね。
しかして中学下は人多いんでジャワジャワ割れてるおきみや側に入るか。そんじゃ久々に9'のロングでやりますかね。

パドルアウトするとアウトで腰くらいのがジャワっと割れてたのだが、ミドルで割れてたのに1本乗ったらパタリとウネリがお休み。
暫くボーッとしているとオンに振れ始めたせいかまた割れ初めて数本。何本かジャワジャワしたのに乗ったところで南西入ってきたんで本日のラウンドは終了。
まぁこの波質なら久々に9‘選んで正解だったかな。

180506hummock朝飯食べて午前中は意外と風が上がらず、気温は上がってきたんで久々にハンモック。
ここのところ風が強くてなかなか外で昼寝できなかったのよね。
午後には薄雲広がって南西もあがってきちゃいました。
今日で連休も終了、静かな南房が戻ってくるかのぉ。

180506ukkari連休前に読み終わった本。
なんでこの人の本読むんだろうなと考えたのだが、独特の「こじれた」視点が気に入ってるんでしょうな。
タモリ倶楽部なんかで鉄道モノでも出てくるけど普通の乗り鉄とか撮り鉄とかじゃなくて、勝手に既存の駅の名前とか考えたり、妄想新線考えたりとひと味違うもんな。
この鉄道旅エッセイも、線路がどうとか電車がどうとかじゃなくて駅の寂れ具合だの琺瑯の駅看板愛でるとか独特で面白く、鉄分少なめのワシでも楽しめるのね。
たまにはワシも電車旅でもしたくなっちゃいますよ。とりあえずまだ乗ったことのない内房線〜外房線あたりから乗ってみるかな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧