« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金)

デビューアルバムなんDEATH!!

140228bmdebuetxls新曲は3曲だけなんですけどね〜。
まぁ、初回特別という事で特典映像なども。


新曲かなりポップに振ってきました。
二人ともでかくなってきたけどまだバランスはなんとか保ってるかな。


| | コメント (0)

2014年2月27日 (木)

映画村ができるまで

140227akan映画村ができるまで。
最近ちょっと評判の一冊を読んでみた。
戦後の東映太秦撮影所のお話。
ワシが物心ついたころは既に東映はヤクザ映画の会社であり、ワシのようなお子様は東宝中心の「娯楽場」っつう駅前通りの映画館が定番であり、怪獣映画や若大将とかが専門で1条通りの裏にある東映専門の映画館に足が向くことはなかった。
怪獣映画卒業したあとは当然洋画中心に映画を見るようになったわけで、トラック野郎とか観てらんないでしょという感じ。
つまり東映の映画ってほとんど縁がなくて、あの犬吠崎で波がドッカ~ンのオープニングはテレビの再放映とかで観る程度だったかなぁ。
今回この本読んで主な作品ラインナップ見たんだけど、自分から足運んだ映画はナウシカ以降のジブリだけでした。

ってことで個人的な懐かしさとかは全くないんだけど、そんなこととは関係なく戦後の映画界の隆盛担った東映太秦撮影所の活気と混沌が生き生きと描かれててまったく飽きずにページをめくれましたわ。
なるほどなぁ、芸術だの表現だのウルセーこといわずに売れるエンタメ商品を制作することに徹してたんですな。戦前ならではの任侠道の方たちとのお付き合いやらも隠さず描かれてるし、若い筆者の聞き書きとは思えない迫力が伝わってまいります。

おもわず「仁義なき~」シリーズをリクエストリストにポチってしまいました。
キャプテン、菅原文太で泣けるでしょうか?

| | コメント (2)

2014年2月26日 (水)

本日もノーサーフ、大工仕事でまぁいいかぁ

140226js今日は暖かそうだってんで期待して出撃。
暖かくて波乗りできたらいいなぁ、ってぇ望みはアッサリ裏切られぜんぜんうねりないッス。
アメリカ出張帰りだっちゅうチャイ君がお休みで久々に連絡があったんで小屋で待ち合わせて久々に再会。近況情報交わしつつ静江先輩の話なぞしてからワシはジョギング、チャイ君はムリヤリ波乗り、と。

140226chai軽く5キロほど走ってから買い物してカムカムカフェでコーヒー飲んで帰るとちょうどチャイ君があがって来て、やっぱりダメでした。でしょ。
SUPしようかとも思ったんだけど、オンショア入っちゃってつまんなそうなんでやめといて昼飯は鰻屋で久々にカツ丼平らげる。
チャイ君は子供がちょうど3歳とかでカワイイ盛りらしいです。
独居老人予備軍としていろいろ考えちゃいますよ。

やっぱし腹一杯になっちゃって軽く昼寝してから先週からとっかかった薪置き場の作成作業にノロノロと入ることにすっか。
台座の羽子板付きの基礎材とか仕入れしたり、基本的な構造変更しながら作業してる。
現場あわせでいろいろ考えながらやってるうちに段々楽しくなってきちゃって結局保護塗料を塗るところまでやってしまいました。
単純かつ簡単だけど、こういう大工仕事って脳みそのいつもと違うところ使うんで楽しいかもです〜。
140226maki_2

| | コメント (2)

2014年2月25日 (火)

土人@男木島

140225flyer忙中閑あり!と言うわけでもないのだが、ムリヤリ時間作って天才の最新作を観に飯田橋のギャラリーに行ってきた。
140225mizumaここって天才や山愚痴画伯を初期からプロデュースしてきたいわばポンニチ現代美術のスポンサー的な存在らしい。
前から一度来ようと思ってたんだけど、延び延びになっててやっと。
以前ここのオーナーさんが銀座のデパートでミニ講演みたいのやってる場面に偶然居合わせた事があるのだけど、さすが現代美術のキュレーター、なかなかエネルギッシュな話しぶりだったのが印象に残ってます。
倉庫っぽいエントランスのドア開けると、ギャラリーというより事務所のロビーの奥にホールがあるというしつらえ。

140225mizuma_hall矢印に従って奥のカーテン開けるとガランとしたギャラリーホールに椅子が20脚ほど素っ気なく置かれて、左に天才の作とおぼしきフツーに観るとイタズラ書きとしか思えない大きな作品。先日出身地新潟で受賞した安吾賞の授賞式出のライブ作品らしい。
正面には上映時間のカウントダウンが映写され、右と後ろにはワケワカランガラクタ上の作品が。

さて今回の上映作品なんですけどね、去年の夏に天才が参加した美術フェス中に半分おふざけで手持ちカメラで撮ったムービー。
クオリティー的には今どき高校の映画部でももうちょっとマシなの作るでしょ、って内容です。天才の作品じゃなきゃ、なんだコリャって事になるのだが、おかげさまでこの春「天才で〜」で天才の軌跡を俯瞰できていたおかげで「なるほどな」と納得してしまいました。
ちなみに左に展示されていたのは「土人」の作品と思われます〜。たまにはこういう刺激受けなくちゃダメだね。
140225dojinmask

| | コメント (0)

2014年2月24日 (月)

江戸前鮨は数寄屋橋の夢を見るか

140224jirosushiほんじょさんちで昨日観た映画。
たまたま前の職場の近くの映画館で上映しており、気にはなってた映画。
ガイジンが三ツ星寿司屋の頑固じじぃの映画を撮るってどういうことなのか、と。そもそも寿司屋の親父で映画ができんのかよ、と。

これが案外面白かったです。
なんだろ、寿司という一見シンプルな食べ物に、職人気質というか仕事に対するスタンスというか、生き方みたいなことを込めて撮りきったというか。
ネタの仕込から始まって寿司に係るすべてに目を行き届かせてゆるがせにしない、常に高みを求める姿勢、みたいな。
親父の生い立ちや倅への伝承、最後は次の世代に技と心意気を次の世代に伝えるってぇテーマも感じられて、なかなか清々しい終わり方。
自分には絶対無理だけど、これぞ日本人ってことなんでしょうか。

にしてもおまかせコースおひとり様3万円かよぉ...。

| | コメント (0)

2014年2月23日 (日)

マサカリ担いで

140223jsほんじょ山荘で鳥の声を聴きつつ目覚める。寝袋から出たくねぇよ、と7時過ぎまでグズグズうとうと。
140223comcom_bfast8時近くなって、とりあえずカムカムに朝ご飯をいただきに山を下りる。あ、波は昨日と一緒、ちょっと入る気にはなれません。
サンマかアジの焼き魚チョイス。あいかわらずワンコインの割にボリュームたっぷりな朝ご飯で満足し、今度は新メニューのモーニングセットに挑戦しようかなとか考えながら小屋に戻って今日は薪小屋作る準備にかかる。
140223maki
いろいろ考えた末に、とりあえず小屋にもう一か所薪小屋作って母屋の稼働に備えることにしたんですよ。
食糧仕入れるついでにコメリに寄って、必要な1X4、2X4材を見積もって材料はオッケー。とりあえず既に処理したセンダンをまとめてから昼飯に。

140223sashimiまたもやほんじょさんとご一緒で、刺身はボウズにヒラメにアジ。
メインはメヌケの煮魚定食で満腹なり。
メヌケつうのはアコウ鯛の別称らしく、でもうちょっと浅いところにいるのをこの辺ではメヌケと呼ぶのかな?
脂分はちょっと控えめ。黙ってだされるとでかめのキンメかなとか、よくわかってないワシは勘違いしそう。
140223nitsuke

海はサイドショア入ってイマイチということで本日もノーサーフで腹一杯の昼寝というテイタラクでございます。
起きてから薪小屋を作り始めてたら結局海には入らなかったというほんじょさんが登場。ほんじょさんも薪割り用にアックスとかを買わなくちゃいけないんだけど、どれくらいのサイズがいいのかワカランということで、うちの90センチクラスのマサカリで試し割り。
ワシのマサカリ、正直ちょっとでかいかなと思うのだが、節のあるところとか割るのにはこれくらいがいいかもしれんし、なかなか難しいところ。
140223honjo_makiwari

作業してから渋滞回避のためほんじょ山荘にまた出向いて映画を一本観てから週末の南房から撤退。
なんだかんだでほんじょさんとしっぽり、の2日間でございました~。

| | コメント (2)

2014年2月22日 (土)

スズメバチ家族風呂

140222js今週は土日でお休み。
朝ヨガやってから出撃すると日の出も早くなっておりトンネル出たころには日の出すぎ。気温は低めだけどさすがに下道の雪はほとんど消えており通行もスムース。
ショップ前は潮も上げてサイドオフに弱いうねり、おまけにこないだの時化でサンドバーが持ってかれておりまともに割れてない。いつものようにカムカムでコーヒー飲んでから小屋に行くと、基礎打ちの準備で木枠が設置されており、やっと始まりましたねぇって感じ。

とりあえず運動こなしとくかとジョグ10キロやってから、先週残したセンダンの片づけをやっつける。う”~根詰めたら腰いてぇかも。

140222hojosobaひと段落したんで昼飯にでも行くかと着替えていたら、ほんじょさんからうまい蕎麦あるから食べに来ない、とお誘いがありもちろん伺います。
お嬢さんがスノボの土産に買ってきたっつうそばをおぢさん二人でいただかせていただきましたが、さすが凝り性のほんじょさんだけあって、鶏と炙って焦げ目をつけたネギの暖かい汁で舌鼓。

炬燵に入っちゃったもんだから半ば確信犯的に読書~昼寝のパターンでウトウトしてると、なんだか騒がしいんで目を覚ます。するってぇとほんじょさんがチェーンソーで庭に転がってる、これも伐採した杉の木を処理中でございます。
140222chainsowワシのなんちゃって電動チェーンソーとは違い、小ぶりながら2サイクルのガソリンエンジンのチェーンソーだもの、騒音も本格的。
一旦小屋に戻って本とか読んでから誘われるがまま、またもやほんじょ山荘に出かけるワシ。
ちょうどスズメバチの湯が沸き加減で、主人をさておきワシが先に入らせていただきます。ちょっとぬるめで、カラスのワシでもゆっくり浸かっていられる温度で、瞬く南房の夜景...ってほどでもないけど眼下に家の灯を見下ろしながらの露天入浴は格別でございますね。
140222suzumebachiお先にお湯いただいて、ほんじょさんと交代。
140222aota_bath


写真とか撮ってるとアオタ夫妻も現れ、今度は家族風呂でご堪能いただきます。

お湯入りながらのプシュッとかでいい気持になり、豚チゲ鍋つついてるうちに気が付けばもうおねむとなり気が付けば爆睡でございます~。

| | コメント (0)

2014年2月21日 (金)

全クリップ

140221pclips去年の10月発売のアルバムを依然として毎日出勤時に聴いているワシ。これ聴いてなんとかテンション保ってる感じっす。
そんな中発売されたのが過去に発表されたミュージック・クリップ(最近はプロモーションビデオとか言わんのかしら)集。
「近未来3部作」以降FAKE ITまでの22本(あれ575が入ってない)。全部シングル初回版の特典映像とかようつべから落としたりとかで手元にあるんだけど、DVD画質で今回はブルーレイ版で最近のはHD画質だし(とうとうブルーレイディスクプレーヤー買っちゃいましたよ)、パッケージも凝ってるし、まぁポチッとやっちまったわけですな。

それにしてもまだ25歳だっつーにベテランの貫禄。世界進出も始まったし、まだまだこれからなのか。
う〜む、と思ってたらドームライブの映像が発売!


ぽちっ。

| | コメント (0)

2014年2月20日 (木)

ウェブマンガ

140220mobuあいかわらずマンガはチラ見程度で雑誌とかの連載はおっかけ(られ)ないワシ。
めんこい君がけっこう好きなんで持ってくるコミックが面白そうなら読む程度っす。
だってさ、もうどの雑誌が面白いんだか全然わかんないしさ、例えばテルマエが乗ってたビームとか聞いたことないし。どんどん媒体が広がっててもう追いつけない気が。

そんな折、またぞろめんこい君がリビングにおきっぱにしてたコミックに目が。
パラパラっとページめくるとなんとも言えない違和感が。
そもそも絵がダメなんでないか、デッサンとかできてないんでないか、このクオリティでコミックになるのか?でもなんかパワーは感じる気もする、とココロがザワザワっときたのだった。
3冊だしちょっと借りるぞっ、とこの週末南房に持ってゆきまして通読。

タイトルの通り超能力モンです。ちょっと暗めの中学生が超能力を持ってるんだけど意外とコンサバで、そんな力は行使せずフツーにモテたいんだ僕わ、みたいな。
ちょっとひねった筋立てで、絵の下手くそさはそんなに気にもならず、だからっつうてぐいぐい引き込まれもせず。

でもなんか違和感は残っており、家に帰ってググってみました。
なーるほーどなぁ~。
これってウェブ専門の連載なんですね~。
運営は老舗の小学館で、無料配信で、じゃどうやってマネタイズしてんのかっつーとコミック化でということらしい。
確かにマンガを取り巻く環境劇的に変化してるもんなぁ。
もともとコミケみたいな作り手が広がる土壌はあったわけで、そこに大手の出版社しかマスで作品発表できなかった世界からウェブで誰でも発表だけならできる世界になって拡散の一途って感じなんでしょう。いろんなタイプのいろんな書き手にチャンスが巡ってるんだろうなぁ。
いっぽうワシときた日にゃ、とりあえずiPadに無料のお試し版とか落としてみたものの、やっぱり紙じゃなくちゃダメらしくまったく未対応。
けっこう世の中について行ってるほうだと思ってたんだけど、(たぶん)身体的についていけなくなってきてるんだろうなぁ、とか。

| | コメント (0)

2014年2月19日 (水)

冬ご飯

140219sakekasunabe_2こんな天気が続いて、それでなくても外食しないのに自宅飯がますます多くなる今日この頃。
ここんとこで挑戦した新たなメニューといたしましてはまずこの鍋。

先日アオタさんから以前いただいて大変重宝した福島の酒蔵製の料理酒をまたいただきまして、一緒に酒粕もいただいちゃったんで酒粕鍋をやってみた。
出汁ベースに味噌に酒粕をプラスしてあとはフツーに鶏のぶつ切りとか野菜とかキノコとか。最後に畑から持ってきた菜花でできあがり〜。酒粕のこくがグッと効いて身体も中からポカポカですわん。
締めの饂飩もひと味違います。
酒粕半分残ってるからどうしようかな。

140219hatamanegi夕べやったのは、こないだ直売所で見つけた葉タマネギの炒め物。
実はこないだあるところで出てきまして、美味しかったんでちょっと真似してみた。
真似したのは最後に溶き卵を加えて卵とじ風にするの。
火が通ってトロッとした葉タマネギに卵のとろみがさらに加わって大変美味しうございました〜。

| | コメント (0)

2014年2月18日 (火)

新谷新刊

140215shinya先日白馬のPストアでめっけたこの本を読了。
店で見つけるまで出版されてたのすら気が付かなかったということで、ファン落第でござる。

岳人に連載された原稿をまとめたんだそうで、中身は特に一つのテーマに絞られているわけではなく、いつものシンヤ節。
もちろんアップデートされてるエピソードもあるんだけれど、シーカヤックとニセコの雪崩ルールのことと昔の登山のお話で、いつも通りといえばいつも通り。
以前読んだ内容も出てくるし、この本の中でも繰り返し同じ話がでてきます。見かたによっちゃぁ酔っぱらい親父がおんなじ話を繰り返してるのと一緒でもあり。人によっては付き合ってらんないよ、ってことかもしれんけど、ワシにとっては何度聞いても心に刺さるお話だ。
いつものようにスタンスは基本的に現場であり、弱者であり、ガッチリと地に足のついた話は学者や識者の話をはるかに凌ぐ説得力。街でチャラチャラやってるワシなんかには耳の痛い語り口なんだけど、ご本人を知っていればすべて受け入れざるを得ない正論なんですよね。

ゆっくり頑固親父に説教されてるつもりで味わいながら読ませていただきました。
それにしてもさすがに60も半ばを過ぎてらっしゃるんだよなぁ。引退前に知床とか連れてってもらいたい気もするんですけどねぇ。カヤックのトレーニングとかしちゃおうかしらん。

| | コメント (3)

2014年2月17日 (月)

えっちな少年

140217boyh土曜日に観た映画。
10年以上前でしたっけ、原作が出版されて評判になると同時に読んだ記憶が。
戦時下で暗い世相の中、明るく生き抜く少年の姿をユーモラスかつ生き生きと...みたいな印象がありまして。

で、映画化されたの観てみましたところ、CG技術の発達とかで時代考証はかなりリアル。舞台となった神戸といえど戦前はやっぱり貧乏だったんだよね。
一方少年たちの体つき顔つきが現代の子供なのはしょうがないけど。
両親役の二人の実年齢は、この子供たちの親世代にしてはちょっと上すぎると思うんだけど、このころの親って今よりもっと老けてただろうからちょうどいいのかなぁ、とか。

で、物語なんですが背景がリアルなせいか時代の重苦しい空気はよく出てるんだけど、ちょっとユーモアが足りない感じでございまして、原作の印象とはちょっと違うかな。
雪のため残念ながら泣き部部長と一緒に観れませんでしたが、伊藤蘭ファンの部長なら割烹着姿観ただけでボーダの涙を流されていたことでしょうねぇ。

| | コメント (1)

2014年2月16日 (日)

ローカルセッション

140216hana久々の小屋泊まりはやってしまえば案外快適。テン泊だと思えばねぇ。
夜明け前に目が覚めて、ストーブつけてからうちの前で波チェック。
ストレートなオフショア。風に抑えられているのか昨日よりはかなり落ち着いてるようだけど、セットが入るとワイドなのがドッカ〜ンでまだちょっとムリかな。

小屋に戻ってちょっと暖まったロフトで朝ヨガをゆっくり。
朝飯でもいただくかとカムカムに向かったのだが、なんとまだ開いておらずアオタさんち前チェックしてここもまだムリっぽいの確認して小屋にとんぼ返り。
コンビニおにぎりで朝飯済ませてからこないだtsunoが伐採してくれたセンダンの片付けを1時間強。

140216js
なんか風もあがってきてるしムリそうだけど買い物がてらショップ前をチェックしてみる。
あれれ?ずいぶん落ち着いてるぞ?セットの間隔もありそうだしこりゃ出来そうぢゃん!そして人が少ない〜。
猫駐から入水。入っているのは第一前に10人くらいか。
ショップ正面は時々アウトから頭ぐらいのが割れてるけど、ミドルでマッシーになっちゃって第一前のレギュラーのほうがきれいにショルダーが繋がるんだな。
ピーク近くに漕いでゆくとシューヘー親分がいたんで挨拶する。そばには昨日ハワイから帰国して雪で空港に閉じ込められかけたライダーのJUN君の姿も。この道路状況だし、ビジターはほとんどいなくてローカルオンリーのセッション中に混じらせていただきましょう。

オフショアなんで割れ辛いけどセットはワイド目ながら頭くらいありそう。いいとこにいればちゃんと繋げられる面ツルのいい波。ワシもオフショアに押し戻されそうになるのをギリギリ堪えて頭くらいのを数本滑らせていただく。うひひ楽しいわぁ。
昼過ぎには北に振れて面が乱れてしまい、割れ辛くなっちゃって最後は20メートル近いブローが入ってきてインサイドのスープに乗って終了。
あー、ムリしてきてよかったな〜、のワンラウンドでございました。カミサマありがとう。

140216namerou
そのまま予定の買い物済ませてから、再度南グルカフェに。
ナメロウだの食べてから、さて何にしようかな。
そうだ昨日握ってもらったブリのカマってまだある?
あるよ〜、ってんでブリカマ塩焼きだっ!
鴨川のブリなんだそうで、なかなか立派。
140216kama箸で丁寧にこそげ取る骨のまわりはとても美味しうございますねぇ。
ボリュームたっぷりでお腹いっぱいになり、小屋に戻って得意のハンモック昼寝してから道路凍結する前に、と早めの撤退でございました〜。

| | コメント (0)

2014年2月15日 (土)

大雪で右往左往

140215snowroad昨日から降り続いた雪は朝には止んだものの、先週に引きつづきアクアラインをはじめ各高速は軒並み通行止め。
140215hotdogこの調子じゃ暫く開きそうもなく、今日も引き籠もり...ってのも芸がない。
湾岸の都心部分は開いてるようだし、こっちはスタッドレスって気分的な強みもアリ、いつもならまず行かないだろう千葉の巨大輸入家具屋に久々に行ってみるかとジョボジョボに溶けかけた都心の雪道を出撃。
週末なのにガラガラの店内を下見して、昼過ぎに道路状況をチェックするとアクアラインは開通した模様。
一旦家に帰ろうかと悩んだあげく、新木場から湾岸に乗ってしまい勢いでアクアラインで行けるとこまでいっちまえ〜。

行けるところってのは袖ヶ浦までで、あとは雪の下道。
google map様のナビに任せたら、幹線道路を外れ除雪の効いてない最短ルートを選ばれてしまいヒヤヒヤしながらもいつものセブンになんとかたどり着く。
ヤレヤレと安心したのもつかの間、君津周辺は停電。真っ暗で電卓をレジ替わりにいつもとちょっと違うコンビニショッピングを楽しんで南房に向かう。

途中の道は火曜とほぼ同じ状況で、長狭から先はほとんど雪もなく温暖な別世界ですわ。
わかってはいたもののネタ拾いにまずは夕暮れ迫るショップ前をチェック。
140215js
うわ、こりゃスゲェ。
はるか沖でトリプルオーバーの波がドカスカ割れてるわ、大潮の満潮時間も重なって河口まで波が流れ込むわで、階段が流されそうになっており引っ張り上げたりと、台風直撃と見まごう大荒れ。

明日もダメでしょうねぇ、と苦笑しながらそのままなんグルカフェに向かい軽く握りをお願い。
140215nigiriメジマグロにブリ、カサゴの地魚でお腹を満たしてから小屋に向かい、ストーブをガンスカ炊きながら映画1本観てお休みなさ〜い。

| | コメント (0)

2014年2月14日 (金)

パスタ対決

140214tomato_pasta家に帰ってみると台所からカチャカチャいう音が。玄関までなんかいい匂いが漂ってくる。めんこい君料理ちうらしい。
一人の時は自分でやってるようだけど、ワシがいるときには待ってるもんなのだが、気が向いたのかよっぽど腹が減ってたのか。

台所覗いてみるとパスタを茹でてる様子。
どれどれとフライパンを覗いてみるとトマトベースに、鍋用に買っておいたシメジやらマイタケが投入されてる模様。なかなかやるじゃないか。

しかして量はかなりのようだが聞けば一人前。父親の分まで料理するっつー発想はないらしい。
140214serdine_pasta悔しいからゆで汁そのままにさせて、自分もパスタ作る事に。
さっぱりペペロンチーノにするか、カルボナーラにでもするかと冷蔵庫をチェックしたところ、ひとかたまりあったはずのパンチェッタがない。むぐぐ、ぜんぶ投入しやがったか。
しょうがないんで食料ストックをゴソゴソやって賞味期限切れのサーディンのバター煮の缶詰を発見。
パスタ茹でて、ニンニクとトウガラシだけのシンプルパスタに缶ごと火にかけたサーディンをくどくならないように身だけ乗っけて、パスタと一緒に茹でた菜花を添えてできあがり〜。

両方とも顔本にアップしたのだが、「いいね」の数はややワシのリードなんだぜ。

| | コメント (0)

2014年2月13日 (木)

3匹の飼豚

140213kaigui先日の大雪の翌日、家に籠って一日で読了。久々だわ。
先日の健康話もそうだったけど、この人の文章とかアプローチってスッとワシの中に入ってくるんですわ。
この話は、人間て殺生して食べていくんだよね~、って屠畜本の続きというか「自分でやってみた」本。
3匹の豚と一緒に暮らして肥育して、最後は屠って食べちゃうまでのルポルタージュ。
まぁ、自作自演のネタ作りと言ってしまえばそれまでだけど、女性が一人で廃屋借りて改造し、それぞれ品種の違う豚を3匹子豚から飼いはじめ、100キロクラスまで育てて、最後は屠畜場まで付き添って解体現場で看取って、東京で試食&販売までやっちゃうっつー徹底ぶり。

とはいってもこの方のことであるので、そこは乾いたユーモア交えてぐいぐい引き込まれちゃって一気読み。
この人カラッとしてるというか、飼いならしてるうちに情が移ることと、最後は殺しちゃうところが全く矛盾してなくて、むしろまわりの養豚家たちのほうがウェットに、であるがゆえに敢えて仕事としてドライを装ってるとことかが面白かったりもする。
女一人でボロ屋に豚と一緒に住んで、雨漏りやらのトラブルと格闘するとこは「ダッシュ村」的な面白さもあるんだけど、スローライフ的ファンタジーは真っ向から否定されるリアルなお話。

テーマが違う他の著作も読んでみようっと。

| | コメント (0)

2014年2月12日 (水)

追悼静江先輩

140212shizuekanban実は昨日、とりあえず小屋に直行しようとして最後の交差点を曲がろうとしたら角に葬儀のお知らせ看板。
寒いからなぁ、と通り過ぎようとしたのだが、残像に見覚えのある名前が。
あわてて小屋でUターンして確認するとそこには静江先輩の名が。げげっ、今日お通夜で明日告別式ぃ?
うわ、慌てて静江先輩のうちに行くと息子さんがおり、線香あげてやってくれ、と。

奥の間には棺桶と祭壇がしつらえており、窓が開いててそこには確かに静江先輩が。
線香あげてから、綿棒で唇湿らせて、そっと顔に触れてみると保冷剤とかで保管してるとかで冷たく、そして固い感触が確かに亡くなったことを教えてくれる。

年明け会った時には体調崩して入院明けだとかで、ほんとにちいちゃく縮んだようになっていて、こりゃヤバいかもな、と確かに思ったんだけど、母屋の建前で餅まくから元気でいてよ、とは声かけたんだけど。
また体調崩したんで鴨川の病院に再入院させたんあだけど、6日の早朝容体が悪くなってそのまま逝かれたそうで、こんな時期なんで葬儀場が空かなくて、今日まで待たされたんだそうだ。

なんかなぁ、葬儀が延びたのも、昨日急に休みを振り替えて来ることにしたのも、葬儀場がうちのすぐ近所で看板見つけたのも、ワシって呼ばれちゃったのかなぁなんて因縁じみたこと考えちゃいましたよ。

140212bellhall駐車場に戻って、笹ぴょんはじめ静江先輩関係者にお知らせし、夕方ホントに小屋から歩いて5分のセレモニーホールに出向いてお通夜に参列。
年が年だから参列者は10名ほどで、千葉の自宅から駆け付けた笹ぴょんはもちろん喪服。カジュアルなかっこで場違いも甚だしいけど、サーファーさんはわしら2名だけでした。

享年93歳。
寿命といえばそうなのだろうけど、こっちは勝手に不死身だと思い込んでたわけで、もうちょっと長生きしてほしかった。
せめて餅まきでシャンとして餅拾ってる姿をまた見たかったです。
ご冥福をお祈りするほかになし。
140212okuyami

| | コメント (4)

2014年2月11日 (火)

スノーサーファーはムリ

140211snow本日祝日の火曜日。いつもだったら混んでる祝日にわざわざ休みを振り替えたりしないんだけど、仕事のこととか2週間も顔だしてない南グルカフェのこととか何となく気になって休むことにする。
寒いし、土曜日の残雪で下道凍結してると嫌だから、アサイチはヨガやってから出撃。

ところがなんとアクアライン下りて館山道の連絡道に入るあたりでいきなり雪が降り出して、既にうっすら積もってる模様。すぐに除雪車のケツにつくことになってノロノロと館山道への分岐まで。
ちゃんと天気予報観てなかったけど、どうやら房総南部は午前中雪らしい。
館山道もうっすら雪がついてるけど、下道に降りたら道路は何とかウェット路面でとりあえずホッとする。
ところが走るにつれてやっぱし雪が激しくなって鴨川有料は通行止め、以前雪降った時にけっこう積もってた清和の森あたりは道路はひと車線分の路面はウェットなんだけど両脇、そして中央には50センチ以上の壁ができている。積雪地帯の道路なら中央だけ残して除雪なんてありえないと思うんですけど、たぶん間に合わないっつーか除雪自体やってない可能性もありだな。
ところが山道降りて長狭街道に入ると雪ちらついてるけどほとんど積雪はなくて、鴨川と南房総市の間の八丁峠もまぁ大丈夫。さすが南房暖かいわ。日陰にチョロッと雪が残っている程度。

140211js
しかして雪は降り続いており、とりあえず小屋でブーツとグローブピックアップしてからショップ前チェック。うわ、やっぱ北西のオフショアが強くて、頭くらいのうねりが入ってるものの潮が上げててヨレてるワイドブレイク。
というのは言い訳で、寒くてとっても入る気になれましぇ~ん。

ひょってして昨日の夕方よかったっていうアオタさんち前は?とチェックに行くもうねりの向きが変わったらしくこっちは膝サイズ。昨日いい思いをしたアオタさんはさっさと帰り支度っす。うむむ。
カムカムカフェでお茶してから、一人で冷え込む小屋に戻る気にもなれずマルモ邸に潜り込んで、IKEAで調達したっつう家具の組み立てちょっと手伝ったりして。

ひと仕事終えて、ほんじゃワンラウンド入り....って、朝よりむしろ風が強まって雪はそのままだしさらに過酷なコンディションに。大人が入る海じゃないねってことで、買い物してから小屋に戻って片付けしてから南グルカフェで再合流。
本日は珍しくアジフリャー定食をいただきまして、おなかを満たす。140211ajifrya
サクッと揚がっててマジ美味いっす。
この辺のお総菜系を料理させたらママったら天才かもだわ。

小屋に戻ってストーブつけて、昼寝しながら1冊読了して、とても祝日とは思えないガラガラの南房から撤退っす。

| | コメント (0)

2014年2月10日 (月)

第九のあと、地球のあと。

140210elysium大雪で引き籠もりになりながら観た映画2本。

まずは「第九〜」の監督作品だっつーんでかなり期待して観た作品。
南アフリカのスラムからLAのスラムに舞台が移って、道具立ても役者もFSXとかにも10倍くらいカネかけてるんだけど、ハリウッドの大資本と特殊技術が加わってさらに壮大かつエキサイティングなストーリーに...ってならないところが面白いですな。
仕掛けもSFXもガッツリ金かかってそうなんだけど、作品としての出来は段違い。

「第九~」が差別をテーマにしてて、ストーリーの中にねじれから生じる不条理感みたいなのが滲んでたのに対して、こっちは貧富差がテーマなんだけど勧善懲悪のアクション映画になっちゃってんの。この手のハリウッド大作しばらく観なくていいかなぁ。
それでもまぁ、最後までそこそこ楽しませていただきましたけど、期待がでかかったから正直ちょっとガッカリ。

140210after_earthもう一本もSF。けっこうデカデカと宣伝やってて気になったんで。
よわっちい少年が苦難を通して大人に一皮むける、と。別にこんな大げさな筋立てじゃなくていいんじゃないすか。
カネだけかけたけど、どーにもならんかったね。
駄作といわせていただこう。
カネの無駄。
時間の無駄でした。

| | コメント (0)

2014年2月 9日 (日)

大雪で引き籠もり

140209sakura数十年に一度と予報が出ていた昨日は出勤。帰宅が6時過ぎとなり確かに外は吹雪模様でとてもトーキョーとは思えない状況ではございました。
南砂の駅に着いたらちょうど止まっちまたところで、慌てて外出てたまたま通りかかったタクシーで新木場経由でなんとか帰り着く有様。でもまぁラッキーなほうか。

明けて今朝はトーゼンのようにアクアラインは通行止めで、8時過ぎまで雪解けの雨だれ聞きながら寝床でグズグズ。
ゆっくり朝ヨガやってから、Eテレの日曜美術館見ながら朝食と、なんだかフツーの人の日曜の朝みたい。

冷蔵庫が空っぽなんで商店街に買い物行くついでに川沿いの神社になぜかお参りして、早咲きの桜に雪なんて境内を撮影したり。
あとはもう引き籠もりでございまして、久々に1冊通しで本読んで、アクアラインは開通したもんの館山道は通行止めのままなの確認して、映画2本観て、で2週連続でトーキョー宅で過ごす日曜日でございました。


| | コメント (0)

2014年2月 8日 (土)

コラボサンダル

140208isegenbei久々に新宿のデパートでウロウロしておりましたところ、こんなサンダルを発見。
数十年使い続けたタータンチェックの柄をオリジナルのパターンに変えたここんちなんですが、プロモーションのつもりかいろんなブランドとコラボしてこの柄で商品作って販売してるんですよね。

んでもってこのビーサンは...もちろん葉山の「げんべい」とのコラボだ。
あのきったねービーサン屋がついに新宿にまで進出でございますよ。
逗葉新道沿いにお店とか出したみたいだし、若旦那頑張ってんのぉ。
ベンサンとか買ってた身としては感慨深いものがあることよなぁ~。

| | コメント (2)

2014年2月 7日 (金)

IDZ

140207babymsテレビをつけっぱにしたままネットに繋がって音声だけ聞き流していたら、突然番組に登場。
しまった録画が間に合わない。

以前も歌番組とかに出てるのネットとかで観たことあるけど、きれいなスタジオで3人だけで歌って踊ってもなんだかよくワカランよなぁ、と思ってたのだが、本格メジャーデビューを控えているためか一気に気合が。
骸骨エアーバンドだけじゃなくて、ライブ演奏の神バンドを従えて、なおかつファンの皆様を前面に配してのダメジャンプ攻撃炸裂。スタジオながらかなりの迫力が出せたのではないでしょうか。
演奏終わった後、キツネサインで盛り上がってるAKBの皆様と司会のタモリの苦笑のコントラストもなかなかDEATH!!!。

| | コメント (0)

2014年2月 6日 (木)

音好茶屋

140206grobo昨日は当然半日券であったので1時にはゲレンデから撤退。
パタ寄ってから昼飯でも食いに行きますか、と。
検討の結果エコーランドにあるっつーいつも混んでてなかなか入れないというバーガーの美味しいカフェにしようと。

もちろんワシは初めてで、ってかエコーランドっつーとこ自体が初めてなのだからしょうがない。
どうせあれでしょ、ガイジンで満員なんでしょ。あいつら世界中どこ行ってもハンバーガー食いたがるからなぁ。
ちょっと昼からズレてたせいか、なんとか6人分の席を作ってもらいそれぞれバーバーとかサンドウィッチとかオーダー。
140206cafe
確かに外人も多いけど、ポンニチ人もたくさんいますね。増築したとかで、ガイジン相手に儲けてんのかも。

ワシはあんましたくさん食べちゃうと帰りに眠くなっちゃうからチキンバーガーにして小腹を満たすつもり...が出てきたのが半端ないでかさ。
140206burger

なるほど、この大きさなら外人も満足だろうなぁ、でもお味は...結構美味いっす。
バンズも実は内部がテーパーしており、中身がはみ出したりすることもなく食べやすい。セットのラテもしっかりラテアーとしてあったりと、小ジャレておりますわ。
なるほどね~、女性客が多いのも繁盛してるのもわかりますわ~。
今度時間があったらまた来てみようか、って次がいつになるかは不明っす。

| | コメント (0)

2014年2月 5日 (水)

バブちゃんパーク2014

140205happobanksなんだかバタバタしちゃって山に気持ちが向かない今日この頃、昨日も仕事が終わった時点で「山はかったるいかなぁ...」なんて気分がよぎった。
のだが、そんなことじゃイカ~ン、と叫ぶもう一人の自分もおり。
仕事が忙しくて遊べないとは何事かっ、忙しいからこそ遊ばなくちゃダメなんだぜぇぇぇっ、とバカおやぢのDNAが自分自身に蹴りを入れるんである。

つーことで白馬に向かう。
土日気温が上がって昨日から急に冷え込んで、でも降りは大したことないのは昨日から行ってるイチロヲちゃんから聞いてたんでそんなに期待するでもなく。ワシ的には先週末オープンしたっちゅうバブちゃんパークこと白馬バンクスの様子を見るのをがメイン、ということで。
待ち合わせの駐車場にはGロボ、イチロヲ、イセ3、ゴマちゃんが既に。
140205bwb
うわ、風つえ~。ほとんど降ってないようだし、上は全部飛んじゃってるのは火を見るより明らか。
国際がわの駐車場に止めて、早く準備が終わったんでゴンドラ動かしてたっつー情報をもとに歩いていくと、ゴンドラは搬器すらでておらず、リフトでちょっとあがって国際に戻って、とバタバタ。
とりあえずあがれるとこまで上がって、ピステンバーンを数本流してどこもカリカリなのを確認してから、バブちゃんパークに漂着。

去年BWBチームはここ来てなかったらしく、初挑戦つうことだけどさすが山での滑りで鍛えてるだけあってすぐに攻め方考え、そしてイチロヲは撮影に専念し、と。
シャッターチャンスとかアングル考えるのにはけっこう練習になるのかも。もうちょっと光が入ってたらよかったのにねぇ。
140205zz小一時間ほど遊んで休憩してから、またピステン方面に移動するもガリンガリに加えて風はさらに強くなり、ワシは体力もなくなり、最後にGロボのコブ斜面修行に間違えてついて行ってしまったところで完全に終了。
まぁ、今年はあと1~2回で十分かもです~。

| | コメント (0)

2014年2月 4日 (火)

全地球図版

140204wecatalogueけっこう好きな雑誌。
近頃のワカモノのダウン・トゥー・アースな雰囲気もつかめ、ヤーマンが寄稿したり、なぜかマンガ投稿誌の嚆矢たる手塚治虫のCOM関連の記事とかも連載したりとかでサブカルっぽくもあり、ほぼ毎号購入。
ちょっとナィーブなとこもあるんだけど、まぁ青っぽいところもお気に入りかな。

で、最新号の特集は"The Whole Earth Catalogue"だ。ソレも今回が前編で後編も出すんだと。
まぁ、ワシ年代のおっさんが若かりし頃のワカモノ文化のルーツの一端でもあるわけで、一回りだか二回り抱かしてリバイバルしたんだなってぇのは何となく気持ちがいいかも。
あの頃はどんな人たちがどんな意図を持ってこのカタログを作った科ってのは紹介者である編集社経由でしかわからなかった(しかもボンヤリと)のだけれど、そんなところもちゃんと調べてくれててけっこう嬉しい。

それにしても、当時こういう今でいうエコでスローライフな思想に触れながらも、結局ワシらったら一番薄っぺらな表面だけ消費して、バブルだのに巻き込まれたんだからしょうがねぇわなぁ、と反省したりもする。
団塊の世代が一番美味しいところ浚ってったって議論もありますけど、団塊の世代ってそれなりに古い価値観と戦ってたと思うんですよね。そのおじさん達が舗装してくれた道路をヘラヘラ燃費の悪いクルマでおねーちゃん達とドライブしてたのがワシらの世代だって気がするんですけど。

| | コメント (0)

2014年2月 3日 (月)

クズリ:サムライ

140203wolverine昨日トーキョー宅で観た映画。
本編前の予告編がここんとこたてつづけに観たおバカハリウッド映画オンパレードだったんだけど
その中でも断トツにおバカ、っつーか支離滅裂。
舞台が日本だっていうとこからポンニチ人が感じるムチャクチャ感を割り引いてもひでーわ。
さすがにフジヤマ芸者ってことはないんだけれど、まぁ笑えましたわ。特にハリウッド版ロボジーの場面は腹抱えたなぁ。

最初が長崎原爆投下だたっところはちょっと目新しかったけどね。
笑いたいむきにはよろしいのでわないでしょうか。

| | コメント (0)

2014年2月 2日 (日)

地鎮祭映像

今朝出撃しようとしたらバッテリーがあがってた。
ここのところ、年末に免許を取っためんこい君が朝練に乗って行ってたのが、遂にやらかしたわけで。
しょうがないんで今週は出撃中止。
先週の地鎮祭で撮ったムービーがあがったんで載っけときます。

さてディーラーに行くか..ん〜自分で取っ替えるかなぁ。

| | コメント (0)

2014年2月 1日 (土)

えろおやぢ参上

140201bujitakoなんてネタをアップしてたら、さっそくエロおやぢが調達に参上。
オオスズメバチは違うらしいんですよ〜、とおでこテラテラさせてました〜。
たのむから犯罪おこさんでくれよぉ(^^;;。


| | コメント (2)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »