« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月28日 (木)

挿絵1052一挙掲載

20190228hana今日で2月も終わり。
低気圧が通過中で昨夜からの雨が降り続いて波チェック行く気合いが入らず、用事済ますついでに立ち寄った静江先輩んち前は北が弱くてアタマ〜アタマオーバー。セットが入るとクローズアウトであいかわらずちょうどいいコンディションにはなりません。

なんかすっかりお山のほうも雪が消えつつあるらしく、このままシーズン終了しちゃうのかも。ってかワシのモチが尻すぼみ。

20190228shinranということで引き籠もりしながら一旦通しで読み終わったのが、「親鸞」の新聞連載時の挿絵をまとめた一冊。
5Kオーバーというお値段で事前予約オーダー躊躇してたのだが2月頭の発売と同時に我慢できずポチ。
ソコソコは予想してたものの届いてみて改めてビックリ、百科事典並みの分厚さ。そりゃそうだ、第3部までの連作で1052回掲載分に加えて、没原稿まで載せてるんだから。しかもその全てに画伯自身のコメント付きで制作時の意図やら苦労話やらが加えられてるんだから。
一気に読むのは量的に無理、ってかもったいないんでチビチビ読んでたのよね。
小説としては文庫やらで以前に読んでたわけだけど、ちょっとうろ覚えなところもあったのだが挿絵だけでも充分楽しめるんですな。
それにしても絵解きや駄洒落も交えた融通無碍、自由自在な発想で描かれた作品ひとつひとつに味があって素晴らしいですわ。連載時に挿絵と共に楽しめた読者が羨ましいです。
いつか小説読みながらひとつひとつ楽しみたいモンでございます。

| | コメント (0)

2019年2月27日 (水)

ハラダさんドキュメンタリー

20190227hana今朝のうちの前は北西のクロスオフがやや強めでワイドな腹胸。
朝からイマイチ調子が出ずに走りもせずダラダラと。今月は山行ったりで100キロ到達せずですわ。
読み終わった本の返却しに図書館でも行くかとラジオの録音聞きながら向かってるとムムッと気になる情報が。

20190227shinjukutiger家に戻ってググってみると、なんと新宿のタイガーマスクことハラダさんのドキュメンタリーが製作、上映されるというじゃありませんかっ。
なんか通称も「新宿〜」で統一されてんの?

この映画のページの紹介だと72年からマスクかぶってたっていうけど、ワシが初めて見た時はまだ今のスタイルじゃなかったんだよな。
そう確か年末で真っ黒なスーツに真っ赤なシャツに黒ネクタイ、これまた真っ黒なフラメンコみたいな帽子かぶって(顔は素顔)両脇に門松の小さいのと確か羽子板抱えて店内巡回してたの見かけて度肝抜かれたんだ。

111025haradasanその後定期的に奇矯なカッコして何度か店内で見かけたんだけど、うちの売り場のオバサンが面白がって声かけたりして仲良くなって「ハラダさん」って名前とか新聞配達やってるって判明したりしたんだ。
(画像は前にもあげた故郷松本の新聞に取りあげられたハラダさん)

その後しばらく経ってタイガーマスクのお面かぶりはじめたんだけど、着てるものはそんなハデじゃなかったのがどんどんバージョンアップしてって、ワシがガッカリ島行ってる間にこの画像みたいにデコラティブになっていったのよね。

101021tigerハラダさんたらもうワシの新宿時代を併走したといっても過言ではありません。
ということでこりゃ観に行かないわけにはいかんですなぁ。

晩飯は、一日引きこもってほとんど動いてないわりにはテレビでやってたパリパリチキン照り焼きにしてみました。
ちょっと味付け濃かったかなぁ。
20190227chiken

| | コメント (0)

2019年2月26日 (火)

海洋女8人

20190226hana今朝のうちの前、北西のクロスオフに振れてやや強めで胸肩と若干サイズアップも風波でミドルでボヨついたと思ったらインサイドでジャワンみたいな。
昼前にショップ前まで走ったけどうちの前まで海上にはひとっこひとりおりません。

20190226oceans夕方観たヤツ。男優がゾロゾロ出てくるオリジナルシリーズはまだ観てないんだけど、結構面白かったらしいよね。別に女優に変わったからってワケじゃないけど、まぁ暇なんですな。
コンゲームはけっこう好きでちょっと期待したのだが、コンゲームとしての設定の緻密さとかどんでん返しとかはイマイチだったかなぁ。
メトロポリタン美術館のガラディナーが舞台ってことで、豪華なドレス着た女優さん達とかカメオ出演してる有名人とかを観る映画なんでしょうねぇ。
ティム・バートンのかぁちゃんが相変わらずのコミカルな演技見せてくれたんでオッケーっす。

| | コメント (0)

2019年2月25日 (月)

SF大家の読書人生

20190225hana昨夜から降り出した雨は昼前にやっと止んでチェックしたうちの前は南東のクロスオンで胸肩とまとまらないジャワジャワ。
地味な一日確定、ということでなんとか軽く走って帳尻を合わせたつもりになったりして。

20190225tsustuiこないだの元アイドルさんの書評本は、世の中まったく興味の方向性が違う人がいるのだなぁと改めて思い知ったのだが、図書館の同じ棚にあったこの本をみつけたので借りてみた。
ラジオでゲストに「今の自分の根本ができあがったのは何歳くらい?」ってな問いをするパーソナリティーがいるのだが、ワシの場合は差し詰め中学1〜2年かな。もちろん大学とか社会人になってからも自分の人生変える出来事はあったけど、根本的な考え方とかはこの頃に固まっていたような気がする。
中でも毎日むさぼるように読んでたSFとかの影響は大きくて、いろんな角度から発想すること教えてもらったし、ちょっと世の中斜めから見る癖がついたのもSFのせいだと思うのよね。
特に星新一のショートショートが最大だったと思うけど、筒井せんせいがその次くらいだったかも。
ということでこの本は、筒井せんせいがどんな本を読んできてそれがその後の人生にどんな影響与えたかということを幼少期の「のらくろ」から作家デビュー直後までを語り倒した一冊。
本の思い出イコール半生記的な内容になっており、エッセイとかで既に語られた内容も含めて元ファンとしては非情に興味深く読ませていただきましたわ。

晩飯はスキレットでタマネギと長ネギのロースト。
ぶっとい長ネギが手に入ったんでネギづくしにしてみたけど、それぞれの甘さが生きてて大変美味しうございました。
20190225onion


| | コメント (0)

2019年2月24日 (日)

国境線

20190224hana今日は天気が良さそうな今朝のうちの前は北西のクロスオフが弱めでワイドな胸肩とちょっとサイズアップ。放射冷却のせいか0度くらいまで気温が下がったけど昼間は暖かくなるらしい。

日美とか観てると今日は早めにマルモ家が登場してパドルイン。
風もさほど強くならなそうだしワシも漕ぐかなぁ。
風は北のサイドに振れており胸肩位のワイドダンパーで、セットが入るとアタマちかいのがミドルでダンパー気味で割れており、アウトに出るのが一苦労ですわ。でりゃ出たで海面ボヨボヨだし日曜なんで当然混雑。
おきみや方面がアウトでたまに割れてるんだけどインサイドに人が横一列と混雑。
波のほうもほぼ全部ワイドダンパーで、ボトムまで降りたら持ってかれて2度とアウトに戻れなそう。なもんででかいのに絞って乗ろうとしてもテイクオフしてそのままチキンプルアウトするしかなくて大原あたりで4〜5本やったけどちゃんと乗れそうにありません。
風も東に振れてきたしめんどくさくなっちゃってうちの前に戻り、最後に頭くらいの一本乗ってそのまま終了。ま、最後のだけちょっとスリリングでオモロかったからいいか。

20190224shiitake昼は最近ちょっと凝ってる椎茸料理(?)を。
技術の進歩のせいですかね、このごろスーパーとかで直径10センチくらいの椎茸よく見かけるじゃないですか。それも案外お手頃価格で。
で、こいつの石突きとって塩コショウしてからチョロッとオリーブオイルをたらしてそのままオーブンで10分ほど。これがシンプルに旨いのよね。
塩コショウにニンニク混ぜればアヒージョっぽくなるし、醤油にゴマ油なら中華風、今日は溶けるチーズを乗っけてみたりして。軽い昼のスナックに満足感高いっす。

20190224borderline今日はこの一本。
去年続編がけっこうヒットしたみたいなんだけど、1作目観てなかったんで借りてみた。
イヤこれ結構面白かったっす。
メキシコの麻薬カルテルとCIAの戦いが舞台のクライムアクション。主役はFBIから派遣されたSWATの女性隊長なんだけどホントの主役はCIA側の謎のおっさんエージェントで、こいつがスゲーカッチョいいのよ。
もういい歳で腹も出た感じなんだけど、これがホントに非情な殺し屋(家族を麻薬カルテルに殺された復讐が動機なんだけど)でハードボイルドとはこういうヤツなのよねって感じで、甘さゼロなのがシビレちゃいましたよ。
続編はまたちょっと味付け違うらしいけど、おっさんは出てくるみたいなんでたのしみぃ。

| | コメント (0)

2019年2月23日 (土)

火鍋の素

20190223hana
土曜のうちの前は北北西サイドオフでボヨついたインサイドのモモ腰。

今週はほんじょさんもいなくて晩飯はマルモ家で2週連続の火鍋。
先週うちでやった火鍋の「素」が結構旨くて同じの買ってきたんだと。本日は豚しゃぶの肉でこれもまたウマス!
20190223mari

って、店のことちょっとググってみたら買ったお店のオリジナルだったのね。
どこのショッピングセンターにも入ってる印象だけど、いまやコーヒー屋から食品専門店になっていて、しかも400店舗!?こないだ久しぶりに入ったらドンキ的な宝探し感覚でオモロかったなぁ。
千葉県にも25店舗あるみたいだけど、うちから一番近いのが木更津かぁ。
ほんとにねぇ、スタバも木更津以南にはないしちょっと洒落たもの買おうとすると大変なんだよなぁ>南房。

| | コメント (0)

2019年2月22日 (金)

元アイドル書評本

20190222hana金曜朝のうちの前は北のサイドでモモ腰といまのところ上げてインサイドだけだけど干いてもあまり期待はできず。

朝飯食って腹こなれて、さっきまで薄日も射してたんで走り出して海岸まで出たらポツリポツリ。
雲は薄いと判断して走り続けたらバラバラ降り出して、雨雲と並走してたらしく片道濡れそぼり。
どうもこの冬は何やっても間が悪いっす。まぁジタバタしても仕方がないからマイペースでいくしかないのだがね。

20190222umetsubaki午後からは薄日も射して気温も高め、ってかもう真冬の寒さはなくて春がひたひた。
朝のテレビで椿の生け方やってたんで再度チャレンジするも一輪挿しではなんかバランスが良くならないんで梅の花もぶち込んで春の雰囲気を出してみたりする。御隠居趣味が高じて参りましたなぁ。

20190222kyon2中学生あたりの1〜2年差ってのはかなり大きいよね。例えば「アイドル」的な話で言えば、ヤクシマルさんとかハラダトモヨさんとかってちょっと下だと神扱いみたいだけど、ワシらの世代(学年)だと「子供」すぎて好きとか言おうモンなら変態扱いされてたっす。
で、この本の筆者についてもアイドル時代の彼女はワシにとっては同様の存在だったのだが、時を経るにつれて存在感が際立ってきたというか独特の感性があるんでしょう、書評を新聞で連載し一冊に著すような「タレント」になっており、ちょっと興味もあって借りてみた。
のだがいいとか悪いとかじゃなくて、まったく興味というか趣味が違うというか、100冊近く取りあげられてる本の中で読んだことあるの一冊だけ。ならまだしも書評を読んでも読みたいと感じた本がほとんどございませんでした。
いや、ホントにいいとか悪いとかじゃないんだよなぁ...。

| | コメント (0)

2019年2月21日 (木)

桃缶

20190221hanaドンヨリした今朝のうちの前は北西から南西と風が巻いてるようでモモ腰のスモール。
その後風は北で強めに安定して昨日とはうってかわって肌寒い。

北風も徐々に強まってきて走り始めた頃には砂も飛ぶほどで静江岩場で引き返してしまいました。
うちに戻ってシャワー浴びてから、どうやらこっちに来てる気配のアオタさんに電話してみるとちょうどワシが走ってる間に訪ねてきてくれたらしく、昼飯食ってるっつーカムカムに。
例によっているのは近所のジー様ばっかしなのだが、傍から見ればワシらも一緒に見えるであろう。
ということで久々のご隠居トークの内容は、親の面倒みる話。どこのうちも大なり小なりあたまを痛馬手いるようでございまして、アオタさんも南房でのひとときの休息を終えて帰ってゆかれました。

20190221momokan去年筆者が亡くなったあとのコメントではマンガはもちろん数々のエッセイも高く評価されていたのは記憶に新しく、当然図書館の棚から彼女のエッセイが軒並み消えていたのだが、どうやら一段落したらしいので代表作を借りてみた。人気作家だけあってかなり疲れた装丁ですな。
当時ベストセラーだったのは記憶してるのだけど、あまのじゃくの常で手に取ることはなかったのよね。
読んでみると、まぁ面白エッセイというかネタ本というか。ただビックリしたのは「ちびまるこちゃん」のホンワカイメージではなく、かなりの毒がちりばめられていることで、テイストとしては去年読んだ遺作マンガに近いのではと。なるほどこれが彼女の味だったんですねぇ。

| | コメント (0)

2019年2月20日 (水)

春到来?

20190220hana昨夜低気圧が通過してけっこうな雨が降った今朝のうちの前は西のオフが弱めで通過した低気圧からのウネリでアタマ〜アタマオーバーとクローズアウト。
スモールかクローズアウトってのやめてもらえませんかね。

しかして暖気が一気に北上したようで日中はポカポカ陽気となり、一昨日初鳴きしたウグイスも一気に絶好調。
昼飯がわりのリンゴをテラスで食ってたら気持ちよくなっちゃって、思わずハンモックを吊ってしまいました。
北風吹いてきて1時間くらいで撤退したけど、今年の春の訪れは確実に早まってるようで。
20190220hammock

| | コメント (0)

2019年2月19日 (火)

ガロテイスト

20190219hana今朝のうちの前は北西のクロスオフが弱くて膝モモとスモール。
なんか天気もパッとしなくて日が射さないもんだから日中もストーブ焚いちゃいました。

20190219denwaラジオでオサレな方達が「ヌーベルバーグ」だとか褒めてるってなことで推薦されててポチったマンガ。
年明けくらいに届いたのだがなかなか読み進まず。ってのはですね、絵が汚いというかはっきり言ってヘタなのよ。タッチがいわゆる「ガロ」調でござんしてね、今この時代にこの絵かぁ?って感じで。
ストーリーもなんだか思わせぶりなオチもないようだし。
最近のマンガ読みには物珍しいのかもしれないけど、ラジオで紹介されたマンガって当たり外れありますなぁ。

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

花の町

20190218hana月曜朝イチ快晴のうちの前は北西のクロスオフでモモ腰のインサイドダンパー。スモールじゃ。
日中は暖かくてジョギングもウィンドブレーカーなしだし、ホーホケキョが初鳴きしたりしてもう春の気配濃厚ですわね。

20190218mamiyaこないだ直売所で買ったもの袋に入れてたら目の前にこんな本が何冊か並べられておりまして、聞いたら無料で持ってっていいですよ、と。
新品なんだけどちょっと時間の経過が感じられる装丁で、奥付見たら30年以上前に和田小学校の先生をしていた人が(自費?)出版したものらしい。
南房といえば「花卉」が名産で、ちょうど今月あたりは花摘みの観光バスがたくさん来るんだけど、その元を築いたのがこの間宮さんらしい。
明治の人で、当時漁業と農業しか産業がなくて(今もだけどね)貧しかったこの辺に周りの無理解の中、生花の栽培を苦労して広めた様子が当時の手紙や聞き取りで丹念に書き取った労作であります。
その苦労話もなんだけど当時この辺が寒村だった様子とか、この本が出た当時既に過疎に悩まされていたこととかが興味深かったですわ。

なんて感慨に浸りつつ、裏の梅の枝折って活けてみた。
ちゃんとした花瓶がないんで苦労したのだけど、飾ってみるほのかないい香りだわぁ。水仙の香りは飯の邪魔するけど梅はいいね。なんでもっと前からやらんかったんでしょ。
一輪挿しのひとつでもあってもいいかもだ。
20190218ume

| | コメント (2)

2019年2月17日 (日)

極妻インタビュー

20190217hana
日曜朝のうちの前は北西のクロスオフがやや強めでダンパー気味な腹胸。
昨夜は3人で赤2本空けたのだが、そのせいか二日酔い気味でどうにも身体がダルい。
昼飯は昨夜の残りを波乗り上がりのほんじょさんちに持ち込んで火鍋麺にしてシェアしてもらう。とても一人じゃ食い切れなかったんで、おつきあいいただきありがとうございましたぁ。

20190217shimaてなことで三島本と並行して読んでたこの本を読了。
こないだも一冊読んだばっかだし年末にも一冊と続けざま。
年末に読んだのもそうだけど、精力的に昭和の俳優をインタビューしている筆者が初めて女優の声を拾ってしかも一冊にまとめたと。どうやら女優のインタビューは避けてたらしいのだが、五社監督の話を書くにあたってどうしても会わないわけには行かなくなって、そのまま魅力に引きずりこまれたらしい。
確かに昭和の大女優だし、ワシにとっても「ザ・女優」のイメージ。この人の役作りは撮影前後は普段の生活から役になりきるタイプらしくその辺の凄まじさや、今までにメガホンとった監督達のお話が次から次へ戦後の邦画史が語られております。
取り立てて邦画好きというわけでもないワシがこの筆者に惹かれるのは、映画人の生き様みたいなのを生き生きと引き出してる映画愛が感じられるからなんだろうなぁ。

| | コメント (1)

2019年2月16日 (土)

梅満開

20190216hana週末のうちの前は今日も北西のクロスオフが弱めでモモ腰のインサイドダンパー。
土曜のわりには朝から人多め。

今日は晴れ間も覗いてきたんで、昨日のリベンジにショップ前まで走ってみる。
ショップ前は相変わらずのコンディションで人っ子一人おらず、そのぶんたまに切れたのが入ってる静江岩場は混雑気味。やっぱボトムが岩だから安定してるのよね。
うちに戻ってシャワー浴びようとしたらちょうどマルモ家がやってきて入ったけど、後半は風も入ってイマイチだったみたい。

一方、季節は進んでいるようで裏の梅は満開でございまして、下草刈ってストーブの灰を撒いたり。
20190216ume
今年も気がつくと梅の実を採る季節になっちゃうんだよね。

晩飯は拙宅で冷凍していたラムで火鍋。スープの素はこないだ白馬の帰りにアウトレットで仕入れておいたのだった。
4人で1キロくらいイケルでしょ、と思ったのだがイヤもうみんな食が細くなっちゃってぜんぜん食いきれませんでしたw。
20190216hinabe

| | コメント (3)

2019年2月15日 (金)

印パ沈黙の艦隊

20190215hana今朝もドンヨリとした雲り空のうちの前は北西クロスオフで腰腹。
軽く走るべぇと家を出てしばらくすると細かい雨がパラついちゃったりして、途中で引き返しちゃいましたよ。

20190215submalineということでボリウッドの潜水艦映画。
潜水艦を題材にした映画って、密閉された狭い艦内での人間模様が中心で佳作が多いとされますが、これもなかなか見応えアリ。
主役は前に観た大作でムキムキの悪役やってたおにいさんがグッと締まって登場。
1970年くらいにあったインドパキスタン戦争の開戦前夜が舞台で、両国の潜水艦が対決するわけだけど、インド側の(すぐ切れて暴発しがちな)船長とその抑え役として乗船した主人公との葛藤とかが前半の見所。
後半の戦闘シーンはCGで、途端にまぁご都合主義が目に付くし突っ込みどころも多いのだけど娯楽映画ですしねぇ。
なおボリウッドといえば唐突な歌と踊りなわけですが、なんとこの映画一曲しか歌が出てこないのよね。
まぁ気楽に観られて面白かったっす。

| | コメント (0)

2019年2月14日 (木)

三島の恋

20190214hana帰ってきたら今朝のうちの前は北西のクロスオフが強くてインサイドのみの腰腹。
予報通り一日気温が上がらず、もちろん相対的な温度としてはこっちのほうが高いんだろうけど体感的には白馬より南房のほうが寒いんじゃね?というような背中がスースーする感じ。
日が射せば昼間は消しても大丈夫なのだが、結局一日中ストーブ焚いちゃいましたよ。

20190214bungakuということで山道具の片付けとかしつつ今日はほぼ引き籠もり。
ちょっと思いついて例の小学館少年少女世界の名作文学全集をググってみた。ワシが一巻いっかん読んでは実家に全巻買いそろえたのはワシがトーキョーに出たあと親戚やら近所にくれてやって一冊も残ってないのよね。ほしたらあらあら全巻揃ったのがオークションに出てるじゃないですか。
う〜む、50巻で15000円かぁ。一冊300円。安いような気もするけど、たぶん絶対読み返さないよなぁ。それよりナニよりどこに置くんだよ。
ということで却下。

20190214hitamenで、白馬で読了したのがこの本。
ワシが聴いてるラジオ番組の準レギュラーとして筆者が出演していて、この本についてネタにしてたのを覚えてたのを図書館でめっっけて借りたのよね。
三島由紀夫の筆が一番乗っていた3年間の恋の物語を、その実のお相手である赤坂の料亭の娘と、両方の友人であった女性の思い出語りをまとめたノンフィクション。

タイトルはお能で面をつけずに演じることだそうで、男色家めいたイメージで売り出してその後もちょっと傾いたパブリックイメージを持っていた三島が、実はこんな素顔でしたということからなのかな。
もちろん当時は公にはされてなくて本人達も固く口を閉ざしてたのが、関係者も物故したんで筆者に打ち明け話をしたということのようで。
戦後の花柳界やら梨園の話なんぞも料亭の娘ならではのリアルな語り口で面白うござんした。

実はワシにとっての三島って切腹とかしたヤバイヤツであり、三島の作品は「少年少女〜」にも掲載されておりませんでしたし、まともに作品読んだ覚えがございませんのよね(「金閣寺」途中で投げ出したかも)。
それでも結構面白かったんだから三島ファンなら読んどいて損ないでしょうな。

| | コメント (0)

2019年2月13日 (水)

今日もガスガス

20190213iwatake出発前の予報じゃ昨夜けっこう降雪があるはず...だったのだがほぼ降雪ナシ。
あーわかりましたよ、こんなもんでしょ。

今日はウダさんリーダーでISE3達は山に入るようなのだがワシはパス。
ってかワシは以下の条件でしか山に入らないことを宣言したのであるっ!
一.晴天であること
一.リフトアクセスであること
一. オープンバーンであること
うーむ、我ながら実に清々しいな。
ということで今日も昨日と同じゲレンデで朝イチサクっと滑ることに。

ところが今日も上部はガッスガス。
昨日は左に逸れてしまったので気をつけなくちゃな、と一本目は無事ゴンドラベースに滑り込んだものの、2本目は更にガスが濃くなり今度は気がつけば右に逸れてサウスゲレンデに滑り込んでしまいました。とほほ。
それでも下部のピステン、裏の大外に残ってた極上ピステンでクルージング楽しめたんでまぁよろしかったかもね。
今日から明日にかけて降雪あるかもってことだけど、充分滑ったから撤退!

| | コメント (0)

2019年2月12日 (火)

オサレカフェ&ビヤバーから沖縄料理屋へ

20190212iwatakeということで冬型の気圧配置が強まってガッツリ降雪が...あるはずだった白馬ですけど結局ベースで5センチも積雪なし。
まー、こんなもんだろ、どーせ今年はダメですよ。シーズンとしてもぜんぜんダメなとこにもってきて、ワシのタイミングっつーの判断も含めてダメ。しかしふて腐れて来なくなっちゃうのが一番ダメなんで、来るんだよ、ワシは。

なんて気落ちしてもしょうがないんでISE3と待ち合わせたI岳の朝イチゴンドラに一応並んでみたりする。
いーんですよ今日は圧雪斜面にウッスラとのったバーンもいいじゃないですか、ねぇ。2番目ゴンドラでピスサラめがけて出撃じゃー。

ところがゴンドラが上がるにつれてガスが濃くなり、山頂はほぼホワイトアウト。
こりゃ慎重にゆっくり滑るべぇと滑り出したものの、あっという間にISE3見失うわバランス感覚失うわでパタリと膝をついてしまいまして、ここはどこ状態に。
滑り出しても自分が進んでるんだか止まってるんだか、やっと新しめのスキーのトレース(たぶんパトロール?)見つけて追っかけたはいいけど、真っ直ぐゴンドラベースに降りるつもりだったのが気がつけば日影リフト乗り場に迷い込んでしまいました。だはは。久々にザワザワしちゃいましたよ。
ケータイでISE3と山頂で待ち合わせて、2本目からはなんとかガスも薄くなりなんとかやっと滑れるようになりまして、ピスサラもとめてゲレンデクルージング楽しめたかもw。

20190212citycafe
途中からウダさんレディースチームと合流して、このグリーンシーズンに山頂にオープンしたっつーオサレなカフェにゴー。
お客はほとんどガイジンでニセコもかくやというような外国旅行感でここんちございました。ま、眺望はガスでまったく見えませんでしたけどね〜。

20190212beer夜はこれまた白馬の外国化を象徴するようなビヤバーからスタート。
前からあるホテルの一階改装したみたいなんだけど、クラフトビールっての?やたらいろんなビールが提供されてるのだが、ここもまたワシら以外は全員ガイジン。
ここからはウダさんも合流して、もう四〜五年ぶりに顔あわせたトモちゃんの近況なんかも伺いつつ、晩飯はここもワシが初めての沖縄料理屋へ。
なかなかディープな感じで泡盛なぞも傾けつつ白馬の夜は更けてまいります。
20190212okinawa

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

元祖ダメな世代はワシらです

20190211hana
連休最終日のうちの前は西のオフで腰腹のインサイドブレイクのみ。
でもって今日は急遽山に出撃。
昨日予想天気図観てたらなんか急に冬型の気圧配置が強まりそうな気配。イマイチ当てにはならないんだけど、先週雨でやられたトラウマを打ち消すべく積極的に動いたるか、と。
支度整えて、天気予報じゃ雪とかで長狭トンネル抜けると雪がちらついてたけど路面は問題なしで休日の空いた道路をスイスイと白馬に向けてゴーですわ。

20190211damegenerationま、今日は単なる移動日と言うことで先日読了した一冊をネタに。
「負け犬〜」でブレイクした筆者の最新作がたまたま目に付いたんで。
高校生の頃から「オリーブ」とかに文章書いててワシらの世代にとっては一回り下の妹的な印象なのだが、いわゆる「バブル世代」でもありタイトル通り彼らがいかにダメか、ということを検証するような内容。
確かにバブル世代って苦労知らずで大量に就職して、今や企業のお荷物てきな印象ですもんね。

しかしね、ワシに言わせれば、というかこの5〜6年くらいヒシヒシと感じているのは、本当にダメなのは「シラケ世代」などとも呼ばれた昭和30年前半生まれくらいのワシら年代だと思うのよね。
気がつけばテレビがあって、「レジャー化」した大学で過ごしてやれスキーだ波乗りだと浮かれまくって。就職もたいした苦労しないでバブル期も満喫。「失われた20年」でもそんなに苦しんだ記憶ないしな(人にもよると思うけど)。
でもっていよいよ経営層になったこの10年くらいをみなさいよ。一連の企業の不祥事、官僚の劣化、ぜんぶワシらの世代がテキトーにやってきた挙げ句の果てだと思うのよね。
ということで、今の日本をダメにしたのはワシらであるのでキミタチは責任感じる必要なし。

さぁ、なんとか年金食い逃げするぞっ。

| | コメント (0)

2019年2月10日 (日)

ビーフシチューに山芋めんたいチーズ

20190210hana
3連休中日のうちの前は北西のクロスオフが強くて胸肩〜アタマとサイズアップしたものの風に煽られてねじくれたダンパー気味の波。

20190210ibaichanこりゃ修行系でしょう、おまけにやたら風冷たいしとパスしていたらイバイちゃんが登場してうちの前にパドルイン。
どれどれどんなもんじゃいとワシはジョギングしながらチェックしたのだが、北北西に振れて砂が飛んできちゃって静江先輩んち前で引き返すほど。
ワシが戻ってしばらくするとやはり強風と寒さでやられたイバイちゃんが上がってきたんで、熱いものでもめしませなと椎茸茶なぞを。
しかも今日は仕事だとかで速攻で帰るようで、ご苦労様でございます。

今夜も夕飯はほんじょ山荘で。
メインはこのコンディションで波乗り諦めたほんじょさんが昼から煮込んだビーフシチュー。ワシはこないだ白馬の居酒屋で美味しかった山芋のめんたいチーズ焼きを持ち寄りまして、今日も身体が温かいっす。
20190210dinner

| | コメント (2)

2019年2月 9日 (土)

坦々鍋

20190209hana
土曜朝のうちの前は北西のクロスオフで腰腹のワイドなインサイドブレイク。
ご覧の通りの寒空でございまして今日はちょっと走る気になれなかったりして一日引き籠もり。

晩飯はほんじょ山荘で当然のように鍋。
今夜は坦々鍋で身体はホカホカございます。この週末はけっこう寒そうだのぉ。
20190209tantannabe

| | コメント (0)

2019年2月 8日 (金)

元祖テツ旅メイキング

20190208hana昨日の南西から北に振れて気温が急激に下がった今朝のうちの前は北西のクロスオフがやや強で膝モモ。割れん...。

強めの北の中今月2回目のジョギングしてから、こないだチェーンソーで切っておいたピンコロを2時間がかりで薪に。ちょうどだい2薪置き場がいっぱいになったんで今シーズンは大丈夫じゃろ。
しかし風が冷たすぎて危うく風邪ひきそうになっちゃいましたよ。
明日は更に寒気が降りてきて関東も雪になるとか。まぁこの辺は大丈夫だろうとは思うのだが。

20190208ahotrainんで白馬で読み終わったのがコレ。
元祖テツである百閒先生の名作旅小説「阿呆列車」に「ヒマラヤ山脈君」としてレギュラー登場者である筆者が著した百閒先生の思い出話。
百閒作品の引用との行き来をしながら、今風に言えば「メイキング」的な裏話が楽しいです。
本編のとぼけた文章だとどこまでホントなのかな、と首をかしげてたようなところも第三者のかたりでクッキリしてくるのよね。
クロサワ監督の晩年作品「まあだだよ」のモデルであることは有名だけど、その辺のくだりやいかに先生が敬愛されてたか、いかに偏屈だったかとか、百閒先生のファンには必読書でしたのね。

この本、たまたま羽田の本屋で買ったのだけど密林まわりでポチってるだけじゃ絶対見つけられなかったと思われ、やっぱ本屋は必要だよなぁ、と。

| | コメント (0)

2019年2月 7日 (木)

50年ぶりの長足叔父様

20190207hana今朝のうちの前は西のオフが弱めでモモ腰のインサイドのみ。
今日はポカポカ陽気という予報で、午前中は昨日までの後片付けとか買い物とか。裏に回ってみるともう梅は8分咲きで、こうなると山へのモチベーション維持するのが大変なのよね。
20190207ume

ってことで午後は南西がババ吹きとなり、引き籠もりでボケボケと読書とか。
20190207dllegんで、これは山行く前に読んだヤツ。
これってワシの子供時代の愛読書だったんですよ。
ただしワシが読んでいたのは「小学館世界の名作文学全集」で、今思えばたぶん他の作品同様子供向けに多少アレンジされてたと思われるのよね。で、こないだ急に読みたくなって岩波文庫版をポチリまして。
読み始めてビックリ、やっぱ面白いのはもちろんなんだけど思った以上にシンデレラストーリーの中の恋愛要素が大きくて、それもワシも大人になったもので主人公ではなくて「ジャービス坊ちゃん」側から読んじゃってるの。
あっという間に読み終わっちゃって、これは今でもワシの中では大切な一編であることを確認しましたわ。

考えてみると「世界の〜」で読んだ気になっちゃってる名作が多いんだよなぁ。図書館で借りて再読してみるのもいいかもね。

| | コメント (0)

2019年2月 6日 (水)

軽く滑って早めに撤退

20190206iwatake
うーむ、夕べも当然降雪はなし。
サクっと滑って帰りますかね、とISE3と一緒にI岳をチョイス。
結局、帝王もK平君とも合流してザラメのようなシャーベットのような人工雪のようなコンディションで、そこそこ楽しめたということにして2時間だけ滑ってワシは撤退。

20190206mujiチンタラ中央道の登りは渋滞もなく、うみほたるで綺麗な富士山観たり、無印良品がマネージメントするようになった鴨川みんなみの里も初めて営業時間に間に合って、まぁタイミングは良くなかったのかもしれないけどそれなりに楽しめたんでよろしかったんでわないでしょうかね。
20190206fuji

| | コメント (0)

2019年2月 5日 (火)

今年もバブちゃんパーク

20190205hakuba冬型の気圧配置になったというのにほとんど降雪はなし。
一晩中1センチも積もってないとは言わない。1センチくらいは積もっている...。
しかして気温はしっかり下がってカチコチな予感...。

さて今日はどないすべぇと検討の結果、終末オープンしたバブちゃんパークでも覗いてみるかということで八方にする。
名木山から上がってリーゼンから綺麗にピステン入って案外楽しくカーヴィング修行しつつ、北にズレながら咲花ゲレンデに向かう途中で青空も広がり初めまして、三山も綺麗に覗き初めて気持ちいい天気に。

20190205bubbparkたぶんオープンした週末は賑わったんでしょうけど、昨日の雨で整備し直したパークにはそれっぽいヤツもおらず緊張せずに遊べましたわい。

日差しも強くて既にゲレンデは今日もザラメ状。
昼過ぎにはゲレンデあがって(ってか午前券だし)宿に戻って昼寝したり読書したり。
3時過ぎには気合いで山に入ったISE3や帝王が宿に。昨日のコンディションでは山はないだろうとワシはパスしたんだけど、高度を上げた北斜面は思いの外楽しめたようでご同慶の至り。
夜はK平君も一緒にいつもの蕎麦居酒屋に。
あいかわらずガイジン率高いけど、メニューはどれも美味しくて満足度高し。
20190205zen
明日も降雪はなさそうなんでどうしますかね。

| | コメント (0)

2019年2月 4日 (月)

2月にザラメ

20190204ame
夜半には雨から雪に?いーや未明になっても雨だれの音。
結局朝までポチポチ降り続け、朝イチ出撃どころの話ではございませんで朝ドラ終わってもベースは雨。

ふて腐れつつとりあえず着替えて偵察することにする。八方尾根は雨にけぶって足元はグチャグチャで高度あげてもガスるだけだし止んできたしでI岳でやっとちょっと滑ってみるかという気になる。

20190204line
ここまで気温が高いとゲレンデ上部までザラメ状であり、探せばネットリとした端パウダーなんかも見つけられて意外と楽しく2時間ノンストップで滑ってしまいました。

20190204katahiraバーンも荒れてきたしソロソロあがっかな、とチンタラ滑ってたらトンガリボードに抜かれ、これ見よがしに当て込むじゃないですか。
ひょっとすると、とゴンドラ乗り場で声をかけるとやっぱりK平君。お休みとって昨日から入ってるって顔本だかで知ってはいたのだがこの天気とはお互いご愁傷様です。
ゴンドラ1本当て込みセッションやってから、まぁこんあもンでしょうと蕎麦屋にゴー。
ワシは初めての白馬じゃ老舗の蕎麦屋さんで、クルミダレと辛味大根ダレがグッドでございました。

さて気圧配置は冬型に変わった模様で雪もちらつき始めたけど明日はどうなるんでしょうか。

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日)

山岳写真家記念館@安曇野

20190203hana日曜朝のうちの前は北西のクロスオフが弱めで膝モモと昨日と似たようなお天気。

でも今日は山に出撃するのよね。
ヤギューせんせいがインドに研修に行く2月はクラスがないから今年もお山重視。
予想気圧配置では月曜日に低気圧が通過して火曜は冬型ということなんで、道路の空いてる日曜を移動日にして楽しもうって魂胆。
で予定してたのだが天気予報だと低気圧に向かって暖気が入るらしく、関東は18度とか春一番が吹くかもとか言ってるし、白馬も雨マーク。
ま、冬型になれば雪に変わるでしょと見切り出撃。

今日は滑る気もないし、ノタノタ運転するのは気楽でよろしいですな。もう夜中に時間気にして高速走るなんてもうできませんわ。
中央降りたところで、そういやこないだ日美でやってた安曇野の山岳写真家の記念館この辺にあったのを思い出して寄り道したり。
20190203tabuchi
有志が設立したこぢんまりとした美術館だけど、戦前の登山家として山岳写真家の草分けとして、当時彼が愛用した登山ギアの展示もあったり、山岳蝶の研究家として描いた細密画とか、世に出るきっかけとなった自分で編集した山のアルバムとか、いまでいう彼独自のスタイルがギュギュッとつまった素晴らしいばしょでした。
毎回白馬に行くルートからほんのちょっとの場所にこんなところがあったとはねぇ。さすが「アートライン」というだけありますな。

20190203gomacafe馬に着くと中途半端な時間だったけど、ロクに動いてないし晩飯兼用でゴマちゃんカフェで肉定食いただいて明日に備えるんだぜ、って途中チラついてた雪が雨にかわっちゃって夜中になっても雪に変わる様子がないんですけどぉ。

| | コメント (0)

2019年2月 2日 (土)

カニ鍋っ!

20190202hana
爆風止んだ今朝のうちの前は西オフでワイドな腹胸。

どうやら今日は風が上がらなそうなんでうちの前から漕ぐことにする。
ほぼ無風に近くて見回すと久々に中学方面が割れている様子。
中学下はショートがけっこう入ってるんで高校側にズレてミドルで腰腹〜胸を4〜5本。ちょっとワイドめだけど乗れただけでも有難いっす。
しばらくすると南っけに振れてきたんでアサオさんち前往復。戻ってきたら割れなくなっっちゃってたんで終了。
今日は日差しが暖かくてオンボロ3ミリスキンにブーツでオッケーでよろしかったんでわないでしょうか。

午後になるとイバイちゃんとほんじょさんがやってきてうちの前にパドルイン。ちょっと風も入ってイマイチだった様子ですけどね。
20190202honjo

今週はブイチ家もやってきており夜はブイチ山荘でワシが正月用に買っておいたズワイガニをメインの鍋の持ち寄り飯。ブイチさんちの庭に顔出し始めたフキノトウの天麩羅やらで美味しくいただきました〜。
20190202dinner

| | コメント (0)

2019年2月 1日 (金)

ジュラ紀世界5作目

20190201hana明けてもう2月。昨日の雨を降らせた低気圧が抜けて西高東低が決まったうちの前は北西のクロスオフが極強でサイズアップの肩アタマ。セットが入るとドワッカ〜ンと炸裂してほとんどクローズですわね。
日中は西北西の爆風で走り始めたものの真向かいからの砂飛びまくりで途中でコース変えてしまいましたがな。

20190201jurassic6んで夕べ観たヤツ。
第二シリーズ「ワールド」の続編、シリーズ通算5作目だそうでまぁこの辺はカネかけまくりのプロダクツとして安定しておりますからな。
全編CGじゃないとこないんじゃねぇのって感じですが、遺伝子操作とかクローンだとか種の保存だとかの問題を絡めてそれなりに問題提起なぞもあり、エンディングも「続く」感満載。
それにしても一作目の衝撃が懐かしいですなぁ。

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »