« ウッティタートリコナーサナ(三角のポーズ)を深める | トップページ | 「瀧」でモヤモヤ »

2019年3月13日 (水)

狂気の富裕層

20190313hana
昨夜天気図やら予報みてたら、こりゃ明日は白馬もかなり降雪あるんじゃねぇかぁ、ひょっとすると明後日は最後の祭?明日移動日にして狙おうじゃねぇか!と床についたものの、ホーホケキョの声に起こされてすっかりやる気なくしてしまった今朝のうちの前は南西のクロスオフが強くて腹胸。こりゃあっという間にドン吹きになっちまいそうだな。
と日が高くなるに従ってどんどん南西が上がり始めて海上は真っ白け。

畑のほうはチマチマ春野菜植えたり、夏野菜に向けてトマト苗の通販予約したりしてるんだけど、トマトの種をポットに植えてたのが芽を出した。
20190313tomatopot
種から植えようとすると小袋でも種植えきれないのよね〜。結局ジップロックに入れて冷蔵庫で保管することになるのだが、この種ってもう4-5年前に買ってたやつなんだよね。去年もちゃんと育てたのだがGW前後の定植に向けてしっかり育てねばな。

20190313gakkarich一昨日観たコレ、去年アジア人しか出てないのに異例の大ヒットつうことで話題になったヤツですな。
しかして舞台がガッカリ島ってことで、住んでたワシ的にはちょっと設定に無理あるんじゃね?という先入観で観始めた。
ってのはですね、ご存じの通りガッカリ島が発展したのはこの30年くらいの話で、歴史の厚みが全くないわけなのよね。もちろん現在大金持ちはたくさんいるし、ワシも何名か存じ上げてはいたのだけれど、そこはソレ...まぁなんつうか要するに成金的になっちゃわざるをえない。国土が狭く土地の所有が非情に厳しい環境でアリ予告編で映ってたような個人大豪邸はありえねぇよ、という印象だったのね。
ところがかなり早い段階で、この金持ち、本土から金持ちのママでガッカリ島にやってきた華僑ファミリーだっつうことである意味「言い訳」してくれたんで、あぁじゃぁそれに乗りますか、あとはまぁおとぎ話としていうことでとその設定にゆだねることさせていただきました。
ストーリー的には現代シンデレラストーリーでエンディングの詰めが甘いとこもあったけど、これはコレ、よろしいんじゃないですか。
あと一番気になったのは、ガッカリ島にはこんなにたくさん美人がいるわけねぇじゃんってことで、コレが最大のおとぎ話だったかのぉ...。わはは。

|

« ウッティタートリコナーサナ(三角のポーズ)を深める | トップページ | 「瀧」でモヤモヤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウッティタートリコナーサナ(三角のポーズ)を深める | トップページ | 「瀧」でモヤモヤ »