2018年10月19日 (金)

ダークサイドオブまる子

20181019hana早朝から北風がブンブン吹いたうちの前はちょっと風が落ちて北のサイドがやや強めといったところで胸肩とサイズアップ。セットはワイドでちと厳しいかも。

20181019arai昨日も書いたけど、今期の朝ドラ絶好調ですなぁ。オーソドックスな朝ドラの作りで配役もなかなかいいし、関西制作のコメディタッチのいいところが出てて毎朝楽しみ。
8時の回観てそのまま「あさイチ」の朝ドラ受け流しながら、視聴者のミナサマのタイムライン大喜利観るのがルーティンになってしまいました。
ほしたら今朝の「あさイチ」に昨日観た映画の相方男優が出演。偶然だけどビックリしちゃいましたよぉ。

ここんところ前線が太平洋岸に停滞してるんで予報が難しいのはわかるのだが、昨日の時点で一日雨で北風ビュービューみたいな予報だったんでそのつもりでルーティン組んでたのだが、10時過ぎには風も落ちて晴れ間ものぞいてきた。
朝の気分的にはノーサーフだったのだが、とりあえず買い物がてらショップ前でもチェックするかと出かけましたら、あらまなんかできそうじゃないの。アウトのセットはけっこうサイズあるけど手前のドン深が幸いして出るのもなんとかなりそうだ。
しかしてそう旨くは遊ばせてもらえませんな。
アウトで割れるのはアタマオーバーのもあるんだけど、うねりのトップがシフティでなかなか乗れない。真っ逆さまとかならまだしもテイクオフができないままに、そのうちに割れなくなってきて、やっとつかまえたレギュラー1本だけで撤退でございましたw。
20181019js
でもまぁでかいサイズで空いてるショップ前でアウトに出られただけでもヨシといたしましょうかね。

20181019shikakuってなことでちょっと前に亡くなられたさくらさんの遺作だそうで、ダウンロードしたまま時間経っちゃったやつ。
今もアニメが続く国民的マンガを作者自ら「まる」を「しかく」に変換して、ほんのりした原作をこれでもかとダークな味付けでリメイクした作品。
密林のレビューとかみると「こんなのまる子じゃない!」と悲痛な叫びが並んでるけど、イヤイヤこれがももこさんが本とは書きたかった事なんじゃないのかねとも思えてワシはこっちの方がスキかもだなぁ。

| | コメント (0)

2018年10月17日 (水)

肌に合わない短編マンガ

20181017hana早朝は雨が降って走れなかった水曜日、9時過ぎには雨もあがったうちの前は北西のクロスオフで腹胸。
なんか平日だっつーのに混んでるなぁ。

思ったほど風が上がらないし10時過ぎには青空も覗いてきたんで静江岩場まで漕ぐことにする。
北西インサイドのワイドな腹胸くらいので、あげてるせいもありほとんどインサイドでダンパーっぽくブレイクするのみ。それにしてはかなりの人出でうちの前、おきみや、大原、サーフ橋、静江前とどこもインサイドに横一列に並んじゃってて突っ込む気にもなれません。
岩場まで行くとで人も少なく割れていて、アウトで肩くらいのレフトを何本か滑れたんでヨシとする。
帰りにも何本か乗れたしね。

20181017bokudakeni昨日の晩飯前にちょっと時間があったんで本屋によったのだが、こないだラジオでチョーおもしれぇと紹介されてたのがあったんでゲット。
海から上がって読み始めたらあっという間に読んでしまいました。
わりと最近デビューした作家がWEBで連載してたのをまとめた短編集なのだが、これがまぁなんだか不思議な味わい。っていうか絵柄もバラバラでなんか秀作まとめた感じ。
「不思議な味わい」ってのも、なんか中途半端でまとまりのない作りがなせる技なのかも。
いろんなマンガを継続的に読んでる人には面白いのかもしれんけどねぇ...。

| | コメント (0)

2018年10月14日 (日)

義経記現代語訳

20181014hana_3
朝から冷たい雨の日曜日。
やっと止んだようなんでチェックしたうちの前は北西のクロスオフがやや強めで胸肩〜アタマとサイズアップ。セットが入るとワイドでグシャグシャした感じだけどどっちにしても大会かよ。
風が冷たくて手がかじかんじゃううかと思いましたよ。

しばらくすると風が止んできたんで再度チェックに行くとウネリが整ってきたみたい。
しかもうちの前あたりにはピークがいくつもできていてセットが入ると巻いてるのもあるじゃないかよ。こんなのうちの前でみるの初めてかも。しかして大会エリアで占有しやがって、川崎支部だと?海あんだろ?地元でヤレよ、と意地悪のひとつも言いたくなるんだぜ。

つうことでおきみやにパドルアウト。海上は北西クロスオフがちょっと強めで肩アタマくらいのしっかりしたセットが入ってくるものの、地形と強めのオフっけで割れづらくほとんどインサイドのワイドダンパーに。
何本かテイクオフ試みるも墜落確実で下手したらまた板壊しそう。セットのでかいのは200メートルくらい一気に崩れんだもんな。
結局1時間以上乗れなくて、なんとかセット最大の2本ぐらいあとのアタマサイズが切れそうなんでなんとかレフト一本乗ってそのまま終了。ちっ。
来月いっぱいは大会シーズンで悩まされるのかのぉ。

先日いつものように気になったラジオ番組をラジオクラウドで聞いてましたらね、「宇治拾遺集」のなかから「こぶとり爺さん」の現代語訳を訳者自身が朗読するという企画がございまして、コレが抱腹絶倒に面白かったのね。現代語と言ってもホントに今の若者言葉みたいな言葉で、かなり盛った「超訳」みたいな感じで。

なもんで他のも読んでみたくて、早速図書館にそれが載ってる本をリクエストに行ったと思いねぇ。

平日の図書館なんてほぼガラガラで暇そうな年寄り(ワシ含む)ばっかで、だいたい雑誌のコーナーとか新聞読んでたりするんだけど、ワシもご多分に漏れず今週はどんなゲスい文春砲ぶっ放してんのかな、と週刊文春をパラパラやり始めまして。
するってぇと、週替わりで作家とかが最近読んだ本を紹介するページにたまたま目が留まって、ゴシック体で「ギケイキ」の続編が面白かったと。しっかり記事読まずにそのタイトルだけがうろ覚えの状態で新規購入本の棚に移動したら、なんとその本そのものが表紙前にして置かれてるじゃないですか。
20181014gikeikiほぉ、と手にとってもう一回雑誌コーナーに戻ってさっきの書評読み直すと、なんと先日聴いたラジオに訳者として出演していた小説家の本じゃないですか。
しかも牛若丸の「義経記」を現代語訳した本らしい。
なんかスゲーグーゼン。
こりゃ呼ばれたなって感じで、1冊目と一緒に借りましたよ。

で読み始めたのだが、やはりこないだ聞いた「こぶとり爺さん」と同じ調子の現代語訳。
しかも義経の魂が現代によみがえってワカモノ言葉で当時を語るという趣向。
なんせ肝心の「義経記」の原本読んだわけじゃないで、なんとも言えないけどかなり盛られまくってるのは確か。1巻目は頼朝が挙兵する伊妻で馳せ参じるっつーいわゆる「牛若丸」のお話で終わるのだが、まぁ軽い文体でもあるのでニヤニヤしながら一気に読めてしまいました。
さて2巻目もと読み始めたら源平合戦のくだりは一気に飛ばされて、梶原景時に讒言されて頼朝に疎まれるところから。源平合戦をあの調子で語られるの期待してワシとしては一気にボルテージが下がってしまい、すると不思議なもんで文体にも飽きが出てしまいました。
ということでとりあえず読むのやめて返却〜。

| | コメント (0)

2018年10月11日 (木)

仏教とは仏になることと見つけたり

20181011hana早朝まで雨だった今朝のうちの前は北西のクロスオフが弱くて上げて割れ辛い膝モモ。
10月になればスッキリした青空拝めるかと思えば、9月に続き今月も梅雨みたいな空が続いておりますな。

20181011hotokeってなことで読書量は今月も多め。
以前読んだ呼吸の本と「発見」シリーズ化されてる対談集。呼吸本はなかなか参考になったので借りてみた。
うめはら先生の本は高尚すぎる気がして読んだことはないのだけど、対談読んでみるとなかなか気さくで共感おぼえるおぢさんですね。
仏教を「宗教」というより哲学の一種でありキリスト教やらイスラム教徒はアプローチが違うんだってところには納得。「仏教とは仏になることと見つけたり」とは至言で、キリスト教には信心の末にキリスト様になるなんて発想ないもんなぁ。
とはいえワシが仏教者として信心深くなるかというとそんなことはないのだけれどね。
でもまぁ自分の考え方のバックグラウンドを確認したような気にはなれました。
南無阿弥陀仏。

| | コメント (0)

2018年10月10日 (水)

探検部

20181010hana今朝のうちの前は北西のクロスオフが弱めで腹胸のワイドなジャワジャワ。
干けば何とかなるかもなという感じ。
しかして9時過ぎには北東に振れてしまいショボいコンディションに。
それでも週末には更に期待できそうにない予報なんで、風はたいしてあがらないことに賭けてとれーにんぐだけでもと漕ぐことにする。

期待というか予想は的中で一旦上がった風は落ちてきて、干いてきたせいもあってミドルで割れだすもワイドダンパーはそのまま。
こりゃやっぱし漕ぎトレーニングなのねと静江岩場まで漕いでいくと、岩場にはときどき風波がまとまってるのが割れるようで3本ほど胸肩レフト乗って撤退。
まぁちょっとは遊べたからいいや。

20181010tankenbuてなことで図書館から借りてた一冊を読了。
こないだ読んだ納豆本の著者でもあるタカノさんと後輩で最近北極単独行の本上梓した人の対談。
先輩後輩というのは二人とも「早稲田大学探検部」の出身なんですな。
船戸与一なんかもOBのこの探検部、なんか昔から気になってたというか胡散臭く感じてたのよね。
だってこの世の中「探検」なんて事が成り立つのかよ?と。無理して困難な条件の中局地行ったり高山行ったりするのが探検かよ?と。

で対談読んでみるといろいろと納得。
タカノさんに関しては探検部OBではあっても、別に「探検」を売りにしてるわけじゃないしね。
それより同業者(ノンフィクション系ライター)のなかで一番話が合うのがウチザワ女史であるというくだりで、なんでワシがタカノさんの著書に惹かれのかがわかってちょっとスッキリ。
要は自分が気になる対象を等身大の体験として取材して、ちょっと諧謔も交えた文章でルポするってところなんですな。その辺のアプローチとか文章のタッチがワシのどっかをくすぐるらしいんだろうねぇ。
タカノさんに関しては未読の著作も多いんでまだ楽しめそうですな。

| | コメント (0)

2018年10月 3日 (水)

人物観察イラストエッセイ

20181003hana今朝のうちの前は北西のクロスオフでモモ腰。

20181003hachinosu 今日は晴れの予報が曇りがちだけど風が弱いし明日からまた台風の影響で天気悪そうなんで漕ぐことにする。
朝はうねりがなかったんでパドル修行かなと漕ぎだしたのだが、高校下あたりで緩いオンが入り始め時々モモ腰くらいがミドルで割れ始めてんでないの。サイズはないけどけっこうコンスタントでそろそろ漕ぎトレーニングにとピーク離れようとするとまたセットが、みたいな感じで何本も。
しばらくするとちょっと風があがって来たせいかセットで胸肩くらいのツルんとしたのまで入ってきたりして。
ちょっと離れたピークで待ってるサーファー尻目にガンスカ乗れてしまいました。
一本ショルダー伸びるレギュラー連中の目の前まで綺麗に乗り継いじゃったりして。あきらかにこっちのピークの方がいいんだけど、ワシが陣取ってるから来にくいんだろうねぇ、ワハハ申し訳ない。

20181003uchizawaサル状態になってしまいちょっと疲れちゃって午後はダラりんこ読書でこいつを読了。
女史のデビュー作に近いのかなぁ。けっこう読んでる彼女の本だがさすがに買ってまでと思ったりして図書館にリクエスト。
震災前後にスペリオールの目次ページに連載されてたらしい人物観察イラストレポで、能町せんせいあたりが最近得意にしてるやつ。
ワシの好きな後の作品に至る、キラリとした表現が垣間見られたということで。

| | コメント (0)

2018年9月30日 (日)

一新星の

20180930neko24号から伸びる前線が発達して夜半に大雨の音で目が覚めた朝。
なんか気持ちがザワザワして毎朝のヨガやらないで、小止みになったのを幸いにワダフェスの様子をチェックに出撃。
開催だったら満車が確実であろう猫駐はガラガラで海は南のサイドでアタマ〜アタマオーバーのクローズコンディション。たぶんこりゃ中止だな。
オーバー50クラスに出場予定のほんじょさんに電話してみると案の定。アクアラインが通行止めになる前に帰っちゃった方がいいかも。

前線が一旦通過したせいか午前中は晴れ間も見えて風も落ち着いたのだが、午後からはまた急に降ったり止んだりで、まぁあらしの前の静けさってところでしょうか。20180930hoshiってなことで今日もほとんど引き籠もりで本読んだり録画した番組観たりで、こいつを読了。
以前読んだ評伝本書いた作者の監修で星新一の人生をビジュアルに追っかけた一冊。
エッセイとかでなんとなく想像していた彼の人生が浮かび上がってくるようでなんだか妙な懐かしさがこみ上げて参りました。
やっぱもう一回読み直してみようっと。

さて24号は夜中に列島縦断する模様。
大きな被害がないといいのだが、地形の修正もして欲しいしなぁ。

| | コメント (0)

2018年9月24日 (月)

池波節

20180924hana久々に青空の連休最終日。うちの前は西のオフが弱くて膝とスモール。

風は弱いままだって予報だし、こんな日は漕ぎでしょう。なんせ1週間海入ってないし。
海に出る頃には弱めの東のオンが入り始めて、ウネリも弱めだけど大潮の干きとオンショアの風波加わってモモ腰くらいのがミドルで時々バッシャン割れるようになってきた。
でもうちの前とか割れてるピークは人多いしで静江先輩んち前まで漕いいでみると岩場は貸切。たまに入るセットは腰腹くらいでなんか西の空の雲行きが怪しいんで5本乗ったところで終了。
サーフ橋とかおきみや前で行き帰りにも結構乗れたからまぁオッケーっす。

20180924ikenami昨日読了した一冊。
こないだの映画対談もだけど池波せんせいの本は亡くなった時点で出版済みの本は全て読んだつもりで、その後は追っかけてなかったんだけど、ちょっと後から生前は漏れてたのが上梓されてんのね。
たぶん新刊で書店に並んだ後は文庫化もされてなくて、ワシがガッカリ島にいた頃に出版されてる場合見落としちゃってるわけで。ここんとこ図書館行くようになってそういうのが目につき始めたわけだ。
この本もエッセイ集とかに未掲載の、作家デビュー前の座付き脚本家時代に劇場パンフとかに掲載されたものとか、地方誌なんかに寄せられたモノを集めた一冊。
これ読むと30歳台から既に池波節は確立されており、一時はむさぼるように読んだ言葉がよみがえるようで懐かしい。
ワシももうせんせいが物故した年齢より上になっちゃってることを思うと感慨深いというか、
未だに大人になれない自分にため息付くというか、なんというか...。

| | コメント (0)

2018年9月21日 (金)

涅槃準備完了

20180921hana
夜半まで雨が降っていた今朝のうちの前は西北西のオフショアでモモ腰のインサイドワイドブレイク。
しばらく北風が続きそうだなぁ。

先日草刈りをした時にちょうどパラパラ茎を伸ばし始めていた彼岸花はにょきにょきと頭を出し始め1週間でほぼ満開でお彼岸スタンバイオーケーの様相。
20180921higanbana
毎年のことだけどキッチリお彼岸に合わせて咲きますわねぇ。
しかもどう見ても年々増えており、今年は去年の3割増しといった印象だもの。特に肥料やったりしてるわけでもなく株が増えてるって事は、定期的に草を刈ってるのが他の草との競争に勝つ要因になってるとしか思えませんわ。
それにしてもこの鮮やかさ、写真撮ろうとしても紅色が強すぎて色飛びしてるというか、バックが補色の緑だからなのか観たとおりの色が出ませんな。

20180921hagioな天気で読書も進み、今回はこの本を借りてきた。
もお様の小説集でございまして、77年くらいからSF雑誌「奇想天外」に載せられていた作品を中心にまとめたものらしい。
その頃はすでに大学入って少女マンガやSFからは卒業しちゃってたからまったくノーチェック。
とうことで読み始めたのだが、既にSF的な世界観とかには入っていけない自分を改めて確認してしまいました。
巻末に1作だけマンガが掲載されてるんだけど、当時のもお様のペンタッチを懐かしく思い出させていただきましたとさ。
なんか図書館で借りると、ちょっと興味の向いたヤツ片っ端から借りてきては途中でやめちゃったりで、あまりよろしい態度ではございませんなぁ、とちょっと反省。

| | コメント (0)

2018年9月19日 (水)

ブラックアングル80歳

20180919hana今朝のうちの前は北のサイドでジャワジャワした腰腹。パッとしませんな。

ちょっとボサボサしてきたんで散髪に行って、ついでにスーパーに寄るとレジにカムカムママが。
ずいぶん顔出してないしちょうど昼時なモンで久々にカムカムに顔出してサンマ定食を注文。
20180919sanma
ちょうど季節で今年はソコソコ獲れるんじゃないかってテレビでもいってるし、う〜む秋だねぇ。
実はこないだ一匹買って家で焼いたんだけど、うちはグリルのじゃないもンで皮がくっついちゃってカリッとした皮に仕上がらないのよね。
やっぱ電気の魚ロースターにはかなわねぇなぁ、といいつつ秋の味覚をいただきます。

20180919yamafuji午後はあいかわらず本読んだりでこれも図書館でなんとなく。
週刊朝日を後ろから開かせる男、で有名な画伯でございますが、もう80過ぎなんですなぁ。
ワシは大学2年から叔母と目黒のアパートで同居していたのだけど、アパートのすぐ隣の低層高級マンションの一階に画伯が住まわれておりまして、今考えると仕事場だったんでしょう。
昼間はほとんどシャッター閉まってるんだけど、時々庭にあったゴルフ用のネットでクラブ振り回してるのを塀越しに観たのが懐かしい。
本の内容は、ちょっと体調崩してから復帰した画伯が80歳過ぎて感じる世相とかに対する謂わばボヤキですな。まぁご近所の御隠居の茶飲み話って感じで緩く読ませていただきました。
ワシも80とかまで生きたらやなジジィになってるんだろうなぁ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧