« タコのペペロンチーノ | トップページ | 和食の基本 »

2018年2月13日 (火)

溶接手袋

180213hana今朝も朝から冬型で強風のうちの前は西のオフがやや強めでスネ膝とショアブレイクのみのフラット。
180213desertrose日差しは確実に伸びて春が近づいてる予感はあるのだが、こう風が強くては体感温度は上がらず。
軒下の多肉地帯に植えたデザートローズは茎を伸ばして花を咲かしてるんだけど、これからどうなるのやら。他の多肉も意外と頑張っており、暖かくなったら多肉の園が出現することを期待したいもので。
とりあえず今日も走ってみるかとオフショアで風が当たらない中学側にコースをとってみる。

日差しがあれば日中の室内は温度も上がってストーブはそのまま自然消火しており、夕方日が射さなくなってから再度点火すれば大丈夫な南房。
一日中くべっぱなしってのは天気の悪かった数日だけだったかも。

ストーブ導入時から使っていた革手袋がボロボロになってきたんで2台目のを探していたのだが、今使ってるのはGAPのセールで革手袋で1000円くらいで充分。
ただ手首までしかカバーしてないんでダウンとか着たままだと扉にさわっちゃうと穴開いちゃったりするんでもそっと長いヤツがベストだよなぁとは思っていたのだが、ネットで「薪ストーブ、手袋」みたいに探すと肘まであるようなヤツはけっこうなお値段のばかりで、輸入物なんかは諭吉クラスになっちゃって二の足を踏んでいた。
ところが今回帰省した折パワコメでめっけた「溶接用」ってのが革製、肘までカバーするやつでなんと1000円しないじゃないですかっ、っと速攻で購入。
180213stobeglove
うち帰って使ってみたけど、縫い目が内側にあるんで焦げてほつれたりしないし、こりゃサイコーかもと大満足。これで暫くアタマ悩ませないでよくなりましたよ。

180213mukokuここんとこ葬儀がらみで届いた映画も観るどころでなかったのだが、ちょっと時間ができて観たのがコレ。
剣道題材のらしいと言うことくらいしか事前の知識はなかったのだが、観始めたらこれがもう暗いのなんの。
父子の剣道を巡る相克がテーマなんだけど、四分の三以上が息子の荒れた生活描いてるだけ。
そっちに尺とられてもう一人の主役の高校生が剣道にのめり込んでゆく姿が全然描けてないし、もう全然だめでした。
高校生役やってた目が印象的な役者さんがUAの息子だってのと、主役の綾野くんのかなり追い込んで締まりきった背中が唯一の収穫かなぁ。

|

« タコのペペロンチーノ | トップページ | 和食の基本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タコのペペロンチーノ | トップページ | 和食の基本 »