« 春の立山(2日目シゴキ編) | トップページ | 山から海への切替 »

2016年4月21日 (木)

春の立山(3日目撤退編)

160421tambo昨日の天気予報では前線が近づいてきて今日から荒れ模様。
立山で曲がりなりにも2日滑れたんだからもう言うことないでしょ、と気分はもう撤退。
朝飯食ってサクッと片付けて、朝イチのバスで....あれあれ、日が差してきてるじゃないの。ま、いいか、まだ滑る気満々のISE3とお別れして室堂ターミナルへ。と、途中でISEさんから電話。「zzさん、鍵忘れてない?」ギャオーっ、車の鍵ベッドの上の充電場に置きっ放してきた〜〜。またしてもISE3に忘れ物救ってもらいました。危うく扇沢からまたカネ払って登り返すとこだった、もうホントボケ入ってきちゃったなぁ。

160421ropewayアサイチ登ってくる外人観光客とは大観峰あたりですれ違い無事下山。
ゆったり着替えて扇沢を後にする。ここからは下道の直売所をシラミつぶしに寄って買い出しを。
その目的は昨日Gロボがわざわざ持ってきてくれた幻の山菜コシアブラをゲットすることだっ!
なんとか一カ所で地元産のコシアブラを発見し、他でもタラの芽、ワサビの花やらクレソンなんかも買っちゃったりして後はスタコラ中央道。時間に余裕があるんで、アクアじゃなくて湾岸周りでイケアで買い物してから南房に到着。
いや、これくらいゆったり移動したほうがいいですわ。来シーズンはこなパターンで行きましょう。

160421koshiabura_2さて、うちに着くまでには根性決めて、うちではご禁制の天ぷらを揚げることに決定。
多分生まれて初めての揚げ物ですわ。
料理用の温度計で慎重に油の温度を調整しながらコシアブラとタラの芽、茄子を揚げてみる。を、なんかきれいに揚がったぢゃん。ワシって天才?
160421tempra

さて肝心のコシアブラはと申しますと、さすが山菜の女王とよばれる(らしい)だけあって、一方の王様であるタラの芽の男性的な香りに比べて、サクッとほのかに甘みが香る繊細なお味。
なるほどね〜、と感心しながら顔本に自慢げに写真をアップしたところ、Gロボから直売所のは開いちゃってて残念ですよね、的なコメントが。
むぐぐぐ。

|

« 春の立山(2日目シゴキ編) | トップページ | 山から海への切替 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の立山(2日目シゴキ編) | トップページ | 山から海への切替 »