« ひさびさの支笏湖畔と初めての温泉 | トップページ | 噴火湾 »

2017年9月 2日 (土)

バッタを探しに演習林へ

170902enshurin滞在3日目の苫小牧は曇り空でチョイと肌寒い。
ダラダラ本なぞ読んで引きこもるのもナニですから散歩がてら北大演習林へ行ってみる。
ここんちはその名の通り北海道大学の農学部が森林研究するための広大な試験林なワケですが、市民にも開放されており遠足で来たりしてたし、高校はわりと近いとこにあって山越えで部活のランニングでしごかれたりした場所。
こっちは支笏湖畔どころじゃなくて40年ぶりくらいかもだ。

グーグルせんせいに導かれて車で向かうと途中野山だったあたりはすっかり住宅地に開発されていたのだが、演習林の敷地に入るとすっかり以前のまま。
手前の研究棟みたいなのは新築されてたけど、綺麗に手の入った一般向けの森林は気持ちよくだーれもいなくてココロが落ち着きますなぁ。こういうところで研究に明け暮れる人生なんかもいいかもしれんなとか。

170902battaということで羽田から読み始めたこの本を読了。
この目立つ表紙もあって前から気になってたんだけど、ベストセラーっぽいしなんかあざとい感じがして手が出てなかったのだけど、こないだ筆者がラジオに出ていていいやつっぽかったんで読むことに。

イヤイヤさすがにベストセラー。
諧謔というか自虐というかをちりばめた文章はクスッと笑わせるし、実際単身アフリカに乗り込んで実際のフィールドでバッタの研究に明け暮れようという意気やヨシ。
グイグイ引き込まれてあっという間に読み切ってしまいました。
それにしてもポスドクって大変なのねぇ。

|

« ひさびさの支笏湖畔と初めての温泉 | トップページ | 噴火湾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひさびさの支笏湖畔と初めての温泉 | トップページ | 噴火湾 »