2017年3月12日 (日)

万能シューズドクター

170312hanaう〜ん夕べそんなに飲んだつもりはないのに起きたらなんと7時半。走る気力もなく、うちの前チェックしたけど北のサイドオフでスネ膝とここんとこにしても珍しいくらいのスモールコンディション。

小屋まわりの掃除やったりしてから、経年劣化か加水分解かで踵が崩壊したアプローチシューズの踵を補修する。
使うのは靴底の補修材でシューズドクターっつーヤツです。こんな感じに塗りたくるのだ。
170312shoedoctor

もちろんずっとランニングシューズのソールを盛るのに使ってたんだけど(走り方のバランスがよくないのか片っぽの踵から減るのだ)けっこう堅牢で硬化したあとも弾力性のあるゴム状になるんで、試しにブチ切れそうになってたイヤフォンジャックのまわりに塗ったらコレが見事に正解。
ワシが履いているステップインのスノーボードブーツは、最終的に後ろ足側のソールとアッパーが剥がれてサヨウナラということになるのだが、2足あるうちの古い方(10年以上前のヤツですから〜)がとうとう剥がれちゃって捨てる寸前だったのを、ちょっと思い立ってガッツリ塗りたくってみたらなんか使えそう。
今週末滑ってみたけど全然問題ないのよね〜。
山じゃちょっと怖くて使えないけど、ゲレンデだったら適度に柔らかくなっててまだ調子いいんでまた剥がれるまで使っちまえ〜。
170312boots

| | コメント (0)

2017年3月10日 (金)

まさかの腰パウ

170310parking
予報では今日まで冬型。
3日目だしあんまし期待しないで八方サクッと滑って帰ろうかと。
明るくなって窓の外を見るとソコソコ降ってるじゃないですか。クルマの上には15センチくらいかな、湿り気を帯びた新雪が。朝方になってから降り出したくさいけど山の上はどうでしょうかね。

ちょうどリフトが動き出すちょっと前に国際の駐車場に到着して、そのままリフトに乗り込むけどガイド会社のガイジンが4人くらいいるだけで列なんかありゃしない。まぁほんと平和ですわい。
高速一本上がると上はまだ動いてないんでゴンドラ側に繋いでいくしかないのね。
ピステンの上に15〜20センチくらいふんわり乗った新雪は前に乗ったガイジン以外のトレースはゼロ。
脇に入るとまったく底付きナシでそのまま一気にゴンドラ乗り場までほとんどノートラック。ムキーっとアドレナリン噴出して全開で降下w。
いままで八方のゲレンデで、しかも下部までこんなに柔らかかったことなんてなかったので驚いちゃいましたよ。

170310gondraゴンドラ乗り場もガラガラで、アルペンクワッドはまだ動いてないんでリーゼン降りたらさすがにこっちは既に荒れ気味。
クワッド上がってみるとアルペンクワッドも動き出してるんでガスかかってるけどとりあえず上に行ってみる。兎平はもう人が入ってるんで、黒菱方面に落ちてみましたらコレがもう深いのなんの。溜まってるとこは軽く腰くらいあって久々にオーバーヘッドのフェイスショット全開。
今シーズンはけっこう柔らかいとこ滑らせてもらった気がするけど、ここまで深いのはなかったし、最後にこんなの滑ったのいつだっけってくらいですw。

そのままスカイラインに落ちてったら、こっちももうウハウハ。
ここからはサル状態となってしまいグルグル回しを何回やったか?最後はさすがに荒れ放題となりロッジで休憩で10時過ぎ。2時間目一杯深いのいただきました。

ちょっと休んでオープンのアナウンスがあったバブちゃんバンクスに移動。
こっちも圧雪が間に合ってないんでボトムがパウダー、リップにもまだ雪がついておりちょっと蹴散らし気味にリップに当てたり、小一時間ほど遊んでこれくらいで勘弁してやるかと終了。

帰りは上田のてんちょのお店に寄って秘密の用事を済まして、上信越〜関越経由で南房に帰ってきましたw。
まぁまぁ、ほぼほぼ八方のゲレンデ滑るのも今シーズン最後かもしれないタイミングで、バッチリ当てられたんでラッキー。
3日間充分遊べて楽しかったっす。絡んでくれた皆様ありがとうございましたw。

| | コメント (0)

2017年3月 9日 (木)

5年ぶりの電車改めタクシーでゴー

170309cortinaそういうわけで今日は山に入るのだ。
まぁちょっと不安定かもね。でもって今日はアキちゃんが友達連れて来るっていうから、ガシガシ登りたくないしロープーウェイも動き出したから栂池あたりでチョロッと回すってのはどう?なんて昨日ゴマちゃんと話してたのだが、昨日入ったガイドから雪も問題なしとの情報もあるし、ISE3的には電車がリスクが一番低いんでないか、と。
かしこまりました、が苦手なのよね〜、電車。特に後半がイヤ。
だいたい最後に行ったのって震災前じゃないの、と思って帰ってきてから調べたら震災翌シーズンに行ってるんだね。

ということで栂池の駐車場で待ち合わせてから移動。ソコソコ降ったせいとスキーヤーが一人だけになっちゃうんで殺気を感じたのかゴマちゃんは今日は八方だと。
今シーズンはギラギラしたガイジンだらけという話で初めてのゲレンデですな。
リフト開始まで暫く待ってからお山の中に分け入る。アキちゃんの友達は3名でうち二人がスノーシュー。
170309brake
グネグネっとメインの斜面まで滑ってからガイド役のISE3からドロップ。
トランシーバー持ってるワシがテールということで、久々にツリーに滑り込む。前に比べるとあんなに好きだったツリーランがめんどくさくなってるワシですが、ここのツリーは間隔もなかなかあって滑りやすいよね。
確かに底付きも全くなく、ちょっと湿気を含んでるけど膝モモのこの時期としては極上のパウダー〜。

170309climb1本滑ってからちょっと沢を横移動して登り返し。
これが昨日入ったつーガイド氏がつけてくれた完璧なクライムラインでチョー快適。さすがプロのトレースはジグの切り返しも完璧でございますわ。
ほとんど汗もかかずに登り返してこれまた別の斜面にドロップ。
こうなりゃ同じトレース使ってもう一本登り返すしかないでしょう。

後半も晴れこそしなかったけどソコソコ視界もとれたんで、大嫌いな里への下降もなんとかスムーズに行って(でもコレで視界が悪かったらやっぱしイヤだなぁ)2時半くらいには駅に到着。
170309nakatsuchi
ダイヤが変わって次の電車は4時過ぎだそうなんで、駅前のタクシーのおぢさんにお願いして2台に分乗し車を置いてきたゲレンデ駐車場までタクシーでゴー。
久々の電車はスムースでけっこう楽しめました〜、ガイド務めてくれたISE3サンキューっす。

ISE3もイソ君も今日で帰るって事なんで、今夜は一人で焼き鳥屋。
こっちもすっかりガイジンの姿はなくて春の白馬は平和な雰囲気でございますわ。焼き鳥屋も今シーズン最後かのぉ。
170309hotaru

| | コメント (0)

2017年3月 8日 (水)

白馬で高級成吉思汗

170308iwatake
東北巡業で間が開いちゃって久々に白馬に出撃。
ちょうど今日から冬型になって寒気も入るっちゅう話だし。

ちょっと早めに出たんで営業開始前にISE3がいるはずの岩岳に到着。
を、Gロボが先に来てるじゃないの。今シーズは家族サービス優先のイソ君や帝王も合流してゲレンデクルージング開始〜。ベースで10センチくらい積もってるんで多少は期待できるかと思ったのだが、脇パウらしきあたりもだいたい底付きしちゃうんで、むしろピステンの上に乗ってる方が気持ちいいかも。
といいつつボコボコの非圧雪とかに突っ込んでやられたりもして、ワシは午前券で終了。

一日券で滑るっつーBWBの皆様と別れてゴマちゃんカフェに。
170308gomacafe
朝飯まともに食べてないんで「肉」定食の鶏のバルサミコ煮をいただきますな。
明日は一緒に山に入る予定なんで、どんな感じか打ち合わせたり、3月入って一挙にガイジンが少なくなった白馬の様子など四方山話なぞ。

170308miyama宿にチェックインしてお風呂入ってから軽く午睡して、ISE3イソ君と晩飯にタクシーで出撃。
白馬の人気焼肉屋がジンギスカン専門の店を出して大評判だっていうんで、イソ君が予約をしてくれまして。
ちょっと前にジンギスカンがトーキョーでも人気だった気がするんだけど、定着してきたんですかね。

道産子のワシにしてみればジンギスカンは内地のスキヤキだのと同様に、何かというと食べてたカレーやラーメンと並ぶ定番メニュー。だいたいガキの頃はオーストラリアの冷凍マトンが主で、ラム食べるようになったのは結構あとのことだった気がする。
最近になってニセコの生ラム食わせる店で上質な羊肉に驚いたりはしたけど、そもそも基本は安くて腹一杯肉食べるための料理であり、食べ放題系のまぁ下品な食いもんですよ、ワシにとっては。
ところがここんちのメニュー見てビックリ。肉も部位別だったり産地別だったりで、店員さんの肉の説明もずいぶん念入りでなんだかずいぶん大げさな。
ジンギスカンもずいぶん偉くなったのねぇ、とちょっぴり感心してしまいましたぁ。
170308jingiskac

| | コメント (0)

2017年2月19日 (日)

湯殿山でトリップ打ち止め

170219yudonoさて今日は夕べcobaがチェックした道路状況ライブカメラで、降りまくってるだろう日本海側のローカルゲレンデ湯殿山をチョイス。
早朝ホテルまで来てくれたcobaを乗せて仙台チームと合流して一路日本海に向けてゴー。
山形市内はチラつく程度だったものの高速乗った直後からどんどん降り始め路面も真っ白。高速降りたあたりからはガンスカ降り出してもうほとんど吹雪。

しかしてゲレンデ着いてみるとそーでもないのよね。
170219notruck若干遅れて動き出したリフトに乗り込むと、コースはピステンに薄っすら乗ってる感じで脇はトラックが残ってる感じかなぁ。
とはいえ競争率は低く、地元少年団にミナサマ以外にスキモノ系は数えるほどでしょうかね。

170219brake溜まってるところは底付きないし、当て込みアイテムもレギュラー中心に何カ所も。なんだかんだで充分楽しく遊べるゲレンデじゃないですかw。
グルグル回しで遊ばせていただき、ちょっとはぐれたメンバーをちょっと待ちますかとゲレンデベースで待とうと降りてみると、既に皆さんロッジの中。
しかも煮込みでプシュッと始まってるなんざぁ、なかなか大人でよろしいんじゃないでしょうか〜。
最後にサクッと数本滑ってローカルゲレンデクルージングは終了。
170219shugo

帰りはゲレンデ近くの定食屋さんで山菜定食いただいて道の駅で温泉。
170219kaerunoko
ワシはここで別れて一気に南房に向かうことにする。
元気があったらそのまま白馬に向かって小谷で水曜チームに合流なんてプランもあったのだが、さすがに疲れが溜まってきたし昨日チョイと足首ひねちゃったりもしたんでムリはやめとく。

そゆわけで今回久々の東北トリップやってみたわけだけど、雪もよかったしそれよりナニよりお湯がよくて楽しめました〜。最後にブロックやcoba達に絡んでもらえたのも有難くまた遊んで下さいね〜。
さて来年はどんな感じで回ろうかなーとか、既に企み始めちゃったりして。

| | コメント (0)

2017年2月18日 (土)

蔵王ローカルルーティン

170218ropeway
今回の東北トリップの日程はこの週末に七横cobaが都合がいいということで組み立てたのであった。ところが直前に連絡してみるとなんとサーフトリップに出るというじゃないの、なんだよヲイヲイ。
まいいや、他も一人で滑ってるしぃ、と拗ねてると仲間をアレンジしてくれるということに。また水戸に引っ越した山ボのブロックも合流ということで一気に賑やかに。
なんせ蔵王のゲレンデはやたら広くてレイアウトもつぎはぎだし難しいんですよね〜助かった。

170218lift
雨から雪に変わった夕べの積雪はせいぜい10センチってとこですかね。
ロープーウェイ乗り場で待ち合わせたのはブロックと仙台チームのK坂君、S野君の3名。
ゲレンデベースはほとんど降っていないモノの、高度を上げるにつれてチラつき始め、そしてガスってきた模様。上はどうやら雨は降ってないみたいですね、ラッキー。

ここからはK坂君のガイドで雪が溜まってそうなところを探索しながら端パウ、ツリー、沢地形、なぜか誰も滑ってないノートラックのゲレンデなどなど、ローカルルーティンを満喫。
正直ただあとについて滑ってるだけでゲレンデのどのあたり滑ってるのかまったくわかりましぇん。
K坂君のガイドで一人だったら絶対滑れないような斜面を滑れて満足〜。
170218zeus

170218kamosobaガッツリ滑ったあとは前回も来たちょっと郊外の蕎麦屋さんに。
鉄鍋にグツグツ煮た鴨ネギ鍋汁に冷たいそばをつけて食べる鴨鍋そばは相変わらずの絶品でございますな。
サイドディッシュのニシンやゲソの天ぷらもおいしうございました。

蕎麦いただいたらコレはもう温泉に入るしかないわけで、ここもまた前回来た温泉にゴー。
ここもなかなかいいお湯で近隣からのお客でけっこうな混雑。

そして今夜ははじめて山形市内のホテルを予約しており、駅近くのビジネスホテルにチェックイン。
170218apa
最近ガンガン日本全国に出店しているこのホテルチェーンをチョイスした理由は、もちろん近頃話題のホテルオーナーのご著書のネタにするため。
部屋にはオーナーの立身出世本と日本現代歴史認識本が2冊備えられており、さっそくパラパラ読んでみるととくに騒ぎになった内容はまぁ極めて真っ当な主張じゃないですか。
この手の人たちの最近の動きには賛同できないモノの、騒がれたからといって自著を引っ込めなかったのは筋の通った正しい判断ですな。

さて夜はK坂君達が迎えに来てくれての山形ナイト。
待ち合わせの店には今朝トリップから帰ってきたcobaが真っ黒な顔で駆けつけてくれ、仙台チームのN山君もわざわざ合流。
170218nomikai
美味しい炉端焼きを堪能したあとは皆さん山形ナイトに繰り出してかれましたが、ワシはさすがに離脱。こっちのローカルルーティーンはついてけませ〜ん。
明日はチョイと離れたゲレンデに繰り出す模様でございますw。

| | コメント (0)

2017年2月16日 (木)

連泊

170216bfast
いったい昨日から何回お湯入ったんだか。
ほんとここのお湯いいわぁ。でも今朝入った露天はウッカリ温度確かめないで入ったら熱いのなんの。慌てて湯浴み棒でかき混ぜたもののとても我慢できず飛び出してしまい、浸かった胸から下は真っ赤っか。
さて、ここまでの宿は出発前に予約して来たんだけど、今夜の宿は予約せず天気とか見ながら途中で決めようと思っておったのだが、明日は気温が上がりそうでどこいっても一緒っぽいからここに連泊することにした。

170216sdarmyシンプルな日本旅館の朝飯食べてからここ来る途中にあるローカルスキー場にゴー。
駐車場には20台ないかな。昨日からほとんど降ってないしゆったり行きましょ。支度してると目の前を迷彩のウェア着た若者が次々と通るな、と思ったら自衛隊の皆様でございました。
そうそうローカルスキー場はこうこなくちゃね。
以前一度だけ試乗会に来ただけなんでイマイチゲレンデレイアウト覚えてなかったんだけど、リフト3本だけのシンプルなレイアウト、ちょっとモイワに雰囲気似てるかな。
空は曇天、ゲレンデはやわっこいとこ一つもなし。ピステンもそんなに上手いわけでもなく一通りカーヴィングしたらなんだかもうイイヤって感じになり、ロッジに戻って昼飯がわりに焼きたてシナモンロールなんぞをいただいてから宿に戻る。
170216lunch

170216river一泊目はちょっと高めな前沢牛のコースを選んでたのだが2泊目はちょっと節約したコースにしたら部屋変えてくださいと。
案内された部屋は昭和レトロの香りする素敵なお部屋じゃないですか。窓の下には川も見えてる夕べもここで良かったかもだ。
早速昼から内湯に入って窓際で剣客商売ゆったり読むなんざぁ、コリャなかなか湯治感満載じゃないですかね。

午後はそんな感じでのんびりして、国産牛のシャブシャブいただいてお休みなさいっす。
明日は移動日だな。
170216dinner

| | コメント (0)

2017年2月15日 (水)

ワンコパウダー

170215getro
秘湯感こそなかったものの、今回の宿も東北の素朴な地元に愛される温泉であった。
宿のあたりはまったく降雪がなく、今日もカーヴィングかのぉと山奥のゲレンデに向かう。
出がけは青空ものぞいてたのに途中から雲が厚くなり雪が舞い始めて、ゲレンデの駐車場に着いた頃にはほぼ吹雪。

ここは岩手の南部でもかなり山奥だからちょっと気候が違うというか、日本海側の豪雪エリアになるんでしょう。昔もパウダーゲレンデとして有名でシーズン初めはよく来たもんです。
リフト営業開始前のゲレンデベースステーションに入ると人は疎ら。なのだがトンガリあるいは猪鼻系の率高し。 やっぱ好きモノが集まる伝統は残ってるのね。でもガイジンの姿がないのがかえって新鮮かもだ。

170215getopano
営業開始の8時半に動き出したのは正面の短いやつだけで、好きモノのミナサマは9時のゴンドラ開始までゆったりするみたい。ワシは軽く肩慣らしと雪の様子を見るために2本ほど回してみる。
綺麗なピステンの上にふんわり乗ったパウダー、端には吹きだまった柔らかいのもあり、ん〜これはけっこう期待できるんではないでしょうか。

ちょうどゴンドラも動き出したんで乗り場に滑り込み、5台目くらいかな、一緒に乗ったのはインポッシブル持ったシーズン券の男性。
久しぶりなんですよぉ〜、と声かけて近頃のこのゲレンデの情報を入手。以前はコース外滑走は厳禁だったのが、ここのところは理解度が増して部分的にツリーエリアを解放しているらしいです。

なんせルーティンがわかんないんでまずはゴンドラ沿いで一本。
綺麗に踏んだピステンの上にふんわり乗ったストレスゼロのゲレンデ、そして端には多少昨日のトレースが残っているもののほとんど風でリセットされたスネ膝のパウダーが。底付きなんてしやしません。
ゴンドラ一本一気に滑ってキモツえぇ〜。

2本目はステーションで見かけたローカルネェちゃんたち追っかけて、ゲートからツリーエリアに入る。所々に標識あって誘導されるようになってるのね。かなり地形が複雑で溜まってるところと複雑になっててちょとテクニカル。20年前なら大喜びで回しただろうけど、今はそうでもないかも。
それより端パウ含むゲレンデクルージングの方がいまのワシには魅力的なんだぜ〜、とゴンドラ回しで2時間ガッツリ滑って休憩。

ちなみにまともに動いているのはゴンドラ一本だけで、もう一本は運休。向かって右のエリアはクワッド一本だけみたいで、メインエリアに戻ってくるのめんどくさいかも。このままゴンドラ回ししてから帰ろうかなとか思ったのだが、せっかく来たしぃということで右側のゾーンに。
ところが入ってビックリ、こっちはゴンドラ周り以上に手がつけられてなくて、端パウノートラックがいたるところに出現。コース挟んで右に左に高速ノートラックを求めてサル状態に。結構な急斜面は人も入ってないところもあって、天国ですw。ってなことで滑り倒して4時間近く。
まだまだ食い残しのあるワンコパウダー状態だけどこっちの腰がもたなくなってきて終了ですw。

予定より滑り過ぎちゃったんで、下道はなしで次の宿にゴー。
今夜の温泉は以前試乗会で来たことのある八幡平は松川温泉松風館でございますw。
170215shofu
久し振りの趣のある外観はそのままで、通されたのは内装が綺麗になったお部屋。
そして内風呂も脱衣場が綺麗になってたけど、内湯も露天も以前のままでサイコーでございます。川挟んだ対岸にあった岩風呂は残念ながら雪崩で壊されちゃったのが残念〜。
170215steps
昭和どころではないレトロな階段。
なんせ1743年(寛保3年)開湯だからね。

170215uchiyu
内風呂。手前がちょっとぬるい

170215rotem露天。
初日はホントにいい湯加減。
翌朝入ったら死ぬほど熱くて浸かった胸から下が真っ赤っかになってしまいました。

晩飯はもちろん前沢牛でございますw。
170215dinner

| | コメント (0)

2017年2月14日 (火)

天元台から南岩手

170214shintakayu
昨夜はほとんど降らず青空が見える秘湯の朝。
まずは起き抜けに内湯で身体をほぐして緩くヨガって滑りに備える、とはいってもクルマを停めたロープーウェイ乗り場への送迎は9時過ぎだから今日ははノンビリとカーヴィング修行でもしますかね。
ロープーウェイの乗客はワシとスノーシュー持った女の子だけ。声をかけると韓国の娘で一人で散歩するみたい。ロープーウェイの眼下にはポツンと宿が見える。

170214tengendai
終点から見るゲレンデはだ〜れもおらず、2本目のリフトでやっとパラパラ滑り降りてくる人が見える程度。ここも大丈夫なんかなぁと心配しちゃいますね。
確か最上部のコース(3本リフトが掛かってるだけ)は滑り出しの斜面のあとはタラタラの緩斜面なんで、2番目のリフトを回してカーヴィングを楽しむことに。標高高くて締まったなかなかクオリティの高い人ピステンでエッジをズラさず滑るのはなかなか難しい。
4-5本滑ってから気分転換に一番上の様子をチェックに上がる。滑り出しの斜面半分は無圧雪のはずなんだけど、どうせ昨日でギタギタになってんでしょね。

長くてノロノロ遅いペアリフトにガタガタ揺られてると眠くなっちゃうなぁ。やっと斜度が上がって見えてきた無圧雪の斜面はツルンとして10時過ぎてるのにトレースが一本入ってるだけ。
マジ?ははぁ〜ん、さては風が当たってガリンガリンなのかもね。
170214notruck
ところが直前にスキーヤー2名にトラックつけられちゃたけど、彼らの滑りを見る限りガリガリではなさそう。
まぁとりあえず、弾き飛ばされるの覚悟で突っ込んでみる。滑り出しの急斜面はちょっと固くてヤッパなぁと思いきや、ちょっと斜度が落ちたあたりからはパックされてるものの十分柔らかい、しかも板が走るワシ好みのパウダーじゃないですかっ。しかも昨日のより全然長いし競争率ゼロ。
一気にサル状態となりグルグル回しw。
しばらくするとフォロワーも滑り始めて、高校生の団体が入って終了って感じだったけど思いもかけないパウダーを十分楽しめたんだぜぇぇ。
つーことで、予想外の粉食えて満足〜。

170214milage昼は珍しくゲレ食で辛味噌ラーメン食べて若干貢献してから久々の天元台とお別れ。
東北道を更に北上しているうちに気がつけばクルマの走行距離は18万キロ越えになっちゃった。
このクルマもそろそろ買って10年なんだけど、今回の雪山走行でも今んとこ余裕でリッター15キロ走ってくれるし全然問題ないのよねw。今回のトリップもよろしくお願いしますよ〜。

今夜の宿は明日滑る予定のゲレンデの提携温泉宿で、初めての宿。
5時近くに着いたんだけど、貰い湯らしいお客さんが次々に出入りしており、大きめの風呂場は大繁盛の様相。近辺にもけっこう温泉の看板見かけたけど、たぶんお湯が良いって評判なんでしょうな。
9時を過ぎると風呂場もガラガラになってゆったり湯治の旅はまだ前半戦w。
170214higashikan

| | コメント (0)

2017年2月13日 (月)

初めての猫魔

170213nekoma
5時すぎに目が覚めてゴソゴソ寝袋から這い出して、アンダーレイヤーに着替えて朝ヨガを軽く。
青田さんが昨夜の残りで作ってくれた山菜おにぎりをほうばって、ビブを履いて7時に出発。ちょうど出がけにアオタさんも起きてきてご挨拶。ホントいろいろありがとうございましたw。

さて今日は裏磐梯あたりで目星をつけていたゲレンデに向かう。
前からコンパクトで良さそうなゲレンデだなと思っていたのだが行ったことはなく、ここんとこ今をときめく☆野リゾートが経営権を握ったとかで粉系雑誌なんかでもパウダーゲレンデ的なパブリシティがかかってるんで再度気になってたのよね。
しかもこの週末の冬型とあってはチョイと味見しないわけにはいかんじゃろ、と。

猪苗代湖畔からたっぷり両脇に雪の積もった山道をグネグネと。このナビ大丈夫かな、と心配し始めた頃にやっと到着。空は綺麗な青空で気分もアガる。
営業前に着いた駐車場にはまだ20-30台くらいでしょうかね。しかし好きモノそうなガイジンとかトンガリ板なぞがチラホラ。

メインっぽい正面右の急斜面の上部は圧雪されてないみたいだけど、除雪が終わってなとかでしばらく動かないとのアナウンス。
リフト券買ってちょうど動き出したリフトに乗り込んだものの、スキーヤーズレフトは完全圧雪斜面でイマイチ。2本滑ってレフト滑るとちょうど一番左側の無圧雪斜面のリフトが動き出したのが見えたんでそっちに移動。
170213notruck
ちょっと出遅れたけど、ライト側の十分空きのある膝パウダー滑れましたw。
とはいえガイジン含む粉好きが一気に集まり、あっという間にギタギタ。
ちょうどいたパトに聞くとレフト側にもコースがあるけど圧雪斜面ですよってことだったんだがピスサラもいいかなと、ちょっと様子を見に行く。確かに上までピステン入ってるけど両脇ガラ空きのーとらっくじゃないっすか。ムキーっと3本ほど回すとフォロワーも現れてきたんで、ちょっと休むかなとベースまで降りるか、と。
ところが動いてなかった正面右から搬器が出始めてるじゃないですかっ。そのまま乗り場に向かうと既に一人がスタンバイ。見ればスラッシャーに乗ってるようで、声をかけると宇都宮の人でここのシーズン券持ってるとかで、いろいろここのゲレンデ情報を伺ったり。ちなみにこのリフト、昨日は強風で終日動いてないとか。うひひ。

170213tongari搬器は出してるもののパトが昨日の降雪状態をチェック中とのことで30分くらいかかるよ、ってなお知らせ。全然待っちゃいまーす。ちょっと後ろに並んでたフィッシュ君なんかともダベりながら待ってると営業始まりました。
スラッシャーの彼とファーストトラム。ファーストってのはずいぶんぶりかも、転んじゃったらどうしようw。
無圧雪とは言っても2/3くらいまではピステン入ってるんで、ノートラックは若干短め。しかしてスラッシャー君に続いて突っ込んでみると、パックされた板がよく走るパウダーで脳味噌耳からこぼれそうだぁぁぁ。
と言いつつ2本目乗ってるうちにもあっという間にギタギタになりつつり、裏の迂回コース(こっちの方が無圧雪の距離が長かった)とかを回して昼前には終了。
初日からなかなか調子いいんでわないでしょうか〜〜〜。

ちょっと休んで今夜の宿に向かう。
投宿先は以前泊まったことのある天元台の中腹の秘湯で15年ぶりくらいかも。
裏磐梯から喜多方までのグネグネ山道のあとはトンネル絡めた快適な道路で米沢へ。
170213ropeway
天元台ロープーウェイの駐車場まで迎えにきてもらい、かなりの急な山道で到着。
170213adumaya

久しぶりの宿はこの間改装したらしく内装が真新しくなり以前みたいなひなびた風情はなくなっていたけど、風呂場はそのままで栗の木くり抜いた露店も眺望露店も、内風呂も以前のまま。やっぱ東北の温泉はサイコーだぜw。170213uchiyu
風情のある内湯

170213nekkoplate根っこ風呂170213nekko

170213rotem
眺望露天風呂

そして夕食は米沢牛のスキヤキで満腹〜。
本格的ないで湯の旅のはじまりはじまり〜。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧