2018年1月30日 (火)

カーヴィングデー

180130iwatake目を覚まして窓からクルマを見ると、ん〜やっぱしたいして降ってねぇ。
ルーフにはせいぜい5センチくらいのがうっすら積もってるだけ。

180130groboま、こんなもんだよね。
だいたい里に雪が多いときは白馬は降らない気がする。
ということで待ち合わせの「平和な」ゲレンデの駐車場に到着すると、既にGロボと帝王は到着済み。まもなくISE3も現れて今日はゲレンデセッションということで。

ISE3とGロボは先日、元デモンストレーターやってた人の滑りのレッスンを受けて衝撃を受けたとかで、カーヴィングのおさらいをやりたくて仕方がない様子。
ゴンドラの中でも盛んに習ったメソッドの話が続く。
スノーボードはもちろん、スキーも波乗りもウィンドもSUPも入門スクール的なモノは受けたことがあってもあとは転んで落ちてジタバタしながらなんとか覚えてきたワシにとって、ソコソコ滑れるようになってからレッスン受けるという発想がそもそもなかったのだが。

180130brakeそれでも一緒に滑って、ゴンドラの中で聞きかじったインストラックションを意識して滑ってみると確かにターンの切れが違うような。それに確かに滑りに無理がなくなって疲れも少ないような。
多分調子のいいときには無意識にやってるアクションを、ひとつひとつ分解して言葉にして意識的に身体の動きに繋げるってところがプロのレッスンが違うところなんでしょうね。

180130slasherワシは最初はTTで滑っていたのだけど、途中でフローターのスプリットに替えてみて去年どうにも調子が出なかったこの板の滑りを再確認。
持った瞬間の重さにゲンナリして滑れる気がしなかったのだが、これが滑り出してみると重さもまったく気にならず去年は全然ダメだった当て込み系のアクションも問題なし。
あぁ、やっぱりそうなのか。
先シーズンはスプリットボードのせいにしていた調子の悪さだが、単に滑り込みが足りなかっただけだったのね。年末からソコソコ滑り込んでる今シーズンは脚前もできあがって、普通に滑れるようになったって事ですか。

180130katsu軽い休憩はさんだ以外はガッツリ昼過ぎまでカーヴィングやり倒してから昼飯はやっぱりゴマカフェにて。
朝はカップ麺だったし、今日はけっこうガッツリ滑っちゃったから「肉」定食でいきましょうということでチキンカツをば。
うぅむけっこう腹一杯になっちゃって晩飯食えるか心配になってきたぞ。

白馬のショップ巡りしてから宿に戻って、風呂入ってプシュッとやって昼寝してのサイコールーティンのあとは、なかなか予約が取れない蕎麦居酒屋をISE3が予約してくれての晩ご飯。
180130dinner
古民家移築したと思われるジャポニズム溢れる内装の店内にはワシら以外ポンニチ人のお客は皆無。確かにこの雰囲気にはガイジンさんもヤラレるでしょうな。
かといって出てくる食事は決して手を抜いておらずお客に迎合するでもなく、定番のタコのペペロンチーノをはじめレベル高くてワシらも全て満足。
外人客もソコソコ上品な感じだし、おまけにお勘定もリーズナブルとあってはチョイと荒れ気味の感があるニセコの飲食店に爪の垢を煎じてのませたい感じかもだ。

明日は高気圧がかぶって一日だけの晴れ間が望めそう。
ということで久々の裏山ツアーとなりそうですがさてどうなる事やら。
180130zen

| | コメント (0)

2018年1月25日 (木)

お寺参り

180125chuouin葬式も終わり、息子どもは弔休も今日までで空港まで送ることに。
空港送るついでに、そういや二人とも自分の寺参りしたことなんだよなということでうちが檀家やってる寺に行ってみることに。

うちは墓つうものがなくて、寺が「分譲」した寺の中にある団地形式の仏壇みたいなとこにお骨と位牌預けて墓参り的なことはそこで済ませるスタイル。
でも正直なところ大学でトーキョーに出て以来一度もお参りに来たことなかったんだよなぁ。
ということで受付でユニット番号確認してから冷え切ったコンクリート建ての「団地」に。あぁこんなんだったわと、わずかな記憶がよみがえる。
仏壇的なユニットあけるとシンプルな作りで位牌が3っつよつ。ここに親父も入るんだけど、自分も?というとかなり微妙。息子どもに聞いてみてもピンとしない様子で、そりゃそうだろう、先どうするかはワシも考えなくちゃ。

| | コメント (0)

2018年1月24日 (水)

荼毘に付す

180124takaokaさて告別式と火葬の朝。空は快晴だけど、気温低すぎ。
葬祭場で朝を迎え用意された朝食の時間なんだけど、二日酔い?ぜんぜん食欲湧きませんわ。

この辺の葬式はなるべく通夜で済ませる人が多いんだそうで、会葬者はパラパラというところ。
母親、ワシ、妹そして総領ということで骨箱持たされた長男が霊柩車に乗って焼き場へゴー。
街のハズレの山の中にある火葬場は市の運営になっており、7つの炉があるとのこと。係員の言うがままに手を合わせたりしてから父の遺骸がしめやかに炉の中に納められるのであった。

お弁当食べながら1時間半くらいですかねぇ。
お骨拾って骨箱(うちの宗派は骨壺使わないんだそうで)に納め、今度は親戚と一緒にバスに乗って斎場に一旦戻り、これにて葬儀は滞りなく終了でございます。

「荼毘に付す」って語源はサンスクリット語のdhyāpayatiの音から取ったとされてるのかぁ。

| | コメント (0)

2018年1月23日 (火)

賑やかな通夜

180123livecamera関東は大雪の朝。
電車は気合いで動かしてるようだけど首都高始め道路は酷いことになってるらしい。
さて南房はと和田のライブカメラをチェックしてみるとさすが南房、一ミリも降った様子ナシ。
去年積もった雪ほったらかしてたらアロエとかが溶けちゃってかわいそうだったんでちょっと心配だったのよね。

180123shukkan午前中はパラパラ訪れる弔問客の相手したり、告別式の打ち合わせしたり。
親戚のバァさんどもは供える団子の作り方で盛り上がってたり。
3時から通夜の会場に向かう前に清拭(せいしき)っての、親戚連中で遺体を拭いてから出棺。
いちおうオプションで湯灌やってくれる納棺師も苫小牧にもいるみたいなんだけど、まぁそんな形式張らんでもね。

180123seshuクルマで15分ほどのところにある葬儀屋がやってる葬祭場に着く頃には突然吹雪になってしまい、親戚のばあさんが「出棺の時には何ともなかったのにねぇ..」と年寄り特有の因縁めいた台詞を吐いてみたり。
久々に喪服に袖を通したワシは施主(喪主は母)ということで喪章をつけることに。人生2回目の施主だけど家建てるときにはなんもつけんかったなぁ。ははは。

6時からの通夜が始まってみると大雪にもかかわらず、けっこうな数の弔問客がいらっしゃってビックリ。
確かにこの人数があとから後から実家訪れて線香あげてったら母親参っちゃうよなぁ。年寄りの知恵に感心することしきりだ。

ひととおりの読経と焼香が終わって弔問客を送り出す。
こっちじゃお清めの振る舞いとかはないんだそうで、そのまま2階の座敷に上がって親戚一同で「通夜」ということで卓を囲んでの夕食というかお別れの宴に突入。
今回集まったのは父の兄弟とその連れあい、妹と仲のよい従姉妹が一人にワシと妹の子供の孫4名。
うちの息子どもはトーキョーからで混乱した交通機関をかいくぐってなんとか通夜までには到着。ワシの息子世代の従姉妹同士は案外仲がよくて、なんだか久々の再会に盛り上がっている様子。
盛り上がってるのはいいんだけどたびたびお棺の窓を開けて亡くなった爺様の顔見てるかと思いきや、蓋ごと外して記念写真撮り始めたりの乱暴狼藉。うちの母親まで混じってあぁしろこうしろ、とがめ立てする無粋な親戚もおらずなんだか妙に盛り上がって、母親も「賑やかでじぃちゃんも喜んでるよ。」と。
まぁそんなこんなで通夜の夜は更けていくのでした。
180123mados

| | コメント (0)

2018年1月22日 (月)

お悔やみもうしあげます欄

180122saidan
昨日決めた葬儀の日程は大安の今日は一日おいて、明日に通夜で明後日が告別式というモノ。
首都圏じゃ火葬場も葬儀場もなかなか空きがなくてかなり待たされるなんて話も聞くけど、さすがに田舎じゃそんなことはなさそうで。

昨日の段階で普通の葬儀をやることに親戚一同衆議一決したので、朝から葬儀屋の担当者が来て細々とした打合せをすることに。
最近は家族葬も一般的になってきているし、もう高齢で知人も少なくなってるだろうからそれでいいんじゃね?なんてワシは考えてたのだが、生まれも育ちも苫小牧でまだ知人も多く存命してるであろう父親の葬儀の場合、家族葬にしてしまうとあとから知った人たちがバラバラと実家に線香あげに来たりして、それも母親が全部知らない人もいるだろうし負担になるだろうから、一気にやっちまえというのが結論。
朝、お向かいの人に昨日亡くなったことを伝えたら早速午前中からご近所の来訪がパラパラと始まり、なるほどなぁという感じ。

ということで、地元の夕刊紙と北海道新聞の地方欄の「お悔やみもうしあげます」欄にも掲載をすることにした。
地元の夕刊紙なんてこの欄見るために購読してる年寄りもたくさんいるようで、貴重な広告となってるらしく以前は有料だった掲載料が無料になった模様。ははは。
実際夕刊紙が配達された時間帯からボチボチ実家に電話が入ったりしてるモンね。

180122shutokoテレビじゃ太平洋沖を通過する南岸低気圧の影響で都内でも降り出した雪のニュースでほとんど「祭」状態だ。
毎度の事ながら脆弱な都会の足元を冷笑しながらニュース見てる地方人は多いんだろうな。うちの周りのピカピカのミラーバーンそのまま持ってったら大変なことになるんだろうなぁとか考えてニヤニヤしたり。

| | コメント (0)

2018年1月13日 (土)

便爺とスキヤキ

180113hana
週末のうちの前は北北西のサイドオフで膝モモ。波情報では×だけど、インサイドで全然できないわけではないかな、という感じ。ただし火曜から吹き続いた南西風で水温はかなり下がってる模様でわざわざ入りたいコンディションじゃない。

ということで日中は山道具の片付けとか洗濯とか、まぁやり始めればキリはないわけで。
で晩飯は先週に続いてほんじょ山荘でスキヤキパーチーでございます。
180113dinner
先週はこぢんまりとだったけど、今週はアオタさんブイチ家イバちゃんも加わりほぼレギュラーメンバー勢揃いということで。
180113tamago肉は先週とおなじ神戸牛の特上で美味しいっつうか、通常の牛肉の定義を越えた柔らかさと味わいなのは当然。
先週ちょっと話題になった卵の白身だけメレンゲにするってのもやってみたのですが、コレがまた口当たりを更に上品にする必殺技でございました。

今回はスペシャルゲストとして年末からブイチ家に新しい家族として加わったトイプーの便爺も登場。
まだ子供なモンだからはしゃぎまくって食事中はケージに入れられてたけど、食後は解放されて大活躍。
ワシも顔周りベロベロにされちゃってキスのセカンドバージン奪われちゃいましたw。
180113bengy

| | コメント (0)

2018年1月12日 (金)

スキーバム

180112pissara夕べからほとんど降ってない感じで朝見れば、ベースは5センチも積もってないじゃねぇか。
朝のニュースじゃ大雪だ電車が止まってるだの、災害級の大雪が降ってるらしいじゃないですか。なんで白馬は降らねぇんだよ。
お休み前の目論見としては木金とパウダー滑って、土用の朝イチサクッと滑って撤退の予定だったのだが、こりゃ今日に前倒しだな。

しっかり積もってれば今季初のゆるふわゲレンデに行こうと思ってたのだが、この降りではピスサラ狙いで昨日のゲレンデに行くしかないだろうと変更。
降りが少なかったせいかなぁ、朝イチゴンドラはガラガラで3台目くらいのに乗って山頂からピスサラをいただきに。
途中まではパトと思われるトレースが2本くらいついてたんだけど、途中からトレースまったくナシ。
まぁこれをノートラックと称していいのかわからないけど、こりゃ気持ちいいっ!
ここんちはアルペンボードのお客に力入れてるだけあってピステンの品質が極上ですな。まったくつなぎ目がなくて、ひょっとすると八方より上手いかもだわ。
あんまし気持ちよくてゴンドラでグルグル回しするんだけど、ほとんどトレースが増えないのよね。お客も増えないし。

9時過ぎになってやっと送迎のバスでゴンドラ乗り場が混み始めたんで昨日同様カモシカ方面に行くと、昨日同様ガーラガラ。
まだ端パウも残っておりピステンと絡めながら何本も滑っちゃいまして、10時には上がっちまおうと思ってたのが既に10時すぎ。
180112bluesky
なんか降り始めるどころか青空まで出てきちゃって、最後に日陰の残ってるのを一本滑ってから下山。
そんでですね、下山コースの途中ホワイトリボンってのあっちから別れて右に行くとこのレギュラー壁なんですけど、アンヌプリのジュニアコースのレギュラー壁以上なんでわないかと。アンヌプリみたいに当て込みまくられて整備されてはいないんだけど、壁の高さやアールの形状そして長さが絶対勝ってるんだよね。
最後はそのレギュラー壁交えて納得の一本で終了っす。

標高が低くて他に比べると雪質が、とは思うんだけどハイシーズンのポテンシャルはなかなかのモンだと思い知らされた2日間でございました。
ということで、思い残すこともなく撤退w。今回も楽しうございましたっ!
帰りはチンタラ木更津に寄り道したりしながらも早めに到着。このパターンは楽かもだ。
180112sunset

180112bumそういや昨日ラーメン食ったあと隣にできたっつーお店を覗いてみた。
最近ワシのタイムラインにちょこちょこ出てくるんで、なんせバムであることを自覚したワシとしては気になってたのよね。
店名もお店のキャラクターのカモシカ(?)もトボけてかわいいし。
入ってみると店内まだ準備中といった様子でまだ片付いてないところがまたいいかも。
180112ringoやたら愛想がよくて腰の低いお兄ちゃんが店主なんだけど、とりあえず始めて見ましたって感じで商品も揃ってなくて方向性がまだ定まってない感じがまたいいなぁ。なんせ、肝心のスキー用具が全くなくて、陶器の湯たんぽとか、平置きの冷蔵ケースにリンゴちゃん謹製のリンゴジュース(一本いただきましたけど)がギッシリ入ってたりで、ひょっとするとスキーショップやる気ないのかも、ぐらいな。
バムおぢさんといたしましては「君キミ、スキーバムという言葉が初めて本邦に紹介されたのはじゃな、1975年に発売されたSKI LIFEという雑誌で、ポパイのパイロットバージョンともいわれる歴史的な雑誌なのだよ」ってな蘊蓄タレたりして。
ま、影ながら応援しましょうかね。

| | コメント (4)

2018年1月10日 (水)

免許更新で移動日

180110hana
西高東低が強まるうちの前は南西のクロスオフが強くて胸肩。風に潰されて形になりませぬ。

180110koushuってか、今日から山行くのよね。
そんでこのタイミングで西高東低がたまたま強まるわけだけど、もともと年末年始の曜日の並びとか考えると今日じゃないと動けないってことで予定の行動。
そんで今日は年末に手続きした免許更新の講習日なんで、それやってからじゃダメってのもあったし。
ということで午前中の講習ということで館山の市民ホールの会議室で受講。
例によって警察官OBらしきおじさんの型にはまった講習と、安全講習ビデオを1時間観て講習は終了。
ビデオは昔みたいな後味悪〜いヤツじゃなくて、サラッとした内容になってんのね、とか。

180110ishikawaで講習終わってそのまま館山道に乗って白馬にゴー。
まぁ、そこは西高東低だからね。ガンスカ降りそうな気圧配置なんで明日の早朝大雪で足止め食らったりしたくないし、それよりナニより朝イチから滑りたいんで今日は移動日ってことで。
昼間の移動は久しぶりなんで、いつも真っ暗ななかトイレに寄るパーキングエリアが妙に賑やかで、メンチカツサンド買っちゃったりして。

晩飯前には白馬に到着していつもの宿にチェックイン。
なんと元旦から居続けの帝王と合流して今季初の焼き鳥屋で乾杯っす。
さて明日までどんだけ降るかのぉ。またリフト動かなくなっちゃったりしないようにお願いしまつ。
180110jun


| | コメント (0)

2017年12月30日 (土)

海人とラムしゃぶ

171230hana明けましておめでとうございますと言いたくなるような日の出の晦日。
うちの前は北西のクロスオフがやや強でスネ膝と昨日より更にスモール。
午前中は買い出しに行ってからブリ大根なんか仕込み始めましてから午後は館山に。

171230kaito今日は次男から顔出しますとの連絡があったのね。
逗子からフェリーで向かってるってんで館山までは電車で来てもらってピックアップする算段。
ところが途中で電車に乗り遅れたって連絡があったんで、浜金谷の駅まで迎えにいきましたがな。
まだ残ってたタラバガニ解凍して、一緒に送ってたラムしゃぶをマルモ家とアオタさんといっしょにうちで食べることに。

ラムしゃぶなかなか好評で全員腹一杯になるまで食べちゃいましたよ〜。
171230dinner


| | コメント (0)

2017年12月27日 (水)

1本2100円

171227adam二日酔いで死亡?と思われた朝も意外とちゃんと起きられて安曇野から白馬に北上。
朝イチゴンドラ狙って乗り場に板並べるなんざヤル気あるぢゃん>ワシら。
10番以内の搬機に乗り込んで、さて昨日はクローズだったゲレンデのどこから攻めるか、とドアが閉まった瞬間ガタンとゴンドラが止まる。
一息おいてドアが開けられ、上部強風で運行中止でーす。まぢ?
チケット売り場でGロボが返金交渉するも、名木山と国際動いてますのでそちらに移動して下さい、と無情なお告げ。販売前にちゃんと「止まるかもしれません」くらいのことは言ってるもんね、とつれない態度。

しょうがないんで歩いて国際のリフト乗るも確かに強風でこっちも止まっちまいそうだ。
列の前に並んでたイチロヲちゃん達はとりあえず上まで連れてかれて、1本はサイコーの滑ったみたい。
一本目は溜まってるところは底なしなのだが、風で飛ばされ加減の斜面まじえたオリンピックコース。
2本目はチョイと腰ラッセルで歩いてセントラル。確かにバッフバフでちょっとブレーキングしたりするとむせるほどの新雪でございます。
171227zz

国際ベース方面に降りるとリフト乗り場に列ができてて、人が集まって来ちゃったのかなと近づけばこっちも止まっちゃいました〜。
171227aki_2なんだよ、どうせ一番下しか動いてないだろう名木山行っても混んでるだろうし、ここで戦意喪失。
どひゃー、午前券買ったけど一本2100円ってことかよぉ。

この秋に結ばれた新婚さんも一緒にエコーランドのカフェに移動。
二人は例によって巨大なハンバーガーとか食べてたけど、ワシはお茶だけにしてゴマちゃんとこで今日はトンカツの「肉」定食をいただきます。
171227niku
今日で帰ろうかとも思ったけど、この不完全燃焼状態じゃもう一晩延泊だのぉ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧