« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

ワンセグ

101231choitereあぁ、なんだか年の瀬で変な勢いがついちまったらしい。
ということで、こんなものをついポチッと。
iPhone/touch/iPad用のワンセグチューナーっす。iPhone3G用にたしか孫さんとこがぶ厚いの出してた気がするけど、サードパーティーは初めて?
ヒジョーにコンパクトでアップル純正のiPad用USB&SDカードリーダーふたつ重ねたくらいの大きさで、ぐにゅりと出てるケーブルはアンテナだそうな。

appストアから無料のアプリを落としてインストール。あとは充電済みのこいつをドックコネクターに繋ぐだけ。あっという間にセッティングは終わり、普通にワンセグを受信。
充電池内蔵なんで本体側から給電しなくていいんで本体側のモチもいいんだそうで。

101231perfumeとここまで書いて、自分がほとんどテレビ見ないことを思い出す。
まぁ、せっかくなんで紅白をこいつで見てみましたけど、テレビのある部屋で見るのはマヌケだし、いつも持ち歩くこともないだろうなぁ。旅行とかの時に持ってくとか?。
テレビがないんでホントは一番使いたい小屋のあたりは実はワンセグ入りません~。

| | コメント (0)

2010年12月30日 (木)

Mortician

20101230okuribitoやっとみたぁ。
リクエストの相当上の方に入れといていながら既に一年近く届かず。
で、届いたと思ったら忙しくて見る暇ないんでやんの。
ちなみにタイトルをネットで調べると"Mortician"という単語がでてくるのだがこれって多分「葬儀屋」さんですよね。

ま、そんなことはどうでもいいわ、けっこうウルウルしましたわ。
やっぱ人の死が近くなったせいなのかなぁ。それとも単にワシが年とったせいか。
アカデミーとほどかって言われるとわかれんけど、佳作だとは思います、素直に。

ちなみに途中まで余貴美子は吉行和子の一人二役で、スゲー若作りできるもんだな〜って感心してたワシです。
似てね?

| | コメント (4)

2010年12月29日 (水)

重々パウダーで2010年滑り納め

暗闇の中ふと意識が覚醒。
枕もとのデジタル時計を見ると4時。ゲゲ、寝坊だ。
夕べ目覚まし専用のデジタル時計を3時半にセッティングしたつもりが、セッティングモードのまま寝ちまったらしい。
慌てて着替え出撃。帝王宅にキッチリ30分遅れの5時に到着。

101229road中央道は諏訪辺りから雪景色となり、高速降りたあたりから路肩には雪が積もり始めてイヤガオウにも気分は高まる、のだがどうやら昨日御用納めを終えたスキーヤーの初滑りと通勤のクルマも加わって下道はノロノロ。
八方に到着したのは9時回った頃。
白馬周辺は案外降りが弱かったりして、気温もなんか高め。
まぁ、特に慌ててもしょうがないのでオトナなフリをして余裕でリフトに乗り込む。

ゲレンデ上部に上がるに従ってガスが立ち込め始め、ぜんぜん視界が取れないっす。
風も南西側から吹いてて、湿った空気が入ってるんでしょうな。
しかも、というか当然ゲレンデも既にギタギタ。
深くて重くてギタギタの雪に、まだ足腰できてないワシはかなりてこずり、ヒョイヒョイとコブで跳ねてる帝王についてくのがやっとでございます。
ってなことで、この日唯一ガスが抜けた一瞬に撮った自分撮り君2号映像を一発。

101229cakeそれでも一日券ぶん滑り倒してから風呂入ってカラーでお茶&ケーキをつついてると、今季初ツァーに参加したイチロヲとイセさんがICと疲れた表情で帰還。
かなりの藪漕ぎツァーだったようで、やっぱもう一降りくらいしないと外は無理なんじゃないっすかぇ。
ってか敢えて辛い思いをするそのBWB根性に拍手しつつ2010年の滑り納めでございます。

| | コメント (4)

2010年12月28日 (火)

林檎テレビ

101228atv_package先日仕事で銀座のあたりを通過。
クリスマスで浮かれる街中、フラフラとアップルストアに迷い込む。
込み合うお客の肩越しに、あ~11インチいいな~とか。
そういや今年も自分にご褒美ってヤツはナシかのぉ、と一抹の寂しさを(主に懐に)感じたワシの目に飛び込んだのがこいつ。
初代のは全然興味もなくて問題外の外であったのだが、なんか今回のはいろんなところのレビューでけっこう調子よさそうなこと書いてるんだよなぁ。
iOS4のairplayとかの恩恵にもまだあずかってないし、なんといっても1万円を切るお値段。
え~い、買ってしまえ~、とジーニャスねぇちゃんにコレ頂戴な、と。

接続用のHDMIケーブルはいかがいたしますか、ってな問いには「ビックカメラで買うから」ということで有楽町まで歩き、店頭でケーブル見たところなんと一般メーカーのほうが高いため、ビックのアップルコーナーで純正のを買う。なんかマヌケだけど溜まったポイントで払えたから○だな。
純正はケーブルちょっと細いけど、本体との価格バランス考えるとこっちでしょ(この点重要)。

で買ったはいいが忙しくて数日放置。
このまま買っただけで満足?
101228atvい~や、とりあえずセッティングしてみました。
セッティングといってもハード面は電源とHDMIケーブルをテレビに接続するだけ。
あとはテレビに映る指示に従って、AppleIDだのiTunesやら無線LANの設定するだけでものの10分もかかりませ~ん。
リモコン操作はiPodと一緒で直感的にすぐできます。
メインメニューは例のiTuneムービーストア、接続したiTunesライブラリーだの。

101228atv_kohsuke早速ムービー選んでみると、をぉっ!ママの暴走ぶりがハイビジョンの大画面で大迫力!
こえぇぇぇぇっ!おもわず涙目になっちゃいましたよ。

まだtouchやiPadのリモート使った連携とか試してませんけど、チョコチョコ触ってご報告するかも~。

| | コメント (0)

2010年12月27日 (月)

工作の時間=検眼タイム

101227minitureクリスマスペーパークラフトを作った勢いで、これまたずいぶん前に仕入れて放置してあったやつを作り始める。こっちはもう3年位前に買ったんだよね。
今度は金属製。

101227microwing細工的には紙のとかわらないくらいの大きさで、要領も一緒だろうし部品も少ないから簡単でしょ、と。

甘かった。
ぜんぜんみえねぇんだよぉぉぉぉ。
紙のはコントラストがはっきりしてるから裸眼で楽勝だったんだ。
ところが、金属製となるとライト反射したりまわりが映り込んだりでこれがぜんぜん見えないの。
部品同士の接合なんて接着剤で1ミリくらいの穴に部品をはめて曲げるとかで、針に糸通すのと一緒。
ぼやけるのはもちろん、遠近感もぜんぜんダメで入らないはいらない。
もうほとんど拷問ぢゃ。

目いっぱいライトに近づければなんとかピントが合うんで(気を緩めるとあっつう間にボケますが)、なんとか完成。
癇癪起こさずにやり通した自分を誉めてあげたい気分だぜ。
今度この手のものを作るときには、工作用の拡大眼鏡も揃えなくては。

| | コメント (7)

2010年12月26日 (日)

象さんケース

101226tongari_case
先日カラー御殿にお邪魔した際、ちょうど納品されていたのがコレ。
とんがりボード用のニットケースですな。

gentem stick用のボードケースといえば写真右のネオプレーン(ウェットスーツの素材)製の純正ケースがお馴染みなんだけど、ちょっとお値段張ったり装着に力がいったりとぴったりさ加減ゆえの悩みも若干。
滑ったあとにヒョイとクルマに放り込んでおくにはニットケースのほうが便利なんだけど、とんがり対応のニットケースは今までなかった。
雪や氷のついたボードは滑ってすぐに完全に乾かすの難しいし、冷えちゃってるから結露もしがち。裸で突っ込むとクルマの中や他の荷物を濡らしちゃったり、ケースによってはそのまま放って置くとエッジがさびちゃったりするんだけど、パイルのケースなら水分吸収して乾燥するのも速いしね。

で、この"elephant"っつうところのケースですが、なんとバリ製。
ケースを企画販売している今井ダイスケさんがスノーシーズンのオフに長期滞在するバリ島で縫製業者(といってもパパママ工場程度らしいのだが)をめっけて作っているらしい。
どこで売ってるのかな〜、と問い合わせましたところ丁寧なお返事をいただきましたので以下に紹介させていただきましょう。
*****************************************************
せっかくのお話なので少しelephant についてお話し致します。

elephant sole cover ski coverはインドネシアにてハンドメイドで生産致しております。
バリ人の夫婦の縫子が一日に縫製出来るのはmax 3個ほどなため1シーズンにski coverと合わせて250個ほどしか生産出来ません。
その中で今シーズンよりトンガリ板用のソールカバー(model name peak)は35個生産致しました。

このモデルをお取り扱い頂いているお店様はカラースポーツ様の他に神奈川県厚木市にあるRGBstoreさんと石川県にあるkaizan2702さんそれからシャルマン火打スキー場の山頂のレストランスーシュにて販売しております。

お取り扱い店が少なくて申し訳ありませんがよろしくご紹介頂ければ幸いです。

この度は、ご連絡頂きまして誠に有り難うございました。
商品についての改善点、またカラーのリクエストなどございましたらまたご連絡下さい。
来シーズンモデルのサンプルに’ダブルピン’モデルも出来上がってきているので楽しみにしていて頂ければと思います。

今後もelephantをよろしくお願い致します。
*****************************************************
他にもスキー用のはタイダイ(絞り染め)だったり、マンタ用はまたちょっと違ったニットのパッチだったり。
手製らしくストライプが曲がってたりするんだけど、これも「味」ということで、売ってるところはまだ少ないけど逆に「レア物」感もありってことで、いかがでしょうか。

| | コメント (2)

2010年12月25日 (土)

クリスマスパニッシュ

101225ham一夜明けてクリスマス。
案外深酒はしていなかったらしく夜明け前に目が覚める。笑いすぎでちょっと腹筋いてぇし、声もかれてる。
夜明け前からビュービューの風。とりあえずストーブをつけてから海チェック。
わはは、ダメだこりゃ、ということでじっくりヨガやってから強風の中ちょっとジョギング。

買い物したり畑の世話してるとマルモ君やほんじょさんが登場。
年内集まるの最後だろうってことで、クリスマス・ランチは久々にスパニッシュってことにする。

101225sparklingいつもは気持ちのいいテラスだけど、今日はさすがに寒いんで店の中。
まずはスパークリングでかんぱい〜。昨日のドンペリに続いて泡の立つヤツ連チャンとはゼータクな。
あいかわらずハチノス煮込んだのとか、塩豚ソテーしたのとか、オーナー自ら毎年スペインに仕入れに行く食材と丁寧な仕上げは食通のマルモ君たちを唸らせるに充分。
101225alhambla
たらふく食べた後の運転はイマイチ調子が悪いマリちゃんにオマカセして、ナンチャッテ温泉へ。
風はあいかわらずビュービューだし、夕べの映像編集とかしなくちゃいけないから今日も早めにトーキョーに戻りま~す。

| | コメント (4)

2010年12月24日 (金)

2010南グルクリスマスパーチー

101224kanpai今年もこのときが来た。
いや、そりゃ勝手に来ますわねクリスマスイブ。
ただ去年からいつものクリスマスとは違う日になったのだ。
そう南グルカフェで過ごすクリスマス、っつうかクリスマスケーキの運搬人にご指名いただき行かざるを得ないっつう状況だ。そして今年もあの惨劇が繰り返されるのかと思うと...へへへかなり楽しみ。

今年も近所のデパートで有名パティシエの特別クリスマスケーキを予約。
予約したのが11月だから気合入ってるよね~。
101224canti去年はかなり待たされたけど、イブの夕方っつうギリの時間帯だったせいかわりとすんなり受け取れたけど、両手にクリスマスケーキの特大袋ぶら下げてるのはかなり目立つ。
ちなみに今年のメインはこのレコードをモチーフにしたケーキ。
ケーキ一個が15000円だとさ。

そして新宿駅の遠いこと。今年は途中で2回しか下ろさなかったけど、やっぱり指千切れそうだぁぁぁ。
というわけで車に積み込み慎重なドライブで南グル到着~。

しかしですね、なんかちょっと去年と比べてクリスマスケーキに対するテンションを感じないのはワシの気のせいでしょうか。

101224donpeliどうやら、誰かの誕生日とかにかこつけて例のケーキ戦争やりすぎちゃって、ちょっと飽きがきている感じ。
南房のパーティーシーンは新たな盛り上がりを模索しているのであろうか。
ま、いいやとりあえず刺身でもつついてますか。

暫くするとカズヤさんとユカリさんも現れてカンパ~イ。
なんと今年はカズヤさん差し入れのドンペリ登場~。
ドンペリの箱ってさかさにして氷り入れるとクーラーになるようにできてるのね。
ママお手製のローストチキンとかピザとか、南グルカフェには珍しい洋食も登場。いっただっきま~す。

101224ikedasさてケーキ、の前になぜか大将がシャンペンのコルクを焦がしとる。
とても不穏な雰囲気。
先手必勝、ホンじゃワシからやっちゃうもんね~、とワタクシ自らフェイスペイントを仕掛ける。

こっから一気にママのテンションがあがり始め暴走気味に、ってかこんなもん序の口?
まぁその様子はのちほど映像で。

101224oshakuってなことでそろそろケーキのお時間です~。
たまたま隣の座敷にいた地元のおねぇちゃんたちも加わって、まずは去年も登場したピラミッド型のヤツ。
今年はピンク色でございます。
せ~ので例によって箸が伸びてあっという間になくなるのだが、なんだかやっぱり落ち着いた雰囲気。
続いてきゃわゆいサンタの乗ったやつなんだが一瞬にして箸で陵辱されるような迫力はナシ。

そんなちょっとテンション下がった感じの雰囲気の中最後に去年同様もっとも高価な15000円のケーキが登場!
こっから先にあんなことになろうとは思いませんですた...。
でわ映像でご覧ください「南グルカフェ・クリスマスパーティー2010」!!

コレって新たなパーティースタイルなのか?
むしろオールドスクール?
それよりやっぱり高級ケーキでやる意味わかんね~~~。
26日とかにセブンイレブンで残ったやつとかでやればいい気がするんですけど~。

101224karaoke_3締めは去年同様和田駅近くの渋いカラオケスナックでございます。
飲み過ぎたのっわっ、って人のせいにするな〜っつ。
とはいいつつワシったらやっぱり途中で気絶して、大将に送ってもらった気がします...。

ということで来年もヨロシク、ってまたやるのかよ〜っ!
来年は丈夫そうなケーキにしてもらわないと、めに~めに~くるしみますっ!101224zz_2
ver.身内向けバージョンをこっそりアップしてみたりして(2011/01/02)

| | コメント (7)

ドンペリ

ドンペリ
南ルクリスマスパーティーちう。
なんとドンペリ登場。カズヤさんの差し入れッス。
クリスマスケーキは後ほど。

| | コメント (1)

イブの朝

101224soup先日帝王からいただいたネギと南房椎茸をグリルで焼いてシンプルなスープをいただく。ネギってしみじみ甘いなぁ。

伴天連じゃねぇワシにクリスマスはカンケーねぇのだが、今年もアレやるかと思うと楽しみ。

| | コメント (3)

2010年12月23日 (木)

ケース探しの旅は続く

101223ipad_case馬具屋さんのiPhoneケースを失くしちまったんだよぉぉぉぉぉ。
というのが実は一月ほど前。
その後ポリカのジャケットだけでtouch使ってますけど使いづらい。シンプルでよかったけど、外身より高いの買うのもなぁ。
誰かクリスマスプレゼントに買ってください。
3G用だけどまだ在庫はあるらしいです。シクシク。

そしてiPadも適当なケースにめぐり合わずに年越ししそうだ。
なんか質感いいのがないんだよなぁ。
純正が使いやすいらしいのは重々わかってるんだけど、ワシ的にはダメ。
皮のとかバリエーションが増えたけど、iPadを固定する方法がどうもイマイチなので今のところパス。やっぱしコレがいいのかも。外側の色のバリエーションがあれば迷わず買うんだけど。

ということで、いまだに封筒2重使いのままです。
端っこが擦り切れたり破れたりして既に3代目。
擦り切れる場所がだいたいわかってきたんで、最初に裏からガムテで補強したり3代目からはご覧のとおりマスキングテープ使ったりしてます。
このマスキングテープ、柄とか色とかバリエーションがあってちとカワイイよね。
貼り方のセンスが試されるようでちとプレッシャーなんですけど、もうコレでいいかもとか思い始めてる今日この頃っス。

| | コメント (0)

6時過ぎ

101223昨日は冬至。今日は天皇誕生日でイブイブかぁ。
マジで1年たつのはやいなぁ。
今年は北海道の仕上がりが遅れてるみたいだけど、今日あたりから一気にきますかね。

| | コメント (2)

2010年12月22日 (水)

The First Track 出版記念パーティー

101221first_track
夕べは先日お知らせした玉井師匠の初写真集"The First Track"の出版記念パーチーに行ってきた。
場所は銀座のminiショールーム。miniはクルマのミニです。この年末も押し詰まった時期に銀座の一等地でお披露目とはスゲー。

写真集はいままでの師匠が被写体として撮影された写真に、師匠自身が写した写真も織り交ぜての写真集ということで、樋貝・ヤーマン・ナベちゃん・タッキン・リップといったスノー関連のカメラマンの大御所達も集合。
101221cameramans
会場で限定部数を先行発売するっつう事だったんで、師匠はもちろんカメラマン達のサインももらっちゃえ、とミーハー度100%で望んだのだよ。

それにしても値段が値段だ。去年発売されたナベちゃんの「雪山を滑る人」の3倍。
ナニがそんなに違うんじゃ、と思ってたのだが手にとって納得。
まず装丁。うわ、ズッシリと重い。しかも箱つきハードカバー。
厚さは中身だけで軽く2.5センチはあるか。
ナベちゃん撮影の表紙?真っ黒なんですけど〜、と思ったら、なんと箱にあのマニューバがエンボス印刷されてるっちゅう凝りようですわ。
トップ画像がそれなんですけど、ワシのきみまろコンデジじゃとてもじゃないけど質感撮影できませ〜ん。

会場じゃ中身をじっくり見てる余裕はないんで、まずは師匠はもちろんカメラマンの皆さんにサインを要請行脚。
ほかにもケニヤ君、TJ氏やらタグチ君やらの業界の重鎮達も。どっかで見た顔とかもたくさんいるし、ARIさんやACとかアベちゃんシャケとかの友達、モデルのKIKIさんから、久々の酔っぱらい主婦とかもいて楽しうございました。
101221kikichiba

101221mini今回の写真集&イベントは会場に使われてたminiが提供していたようで、会場にはもうすぐ発売になるっつうminiの四駆クロスオーバーが展示されてました。miniの皮かぶったX3?なんか荷物載らなそうなんですけどね。

マルモ夫妻とかは2次会に流れたけど、翌朝早いワシは1次会で退散。
冷たい雨が降り出したけど、濡れないように抱えた写真集はホットでございます。
さてじっくり見る時間があるかのぉ。(これはトイレの友にはできないし)

| | コメント (4)

既に終了モード。

既に終了モード。
ゲレンデ上部は重々が20センチくらい。スカイラインは日も射しノートラックで気持ちいいです。モモにきちゃってもう終了かな。

| | コメント (0)

@八方尾根

@八方尾根
八方尾根なう。ベースは雨。さてどうなることやら。

| | コメント (3)

2010年12月21日 (火)

ペーパークラフト

101221paper_xmasうわ、あっつう間にクリスマスだわ、とちょっと前に仕入れたアイテムを作り始める。
もとは100分の一の建築模型用のアクセサリーで、1~2年前に伊東屋かどっかでめっけて思わず買った。
南房ZZ亭に建てるつもりの母屋を模型でいろいろ考えようとか思ってたんだよなぁ~。アタマんなかでも着々と構想が固まってるんだけどね。

で、やはり一般人にも好評だったらしく、こないだ近所のデパートでやってたデザイン関連のイベントで「紙」を使ったデザインを特集してたときにバリエーションめっけて迷わず買いました。
ほかにもオーケストラとかいろいろあったけどワシのチョイスはクリスマス。カワイイっしょ。

で、クリスマスが近づいて慌てて作り始めたというわけで。
かなり細かいです。普通のカッターだと失敗するかも。
ワシは切り出し用のカッターホルダー(カッターの歯を折ったヤツをはめる)と模型用のピンセットを買ったもんね。
ボール紙を台紙にチマチマ切るんだが、鼻息ひとつで飛んでっちゃうからたいへん。
まぁ、何とかできたんでヨシとしますかぁ。
メリークリスマスッ!
101221xmas

| | コメント (4)

2010年12月20日 (月)

立山その2

P0765
アップしますた...。

| | コメント (1)

2010年12月19日 (日)

吉田さんのポッド

101219yoshida_go最近ちょっとフォローしてるのが「プロ書評家、プロインタビューアー」のこの人。
半年くらい前にひょんなきっかけでこの人のポッドキャストを聴くようになったんだけど、なかなか面白い。南房の行き来で聴いてたりする。

いわゆる「サブカル」系の方で、みうらじゅんとかリリー・フランキー(師匠だそうです)とかの系統。ワシ的には深く突っ込む分野じゃないんで、この人が取り上げる人物やらは8割がた知らなかったりするし、興味もないんだけど、取り上げるスタンスとかがどうやらワシは好きらしい。
この感じ、クルマには興味がないけどNAVI読んでた感じと似てるかも。

最近はテレビとかにもでてるらしくて、パンピー向けの仕事も増えてるようなんだけど「俺がいるとこじゃないだろうー」とクールに分析しつつ、状況を楽しんでるとこもなかなか。
先日インタビュー集も出版したみたいで書店でパラッとやったんだけど、なかなか面白そうで一気に読んじゃいそうなんだけど、買うほどのもんかぁってぇビミョーな雰囲気で、昔出したのをアマゾンで取り寄せてみました。
ちなみにツイッターでも一瞬フォローしたけど、深夜とかのつぶやく量が半端じゃないし話題がついてけなさすぎてあっつうまに「リムーブ」してしまいましたぁ。

| | コメント (0)

2010年12月18日 (土)

鮭児と書いてケイジと読む

101218js夕べは忘年会から帰ってシャワーも浴びずに布団にもぐりこんだせいか、朝4時に目が覚める。
目が冴えちゃって2度寝できないんで早めに出撃し、日の出と共に南房に到着。
寒い。さぁむぅいぃ。
でもまだ人も少ないし、風もオフから日中はオンショアに振れそうなんで気合で入水。
ただし今季初のセミドライ。
水温はまだ高いから、日が高くなるとまだ3mmでも大丈夫だな。

軽めのワンラウンド終了後、買い物~畑~ジョギングのルーティンのあと南グルカフェに。
あらら、空いてるのね。海も空いてたもんな。
今週は襟裳から客人が来てるって噂だったんで北海道フェアが楽しみ。
なんとフェリーで大洗から軽トラで食材直送ってんだからイヤガオウにも期待は高まります。

101218keiji
じゃまずコレね、って出てきたのが鮭児の刺身とイクラ。
ケイジ?北海道生まれのワシですが、初めて聞きました。なんでも何万本と獲れる鮭の中にたまたまかかることがあるマボロシの鮭らしい。
今回来た襟裳の大将も数十年鮭漁やってて初めてなんだとか。

101218sashimi初めて食べるケイジの刺身は脂がみっちり乗ってる感じ。
それもハラスとかトロとかの脂身が多いのとは違って、赤みの細胞それ自体が脂含んでるというか。
丸々と太っているという割には、イクラの粒は普通のイクラの半分くらいでこれまた濃密。
ホヤやら真鱈の白子もん~まいっ!

で、刺身。黒ソイにサンマ、ワラサにシメサバ。
締めたてのサバがサバ好きにはタマランですわ。

101218hamoアナゴみたいなこいつはなんだっけ。ハモ?
アナゴなんかに比べるとモッチリした食感。

締めは新巻シャケと鮭フライ。
新巻きサケはキッチリ塩が効いてて懐かしい。
さすがに塩吹いちゃうような塩加減ではないけれど、やっぱ梅干とシャケは男らし
くガッツリ塩して欲しいもんです。
101218fry

今日はマルモ君たちも来なくて平日みたいな静かさ。ナンチャッテ温泉で塩分流して、早めに帰ってたまった片付け物しよっと。

| | コメント (2)

2010年12月17日 (金)

自分撮りマシーン導入

101217goproかなり悩んでいたのだが買っちゃいましたよ、GoProHD
波乗りやらのアクションスポーツで、ボードとかの道具に固定された広角カメラと思しき映像をご覧になったことがある方も多いと思う。

この夏SUPでためしに撮った映像とかでやっぱし画角が狭いなぁと実感したんだけど、その辺の量販カメラ屋では売ってないんで実物触れなくて躊躇してたのね。操作性が悪いてなレビューも散見したし。

ところが先日の立山でカメラ持ったまんま滑った映像がやっぱし斜面とボードしか写らなくて。もちろんモニター見ながら滑りゃぁいいんだろうけど、バックカントリーじゃ1本が大切だからそんなことやってらんないしねぇ。

で、ちょっと触ってみました。
思った以上にちっこい。ほとんどトイカメラ。これでHD映像撮れんのか?
確かに操作性悪い。ゴミ粒みたいな液晶画面で設定とか替えなくちゃいけない。
ボタンもシャッターボタンと設定用のボタンが2個あるだけで、この2個の順列組み合わせで設定とか変えるのね。こりゃアウトドアでは設定固定ですな。

かなりの広角なんで5メートルくらい離れた被写体はすぐに豆粒大になるんで、やっぱし自分撮り専用だのぉと思ったことでした。
まぁ、この冬いろいろ遊んでみるつもりなんでご披露する機会があるかもね。

........ってなこと書いたのが実は2週間も前。
とりあえず街中で試し撮りしたんだけどつまんなくて、海で試し撮りしようとして持ってったんだけど、2回連続でSDカード入れ忘れ、3回目は充電切れ。このまま一生撮影できねぇんじゃねぇの、と一瞬不安になりながらなんとか今回のゲレンデ初滑りでやっと試し撮りができました~。

101217lekiで、山用ってことで今回はストックにコンデジ用の三脚をくくりつけて撮影。
このスペックはイチロヲが試行錯誤の末に編み出した撮影方法と、コレ用に売ってるバー両方からいただいたもんです。
ちなみにGoProには雲台用のアタッチメントがついてないんで、別売りのを仕入れております。

で、自分撮りを見てちょ。

ね、なんだか笑えませんかね。
考えればアタリマエだが、カメラと手首を軸に体が動いてるみたい。
思った以上に広角なんで、「あっちのほう」程度に適当にレンズを向けるだけでまずフレームアウトはいたしません。そのぶんちょっと離れると豆粒になっちゃうっていう欠点にも繋がるのだが。

イチロヲが画像撮ってるところを撮影してくれたんで見比べてくださいな。

イチロヲのカメラはこないだワシが仕入れたカシオのハイスピード(レンズは35ミリ換算38ミリ)なんで、性格の違いがハッキリわかるなぁ。
こいつら駆使して、オモロイムービー作れればいいかもね。
使用感、またレポートするかも。
(2010/12/18動画差し替えました)

| | コメント (4)

2010年12月16日 (木)

Have a Nice Salute !

す、すげぇ。
マジで公式アプリなのか...。でも海上自衛隊のホームページにも載ってるし...。
とりあえず万が一、蓮舫さんの仕分けにひっかかって削除される前にダウンロードしておきました。

この真似はアンドロなんとかにはできねぇだろうなぁ..。

| | コメント (2)

2010年12月15日 (水)

BWBシーズンイン決起集会

101215bwbつうことで夕べのサプライズ・バースデーパーチーはPersona上映会へとなだれ込
み、深夜に終了。
今回Gロボ宅に集まりましたのはですね、Bad Wednesday Boysのシーズンイン直前決起集会、そこにワシも参加させていただくというのがもともとの趣旨。
たまたま、ワシ誕生日と重なったんでこっそり準備して出迎えてくれた、と。
イヤイヤありがたいっす。

101215tipGロボ邸の主、tips。ワシの荷物にくるまる。加齢臭好きか?

さて直前になってたまたま気圧配置が冬型となり、先週末一部オープンした白馬のゲレンデで遊べるかも、ってな期待をする人達でわない。だってBWBだから。
水曜日に限って、この人達がエントリーしたツアーに限って、ロクでもないコンディションにブチあたるっつう伝説のオトコたちなのだから。

101215sorelということで安曇野の空は青空ものぞき、気温もちょっと高め。ダメだこりゃ感溢れる朝だ。
ま、とりあえず板だけでも履ければオッケーでしょ、と出撃。

北上すると白馬方面はなんとなく曇ってる感じ?
ひょっとすると?イ~ヤそんなわけはない。
だってBWBだから。
ちなみに足元は揃いのソレルはパウワウだ。
101215g_roboところがトンネルといくつか超えるとそこはだんだん雪国になっていった。なんか上はしっかり降ってんじゃねぇの!?
Gロボのチェックによると、五竜と栂池は上のゲレンデオープンとのこと。どっちにする?ワシは白馬のゲレンデな~んも知らんので判断放棄。
結局審議の結果、五竜となったらしい。

101215pre_openゲレンデベースに着いてみるとけっこう気温低いっす。
平日とあって駐車場の車はまだ少ないとは言うものの、他県から集まったらしい好き者が集結している模様。チケット売り場はガイジンのミナサマが半分くらい。
下部ゲレンデは薄っすら白くなってる程度で、こりゃオープンできんわねぇ。
イチロヲ、Gロボはスプリット、イセさんはスノーシューと開いてないコースをハイクする気十分。

ところがゴンドラ乗って高度が上がるにしたがってどんどん降りが激しくなる、ゴンドラ降場を降りると完全に冬山。
雪もけっこう柔らかく端パウはスネくらい。ベースの雪もガリガリってワケじゃないんで滑りやすい。
ただし少ない客とはいえ1本のコースだけなんで、中央はけっこう荒れてて久しぶりの滑りにモモが疲れますわ。
47側はウォールもできてたんで当て込んで遊べたり。斜度はないけどシーズン始めはこんなもんでいいかも。
久々のパウダーの感触に楽しくなっちゃって、ぐるぐる回しちゃいましたよ。

最後は登り装備の3人組はそのまま落ちていって、一回登ってきたあと盛り上がっちゃったのかゲレンデ走破すると落ちてきました。
101215dropコラ〜そっちいっちゃいか〜ん!
上のほうではかなりのパウダー満喫できそうとはいえ、それ以上に下部でガリゴリやって、悪コンディションを満喫していたようで。
あえてオープン前のコースに飛び込んでいく、BWB団のドM根性を目の当たりにしたワシはとてもBWBに入団できる根性ないのを思い知らされました~。

101215color帰りはオープンしたカラー帝国の城に立ち寄ってからトーキョーに帰りました。

つうことで年内の本州、シーズン最初にしては充分楽しませていただき、なんだかけっこう楽しみなシーズンになりそうですよん。
Thanks God It's Wednesday !!

| | コメント (4)

白馬五竜

白馬五竜
上しか営業してないけどガッツリ降ってます。
明日は祭りだな。
この上ないバースデープレゼント(^_^)。

| | コメント (4)

2010年12月14日 (火)

ハッピーバースデー

ハッピーバースデー
Gロボ宅なう。ワシの到着まで頑張って起きてくれてサプライズ。ありがとございま〜す!

| | コメント (7)

2010年12月13日 (月)

大和民族リズムDNAの継承について

101213ayaman先日cobaんところを覗いていたところ、こんな人達が引っかかった。
またこいつギャル関係が好きだよなぁ、と。それともキャバ系か?
でもなんか引っかかったんだね。
うぃきとかちゅーぶとかポチッとやってみた。

仕事一徹で世の流行に対する感度の低いワシには、ワシの替わりにアンテナになってくれる方々がおり、ブログだのツイッターだのから気になるものはチェックさせていただいておる。
cobaもその一人で、この手のネタに対するアンテナ感度は高いものがあると信じているわけです。
「この手」とは民放のバラエティ番組とかに出る、ワシの目にはまず引っかかってこない低俗な演芸ネタとかギャルネタとかそーゆー方面で、cobaはその方面の「目利き」であとワシは信じている(わ~褒めちゃった)。彼の宴会芸ネタとキャバ嬢にウケるネタの収集にかける熱意は並々ならないものがあるのだっ。
ウケるベクトルもワシと似通ってるしぃ(板野いいよな~)。

ということでもちろんYouTubeで検索しました。
(YouTube貼ろうかと思いましたがクダラなすぎてやめました。自分でチェックしてください)
くだらね~。品がね~。でも笑える~。
ギャルメイクの癖に、やってることは体育会とかの下品な宴会芸の枠から一歩も出てないのが大変ヨロシイ。
複数の映像でひとしきり笑ったあと、しかしなんだこの既視感は、と気がついてもういっぺん見てみる(2回も見るなよ)。

なるほど~。
リズムがもう完全な前ノリ4拍子。
バックにユーロビートみたいの乗せようが、ちょっとテンポ速めようが日本土着のリズム感。
これでDJつきのラップかなんかでやられちゃった日には「ちっ」てなもんであったろうが、グルーブ感ゼロのポンニチ人固有のリズムでやられちゃったもんだから、ワシのハートに刺さったのだよ。
踊りもほとんど安木節だしな。

そしてこの節回し。そうこれは川上音二郎一座の「オッペケペ~」そのものでわないか。
100年の時を超えて川上音二郎のDNAが現代のギャルに脈々と受け継がれていることにワシは驚きを隠しえない。
日本の伝統は新たな形で息づいているのだっ!

山形に営業に回ってるってことはもうとっくに旬は過ぎてる(ってか旬があったのかどうかも不明)んだろうけど、どうせワシにはカンケーねえっす。
やれ、ヒップホップだR&Bだゆってるけど、ポンニチ人はコレよ。
イク時は一緒だよ~

| | コメント (5)

2010年12月12日 (日)

衣替え

101212warasa_kamaなんとなくチンタラ出撃して野菜に液肥あげてからマルモ君やほんじょさんとショップ前に入水。
波数が少ないわりに人が多いけど、乗れればなんとかトロ目のロング向き。

101212gohanちょっと昼飯には早いんで直売所で買い物してから南グルカフェに。
店の前では先に来てビールをメイクしてたほんじょさん達と合流。
鯨の脂で煮込んだ野菜だのカジキマグロのモツの味噌和えとかつまんでから、今日のワシのメインはワラサのカマ焼き。
ワラサっつうよりほとんどブリくらいまで成長しちゃってる感じで、カマのまわりの身もびっしり。

風も入ってもうワンラウンドやる元気もなくて、ナンチャッテ温泉入ってすたこらトーキョーに。
こないだ立山行って初滑りは済ませたんで初滑りじゃぁないけど、まぁ時間もてあましてる人が時間にする無駄話してからトーキョー宅に。
101212pit_2この週末は寒気が入って出だしもちょっと早めで白馬のゲレンデも昨日あたりにオープンしているかも、ってことで雪山対応でスタッドレスタイヤへの履き替え済ませて、出撃準備完了!
夏から冬への切り替えも終了っす。

| | コメント (2)

2010年12月11日 (土)

THE FIRST TRACK

101211the_first_track
ちょっと前から発表が待ち望まれてたレジェンドスノーサーファーにしてgentem stick 総帥玉井師匠の写真集が発売になるというアナウンス。
滑り手ひとりをクローズアップして編集される写真集はスノーボーダーとしては初めてだろうし、カメラマンもスノーボーダーとしての黎明期からの歴史を顕すかのような重鎮達。
古いものは掲載された雑誌もネガも散逸し、ネガもほとんど残ってないなかから奇跡的に発掘できたものもあるとか。
以下PR用の文面を転載。

-------------------------------------------------------

玉井太朗写真集「THE FIRST TRACK」

ただ、その時、その場所にいるために。

まだ豊かな自然が身近に存在した少年時代。
心から愛した世界が壊されていく切ない経験をきっかけに、
一期一会を求める旅は始まった。

雪を滑り、波に乗る。

思うに任せて道無き茨の道を歩む玉井太朗。
地球上の斜面にトラックを刻み続けた半生が、
豊富な写真と再編集されたテキストによって誕生した。

待望の書は自然との一体感を求め、
瞬間に生きたドキュメンタリー。
その軌跡は、日本スノーボーディングの根幹を成す。

THE FIRST TRACK / TARO TAMAI
232 ページ 310 mm×257mm
PRICE:¥15,750


発売日
12月21日 限定50冊 先行販売
12月28日 販売開始


photographers

YOSHIRO HIGAI HIROYUKI YAMADA YOICHI WATANABE TOMONORI TANAKA

TIM MCKENNA TOSHIYUKI TAKIZAWA GREG VON DOERSTEN

AKIRA HORI KIRBY FUKUNAGA GENTARO ISHIZUKA

TARO TAMAI


ご注文・お問い合わせ ブエノブックス
TEL  03-3405-0604
MAIL inquiry_webmaster@buenobooks.com
URL  http://www.buenobooks.com/


Supported by MINI www.mini.jp

玉井太朗/1962年東京四谷生まれ、北海道ニセコ在住。Gentemstick主宰者。
小学校の頃より釣り竿やスキーをかつぎ、日本中を旅する。12歳でスノーサーフィンと衝撃的な出会いを経験。19歳でサーフィンを知り、放浪の旅を続けてきた。しばらくはニセコをべースに世界を回っていたが、定住を決意。しかしそれ以降も日本はもとより世界を旅し、自然や環境を見つめてきたプレーヤーとしてエッセイや写真を各媒体に寄稿。映像作品『AURA』『PUBLIC SENTIMENT』を発表してきた。スノーボードデザインにとどまらず空間デザインも手がけ、ニセコに展開している『玄天café』の内外装はもちろん、装飾品のデザインでも独特な空間を表現し、多くのファンを驚かせている。そして今回、密度の濃い半生をさらに凝縮したファースト写真集『THE FIRST TRACK』を発表する。

---------------------------------

高い?う〜む信者としては買わねばな。
白馬も白くなってるっちゅうしアガってきましたよ〜っ!

| | コメント (4)

2010年12月10日 (金)

6:00am

101210dawn26時ちょうど。
まだほとんど真っ暗でベランダはピリッとした空気。
ここ覗いてくれてるひとで、この時間に起きてる人はどれくらいだろ。

本州の山も降り出したみたいだけど、いまだ予定は具体化せず。
ってかもう滑ってるんですけどね。
立山レポートその2書かなくちゃ。

| | コメント (10)

2010年12月 9日 (木)

静江大根

101209shizue_daikon昨日静江先輩からいただいた大根。
さっそく風呂吹き大根に。
とりたてだから葉っぱもシャキッとしてとっても捨てられないんで、ゴマ油と塩だけで炒めて付け合わせ。ってかつけあわせっていうにはもったいないってくらい美味かった。
根菜関係はZZファームじゃなかなか上手くできないんでホントありがたいです〜。

| | コメント (0)

2010年12月 8日 (水)

シアワセな平日

101208aroe目を覚ますと雨がダクトを通る音。
まだ真っ暗で出撃する気が起きない。波情報じゃパッとしない予想だったし、今日はトーキョーにいようか。
ジョンの魂悼むのもいいかも、それとも日米開戦に思いを馳せるか。ってなことはまったく考えるどころか12月8日であるっつう意識もなかったんだが。

グジグジ考えつつ、掛け布団蹴飛ばして朝ヨガのねっころがりシークエンスをやってるうちに、やっぱ行こ、行かなきゃはじまらん、とポジティブな気持ちが沸いてくる。
いやマジそうなんすよ、ヨガにはそういう効果もある。その効果が会社に着く頃切れちゃうのは難点だが。

てなことでそぼ降る雨の中出撃。
前線と追っかけっこするように南房に到着。ちょっと前線のほうが足早で、既に雨はあがっている。
風が強いしこりゃちょっと待ったほうが吉かも、ってことでジョギングしたり買い物したりしてから静江先輩の拝観をしつつ結局北端のポイントで入水。
もう寂しくなるくらいだ~れもいない貸し切り状態でワンラウンド。イヤ~ほんといいわ平日って。

帰り際に再度先輩のところに寄って、先輩謹製のお大根2本を拝領す。
101208shizue_daikon
今年は大根もキャベツも値がたけぇってよぉ~、と野菜談義をしたあとナンチャッテ温泉も貸し切りで本日も南房を満喫。
結局出撃して大正解ってことですねぇ。「そこにいること」の大切さを再認識した一日でございました。
これで何グルカフェまであいてたら罰が当たるかも~。

| | コメント (2)

2010年12月 7日 (火)

1年ぶり

101207tateyamaいやいや、こないだの立山初滑りツァーのレポートをアップいたしました。なんと本編アップするのは1年ぶり。
本宅からご覧くださいましぃ〜。


| | コメント (0)

2010年12月 6日 (月)

銀座百景読了

毎日帰宅時に電車の中でチマチマ読んでた池波エッセイを読了。
最後のほうは最晩年のエッセイで、亡くなる直前のもので体調が思わしくないのを
ぼやき嘆く様が痛々しい。
亡くなった平成2年頃は既に当時出版されてた池波本はほとんど読みつくし、文庫化されてゆく作品をフォローしてくだけであり、雑誌連載なんぞは追っかけてなかったから亡くなったときは突然のニュースで呆然とした記憶がある。なんだな、ジョン・レノンのときと同じくらいショックだったかも。

なにせそれまで読んでたのは全盛期の池波先生のエッセイだったもんで、健啖家で元気一杯な印象しかなかったもんで。
このエッセイは60過ぎのものなんで、どんどん食欲がなくなり、外出も銀座に試写会見に行くくらいで旅行もせず、仕事もセーブ気味、増えるのは知人の葬式だけ、みたいな元気のない内容。最後は部屋の中で転んだりする様子を嘆いてたりする。
読者もけっこう読むの辛かったんじゃないだろうか。

思うに戦中派の人であるからして、人一倍頑張って働きぬいて体力に妙な自信があるのか、鍼とか受動的なメンテナンスしかしない世代なんだよな。
食べたいもの食べて、煙草バクバク吸って、仕事もガッツリやって、太く短くか。
たぶん昔の人って多かれ少なかれそんな感じで50くらいで死んでっちゃったんだろうなぁ。

とはいえ、仕事はテキトー、遊びも中途半端、食いたいもの我慢して、走ったりヨガったりして体調整えてる自分を振り返るとコレも考えもんだなと思ったりする。
ま、世の中の平均よりはかなり好き勝手に生きてると思いますけどね~。

| | コメント (3)

2010年12月 5日 (日)

アコウの季節

101205akou本日もゆっくり目に出撃。
なんかまだイマイチ肩がいたいのよね。昨日はけっこうサイズあったみたいだけど、まぁいいやとか仕事してたし。

とりあえずチェックのショップ前は潮があげてるせいもありイマイチ。
マルモ君たちが来てから様子見て入ろうっかなぁ、とまずはジョギングから。

ジョギング戻って着替えてるとマルモ君からショップ前入りますよ~、と。
どうせもっと遅めに入ってから飯とか、飯食ってから午後入るとか予想してたんで慌てて出撃。
入ってみれば思ったより楽しいラウンドで、あがってそのまま南グルカフェに。

101205katsuo_ukke先ずはカツオのユッケとか。
ふぅむ、コレがカツオとは到底思えないまろやかさ。
マグロもちょっと違うんだけど、カツオ独特の香りとかまったくございませんな。

今日はほんじょさんの学生時代のチームメイトもご一緒なんで、6人だからいつにも増して食卓が賑やかだわ。

101205jinenjoちょうどこれからが自然薯のトップシーズンだよ〜、ってことで自然薯トロトロにしたのを海苔で巻いて竜田揚げ。
あんかけ風でんまいのぉ。

さてメインはなんにすっかなぁ大将、今日のおススメなぁにって聞くとなんだかもったいぶった末に出てきたのがトップ画像のお魚。
をぉ、アコウじゃないすか。
ベニアコウじゃなくて普通のアコウ、ちょっと小さめなんだけどコレくらいが案外んまいかも。
アコウか、もう冬なんだねぇ。
ハタも釣れたってことなんで、両方とも煮付けにしてもらうことに。
キンメをもっとプリッとさせたようなアコウに、モッチリとしたハタっつう高級魚のダブル煮付けはサイコー。
101205hatanitsuke
腹いっぱいでちょっと残っちゃったのはマリちゃんがタッパー詰めして、たぶん大根でも一緒に煮ることになるのかな。

食後はそのまま腹ごなしに2ラウンド目に入るっつうミナサマに、ワシも珍しくお付き合いする。
ワシら5人でポイント貸切。
波も調子よくて大人な波乗り楽しめました。

小屋に戻って片付けだけして、今日はそのまま「坂の上の雲」観たいからとっとと帰りま~す。
短い南房滞在時間でなんかトーキョーのサーファーになったような一日でございました。

| | コメント (2)

2010年12月 4日 (土)

about 6am

101204sunrise
どんどん日の出が遅くなりますね。
昨日の大雨のせいか今朝はひときわ空気が澄んでいるような。
ということで埋め草ネタですが...。

| | コメント (3)

2010年12月 3日 (金)

大雨警報

101203heavy_rain発達中の低気圧が引きずった前線の影響か、朝から大雨。
19階にも地面にたたきつける雨音が届く。
窓の外観るとまわりは真っ白でなんも見えない。
ここは立山か?なんて。

| | コメント (4)

2010年12月 2日 (木)

発売ちう

101202falllineフォトイシューが昨日発売。
ワシはまだ手にしてないんだけど。
毎年載せきれなかったであろう写真の数々をおもっきり、っつうことでしょうか。写真選びの苦労から逃げたとも言えようか(^^;;。

一昨日の雪崩事故で本来ならそこここで盛り上がってるはずの立山関連の話題がネット上では自粛状態な感じだけど、それはそれ、これはこれで盛り上がりたいとも思う。
ってか個人的にはやっとスイッチはいったんで、このフォトイシューで加速させようかと。

詳しい内容はTJ氏のブログでどうじょ。
毎日とは言わないけど、定期的にアップしないとブログは続きませんよ〜>TJ(^^;;。

| | コメント (0)

2010年12月 1日 (水)

冬支度

101201trees日の出がどんどん遅くなってきたんでちょっと遅めに出発。
ちょっとは波があがりそうな昨日の波情報だったんだけど、到着して猫駐チェックするとほとんどフラット。まだ肩の調子がよくないんで、まぁいいか、と内心ちょっとホッとしたりして。

101201waxingわりと順調な冬野菜の世話をして、ふと空見上げるとセンダンもすっかり葉っぱを落として空がちょっと広くなった気分。

こないだ立山でちょっと魂入れちゃったソールやエッジのバリ取ったり、ワックス入れ直したりブーツに防水のスノーシール入れたりといつでも出撃できる準備する。
あとはタイヤ替えれば準備完了っす。

波乗りできなかった分だけ、ちょっと長めにジョギングしてからナンチャッテ温泉に浸かりながらストレッチして師走初日は終了っす。

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »