« 弓鋸の崖 | トップページ | コードの呪縛 »

2017年11月 7日 (火)

捕鯨再開

171107kujira11月に入ってからやっと天気も安定してきたようで、気温も下がってほぼ毎朝気持ちよく走れる感じ。
171107bfast海岸線走って漁港入り口の信号から右折するいつものコースを通ってクジラの解体場に通りかかると人の気配が。
あ、そうか秋の捕鯨が始まったんだ。
例年なら夏場の漁期に決められた頭数獲り終わるんだけど、去年も今年も天候不順もあって枠の頭数残っちゃったのよね。
去年も頭数達しなくて秋に再開したんだけど、特に今年はキャッチャーボートが1隻だったこともあって大幅に枠が残っちゃってるらしく今日から再開。そして早速一頭捕獲。
ワシが通りかかった時間には既に解体作業は終わってて、解体チームが気持ちのいい青空の下みんなで朝メシ食べてるとこでした。夏場は大勢見学者とか肉買いに来る人が周りを囲んでるけど、のんびりしたもんだ。
171107ryuchan
当然リュウちゃんもいて、既に解体のメインスタッフになってるだけあってなかなかの貫禄でございます。

171107hanaさて海はといえば、うちの前あたりは北西のクロスオフが弱めで膝とスモールサイズ。
日が高くなった頃には南っけが入り始めて更にダメダメ。なんか暫くダメそうな予感がするんですけどぉ。
あ、今日はトーキョーだからサイズ小さくてもいいんですけどね。

今日のヤギューせんせいのテーマは後屈。
苦手なんだよなぁ。
キメのアーサナはウシュトラーサナ (ラクダのポーズ)で、胸を開いたり脇を伸ばしたりとジワジワ身体を開くアーサナのシークエンスを。
その説明の中で「後屈」と日本語で書くから脊椎始め身体の後ろ側を縮めるイメージになるけど、実は全面を伸ばして開くのが本目であるとのご説明で目から鱗。
ウシュトラアーサナもとりあえずいつもよりはできたけど、そのあとにやったウールドヴァ・ダニュラーサナ (上向きの弓のポーズまたは車輪のポーズ)がですね、補助なしでやった中でワシ史上一番スッと上がったカモだ。

171107bento_2帰りのバスはそぼろ弁当。
観光シーズンも終わって若干席にゆとりができてきたかもです。

|

« 弓鋸の崖 | トップページ | コードの呪縛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弓鋸の崖 | トップページ | コードの呪縛 »