« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月28日 (水)

カジキの塩麹炒め

180228hanaスッキリ晴れた今朝のうちの前は北西のクロスオフでモモ腰。まだ上げてワイドなんで干き待ちかなぁ。

昼前に再度チェックすると北東に振れて、天気もいいしあったかいし波ちいせぇし漕ぐことにする。
出てみると風はそんな強くないのだがボヨンボヨンの海面で立ってるだけで充分トレーニングになっちまうぜ。
大原〜セブン下あたりまで漕ぐとまとまったモモ腰くらいのが入ってたけどクオリティはイマイチかな。でもまぁ空いてるし乗れちゃうんで意地汚く結構な本数乗っちまいました。
さらに東っけに振れてきて胸肩くらいの2本乗れたんで納得して終了。ちょっと腰が心配なくらい遊んじまったぜ。
今日は水温も比較的高くて3ミリスキンにブーツで落ちてもぜんぜんヘーキだったけど、明日南西吹き荒れそうだからまた水温下がるんでしょうかね。
とはいえ日の傾きも春が間近に感じられるぜ。

晩飯は雑旨レシピでお気に入りのカボチャとキムチ&クリームチーズの和え物とカジキマグロの塩麹炒め。
カジキの味付け大成功。
180228dinner

| | コメント (0)

2018年2月27日 (火)

国博解説

180227hana今朝もワイドめなブレイクが続くうちの前は北西のクロスオフが弱めで腰腹。
昼前にちょっと走ってから、午後はポチッたのが届いた本を。

180227kokuhaku山愚痴画伯と建築家のフジモリ先生コンビの2冊目。
1冊目がなかなか楽しくて、この本が出たのは知ってたのだがちょっと手に入れるのが遅れまして。
内容的には展示物よりフジモリ先生の専門である博物館の建物の解説のボリュームが多めな印象ですね。
1〜2回しか行ったことなかったけど、国立博物館にこんなにいろいろ建築物があるなんて知らなかったし、なんかまた行きたくなってきたかもですね〜。

| | コメント (0)

2018年2月26日 (月)

家系図作成

180226hana
戻ってきたうちの前は北サイドでモモ腰。潮が多くてワイドなインサイドブレイクのみ。
寒々しくて入る気になれないっす。

旅の片付けしたり洗濯したりしつつ、午後は松島町でとってきた謄本もとに手書きで作った家系図の清書をしてみる。
きっとあるんだろうなと検索してみたら案の定ありましたiPadの家系図アプリ。
ちょっと使い勝手慣れるまで時間かかったけどなんとかワシまでの5代分。
生年没月日も入力できるんでデータベース的にわかりやすく、pdfに落としてコンビニでプリントしたら結句綺麗にできました。
予定通り四十九日に集まった親戚どもに配布してやろうかと。

| | コメント (0)

2018年2月25日 (日)

米沢〜南房渋滞ゼロ

180225tsurara
カーテン閉め忘れて目を覚ましてみると窓の外にはつらら。夕べはなかったから一晩で見事に育ったモンだ。
180225nekkoyu今朝はスッキリ晴れて気持ちいい一日に成りそう。
さてとりあえず朝風呂でしょう。
昨日は入らなかった露天とか名物樹齢300年の栗の木くりぬいた根っこ風呂とか入っちゃおうかな、と玄関で長靴に履き替えて(両方とも一旦玄関出てから入る)....寒い!寒い!寒い!と一瞬で打首獄門状態となり
、かろうじて根っこ風呂の写真撮って慌てて撤退。
やっぱ内風呂サイコーだわ〜。
正直、他の温泉でも露天より内風呂のほうが好きなのよね。
晩飯同様山菜中心のシンプルな朝飯食べてから天元台で滑ることにしたのだが、宿からの始発の送迎バスは9時。
180225bfast昨日確認したゲレンデ行き始発のゴンドラは8時ってことだったんで、日曜だしピスサラは厳しいかもね。
ロープーウェイ乗り場に降りた時点で上の駐車所寿は既に満車。
ゴンドラもぎゅう詰めの満員で、ガラガラのゲレンデになれちゃってる身といたしましてはテンション下がりますわ。
案の定、ピスサラは隅っこに若干残るのみ。
なんだか体調もイマイチよろしくなくて10本も滑らず撤退することにしてしまいました。
180225kamoshika
ま、渋滞に巻き込まれたくないから早めに出たかったってんもあるのだが。
ロープーウェイ下にいたカモシカカップル、また来年会えるかのぉ。

帰りの米沢市内でアオタさんに教えてもらった羊肉専門店でラムシャブ仕入れてから真っ直ぐ南房に向けてゴー。
米沢からは高速乗るまでかなり下道走った記憶があるんだけど、年末近くに米沢〜福島間の高速が開通したらしくスンゲー便利。
昨日も山形〜米沢間の部分開通区間使ったのだがグーグル先生はフォローできてなくて畑の真ん中突っ走ってる事になり、アプリの中のおねーさんが混乱しまくりで笑えた。
今日はヤホー姉さんに案内頼んでこっちは賢く道案内してくれ、首都圏も渋滞ゼロで6時前には南房に着きましたw。
来シーズンはもそっとゆっくり旅したいかもね。

| | コメント (0)

2018年2月24日 (土)

蔵王から米沢いやさ天元台

180224cobaとりあえずせっかく東北来たし後半は滑りも交えてということで今日は蔵王。
cobaと待ち合わせてゲレンデにゴー。
朝イチゴンドラに間に合わせるなんざまだヤル気あるじゃないですか。
今回は去年も一緒に滑ってくれたK坂君と3人クルーでゲレンデクルージング。ま、夕べからはほとんど降ってませんから今日はピスサラ狙いということで。
土曜というのにガラガラのゲレンデはこっちが心配したくなるほどで、どこに行ってもピステンあともすがすがしいゲレンデをカーヴィング。
180224zao
しかして、さすがのローカルルーティーンでこんなコンディションでもやっこい場所にしっかり連れてってもらえるわけで、沢地形なんかも楽しませてもらえたりして。

180224rotenとはいえ大人ですからガツガツ滑るワケじゃございません。
すぐに冬型強まってきたのか強風も吹き荒れてきたんでルーティーン一通りカマしたあとはサクッとあがって温泉へ。
なんせ温泉には事欠かない蔵王周辺。今回も初めてのお湯を午前中から楽しませてもらい、そのまま昼飯へ。

そして今日の昼の蕎麦。今回は夕べ鴨鍋食べたこともあり、いつもの鴨蕎麦名物の蕎麦屋でもなく名物の田舎蕎麦でもなくわりと新しめのおそば屋さん。
出てきた手打ち蕎麦はガッチガチの冷水で締めた異次元の腰の強さ。180224soba
スゲー美味しかったんだけど、おぢさんには冷たすぎてポンポンがイタイイタイになりそうでおかわりできませんでしたが二人はサラッと蕎麦のおかわりもメイクしてさすがだわ。
こんど夏に食べてみたいかもなだなぁ。

そして次の移動先は去年も訪れた米沢へ。
今回は爺さんのルーツ探し旅がテーマでございましたが、米沢は父方の婆さんの生まれ故郷なのだよ。
なんかテーマがまとまってよろしいんじゃないでしょうか、と理屈をつけるのだが別に遠い親戚尋ねるわけでもなく向かったのは去年と同様、天元台の山深くにある秘湯新高湯温泉は吾妻屋でございます。
180224shintakayu

いや、さすがに今年はここも雪が多いわ。
ロープーウェイ駅まで迎えに来てもらい、八甲田並みの雪壁の道を5分ほどグネグネと登って到着。
180224uchiyuここの宿の皆さんはほんとに素朴でいい人達でホッコリするわぁ。
早速、雰囲気抜群の内湯をメイクして途中の白布温泉にある酒屋カモシカで仕入れた出羽桜で風呂上がりの一献。
晩ご飯は毎晩食い過ぎもあって、敢えて米沢牛メニューはパスして一番スタンダードなの選んだけれど地元の山菜中心のシンプルなメニューで充分美味しかったっす。
180224dinner
明日は渋滞ハマる前にそのまま帰っちゃおうかと思ったけど、今日は強風で一日ロープーウェイが運休だったようなんでスケベ心で滑っちゃおうかな。

| | コメント (0)

2018年2月23日 (金)

鮎川訪問そして驚愕の鴨鍋

180223sunrise
夕べは家系図作りながら爺さんとその母親である曾婆さんのこと考えたりしながら早めに眠りについてしまい、明け方に起床。
宿の窓から見る松島の絶景、なのだろうがイマイチどうもピンとこないのよね。

180223bfast朝飯食ってからチェックアウトして、まずは観光でもしてみっかと宿の真ん前にある無料の駐車場にクルマを突っ込んで松島の海岸まで降りてゆく。

特別観光用の事前予習はやってなかったんで行き当たりばったり、つきあたりにある雄島たらいう史跡に渡ってみたり、伊達政宗ゆかりの本堂が国宝だっつー瑞巌寺を見学したり。
しかして感想と言えば冬の禅寺ってやっぱ寒さ厳しいよな〜、よくこんなんで修行できるよな〜、とかいうつまらないものしか出てこなくて情けないです。

180223tsunamilineあ、雄島に行く途中の建物に津波の浸水した高さが残されてたのが唯一松島で見た震災の痕だったかも。
ちょうど春からの観光シーズンを前に海岸沿いの公園を整備中らしく、土木工事の現場にいるようで島巡りの観光船もなんか寒いからやめとこう、みたいな感じで松島観光は通り一遍で終了。
もともと興味のあった土地じゃないからこんなもんでしょうな、スマン爺さん。

180223yakubaそれよかやっぱ夕べ家系図作ってく中でどうも気になる親類の情報をとりたくなって、再度松島役場に。
しかしてワシはその親類の直系にはあたらないことから謄本は出してもらえないということで断念。
ま、全部がぜんぶわからない方がいいのかもね、ということでルーツ探しの作業はここで終了。

まだ時間もあるし、前から気になっていた石巻方面に向かう。
震災以降結局ワシは自分のまわりのことにかまけて一度も行ってなかった場所であり、とりあえず自分の目で見ておかなくちゃなと思いつつやっとこの機会を得たということで。
目指すのは牡鹿半島の付け根の鮎川漁港にある鯨解体職人さん達の基地で、津波に全壊した作業場のあたりを目標にナビを設定。
途中の国道は石巻市街の内陸でほとんど津波の痕跡はなく、ときどき高い堤防を作っている場所もかするんだけど、素通りする程度では実感湧かないのだが、女川近くなって山道通ってから海岸線を通過するようになってから徐々に痕跡らしきものや復旧作業の様子が現れ始め、海岸からちょっと離れた小高く盛り土した場所に真新しい家屋が並んでいたり、奥まった場所に「団地」が出現したり、まさに建築中の10メートル近い巨大な堤防が現れたりと段々現場感が湧いてくるのであった。

外房捕鯨の鮎川作業所は鮎川港の手前を下ると、テトラと堤防に守られるようにまだ真新しさの残る立派な建物として出現したのであった。180223kujira
ジイとかいるかなと思ったけど、人影はまばらで写真だけ撮ってこれまたまだ土木作業中の港内を通って牡鹿半島に向かう。

ここには今や南房のすっかり腰を据えた鯨のリュウちゃんの実家があり、震災の時には1ヶ月近く電気が通らず難儀したなんて話を当時聞いた記憶が。
ご実家は牡鹿半島の先端で牧場をやってると震災前に聞いており、グーグルの航空写真でそのロケーションに痺れていっぺん行ってみたいと思ってたのよね。

なんとなく見当つけて山道からサイロがチラ見えたあたりで下ってみるとそこには開けた牧草地が出現。
結局何軒かある牧場のうちどれがリュウちゃんの実家かはわからなかったけど、180度太平洋に囲まれたような雄大な景色や金華山の眺めに圧倒されてしまいました。
180223ojika

さてここからは内陸部へ切れ込んでまいります。
もともとヨガクラスがお休みのこの時期、去年は湯煙ツアーと称して東北一帯巡って今年もどこ行こうかなと画策していたのだが、まぁこんな事になったんでせめて山形あたりでも、いや爺さんのルーツ辿ったあとに婆さんの生まれ故郷の米沢を訪れるってのはなかなか趣があるじゃないか、ということだ。

東北道から山形道を辿り、今夜はその手前の山形市内のビジネスホテルに転がり込みまして、スケベ医者と一献傾ける所存。ってかcobaの日程にあわせて旅程を組んだようなものなのよね。
ということで今夜案内していただきましたのはシッポリした雰囲気の鴨鍋屋。
山形で鴨といえば毎度訪れる鴨蕎麦のイメージなのだが、ここは鴨鍋オンリーの専門店らしい。
そして目の前に現れたのは糸のように細かく切られたてんこ盛りのネギと鴨肉と豆腐のみのシンプルな構成。
180223kamonabe
これをちょっと薄めの醤油出汁でシャブシャブっとやるのだがこれが驚天動地の旨さであった。ナニが美味いって鴨肉もだけどこの葱の美味さよ、こんなの初めて。なんだろね出汁を吸ってひたすら甘く、ひたすら柔らかいこの食感。丸焼きとか葱の甘さを引き出す食べ方はいろいろあるだろうけど、これには完全にノックアウト。正直葱だけでもイケるんじゃねぇか?というくらい。
あんまり千切り得意じゃないし別にどーでもいいと思ってたけど、この葱切れるようになりてーって真剣に思っちゃいましたよ。
大満足の鴨鍋のあとはクワイアットカフェによってカガ飛びの顔を見てから今夜はお休みなさいっす。

| | コメント (0)

2018年2月22日 (木)

ファミリーツリーな旅

180222yakuba
今朝はちょっと早めに起きて東北道を北上。
一月前に父親が亡くなったあと、役所の届けとかで戸籍謄本とかとってると父親の父親、つまりワシの爺さんの元の本籍が宮城県の松島であることが判明。
判明ってか秘密にされてたわけでもなかったんだが、父方の婆さん、母方の両方はなんとなく話を聞いてたのだけど、親父はもちろんオジキ達がいる席でも父方の爺さんだけはボンヤリ東北らしいというくらいで出自が語られることがなかったのよね。
なもんでワシも敢えて聞こうとしてこなかったのだが、ま単身北海道に出てきてその後も親戚づきあいなかったところみると多分あんまりシアワセな思い出もなかったのかな、とか。
しかしてやっぱし気になるじゃないですか。
ということでこの機会を逃すとずっとボンヤリしたままで終わりそうな感じ。
去年味をしめた東北温泉旅行も兼ねて、こりゃいっちょ調べてみるかということですな。

しかしていつもの事だが宮城県遠い。
仙台までってほんと遠い。6時前に出て松島に着いたのが1時近くだもの。
とりあえず最初に仕事片付けということで町役場に直接乗りつける。
平日の午後ということで窓口はガラガラでスンナリ辿れるだけの直系の謄本4組をいただきまして。
その足で爺さんの旧本籍地あたりを歩いてみることに。

事前にグーグルマップとかで調べて明治の住所表示が今でも生きており、役場からもそんなに遠くなさそうなことから役場にクルマ駐めっぱ(ゴメンナサイ)にして徒歩で向かう。
松島と言えば日本三景ってくらいの観光地なワケだけど、観光基地からは隣り合う地区で、近づくにつれて漁港の雰囲気が。
例によってちょっとゴチャゴチャした人気のない家並みを入っていくと、まさにこの場所か、ふーんとお宅の表札見てみるとまさに「千葉」さんのお宅じゃないですかっ。
意を決して呼び鈴鳴らしてみたのだが、不在らしくちょっとホッとしたりして。

そのまま海岸方面に歩いて行くとまさに漁港の雰囲気で、防波堤がちょっと高いのは津波の影響でしょうか。
ちなみにこの松島は周りの島が防潮堤がわりとなって、周りの石巻なんかに比べると奇跡的に被害が少なかったらしく、このあたりも痕跡は感じられません。
180222yakikaki
180222kakiya漁港の前には直売の看板掲げたお店が数軒あって、そのうちの一軒は店先で牡蛎やらを焼いてその場で食べられるらしい。事前に調べて焼き牡蛎小屋が名物らしく楽しみにしていたのだが、晩飯までの時間がなさそうなんで今日は2個だけ焼いてもらうことにする。
う〜むホクホクで香ばしくて美味いわぁ。生牡蠣より好きかもしれません。牡蛎醤油も添えられてたけど全然いらないよね。無料のワカメの味噌汁もんまかったっす。

180222tera漁港周りを散策してからもう一度千葉さんちの前を通って不在を確認して通り過ぎると、ちょっと先にお寺があり看板からすると曹洞宗の寺らしい。
苫小牧で檀家になってる寺も曹洞宗で、ずっとワシはどうせ宗派に関係なくたまたま檀家になったに違いないと思ってたのだが、これはひょっとするとここの檀家だったから選んだのかも。
境内に入ってみるとソコソコ立派なお寺さんで、周りにもたくさんのお墓が。ひょっとしてと思い、全部の墓をひとつひとつチェックしてみたのだが「千葉家之墓」は複数あったけど、爺様が使ってた家紋と同じ墓はなかったようで。ま、家紋がテキトーだったのかもしれないけど。

ちょうどチェックインの時間が近づいてきたんで役場に戻り、今日の探索は終了。
ネットで予約した宿はモダンで小綺麗な小ホテル。晩飯時におひとり様はワシだけでございました。
180222dinner

夕食のあとは部屋に戻って、今日とってきた謄本元に家系図づくりをはじめてみた。昔の戸籍って家長性が反映されてわかりづれ〜。
それでもなんとか4代前、明治以降はなんとか辿れるかも。
ふむふむ空白はあるけど、なんか想像巡らせるとドキドキしちゃうなぁ。

| | コメント (0)

2018年2月21日 (水)

10獄発見

180221hana今日も北っけのうちの前は北サイドで腰腹。インサイドのワイドブレイク。
天気悪いしこれじゃ入る気にならんので寒風の中をジョギング。
そして明日からのミニトリップの準備とか。

さて、実は最近ベビメタさんの動きも不活性化しておるし、国内じゃもうファンクラブ対象のイベントか大箱のライブやらないしはフェスしか出ないし、あとは海外活動ばっかだし新譜もでねぇし、ってなことで気持ちは離れつつあり、もうそろそろまったく興味のなくなっちゃったパフュームみたいな存在になるのかな〜、この先刺さってくる人たちめっからなくなるのかもな〜とかちょっと寂しかったりしていた。
のだが、ちょっと気になる人たちを発見!

ラジオでたまたまこの曲聴いて、面白いな〜どんなやつらなんじゃろと掘っていったらこれがワシに刺さりまくり!
今までのPVはもちろん、関連動画まで見まくってハマっちゃいそう!

いや〜日本のロックもここまで来ましたか、という感じですよ。
たとえばベビメタは「メタルとアイドルの融合」というコンセプト(まぁ思いつき)に基づいて、日本のエンタメ業界の粋を集めたプロダクトとでも言うべき傑作であり、そこが国境を越えた大ブレイクにも繋がったというのがワシの解釈。
壮大な嘘と虚構で固めたアニメーションの世界とでもいいましょうか。

そしてその一方、この人達はもうドメスティックそのものであり、自分の生活圏から一歩も出ずに、しかして見事にロックになってるじゃないですかっ!。
その題材は、うまい棒であり、四国八十八カ所であり、丼飯であり、お魚であり、壱万円札なのだっ!それもたいした深みのある内容でもなく、ただ単語並べただけ。
そしてそれを演奏してるのが、その辺のバイトに転がってそうな兄ちゃんとかレジ打ってそうなオバサンとか、北関東のサーファーかぶれのねぇちゃんとかであり、ショーモナイ内容をラウドなビートに乗せちゃってるわけだ。
これは日本のロックにおけるベビメタの極北点といわずしてどうしましょうや。
いやー、今までこんなバンド知らなかったとは不覚もいいとこだ。

さて3月に武道館やるみたいだけど、日程あわねぇ〜、どうしよう。

| | コメント (0)

2018年2月20日 (火)

すず鑑賞

180220hana
今朝も北っけのうちの前は北西クロスオフで腹胸と若干サイズアップした感じだけどワイド。
ま、干けばなんとかなるかなと朝飯ゆっくり食べてからショップ前をチェック。
こっちも北っけというか北東に振れてオンショアのワイド波だけど、快晴の日差しが暖かいしずいぶん波乗りやってないからパドル筋のほうも心配だしとりあえず入っとけと猫駐からパドルイン。

180220neko5ミリ&南西吹き続けてたから水温も下がってるだろうとブーツを履いたのは正解。ってかグローブあってもいいかもだわ。
海面はボヨンボヨンでセットは全部ワイドっつーかダンパーで、ノーズが全部刺さっちゃってまともに乗れません。ま、下手だからなんだけど。
右に流れるカレントに抗うパドル筋もやはり弱まっており、もそっと海入らなくちゃとは最初からわかってるんだけど。
そんな感じでパドル筋修行のラウンドは終了。

うちに帰ってシャワー浴びてから、そういやずいぶんご無沙汰してるなと南グルカフェに足を向ける。
180220wara
世話ばなしして、かるく鰺の刺身なぞ突いたり米沢牛の握りをいただいたり。
ここんところこの辺ではカジキマグロがよくあがってるとかで、塩辛とかなかなか美味しかったかも。
そういやいつもテキトーに済ましちゃうんで久々に地元でまともな昼飯食べたかもですw。

180220chiadan夕べ観た映画。
悪かったなっ、どーせすずちゃんのファンですよっ。
ということで内容はハナから期待しておりません。福井の公立高校のチアダンス部が全米の大会で優勝したっつー実話の映画化だそうで。
この手のスポ根フォーマットのドラマはどうバリエーションつけようが、舞台を百人一首にしようが全部一緒。今回は途中で止めるのは我慢して速回しでなんとかラストまで辿り着きましたがやはりなかなか内容の薄いモノでございました。
唯一前編で使われる福井弁とおへそが可愛かったので許す。ヘソの形ってこんなに個性あったっけと感心いたしました。
以上。

| | コメント (2)

2018年2月19日 (月)

薪ストーブを飼い慣らし

180219hana今朝もスモールなままのうちの前は北サイドで膝モモ。上げて割れないってよかそもそもウネリが小さいのだな。

180219makiテレビつけても相変わらずハニュー君にコダイラさんのリプレイが加わって、もう飽きたっつーのということで午前中から薪割り作業に邁進。
去年薪置き場に収まりきらず丸太のまま積んでおいた分からチェーンソー2ラウンド分を薪にする。
本格的な南房での冬も2シーズン目で、ストーブの扱いも慣れてきた感じ。
ワシの感覚ではあんまし綺麗に長さが揃ってるより、ランダムに長いのとか太いのとかが混じってる方が扱いやすいかな。木の種類も長持ちする樫みたいのから、軽くてあっつう間に燃え尽きちゃうセンダンみたいなのまでを上手いこと使いこなすのが楽しくなってきた。

日差しが入ると昼間はそのまま燃え尽きさせちゃって夕方再点火のパターンが定着してきたし。
午後はちょっと室温高すぎかもくらいにポカポカで、野菜シーズンに向けて植えたトマトの種も芽を出してきたしね。

晩飯は夕べやった一人鍋の出汁を再活用、っつうか締めを一晩ずらして食ってるだけっぽい鍋焼きうどんっす。
180219nabeyaki

| | コメント (0)

2018年2月18日 (日)

体力回復への道

180218hana日曜日のうちの前は北西のクロスオフがやや強めで風に叩かれてスネ膝と厳しいコンディション。

心を入れ替えて今日も昼からジョギングを。昨日漕いじゃったから8キロで許してやったけど。
走りながら前回厳しかった大腿筋のあたりを触ってみると、やっぱもうちょっと筋肉ついてたような気がしてくる。
まぁネギリンゴコンビとかサンヒル軍団のような現役バンバンの人たちについてくのは無理としても、なんとか日のあるうちには行動できる体力を取り戻したいモノでございます。
とかいって走っただけで昼寝とかしちゃうんだけど。
ま、慌てずチンタラいきましょ。

晩飯は残り物プラス買ってきた鶏で水炊きにする。
軒下でモサモサ茂ってるルッコラをひっちぎって春菊がわりに投入するとちょっとスパイシーでよろしいかもですな。

| | コメント (0)

2018年2月17日 (土)

2連覇の夜

180217hana
今朝のうちの前は西オフで膝モモ。まぁなんとか立てるか立てないかというところ。

どうせ西風入るんだろうなと思ってたら案外上がらないんで、久々にウチの前から漕ぎ。
南西っけなんで中学下に向かうも人多めで高校下まで漕ぐと、時折腰腹くらいのツルンとしたのがたまに入ってきてレギュラーを6-7本乗れました。
案の定途中から南西風が入ってく来たんで撤退したけどサクッと遊べました〜。
日差しは暖かかったんで3ミリスキンで入ったけど念のため今期初ブーツは正解だったかも。

うちに戻ってシャワー浴びるとちょうどフィギュアの決勝の時間でついつい最後までしっかり見てしまいました。

夜はブイチさんとアッちゃんとマルモ家伺いまして、フキノトウの天ぷらとかタコ飯とか。
あらっスマホ家に忘れて来ちゃったんで恒例の画像はナシ。
あー、今日は何回ハニュー君の録画見たかなぁ。でもライブで見るのが正解だったよなぁ。

| | コメント (0)

2018年2月16日 (金)

ばかうけ到着

180216hana
風向きが変わったうちの前は北東のクロスオンで膝モモと相変わらずのスモール。

昼近くになって久々に10キロのジョギングをば。こないだの疲労困憊がかなり気になっており、考えるに隠居2年目に入ってやっぱり怠けてたって事なんだよな、と思い直したりしたわけで。
まぁどれだけしがみつけるかはわからないけど、体力あった方が楽しめるのは明白なわけでちょっとジタバタしてみますか。

180216arrival昨日観たのはこの映画。
ファーストコンタクトものだけど、宇宙船が「ばかうけ」に似てるって事で話題になりましたな。
序盤は主役の言語学者のフラッシュバックのイメージが思わせぶりに挟まれるんだが、これが最後のほうで暗示的に回収されたりする。
やっぱこの手の映画は宇宙人の描き方によってリアリティというか納得感が変わってくると思うんだけど、結局タコ型に収まっちゃうのは欧米人の限界かなぁとか。

主役のエイミー・アダムスはワシのお気に入りなんだけど、たぶんワシは「奥様は魔女」のエリザベス・モンゴメリーと重ね合わせてることに気がつきますた。
ま、面白かったっすよ。

| | コメント (0)

2018年2月15日 (木)

電気羊は人造薪の夢を見るか

180215hana
相変わらず風の強いうちの前は西南西のクロスオフがやや強めでモモ腰。陽が昇ると更に吹き上がって風が止まらん....。

180215pinkoroほんじゃちょっこら仕事すっかと今日もチェーンソー作業。
180215maki西側のオバタさんち側に勝手に生えてたセンダンが去年の台風で倒れちゃって、うちのイヌマキに寄りかかってたのをここんとこ折り見て切り倒そうとしてたのだが、昨日やっと寄りかかってたイヌマキの枝切って地面に倒したのよね。
で、今日はピンコロに加工して勢いで割るとこまで終了。
根元で直径30センチ以上の樹だったから、一本でも一列分近くになりましたわい。
でもセンダンはスカスカしてるからあんまし燃えでがないのよね。ま、来年に向けて乾燥してもらいましょ。

180215machiyamaそんでもって午後は中途半端に読んでたヤツをこれまた読了。
ブレードランナーの新作公開に合わせた文庫化みたいだけど、マチヤマさんの「映画の見方がわかる本」シリーズだそうで80年代の「ターミネーター」「エイリアン」やら「ロボコップ」から「ブルーベルベット」なんかの解説本。
当時は単なるエンタメムービーとしてみてた映画の映画史的な位置づけとか、関連する映画についてもかなり詳しく解説されてて、マチヤマ先生の映画とその周辺に対する博覧強記ぶりがうかがえて面白かったっす。
こういう形で映画を説明〜評論してくれる人って他に知らないから貴重でございますわ。

| | コメント (0)

2018年2月14日 (水)

和食の基本

180214hana今日も強風の予報が出てるうちの前は朝はまだ西のオフが弱めで、しかしてサイズは膝とミニマム。
180214shira日差しは暖かいんで風邪がこのまま弱めなら漕ぎだけでもやりたいところだけど、昼前には南が入り始めてインサイドまでサイドショアがブンブン。
夕方のニュースだと日本海側では春一番が吹いたと言うことらしい.
春になるのは嬉しかったり、もうちょっとスノーシーズン続いて欲しかったりと微妙だけど、南房の強風はもういい加減に止んで欲しかったりする。

180214doi実家との行ったり来たりでまったく読書が進まない状態だったのだがここに来て中途半端に読み進んでたのが何冊か読了。
NHKの家庭料理番組で時々顔見たりしてたこの人、なんだかノーブルな雰囲気があってある意味違和感あったのだが、ちょっと調べてみたらなるほど血筋だわ。
たまたまちょっと前に出たエッセイを本屋で見かけて旅のお供にと買ってみたらこれが大正解。
家庭料理と言うより日本料理の基本的な心構えが菜箸、おたま、布巾なんていう台所にある道具を通じてイヤミなく説明されて、うなずくことしきりですわ。なるほどねぇ、と背筋が伸びる感じ。
これはキッチンできちんと読まねば、なんてね。

180214genmai一方同じようなタイミングで玄米食べるワシとしてはタイトルに惹かれて買っちまったこの本。
表紙にもあるとおり、マクロビやってる人は不健康に「見える」のは何故だ、ってとこから始まるのだが、医者のくせにまったくエビデンスを示さず、そんな感じがするからダメ的な論拠がダラダラと。
要は玄米炊くときにはしっかり長時間水に浸さなくちゃダメよって事らしいんだけど、説得力まったくナシで途中で読むのをやめてしまったワシとしては珍しい一冊になってしまいました。ワシに言わせりゃトンデモ本だな。

| | コメント (0)

2018年2月13日 (火)

溶接手袋

180213hana今朝も朝から冬型で強風のうちの前は西のオフがやや強めでスネ膝とショアブレイクのみのフラット。
180213desertrose日差しは確実に伸びて春が近づいてる予感はあるのだが、こう風が強くては体感温度は上がらず。
軒下の多肉地帯に植えたデザートローズは茎を伸ばして花を咲かしてるんだけど、これからどうなるのやら。他の多肉も意外と頑張っており、暖かくなったら多肉の園が出現することを期待したいもので。
とりあえず今日も走ってみるかとオフショアで風が当たらない中学側にコースをとってみる。

日差しがあれば日中の室内は温度も上がってストーブはそのまま自然消火しており、夕方日が射さなくなってから再度点火すれば大丈夫な南房。
一日中くべっぱなしってのは天気の悪かった数日だけだったかも。

ストーブ導入時から使っていた革手袋がボロボロになってきたんで2台目のを探していたのだが、今使ってるのはGAPのセールで革手袋で1000円くらいで充分。
ただ手首までしかカバーしてないんでダウンとか着たままだと扉にさわっちゃうと穴開いちゃったりするんでもそっと長いヤツがベストだよなぁとは思っていたのだが、ネットで「薪ストーブ、手袋」みたいに探すと肘まであるようなヤツはけっこうなお値段のばかりで、輸入物なんかは諭吉クラスになっちゃって二の足を踏んでいた。
ところが今回帰省した折パワコメでめっけた「溶接用」ってのが革製、肘までカバーするやつでなんと1000円しないじゃないですかっ、っと速攻で購入。
180213stobeglove
うち帰って使ってみたけど、縫い目が内側にあるんで焦げてほつれたりしないし、こりゃサイコーかもと大満足。これで暫くアタマ悩ませないでよくなりましたよ。

180213mukokuここんとこ葬儀がらみで届いた映画も観るどころでなかったのだが、ちょっと時間ができて観たのがコレ。
剣道題材のらしいと言うことくらいしか事前の知識はなかったのだが、観始めたらこれがもう暗いのなんの。
父子の剣道を巡る相克がテーマなんだけど、四分の三以上が息子の荒れた生活描いてるだけ。
そっちに尺とられてもう一人の主役の高校生が剣道にのめり込んでゆく姿が全然描けてないし、もう全然だめでした。
高校生役やってた目が印象的な役者さんがUAの息子だってのと、主役の綾野くんのかなり追い込んで締まりきった背中が唯一の収穫かなぁ。

| | コメント (0)

2018年2月12日 (月)

タコのペペロンチーノ

180212hana三連休最終日のうちの前は南西のクロスオフ極強で風に潰されちゃって膝モモ。強風入って一気にサイズダウンでございます。

180212ran今日は庭周りの仕事でもすっかと外に出てみると南西強いわ気温も下がってるわと一瞬萎えそうになるけど、走るのは向かい風でかったるいし、このままじゃなんもせんことになるんで頑張ってボカシ肥撒いたり、懸案だったランの株分けしたり。
冬型になって降ってるんだろうけど今週は気持ちは山に向かいませんわ。

今夜のアテは梅ちゃんからもらったタコで、白馬の蕎麦屋定番メニューのペペロンチーノ。
付け合わせには軒下で繁殖しまくってるルッコラむしってみましたw。ウム、なかなかイケるんでないかい。
180212peperonchino

| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

手巻きナイト

180211hana前線通過で夜の間降り続いた雨はあがり、しっとりした空気のうちの前は西のオフが弱くて肩アタマ。サイズアップするもまとまりのないジャンク&ワイド。
落ち着くの待ちたいけど風入っちゃうんだろうなぁ。

まぁ一応チェックということでショップ前に行ってみるとさらにサイズは上がってる模様。
180211js
梅ちゃんやほんじょさんも現れてチェックするけど、ワイドなアタマオーバーで流れもきつそうでかなり手強そうな雰囲気。
「これじゃ出ても乗る波ないでしょう」と大人な自己肯定をしつつ見学モードを決め込むおぢさんたちであった。

180211umeそのまま帰るのもなんだしアオタさんちにちょっと顔出して、隠居ジィ様トークをカマしてからうちに戻ると裏の梅の木はほぼ満開でございます。
去年たくさん実をつけた手前の樹はイマイチ花の勢いがなくて奥の老木のほうが花盛り。実も去年はほとんどつかなかった奥の方が成るのかなと期待いたしましょう。

明日は振り替え休日なんで今夜も持ち寄りメシは拙宅で。
ほんじょさんは大人の事情で欠席で、夕べ梅ちゃんからお土産にもらったブリとタコで手巻き寿司ということで。
手巻きとか久々にやったけど、なかなか楽しうございますなぁ。
180211dinner

| | コメント (0)

2018年2月10日 (土)

ブリしゃぶ孫茶

180210hana
1週間ぶりのうちの前は西オフが弱くてスネ膝。ショアブレイクのみでさすがの波伝も×つけざるをえないコンディション。

前回の山で疲労困憊しちまったあといろいろ考えたのだが、やっぱ体力落ちてるのよね。
秋立までは走ったりしてたけど、年末からゲレンデは滑ってたけど日の出が遅かったり寒かったりで早朝走らないわ波乗りもしないだったからなぁ、ということで久々に日中にランニングしたり。

180210buri今夜の晩飯は梅ちゃんのお招きによりブリしゃぶ。
今回のブリは梅ちゃん釣果ではなくて鴨川で獲れたマダコと一緒にもらったらしいですが、脂がのりきってしっかりとった出汁でしゃぶると溶けた脂で鍋の表面がキラキラするほどだ。
あーうめ〜。
180210dinner
180210magocha締めはタコ飯炊いてくれてたのだが、こいつにブリ乗っけて熱々の出汁かけた孫茶アレンジはサイコーでございましたw。

| | コメント (0)

2018年2月 9日 (金)

2度目のケータイ紛失

180209chitoseつうことで今回の旅は終了。
もそっと長くいてもよかったんだけど明日から3連休、んでもってサッポロ雪まつりに春節も重なったりして明日からのエアチケットが一気に高くなっちゃってたのよね。
しかして今朝の便は多少席に余裕があったのか、行きに続いて窓際の席ゲット。わーい、フツーに嬉しいのよね。
180209tarumaeテイクオフ直後に見えた樽前山はなかなかよろしかったかも。
すぐに雲に入って下は見えなくなっちゃったし、西風だったせいか羽田への侵入方向が南西方向からでトーキョーの景色は見えなかったけどアクアラインが上空からクッキリ見えたんでヨシ。

順調なフライトで10分ほど予定より早く羽田に到着。
おかげさまでちょっと間に合わないかもだった高速バスに今回も乗れてラッキー。
いい感じで富楽里に着いてさて買い物しながら帰るべぇとクルマに乗った瞬間、ケータイがないのが判明。
直前までラジコ聴いてたから、降りるときにバスの席に落としちゃったに違いない。
慌てて下道でバスを追っかけて館山駅前の日東交通の営業所に駆け込んだところ、なんとか無事にピックアップできました〜。春にもニセコでなくしかけたし、旅がらみだとなんか抜けちゃうのかもなぁ。

| | コメント (0)

2018年2月 8日 (木)

ホッキ祭

180208musium
今日は他のゲレンデサクッと滑って...というのはグッと抑えて残りの事務仕事を片付けねばな。
ということでちょっと時間をずらして市役所に謄本とか取りにいったら、委任状の不備とかで出直したりしてやっと窓口終わって、税金関連の書類を...って昼休みでお休みでやがる。

時間つぶしに市役所周りの施設の様子なぞを。
180208kagakucentreワシが通った小中学校は市役所中心のまぁ官庁街みたいなところにあったのだが、ワシがガキの頃には苫小牧市もわりと景気がよかったのかいわゆる箱物行政っての?市役所の周りに市民ホールだの体育館だのボコボコと施設ができてる時期で。
プラネタリウムとかも最新式だった科学センターみたいなのの様子をチェック。

180208kagakuさすがに50年近く建ってる建物は老朽化が顕著で、あれ?1階にあったはずの郷土史博物的な展示がなくなっていて、オンボロヘリコプターとかもう、何年前の科学だよってな展示物がほぼ朽ち果てるように放置されていたりして。
2階の展示はもっと悲惨で、平日の昼間であるからして来館してるのもワシと同年代のおっさんがいかにも暇そうに二人ほど。
いたたまれなくなって逃げるように出てしまいましたがな。

180208tenrankai郷土史的なのはアイヌの事物とかあったんでけっこう見たかったので、その場で「苫小牧、郷土史、展示」的な検索したら目と鼻の先に新しい施設ができてるらしい。
わりと真新しい美術館では収蔵品の特別展とかやってたのだが、ほぼ市に関わりのあるあんまし有名じゃない作家の作品ばっかし。経歴見るとだいたい市内の学校で美術教師やってた人が大半で、芸術家として食ってくのは大変だったんだろうなぁとか。
そしてそのトップにはワシが小学だか中学だかの時にご指導いただいた遠藤ミマンせんせいの画業が。痩せて癇癪もちだった記憶しかないのだが、市内の美術家としては有名だったのね。

180208ohtsubomask施設の半分は博物館。
なんせ歴史のない街ですから、縄文の発掘物からアイヌの生活そこから一気に江戸後期の開拓団になっちゃうのよね。
しかしてアイヌ関連の展示物では科学センターの一階にあった丸木舟と再会して懐かしかったりもしたし、「スケートの街」(苫小牧の場合、製紙に代表される工業関連以外、これくらいしか打ち出しようがないのだった)の展示物の中に、王子製紙アイスホッケー部の守護神、キーパーの大坪選手のマスクを見つけて大感激しちゃったんだぜ。
親父と一緒によく王子スポーツセンターに試合観に行ったよな〜。
それにしても苫小牧市の箱物行政はまだ続いとるようで、体育館も他に新しいの建てちゃってるしいくら土地があるっていってもなぁ〜。

なんて暇つぶししてからも一回市役所に。
書類も揃ったんで、その脚で司法書士のとこに届けて、相続関連の手続きもだいたい完了、今回のミッションコンプリートなんだぜ。

一仕事終えて、そういや今回は実家でずっと飯食って北海道らしいもん食ってないなぁ、そういやちょっと前に朝イチでやってた漁港のそばにあるはずの市場みたいの覗いてみようかしらとグーグルせんせいに道案内をお願い。
180208ichiba
180208shopsこれも徒歩圏内にあってガラリと入ると手前から海産物屋、八百屋までのオーセンティックな市場の作りとなっており、奥半分はオープンな感じの飯屋が連なっておりますな。
とりあえずザックリ一周してから、唯一縄のれんでクローズな感じの食堂に目をつける。
だって入り口に「ホッキ祭」と書いた黒板があって、本日限定ホッキ丼もホッキ料理も特別価格になってるじゃないッスか。
昼の2時過ぎとあって無人の店内のカウンターに座って、ホッキ丼ハーフとバター焼きを注文。
その場で剥いてくれたホッキ2個分の刺身の乗ったホッキ丼はハーフにしといて良かった、それでもご飯減らしてもらったし、ホッキのバター焼きもんまくて、これで900円とは大満足のホッキ祭でございました〜。
180208hokkidon

| | コメント (5)

2018年2月 7日 (水)

おかわりローカルゲレンデ

180207hidaka今日も特に予定は入ってないんでローカルゲレンデ。
他のゲレンデも考えたんだけど、昨日の帰り際の降り方なら昨日の底付きも解消されたりしてとスケベ根性丸出しでちょっと早めに出撃しておかわり目指す。

しかしてゲレンデベースに到着してみると、なんてこったい、少なくとも下部から見えるゲレンデは隅から隅までしっかりピステンかかってるじゃないですか。
昨日見た感じじゃピステンマシーンは一台くらいしか見えなかったのに、ここまでお仕事熱心とは。そして結局昨日からの積雪はせいぜい10センチ以下かよ。
そして今日も駐車場はガラガラで、今日は自衛隊のトラックが5〜6台ほど。

180207zz今朝の冷え込みはかなりのモノで、うちからの道路はピッカピカだったし、途中の高速での表示はマイナス16度。
ドピーカンのゲレンデは風がないんでそんなに体感温度は低くないんだけど、のったらのったら動くリフトの上では心底冷え込むに違いない。
ありったけのインサレーション着こんで防寒対策は完璧なんだぜ。

どうせ田舎のゲレンデだし、と嘗めてかかったピスサラバーンは継ぎ目がほとんど感じられないほぼ完璧な仕上がりでピステン職人さんの腕にニッコリ。180207curving
カーヴィングスイッチが入ってほぼピスサラノ斜面をいただきました。
ちなみに自衛隊のミナサマは朝イチピスサラを一本だけ滑って撤収となかなかのグルメぶりだったけど、こんな綺麗なグルーミングバーンでの練習じゃ実践じゃ使えないじゃろとか、余計なお世話ですけど。
180207top

2時間ほどカーヴィング中心に荒れパウなぞも織り交ぜて今日もスッキリ終了。
快晴だったせいか昨日よりローカルのスキーヤーがゆっくり滑りに来たけど、まぁせいぜい30人程度でしょう。
180207ramen土日はもっと混むだろうし、昨日みたいな外人客も流れてきてるみたいなんだけど、こんなんで経営なり立つのかと心配になっちゃいますよ。

昼は正統なゲレ食ということで醤油ラーメン(650円)をいただきましたが、ちょっと塩っ辛かったかのぉ。

| | コメント (0)

2018年2月 6日 (火)

ローカルゲレンデ探訪

180206kokusai
今回滑り道具を送りましたけど、日程も短いし喪もあけてないこともございますんでさすがに泊まりでニセコとかってワケにも参りませんで。
ってかもうハイシーズンでガイジンだらけのニセコなんてこっちから願い下げだぜ、ってか新千歳空港にゾロゾロいるガイジンさん達見ただけで萎えちゃうワケよね。

というわけで今回はローカルゲレンデ探訪でもやらかしますかとの魂胆。道北ローカルゲレンデ周遊が流行りらしいが近場で日帰り圏の探索でごんす。
古澤さんに検索すると一番近いカルルスは上のリフトが老朽化でゲレンデ下部だけしか滑れないとか。

ほんじゃ、生前親父がたまに滑っていたのを覚えとるここをターゲットにすることに。
まぁ積雪状況がどうなっとるんだかワカランけど、今年は苫小牧とか太平洋側も雪がけっこう降ってるからまったく雪がないとかはないだろう。それよりナニよりシニア料金一日券2000円ってのが魅力的。

180206hidaka朝飯ゆっくり食べてからナビアプリのお導きにより初めて乗る高速に乗っちゃったりして、占冠インターで降りて暫くすると山の中腹にゲレンデらしき斜面が出現。
駐車場からはゲレンデ直結でオープン時間から既に1時間過ぎてるのに10台駐まってるかどうかで、あとはスキー演習に来てるのか自衛隊のトラックが1台駐まってるだけ。
ゲレンデ下部のピステンは全然荒れてませんな。

一番下のリフトから順繰りにピステンカーヴィングやってから次のリフト使って脇の荒れパウ、と様子を見ながらゲレンデトップへ。
180206mttop
標高たいして高くないけどさすが北海道、しかも日高山脈に降る雪はドライ。
ガタガタの荒れパウかと思いきやけっこう走破性もあり遊べるラインもアリですわ。
ってな感じで2時間ほど滑ればもう十分でしょって感じで飽きちゃいました。

180206restarantせっかくだからローカルゲレンデのゲレ食いっちゃいましょうとゲレンデベースのレストランへ。
当然ガラガラってか5組くらい人がいるんでむしろビックリ。
しかもローカルっぽい母子連れが数組だったのだが、これがなんと全員大陸の方なのには更にビックリ。
なんでこんな地元の人もいないようなローカルゲレンデに大陸の母子グループがいるんざんしょ。

券売機のメニューはラーメン、饂飩蕎麦にカレーとオーセンティックなゲレ食なのだがそこに何故か石焼きビビンバ。
180206bibinpap
こんなところで突然何故に石焼きビビンバ?
厨房で作ってるおぢさんが昔焼肉屋でもやってたとか?
ま、いいやとオーダーしてみると、なかなか本格的にジュージューいってる石焼きが出てきて満足。

帰り際には天気予報通りガンスカ降り出してきたんで明日はここで遊べるかもですな。

| | コメント (0)

2018年2月 5日 (月)

年金事務所

180205nenkinoffice
つうことで今日は昼からお袋を連れて年金事務所の手続き。
前回の最終日に市役所で手続きの書類はコンプリートしたのだが、市役所の仕事はここまでで実際の手続きは例の年金機構ってヤツでやらなくちゃいけないらしく、その日は予約はとれないと。
ということで仕切り直しで予約を取ろうと指定の番号に電話すると、なんと予約電話の受付は現地ではなく、全国一緒のコールセンターで受け付けており今日のお昼に予約がとれ、それに合わせて旅程もアレンジしたのであった。
あーめんどくせー。

向こうサイドのチェックリストだの入れると、前回市役所で書かされたのと同じくらいの書類を年金事務所一カ所で用意してハンコ押しまくってなんとか手続き完了。
続いてこれも予約してあった司法書士の事務所に移動。
相続&実家の不動産登記の変更とかの手続き相談して、どうやら今回の滞在中に手続きが終わりそうなんでちょっとホッとしたかもですわ。

| | コメント (0)

2018年2月 4日 (日)

北海道アゲイン

180204hana今朝も冷え込んだうちの前は北西のクロスオフが弱くて胸肩のインサイドブレイク。
でもって今日から実家にまた帰るのであった。

全開は死去見守り〜葬儀〜役所関連やれるとこまで、で帰ってきたんだけど今回は残りの年金事務所の手続きと相続関連とか。
妹が向こうにいるんだけど毎日仕事があるし、さすがに暇なワシがやるでしょうってことで。

180204airportなんてな。
実は一昨日しっかりボードとか実家に送ってたりして。

ま、そんなことでバスの時間とフライトの時間の間がちょっとあったんで2時間ほど羽田で時間つぶしする。
今回はいつものスカイマークじゃなくてエアドゥなもんで、慣れない第2ターミナル。

180204udon朝飯ちゃんと食べてなかったんでまずは腹ごしらえということでレストラン街を端から端まで精査した上で、一番お手軽で単価の低いセルフサービス讃岐うどん屋さんでぶっかけ温玉饂飩と芋天オーダー。
どうもこの手のうどん屋さんの作法ってのがわからないんだけど、ぐちゅぐちゅっとかき混ぜて美味しくいただけました。

早めのチェックインだったんで、いつもは真ん中の席しか確保できないところ窓側とれて恥ずかしげもなく窓に張り付いちゃいました。
やっぱトーキョースゲーな〜、どこまでいってもビルだもの。
スカイツリーとネズミーランドってけっこう近いのね、とか。
180204bayside

| | コメント (0)

2018年2月 3日 (土)

おぢさんネギマ鍋

180203hana今朝のうちの前は北のサイドが弱めで腰腹。
厚めワイドなブレイクでやれないことはないけど身体がまだ変な感じなモンでやる気になんないのよね。

とはいえダラダラするのもナンですから、たまには外回りの仕事もやらなくちゃということでクルマのルーフをこすりそうに垂れ下がってきた木の枝を伐採開始。

180203bassai脚立一番上まで登って枝の根元からノコギリでワシの腕よりちょっと太いの切り落とすんだけど、落ちかける枝が脚立に当たって倒れないかヒヤヒヤ。
小屋前がスッキリしたついでに裏で倒れかかってるセンダンがもたれてるイヌマキの枝切ろうとしたけど、こっちこそ幹がどっちに倒れるかわかんないんで中断。
脚立から落っこちて腰骨打って〜なんて雪下ろしし高齢者みたいな事故はカンベンだもんね。

晩ご飯は出張続きで久々に南房に現れたブイチさん、例によって神出鬼没のアオタさんとほんじょ山荘で鍋と言うことに。
ワシは糠漬けキュウリと大雪渓純米辛口本醸造持っておぢさん4人でしっぽりネギマ鍋でございます〜。
180203dinner

| | コメント (0)

2018年2月 2日 (金)

山への向き合いかた

180202hana南岸低気圧が通過して今朝も首都圏は降雪で大混乱?な朝のうちの前は北サイドが強くて胸肩。荒れ気味で空もドンヨリ白いのがチラついてるけど積雪はゼロ。
しかして風は冷たく入る気にはなれませんわね。

午前中から直売所行ったり昨日までの片付けとか、来週の準備とかしてるうちにあっという間に一日が過ぎちゃうのよね。
身体のほうは順調に筋肉痛。
とはいえ初めてクライミングやSUPやった翌日みたいなロボット状態になるわけではなく、まぁフツーの筋肉痛で一昨日のあの疲労困憊状態とのバランスというか折り合いが今までとはちょっと違う感じかなぁ。
ネギちゃんなんてまだ33とかで息子であってもおかしくない年代のワカモノについていこうってのがそもそもの間違いとは思うんだけどさ。
さて、どうお山に向き合ったらいいモンか。

| | コメント (0)

2018年2月 1日 (木)

安曇野〜南房買い物ツアー

180201bfast昨日は半死半生の体で宿に辿り着き、一センチも上げたくないとむずかる太ももを叱咤しつつ手摺りにつかまってやっとの事で2回の部屋に這い上がり、鉛のような身体からウェアを引きはがして風呂にドボン、プシュッとやってゴクリと飲んだ直後に気絶。
気がついたら10時過ぎで晩飯食いそびれ。
それにしてももう一泊宿とっておいてよかったぁ。

翌朝は2回目かな、ゆっくり宿の朝食をいただきまして。
太もものほうはまだ重たいモノの昨日の鉛のような状態からは脱しており、これから筋肉痛とかが来そうな予感。あんな全身疲労になったのってウィンドやってたとき一日中乗りまくった時ぐらいなんじゃないか。

180201tsuruya登りの翌日、軽くカーヴィングして撤退くらいのつもりで延泊したのだがとてもそんな状態ではございません。
ゆっくり支度して白馬をあとにし、いつもは真っ直ぐ安曇野インターに向かうところを安曇野あたりで犀川を渡って池田町方面に。
前にちょっとテレビで見たツルヤっちゅう長野の地元スーパーのオリジナル商品がなかなかの評判だとか。
聞けば安曇野に住むGロボもわざわざ川渡って買い出しするというじゃないですか。

180201shoppingナビアプリのお導きにより池田店に到着。なんか新しい店舗のようだ。
スッキリして広い店内は整然とした雰囲気で、ちょっとゴチャッとした南房のスーパーに比べると垢抜けてるじゃないですか。
各棚には目立つようにオリジナルの商品が陳列されており、まずはカリンシロップなるモノを購入。なんか美味そうやね。
小諸が発祥だというここんちは軽井沢でトーキョーモン相手に商売を広げて、オリジナル商品はお土産として人気があるんだとか。南房のスーパーと同じ仕入れグループに入ってるようなんだけど、志の高さを感じちゃいまして気がつけばカレーだの煎餅だのまで買ってしまいました。
これから寄れるときには買い出ししようっと。

180201daisekkei
そのまま街道を南下して、ここもGロボがオススメの大雪渓の酒蔵に隣接した直売所にも立ち寄ってみる。
ここんちのお酒はスッキリした飲み口で白馬の酒屋なんかでよく買って帰るんだけど、この直売所にはここでしか買えない商品もあるんだとかで、それっぽいのと定番のを2本ほど仕入れてみました。
帰る道すがらポリポリやったんだけど、酒粕使ったっつう大豆が美味かった。

180201oyaki時間もたっぷりあるんでいつも寄って買うだけの安曇野インター隣接のおやき屋でも店内のいろりで炙って食べちゃったりして、単なる移動じゃなくてゆったりした旅気分でえぇわぁ。

時間が早いせいか夕方の渋滞にも巻き込まれず中央〜首都高〜アクアラインもスムース。
そして最後は木更津のアウトレットモールに寄ってみる。

180201arcガッカリ島で買ってずっと履いてたアプローチシューズが経年劣化の加水分解でお釈迦になっちゃったのよね。
前回立ち寄ってコ〇ンビアの安っすいやつでいいかなぁとなかば決めて他のだけど、その前にちょっとと寄ったアークのお店でゴアブーティーのヤツが50%オフになっており、どうせなら妥協しないでちゃんとしたの、と悪い癖。
気がつけばこれも半額になってたインサレーションジャケットまで買っちゃって、なにやってんだか。

寄り道しまくったせいか、家に着いたらいつもとたいして変わらない時間。
でもなんだか満足感の強い移動日だったかも。
またも冷え切ってたうちの中を暖めつつ、昨日ののぼりで汗ばみまくったウェアとかを一気に洗濯して全開のストーブで乾かしましょうかね。
180201temles_2

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »