« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月31日 (木)

ストップモーション養護院

朝から雨。
日が暮れるまで断続に降り続けたお湿りはかなり久しぶりでひょっとすると一月以上降ってなかったかのしれない、のだが家の中の湿度にはあんまし影響ないな。
20190131courgetteほんで月曜日に観たおフランスのアニメ。
いわゆるストップモーションアニメで、題材は親がいないないしは親が育てられない子供を育てる養護院の子供達のお話。
アカデミー賞ノミネートで評価が非常に高いんだそうでそんなもんだか借りてみた。

育児放棄やネグレクトや移民問題や厳しい環境に置かれた子供達を、子供の視点視点から明るく描いた作品、なのだがポスターにあるとおりキャラクターの造詣がどうにも好きになれませんで気持ちが入りませんでしたわ。
上映時間が1時間ちょっとってのがちょうど良くて、これで2時間とかやられたらダメだったかも。

あ〜、もう1月終わっちゃうなぁ。

| | コメント (0)

2019年1月30日 (水)

久々に漕ぎ

20190130hana_2
水曜のうちの前は北西のクロスオフで胸肩。
わりと強烈目なインサイドダンパー。

正月からこっち、ずっと風が強めな日が続いてたのだが今日は久々に風が弱そうなんで漕ぎ。
風は北サイドでインサイドの胸肩ワイドダンパー。胸くらいだけど強烈なワイドダンパーがけっこうコンスタントに割れやがって出るのに一苦労。
ところが出てみるとミドル〜アウトは全く割れず乗る波ナシで静江岩場往復することに。
漕ぎ出してみるとサーフ橋のあたりからショートがインサイドにびっしり。もうずっとショップ前が壊滅的だから静江先輩ンち前に集まってきてるのよね。
もうぜんぜんに諦めぎみなところに奇跡的に岩場に入ってきた頭チョイテイクオフするも、インサイド鈴なりですぐプルアウトしたのが唯一の一本でございました。
しかしまぁブーツ越しに伝わる水温の低さが辛かったっす。

| | コメント (0)

2019年1月29日 (火)

ゴジラ対タコ

20190129hana火曜朝のうちの前は北西に振れたクロスオフが強く腹胸とサイズダウンしたうえに相変わらずのワイドダンパー。
ま、今日はお江戸ですからいいかな。

今日のクラスのあと、ひと月は本部で研修のヤギューせんせいのレッスンは呼吸をいつも以上に意識しながら上半身のねじりをというのがテーマ。
先週同様、声楽の呼吸ほうやったあとは立位のねじりに向けたオーソドックスなシークエンスの組み立てで、最終的にはパリブルッタ・アルダ・チャンドラアーサナまで。今やワシにとってはフツーなんだけどたぶん他の流派とかのせんせいだとこうはいかないのよね、とか思っちゃったりして。
立位のあとはパリヴルッタジャーヌシールシャーサナ(ねじった頭を膝につけるポーズ)久々にやったんだけど、これけっこう好きなのよね。

20190129marusei次のクラスまでわりと時間に余裕があるもんで、クラスのあとはお茶するのだが今回はワシが新千歳空港で仕入れた六花亭の新商品をお裾分け。
たしか12月には見かけなかったんでピカピカの新製品かと。
どんなもんかと空けてみるとフワフワのスポンジケーキで口当たりヨシ。でもワシ的には定番のバターサンドのほうがいいかなぁ。

帰りのお供は以前けっこう美味しかったタコ飯がなんとゴジラとコラボするという暴挙にでたようで、こりゃネタにしないとねということで。
20190129godzeravsoctpus
掛け紙の絵と陶器の入れ物が真っ黒なのが目をひくのだが、空けてみると特にゴジラを連想させるアイテムはなく、まぁフツーのタコ飯でございました。

| | コメント (0)

2019年1月28日 (月)

高齢ホステス苦労話

20190128hana週明けのうちの前は西のオフが弱めで肩〜アタマとサイズアップ、ってかセットが入るとほぼクローズになってしまいました。まったく、風が弱くてちょうどいいサイズとかにならんもんかね。

日が高くなって走り出した頃には南西に振れて兎が跳びまくる強風になり、アウトからヨレヨレのが割れる完全なクローズアウトコンディション。
どうせクローズするならショップ前の地形リセットするくらい荒れて欲しいのだが。

20190128jiterbugということで正月前から読み始めてたシリーズも5冊で完結。
スーパーの倉庫で働く40歳の女性がひょんな事からチョー高齢ホステスばかりがいるバーで働き始めたのだが...というお話。
高齢ホステスとお客のホンワカ話かと思ったら、既に亡くなっている初代のママがブラジル移民出身だったというところから終戦時ブラジルであった「勝ち組負け組」騒動の話や、今のママの終戦時の苦労話まで思わぬ重い話が展開されてるんだけど、主人公の成長話も絡んで軽いタッチで読ませてもらえました。

晩飯は直売所でフキノトウをめっけたんで、菜花といっしょに久々にパスタ。
うむ、ここにも春が。
20190128pasta

| | コメント (0)

2019年1月27日 (日)

漆黒の時間

20190127hana
今朝のうちの前は北西のクロスオフで胸肩。若干サイズアップするもワイドが目立ってしかも混雑。
今日も日が昇るにつれてどんどん風があがって来たんで、裏に積み残しておいた丸太を切る作業に入ります。
数ヶ月ぶりのチェーンソーだったんで力の使い方がイマイチ思い出せず、一山切り終わった頃には腰がいづづづ、ってなことに。
余計な力入れ過ぎちゃってんだよね、チェーンソーの自重で切ればいいものを編に力が入っちゃってんだ。
まぁでもこれ全部割れば今シーズン分の薪はなんとか間に合うでしょ。

ってなことで本日も海には入らず夕方から1本。
20190127darkesth主役のゲイリーオールドマンの特殊メイクしたポンニチ人が去年のアカデミーメイクアップ賞とったので話題になりましたな。
確かに目以外はほとんどゲイリー・オールドマンの面影ないうえに、ひょっとしたらレタッチとかもしてるかもしれないけどドアップの画面でもぜんぜんわかりませんわ。
ストーリーはナチスのヨーロッパ侵攻から、以前観たダンケルク撤退の話に至るまでのチャーチルの決断を巡るお話。
ハデな戦闘シーンとか皆無だけど当時のイギリス上流階級やロンドンの様子がなかなかリアルで引き込まれ最後までグイグイと。
ベイビードライバーのおねいちゃんが好演してたのもマルでございました。

| | コメント (0)

2019年1月26日 (土)

早春梅開花

20190126hanaひさびさのうちの前は北西のクロスオフがやや強めでワイドなインサイドのモモ腰。
日が高くなるに従って北西風はどんどん強まって、砂が飛ぶほどになり走るのも難儀。
20190126mariそんななかでも無理矢理海に入るサーフィンバカのマルモ夫妻には頭が下がりますわ。
あらら、ほんじょさんまで入るんですねw。
さすがに風が冷たかったのか、着替えもせずにウェットのままで帰っちゃいましたけど。

しかして南房には春の気配も訪れており、裏の梅はすでに開花。
20190126ume
一昨日までツルツルの路面走ってたのに日本は広いわぁ。

20190126dinnerこの冷え込みですから、晩ご飯は必然的に鍋。
マルモ家で大坂なおみの決勝観ながら白湯鍋を突いたんだけど、写真がボケちゃったなぁ。

| | コメント (0)

2019年1月25日 (金)

ストーブ2重連

20190125iwatesan今回の旅も終了。
一周忌ということでこの時期に来ることは固定されてたわけだが、やっぱりハイシーズンのニセコは厳しかったのぉ。
それにもまして厳冬期の北海道の道路事情を改めて思い知らされましたわい。
とはいえ来年もこの時期に来るわけで、ちょっとスケジュール考えよ。
帰りの便も窓際で、眼下に見える岩手山なぞを眺めつつ羽田に着陸。

20190125stove10日もうちを空けてると温暖な南房とはいえうちの中が冷え切っておりまして、薪ストーブに石油ストーブでブーストアップしてうち全体を温めなくちゃだわ〜。


| | コメント (0)

2019年1月24日 (木)

ツルツルピカピカで撤退

20190124cyroad
昨日の雪は2時間ほどで止み、今朝は青空。
天気予報だと午後から大荒れになるとか言ってるんで午前中だけサクっと滑るべかと早朝出撃、と家を出た瞬間にこれはヤバイかも、と。
昨日降ったミゾレ交じりの降雪がカチンコチンに凍ってるじゃないですか。
うちの周りだけならまだしも通りに出ても路面はガリガリ。
普段なら陸橋使うのだが下りが怖すぎるんで、踏切越えのルートにしたところ手前で一時停止使用したところブレーキかからず滑ったまま踏切通過してしまいました。

恐る恐る国道まで出たものの路面状況はそのままで、いつもは爆走しているトレーラーもノロノロで渋滞。
いつもは10分くらいで通過するところも1時間近くかかって、モチベーションがみるみる落ちてスゴスゴうちに戻ることにする。
帰りの道も怖かった〜。

| | コメント (0)

2019年1月23日 (水)

アポロの息子2

20190123empty
冬型緩んで今日は実家帰省の定番コース、シネコンで映画でもみっかと。
20190123creed2今回まぁ観てみるかと選んだのは以前観たボクシング映画の名作のスピンオフの続編。
平日の地方のシネコンなんてガラガラなのが当たり前とはいえ、結局観客席にはワシ一人だけ。
今回のはオリジナルの4作目の続編的なストーリーらしく、息子同士が仇討ち決戦するっちゅう内容でちょうどロシアがまた悪役に復活したタイミングってのもあったのかしら。
まぁ安定のストーリー運びでよろしかったんでわないでしょうかねぇ。
しかし、ちょっと小さめのスクリーンだとzzシアターの環境は遜色ないよなぁと思ったことでありました。

観終わって外に出てみると真っ白。
低気圧が苫小牧の北通過しているようでほとんどミゾレみたいな雪だけど、明日は冬型決まるみたいだから出撃するかどうか明日の朝決めようかの。
20190123snow

| | コメント (0)

2019年1月22日 (火)

40年ぶりのレースイ

20190122raysui
一周忌も納骨も一段落したことですし、冬型ですし、ちょこっと滑りに行こうかなと出撃。
しかして進路はニセコと逆方向。
室蘭本線と並行するように東から北東方向に、乾燥路面から途中は積雪の路面にはなったモノのアップダウンもすくなく、支笏湖周りみたいなツルツルにもならずホワイトアウトもせず、山地が近づくにつれて雲がかかり降雪が。
で到着したのは40年ぶりのゲレンデ。
当時は蒸気機関車しかも途中から三重連になるという、テツには夢のような列車であったことよのう。
当時としてはわりと新しくて、規模も大きめだったのだがその後バブルで規模拡大、運営していた自治体がそもそも調子こきすぎて自治体自体が財政破綻したというお粗末でしたな。

案内板も小さく、国道からのアプローチもほんとに駐車場あるのってぇいい加減さ。
バブル時に建てたんであろうゲレンデベースのロッジとゴンドラ乗り場が寒々しい。
一応サッポロから1時間チョイの距離でシャトルバスなんかも出してるみたいなんだけど、お客もまばらで欧米系のインバウンド客もおらず、人手不足かパトロールの姿もなく静かなモンですわ。
積雪は20センチくらいでトレースがうっすら残る程度、案外しっかりピステンかかっているものの端パウの食い残しは充分。うむ、やっぱしこういうのがいいのよね、とニセコで落ちかけたモチベーションもなんとか復活。
20190122mt

| | コメント (0)

2019年1月21日 (月)

一周忌からの納骨

20190121isshuuki
早いもので一周忌。
去年はけっこう積雪あったけど、今年は無積雪な苫小牧。
親戚(父の兄弟はみんな近場なのよね)だけで集まって、坊さんに来てもらってお経読んでもらって仕出しで軽く飯を食べまして。

そんで1年お骨は実家にあったんでちょうどいいタイミングということで、納骨に。
当家は墓ではなくて菩提寺にある鉄筋コンクリート建ての納骨堂に納めにいって一区切りと言うことでしょうか。

三回忌って2年目にやるんですよね。なもんで来年やったら親戚一同集まるのはしばらくないかもです。
一段落して仏壇片付けてたら、母親がお骨ロスになってたりして..。

| | コメント (0)

2019年1月20日 (日)

トムの短編集

20190120thtype本日も引き籠もり。外出ても寒いしねぇ。
で図書館から借りてきたのをもって来たこの一冊。
著者はトム・ハンクスですよ、あの映画俳優の短編集。この頃滅多に小説は読まないんだけど、ラジオで激賞されてたんで短編集ならとリクエスト。
でも有名人が書いた小説だからということじゃなくて、あの短編採りあげることでは超難関のニューヨーカーで作家デビューしたってんだから本格的。
それをきっかけに上梓したのがこのデビュー作だそうで、タイトルにある「タイプ」ってのは彼が蒐集しているタイプライター(趣味が高じてタイプライター風味のテキストアプリリリースしてますもんね。)のことのようで、各編に必ずタイプライターが絡んでくる場面が登場するのよね。

内容もSF風味の作品から台本形式のモノやら、舞台も1920年代から現代までとバラエティ豊か。
サクっと読めるんだけど、ニヤっとさせられたりなかなか洒脱な筆致でございまして、ホント才能豊かな人ですわねぇ、と感心することしきり。

| | コメント (0)

2019年1月19日 (土)

時代劇評論家のルサンチマン

20190119doronumascreen土日じゃ滑る気にもならず、今日明日は実家で引き籠もり。
ということでこの一冊。
ホントこの人好きだよね>ワシ。
ずいぶん前から週刊文春に連載しているコラムをまとめたモノだそうで、時代劇に限らず筆者が今までに接してきた邦画について語った短いエッセイなのだが、これが今までの第3者として客観的に役者や作品を評している文章とはまったく逆で一人称の、ほぼ私小説と行っても良さそうな内容。
とにかく行間から筆者のモテない、イケてない、青春時代のルサンチマンが溢れでており、暗黒の男子校時代はもちろん、現在進行形でモテてないことへの怨嗟がそこここに。
巻末付録の、ライムスター宇多丸とのこじれまくった男子校出身者対談も笑えて面白うございました。

| | コメント (0)

2019年1月18日 (金)

今日も下だけ

20190118snow
夕べのニュースでは災害級の荒れ模様になるみたいな騒ぎ。たしかに夜中はかなりの強風だったんでどんなもんじゃいとクルマの除雪に降りてみると、むむ?風で飛ばされたのかもしれないけど20センチくらいじゃないすかねぇ。
まぁ山はもうちょっと積もってるだろうし、リセットはしてるんでしょ。

風はあいかわらず強そうなんで今日も上は動かない可能性あるし、ということで今日は花園を下から狙うことにする。
20190118hanazono
営業開始前にと早めに出てはみたモノの到着してみると既に乗り場には行列が。まぁこんなモンでしょうね、ヒラフだったら200人とか並んでるんでしょ。
案の定、花2から上は動かず花1のグルグル回しで滑り始めるも、一本目からストロベリーに突っ込むガイジン軍団。クワッドに相乗りするのも全てガイジンで、連中の鼻の穴おっぴろげた会話聞いてるうちにモチベーションがどんどん落ちてしまいますわ。

20190118kamonanban来る前は、調子よければもう一泊しようかななんて考えてたのだがすっかりやる気がなくなって、いつもの蕎麦屋で鴨南蛮食べて撤退。
帰りの道はホワイトアウトみたいなことにはならなかったけど、ツルツル路面はそのままで何台追い抜かれたか、ノロノロ安全運転で無事実家に到着〜。

| | コメント (0)

2019年1月17日 (木)

冬型決まってGババの思いひで

今回の日程にあわせるかのように冬型の気圧配置が強まる模様。
年明け手から滑ってないこともあり、元々前半滑るつもりではいたのだが、むふふと更に期待が膨らみニセコに向けて出撃予定。
しかして直前から期待以上に低気圧が発達して、天気予報ではかなりの荒れ模様になると注意を喚起。
ここのところ実家のそばは降雪がなかったらしく乾燥路面だったのが、支笏湖近くになって徐々に両脇の積雪も増えて支笏湖周りは凍結路面となり、途中の下りの直線でイキナリ滑り出してコントロール不能となり、なんとかエンジンブレーキで減速するもカーブだったら危なかったかも。
その後はチキンなノロノロ運転を決め込み、美笛峠からは風も強まり喜茂別あたりではホワイトアウトになる場面もあり、ニセコに着く頃には肩がガチガチにこってしまいました。

まぁあしならしに滑ってみるべぇとヒラフのベースを覗いたもんの、ベースは外人客でワイワイしておりすっかりゲンナリ。
多少はマシであろうアンヌプリに移動してみれば、なんと強風のためゴンドラは運休。
なんとか動いているクワッドもチョーノロノロの減速運転で、滑り出しても強風で前に進みませんわ。
ってなことでぜんぜん楽しくなくてわずか1時間、しかも4本滑っただけで本日は撤退。風も強くて写真撮るのも忘れてしまいました。

20190117giantつうことで早めに宿にチェックインして、羽田で仕入れたこの文庫本なぞを読む。
最近ありがちな「〜年の」形式の昭和ネタ懐古のヤツですが、知ってるようでちゃんと知らなかったGババのアメリカ修業時代の話や、当時のアメリカのプロレス興行戦国時代にいかにGババが参戦していったのかってなところが興味深こうございました。
帰国後、Gババが全日を牛耳っていくところや日テレとの関係、そしてAイノキとの確執のあたりは筆者がイノキ寄りの立場であるらしく、冷静かつ批判的ではあるのですけれど。
そうだよなぁ、ババの印象ってお笑いネタにされてた後期のスローモーションなファイトに支配されがちだけど、ワシがガキだったころってしっかり身体もできてて強そうだったのよね。
そんなに熱心なプロレスファンではなかったけど、自分が育った時代のアイコンについて考えさせられましたわ。

| | コメント (0)

2019年1月16日 (水)

窓側

20190116hana今朝のうちの前は西のオフで胸肩のワイドダンパーとあいかわらず。

今日から実家に帰るのだ。
早いモノで父の一周忌ということでございまして、ってかもちろん山にも行く予定。
富楽里で高速バスに乗り換えて前回とまったく一緒のLCC便で予約が取れるなら窓際の席をとる。
前は子供っぽいから窓際とかより通ぶって通路側を選んだりしたのだが、国内便なら途中でトイレに行きたくなることもないし窓から外観たりするの楽しいのよね。
今回も羽田の離陸からあっという間に過ぎてゆく東京ベイの景色を堪能。いつも高速バスで通り過ぎるレインボーブリッジが綺麗に見えましたわぁ。
20190116tokyobay
関東以降は雲に隠れてしまったけどせっかくの空の旅、楽しまなくちゃもったいないと思う今日この頃。

| | コメント (0)

2019年1月15日 (火)

プラナヤーマと声楽トレーニング

20190115hana
火曜のうちの前は北西のクロスオフが弱めでワイドな腹胸。
今日はお江戸でございます。

今日のヤギューせんせいのクラスは、いつものルーティンと違って最初にやるインボケーションの前に呼吸法を、しかもプラナヤーマというヨガの呼吸法ではなくてせんせいが個人的に習っている声楽の呼吸法をやってみましょうと。
せんせいったらヨガをやる前にテレビのレポーターの仕事とかもやっていたとかで、その関係から声楽をヨガと同じくらい習っているんだそうで、横隔膜を使ってしっかり腹の底から声を出すメソッドをやったりして。とうぜんヨガ呼吸法のプラナヤーマと声楽の発声法は親戚みたいなもんですからね。

ちなみにアイアンガーヨガでは初心者のうちはプラナヤーマを教えることはしなくて、ある程度アーサナがしっかりできるようになって「土台ができてから」ということのようで、ワシらのクラスも最近やっとプラナヤーマをやるようになってるのよね。
ワシなんかヨガを始めた動機のひとつが呼吸法だし、じっさい一番ヨガの効果を実感できた体験は呼吸法なので、そんなもったいぶらずにやりましょうよぉなんて思うのだが。

そんなこんなで今日のアーサナシークエンスは若干短めとなって、テーマは冬場の寒さ対策に腹筋や背筋をやって身体を温めましょうということで、久々にシャラバーサナ(バッタのポーズ) からダヌーラーサナ(弓のポーズ) をやったりしたのであった。

20190115bento_2帰りのお供は久々に「肉」を選びまして、新潟のあがの姫牛VS越後もち豚という牛対豚の組みあわせ。
豚の三枚肉がなかなか美味しくて、割りと当たり前な牛のスキヤキ風に圧勝とワシは判定いたしましたw。

| | コメント (0)

2019年1月14日 (月)

密漁の原因は消費者にアリ

20190114hana振替休日のうちの前は北西のクロスオフで膝モモ。朝から混雑してるかも。
風が上がったり下がったりしてるんだけど、元旦から海入ってないし二日酔い冷ましにちょっと漕ぐかなと準備してるところへほんじょさんが登場して一緒にうちの前。
ところが海岸出てみるとアウトに白波入ってグチャグチャしたウネリが入ってセットは肩。
やっとの事でアウトに出たもんの北西のクロスオフが強すぎで全然前に進まず、おまけにインサイドはてんこ盛りの混雑。ということで速攻で撤退してしまいました。トホホでございます。

20190114sakanayakuzaで午後は話題のこの本を読了。
密漁がヤクザのシノギになってるというルポですね。
単にヤクザのお話ではなくて、日本の漁業の問題点がバックにあるということを各地の漁港から川下の築地まで丹念にルポして、ワシら消費者が最終的な問題の根源であることをあぶり出してくれているなかなか良き本でございました。
今に魚食べられなくなっちゃうよね。

| | コメント (0)

2019年1月13日 (日)

おっさん飲み

20190113hana3連休中日のうちの前は西のオフでちょっとサイズが上がって腹胸だけど相変わらずのインサイドブレイク。
朝から混雑で今日も入る気になれず今日も地味な休日。

夜もおっさん3人で拙宅でワシの作ったタコのマリネとか突きながらシッポリするはずが、音楽談義で妙に盛り上がっちゃったりしてほんじょさんと二人でワイン2本空けてしまいましたがな。
20190113dinner


| | コメント (0)

2019年1月12日 (土)

火鍋

20190112hana3連休のうちの前は北西のクロスオフがやや強めで腰腹のインサイドブレイク。
朝イチはもってた空も昼前にはポツリポツリと雨が降り出して地味すぎ。ま、久々のお湿りでよろしいんじゃないすかね。

なもんで気温も上がらず昼間は地味に本読んだり。
夜は年末に買っておいたラムしゃぶの肉を火鍋にして身体を温めましょうほんじょ山荘ということで。イバイちゃんとガチャ君、マルモ家と正月明け最初の持ち寄り飯ナイトでございます。
20190112dinner

| | コメント (0)

2019年1月11日 (金)

祭だ祭だ。

20190111hana金曜日のうちの前は北西のクロスオフがやや強めで腰腹のインサイドブレイク。

20190111nikerunむむむ、今日もダメか、ってか風冷たすぎだし。
ということで今日もちょっと走る。

距離短めにしようと走り出したところ、風が冷たいこともあってなんかペースがけっこう上がりまして、5キロ走り終わってみると久々に1キロ6分を切るペース。
ここんとこなかなかペースが上がらずもう歳だからしょうがあんめぇと諦めていたのだが、黒酢飲むの再開したり休肝日も受けたりしてちょっとは体調も良くなってきたんでしょうかね。
単に走りやすい気候のせいだけかもしれんけど。

20190111matsurizmで、午後は昨日から読み始めたこの一冊を読了。
以前読んだ「音頭」についての本の著者が「祭」について書いた一冊。
ありがちな民俗学的な考察とかではなく、どっちかっつーと「サブカル」的な角度から現在の日本に息づく祭をレポートした内容。なもんで、高円寺の阿波踊りも本場の阿波踊りも等価に扱っているのがワシには好ましい。
音頭本と同様、祭につきもののお囃子や謡曲、音頭を「グルーブ」として捉えてるところも面白く、今回も取り上げられている祭の動画観ながら読み進めたんでライブ感もあって楽しかったですわ。
少子化とか地方の過疎化とかで消えゆく祭もあるけれど、単に伝統文化としてじゃなく形を変えながら受け継いでくってことなんでしょうなぁ。
といいつつ南房の祭について無関心な自分がちょっともったいないな、とか。

| | コメント (0)

2019年1月10日 (木)

アマゾンのキリスト者

20190110hana今朝のうちの前は西のオフで風は良いのだが膝と相変わらずのスモール。どうにかならんかね。
こうなると海に出るよりもまずは走るほうに優先権を譲らざるを得ませんわね、と走りだしたら北に振れてSUPもやる気になれません。

20190110pidahanなもんで一冊読了。
アメリカ人の福音派宣教師が、アマゾンの先住民「ピダハン」の言語調査のために現地に長期間滞在したノンフィクション。
このピダハンというアマゾン奥地に住む種族はもう人口1000人を切っちゃっているのだが、独特の言語と精神世界をもっているらしく、数や時間を表す言語=概念を持たないとか、生死観も我々「文明人」とはまったく異なってたり、もちろん宗教はおろか言い伝えの類いももたないという。
そんな人たちの言語を調査する目的というのが聖書を翻訳して布教するため、というのだからキリスト者というのはホントにお節介だと思ってしまいますな。
ということで内容の半分くらいはピダハンの言語的特性にについての学術的記述で、その辺はまぁパスして読み進める。
ところが20年近く交流を深めていくうちに、この人達が自分が実際に見たり聞いたりしたことしか信じず、過去や未来に囚われることもなく、そして非常に幸せそうであることに気がつく。まぁいってみれば「マインドフルネス」な生き方してる種族わけなのよね。
その結果、キリスト者であった筆者が影響されて無神論者になってしまうというのがワシにとっては素晴らしい「オチ」でございました。
なかなか知的好奇心も刺激されるよか本でした。

| | コメント (0)

2019年1月 9日 (水)

ペルシャの都

20190109hana昨日の冬型が緩み始めた今朝のうちの前は北西のクロスオフが強くて膝モモとあいかわらずスモール。
昨日けっこう降雪がありそうだったんで今朝から行こうか悩んだ挙げ句やめたのだが、昼前には青空覗いてすっかり雪は止んだみたいで、ま行かないでも良かったということにする。

20190109tohakuwallそういや昨日はトーハクで等伯みたあと本館をジックリみたのだが、展示物以外にも裏の庭園やら茶室を望むバルコニーから出てみたり、展示室の間にある小部屋の壁の意匠が手が込んだタイル張りになってるのに気がついたりと、なかなかゆったりした時間を過ごせて良かったのであった。

途中でトーハクいること呟いたりしたら、ほんじょさんから隣接する黒田記念館で年3回だけ期間限定の展示やってる事教えてもらって初めて「湖畔」「舞妓」とか見れたんでこれもラッキー。さんきゅ>ほんじょさん。
たまにはこういうのもいいっすね。
20190109tohakugarden20190109kurodaseiki


20190109perseで今日も夕方映画を1本。
イラン革命前後に幼少期をイランで過ごした女性を描いた自伝アニメ。もともと原作は作者が発表したバンドデシネ(フランスのマンガ)だそうで、フランスで製作されたそうで。
現代の海外アニメの傑作と評価されてるそうなんで借りたのだが、(特に欧米で)大絶賛されてる割りにはイマイチピンと来なかったのが正直なところですわ。
ってのも主人公の家族は革命政権下でもけっこうプチブルで、共産主義者だった叔父を殺されてたりはするモノのそれなりの生活エンジョイしてるし、イスラム化されてる暮らしから脱出してウィーンに留学させてもらったのにけっこうダメダメな暮らしに浸った挙げ句、馴染めなくてイランに逃げ帰ってみたり、帰ったら帰ったでダメ男と結婚してすぐ離婚して今度はパリに逃げ出すとか、要するにワシには感情移入できなかったのよね。
イスラム教の描き方がキリスト教側からの視線で、偏見がチラ見されるのもなんかイヤだったなぁ。
ということであんましスッキリしない1本でしたっ。

| | コメント (0)

2019年1月 8日 (火)

正月松林図

20190108hana
正月明けのうちの前は北西のクロスオフで風に煽られた腰腹。けっこう気温下がってるわ。

で今日は早めにトーキョーに向けて出撃。今日はトーハクに寄ってからヨガなのね。
なんか「博物館に初もうで」と称して正月向けの展示で等伯の松林図が期間限定で公開されるらしいのよね。前にも観たことがあるんだけど、聞いた途端にムラムラと拝みたくなりまして。
正月も明けて特別展の狭間の時期でエントランスはわりと落ち着いており、まずは松林図の展示されてる国宝室へゴー。
20190108shourin
前見た時はけっこうな人だかりだったんだけど、今日は人もパラパラで寄ったり離れたりとけっこうジックリ見れて前回は気がつかなかったようなところや筆遣いやテクスチャー感とかも感じられて良かったっす。
その後は特別展のあとにサラッと通ってた本館内をジックリ鑑賞。
なんか心が洗われた気分。

あとでまた国宝室寄ったら既に混雑始まっててガッツポーズ。最後にキャノンがやってる文化活動でデジタル技術で複製した松林図の展示で、松林図にプロジェクトマッピングで絵には描かれていない鳥や雪や月なんかを照射して、心の中で補完していたイメージを視覚化してたのがなかなかよろしうございました。

年明けはじめのヤギューせんせいのクラスは、100周年に続くギータジーの逝去で気持ちを新たにした先生が更に基本アーサナのアライメントを再確認するようなシークエンス。
ヴィーラバッドラーサナI(戦士のポーズI) はじめ基本的な立位のポーズを股関節を壁を使ったりしてしっかり入れるシークエンスをジックリと。いつもやってるアーサナだけど、明日はちょっと股関節痛くなるかも。

20190108kakibento帰りのお供は釧路のかきべん
しっかり牡蛎の出汁がしみこんだご飯に、想像以上に柔らかく炊かれたプリプリの牡蛎が乗っかって満足度高こうございました。

| | コメント (0)

2019年1月 7日 (月)

BBQ竜

20190107hana正月7日のうちの前は北西のクロスオフがやや強めで膝モモと相変わらずのスモール。

朝飯食ってから走ってると北のサイドに振れるわ風は強まるわ、正月明けのチョキチョキさん達が解放されたのか妙に混雑するわで入る気ゼロとなり、午後は読書やらで今日も夕方から映画を1本。
20190107bbqdragon在日の人たちを描いた名作の脚本家の最近ヒットさせた舞台の本人の初メガホンによる映画化。ラジオで監督本人が出てて面白そうだな、と。
1970年前後の大阪伊丹空港脇の国有地不法占拠地帯でホルモン屋を営む在日家族のお話。
出てる役者は日韓混合で日本育ちの設定の人は日本人の役者が、という棲み分けでワシの好きな役者さんがでてるし、それ以上に特に父親役の韓国人役者は圧倒的な存在感でござんした。
タイトな演出だし、在日のアンビバレントな立場を表現するストーリーも締まってていい映画だと思ったんだけど、どうしても韓国の人の感情表現は大げさに感じちゃうし、少ない登場人物で表現する男女の人間関係とか、舞台でも観たかったかなと思ったことでした。

晩飯は3日前からつくりはじめたブリ大根。
いい感じに大根が炊きあがってきたんだぜ〜。
20190107buridaikon

| | コメント (0)

2019年1月 6日 (日)

DOG ISLAND

20190106hana今朝のうちの前は北のサイドがやや強めで膝モモ。
朝は走っててもそんなに気温が低い感じはなかったのだがなんせ風が冷たい。
雲も多めで気温が上がらず買い物行った以外ほぼ引き籠もりでございます。

20190106dogislandんで夕方観た映画。
今年話題になった日本が舞台のストップモーションアニメ。この監督の作品って前作の実写もんも独特な世界観っつうかなんか夢見てるみたいな話だったけど、今回も不思議な舞台設定の日本。
ガイジンの日本イメージを良くも悪くも丹念に作り込んでいて、バックにちりばめられた変な日本語とかちょっと情報量多すぎで目がチラチラしちゃうくらいでストーリーは比較的単純なのだがちょっと疲れちゃうくらい。
最後に特典映像でメイキングとかを観たんだけど、CG全盛の時代にここまでやるのかよってくらいに実写に拘ってたり、声優も豪華だったりでこれだけでも見る価値あり。
小さい画面じゃ観ちゃダメなヤツでしたね。よかよか。
ちなみにこの画像は、オートモせんせいがコラボした作品だそーな。

| | コメント (0)

2019年1月 5日 (土)

初詣

20190105hana今朝のうちの前はあさから南西のクロスオフが強くて風に叩かれ膝のスモールコンディション。水温下がりそうだし、あいかわらずウネリあがらんなぁ。

昨日から再開した朝ドラと「チコちゃん」の再放送観てから今日は初詣に出撃。
やっと昨年より立山の安房神社を氏神様と定めたのである。
この辺じゃ由緒正しい神社だけどそろそろ空いてるだろうしと到着すると、なんとか待つこともなくクルマを駐められて早速本殿にゴー。御札を納めてからこちらも20人ほど並んでるだけでスムースにお参りできました。
20190105awajinja
敷地内にあるこぢんまりとした琴平さまにも海の安全祈願をして、御札をいただいて参道に戻ってみるとあっという間にクルマの行列。ギリギリなんとか間に合ったのね。

20190105tomoe帰りにちょっと笹ぴょんち下に寄り道したけど案の定ビュービューのオンショア。
できないことなさそうだけど、そもそも道具もって来てなかったりして。

みんな早めに帰ったらしく、今日は静かに夜過ごしましょ。

| | コメント (0)

2019年1月 4日 (金)

うちの前、全員集合〜。

20190104hana今朝のうちの前は西のオフが弱なるも膝モモのショアブレイクと今日もスモール。
今日も人多めで波乗りで入る気になれないし、SUPもただ漕ぐだけになりそうだしパス。

とはいいつつもショップ前が全滅なわけで今日もうちの前に全員集合。ゴクローサンです。
20190104uracarsあがってくると、やっぱり混んでるとか愚痴が出ちゃうのだがまぁあなたたちが混雑の原因の一翼なワケでございまして...。

今夜は実家からほんじょさんが戻ってきたんで山荘で持ち寄り。
ワシは北海道で仕入れといたホタテのカルパッチョで参戦。
1月2日生まれのほんじょさんの誕生日などを祝いながら、来年はあなたが還暦ですから〜とほくそ笑むワシ。
20190104honjohbd

| | コメント (0)

2019年1月 3日 (木)

拡大ガチャ王国

20190103gyoko
20190103hana_2今朝も軽く走って通り過ぎた漁港は初漁なのか日の丸ひるがえってなんか目出度い感じ。
うちの前は西のオフで腹胸〜肩とサイズアップ、ただしセットはスーパーワイドで昨日以上に混雑しそうな感じでちょっと入る気になれず。まぁ正月休みの間はいいかな。
ということで本読んだり録画した番組見たりと正月らしいダラダラした一日、ってか正月以外もこうなんですけどね。

晩ご飯はガチャ君が夕べからカレーを仕込むと頑張っており、ガチャ王国で。
ガチャ王国はさらに勢力を拡大しており、アネックスに続き本館脇にアトリエ券作業場が建築済みで、さらに坂をちょっと下った物件も購入して貸スタジオにするんだと。
隣も売りに出たら買うつもりだとかで最後はガチャ山になること確実ですな。

20190103gachas
ガチャ君のキーマカレーは安定の美味しさで、ワシが作っていったネギのバラ肉巻きも完売で今夜もお腹パンパンでございました〜。
意外と体重増えてないのが幸いっす。

| | コメント (0)

2019年1月 2日 (水)

均圧器

20190102hana_2
二日のうちの前は西のオフで腹胸のワイドブレイク。
12月は実家帰ったり白馬行ったりで月間100キロのノルマが半分くらいしかいかなかったんで、今年は仕切り直しで初ジョギング。
どれくらいまで走れるんだろうなぁ、とか考えながらも気持ちよく走れたんでヨシ。

うちに戻ってみると見慣れないセダンが駐まっており、あそうか次男から二日にちょっと行くからってラインあったっけ。
と玄関を開けるとリビングに次男とその友達と思われる若いオトコが3人ゴロゴロと眠りこけておる。
20190102guys_2
ありゃりゃ、これじゃ箱根駅伝みれねぇよ。
起こすのもアレなんで、2階でラジコ聴きながらここ書いたりして。
あとから聞いたら夕べ鴨川で徹夜で釣りしてからうちに来たらしい。
昼過ぎに笑福に飯食いにいってサッサと帰っていきましたわ。ま、正月に親の顔見に来るだけでも殊勝だと思わなくちゃね。

今夜はここんとこご馳走が続いてたせいか特に連絡もなく大人しくなりそうな予感がしていたところに、NYに行くチカちゃん成田に送ってから戻ってきたブイチさんから連絡あり。
映画観てからおせちの残りでも突きますべぇということに。
20190102equalで、観たのがコレ。
デンゼル・ワシントン扮する几帳面そうな倉庫係のおじさんが実はとんでもないワンマンアーミーの殺人機械だったのよ、というお話(あとで調べたらこのタイトルってアメリカンスラングで「武器」って意味あるのね)。
正体隠してたのだが暴れるきっかけになった娼婦役にキックアスの女の子がでててずいぶん大きくなったのぉと関心。
それにしても相手のロシアンマフィア相手に、まぁ乱暴だこと。
正月早々殺伐とした血まみれ気分にさせていただきましたw。
でも続編も観ちゃいそうです。

| | コメント (0)

2019年1月 1日 (火)

持ち寄りおせち

190101hana新年のうちの前は西のオフで膝モモ。
喪中につき新年のご挨拶は失礼させていただきます。

今日はブイチ家でおせちを持ち寄っての新年会。
年末からみんなでおせち作って持ち寄りみたいな話はしてたのよね。
チカちゃんの筑前煮やらマリちゃんの黒豆やら、ワシはたづくり作ってみたり。
190101osechi
190101habanoriそしてメインはブイチさんが4時間がかりで作った家伝の肉巻き卵。ブイチ家に伝わる料理法を伺うとなかなか手の込んだもので、大変美味しうございました。
ここのところブイチさん「進化」してるよなぁ。
お雑煮は南房名物のはば海苔をたっぷりと入れて海の香りが馥郁としておめでたい気分も倍増。
日差しもポカポカで大変穏やかな新年始めでございますなぁ。
190101shinnen

昼過ぎにはマルモ家、ブイチさん、ガチャ君がやってきてうちの前にパドルインしたんで、天気も穏やかだしワシもうちの前からジャーフル着て初漕ぎすることに。
南のサイドオン、おきみやの脇っちょでトロい膝モモくらいのがジャワジャワ割れておりSUPの強みでけっこう乗れたかな。まぁノンビリやれてよかったんじゃないでしょうか。

夜は連夜のご馳走疲れかそれぞれ大人しく過ごした元旦でございました。

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »