« クールジャパンの文化人類学 | トップページ | クラス再開 »

2019年3月 4日 (月)

風の川

20190304hana
あー、一昨日のうちに走って海入っといて良かったって今朝も雨かよ。小やみなうちにチェックしたうちの前は北西のクロスオフが強くて腹胸のインサイドブレイク。

20190304wriverなわけで今日も買い物出かけた以外はほぼ引き籠もりなワケで、本読んだり夕方から映画観たりで去年評判だったこのサスペンス。こないだ観たのと続いて実際に起きた事件が下敷きらしい。
ワイオミングの先住民(インディアンですな)居留区での殺人事件を追っかけるFBIの女性捜査官(アベンジャーズで火の玉ぶん投げるね〜ちゃん)と野生動物の管理をしてる男(同じく弓矢の人)が主人公。
しかしてこの居留区の政府から放置された現状や寒冷なワイオミングの自然(イメージ的にはほぼアラスカ)が捜査を阻んで、先住民コミュニティの闇も浮き彫りになるという。
出演者もそんな多くなくてほぼ時系列追ったストーリーもなかなかタイトで、込み入った謎解きじゃないんだけどそのぶんビシッと締まって見応えございました。マイナス20度以下の「寒さ」が肝なんだけど、肝心のその寒さがイマイチ伝わりきってなかったのが残念だったかなぁ。
それにしてもアフロアメリカンものの映画のベースだとすると、先住民ものは悲しみと諦めが漂ってきてやるせないよなぁ。

|

« クールジャパンの文化人類学 | トップページ | クラス再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クールジャパンの文化人類学 | トップページ | クラス再開 »