« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

よくわかりませ〜ん

先日、立山の準備のため水道橋〜お茶の水当たりをうろついてたと思いねぇ。
てぇとひなびた白山通りに面したあたりにぽっかりとヤケに明るいお店、そしてそのお店のCM 画像らしいものがテレビに放映中。
わわわわ、なんじゃこりゃ、ちゅうことで帰宅後ググってみたらこれだ。
どうやら関西ベースのソフト買い取り屋らしいですな。

関西の方はもちろんご存じか。ひょっとすると関東でも深夜番組当たりで流れてるのか。
いずれにしても大阪のおばちゃんのパワーはワールドクラス。

| | コメント (4)

2010年11月29日 (月)

立山こんな感じ

えっと今回の立山ですがぁ〜、2泊3日で合計7ラン。
初日はガスガスで、もうこりゃダメでしょ、みたいな雰囲気が漂よいながら、2日目の土曜はほぼ1日奇跡的に天気が保ってガッツリ滑らせてもらいました〜。
つうことでまったく編集なしの生映像ですが、帝王Aの北斜面滑走画像をば。

そんでもって、たまたまワシらがハイクしてた対面で滑ってた筋斗雲ガイドのケンイチくんの滑走シーン。

ん〜、かっちょえぇぢゃん。

ってなことで、なるべく早めにレポートします。

| | コメント (2)

2010年11月28日 (日)

撤収準備中

撤収準備中
外は真っ白。
滑る気ゼロ。
帰る気100%。

| | コメント (0)

2010年11月27日 (土)

サイコーでした(^_^)v

サイコーでした(^_^)v
途中ガスったりしながらも、なんとか1日崩れずに4本。ガイドのCIの的確なガイディングでもちろんすべてトレースなし。やっぱ立山いぃわぁ(当たればですが)。

| | コメント (2)

もうすぐ出撃。

もうすぐ出撃。
雷鳥沢。
リセット後視界が悪かったせいかノートラックノ。さてワシらはどこに。

| | コメント (0)

ドピーカン

ドピーカン
7時現在雲一つなし。どっちに行くか、何時まで保つか。

| | コメント (0)

2010年11月26日 (金)

セッション終了。視界が悪い中間隙をついて浄土北面方面を3本。バフバフとは言いませんけどリセットされたクリーミーなパウダー食えました〜。

| | コメント (0)

チャーリーきました。

チャーリーきました。
室堂なう。チャーリーが富山から上がってきて一言「ダメだこりゃ」。気温が高くてガスガスで〜す。フロサケメシネルの無限ループか?

| | コメント (2)

2010年11月24日 (水)

A Film about Freeriding

101124keniya夕べは「Persona」の上映会でイソイソと下北沢へ。
101124personaこないだのスピーカーシリーズでDVDは購入済みだったんだけど、実は上映会を新鮮な気持ちで観たかったからまだ観てないのだ。
会場に到着すると1回目を見終えたお客さんがゾロゾロと。
2回目は祝日の夜8時半からってことで、7分くらいの入りですかね。

滑り主体のiconシリーズから、インタビュー含め滑り手をフューチャーし、なおかつ80分以上の長さになったっつうことだったんで正直若干不安はあった。去年リリースされたSingnatures,EOLってぇ似たようなコンセプトの作品のあとだし。実際ケニヤ君自身が「聞きたいことかなりもう喋られちゃってる」みたいなことも言っていた。
ところが観始めた途端にぜんぜん関係ありませんでした〜。
グイグイ引きこまれて、リズムもいいしピックアップされてる滑り手たちもひとりひとりが「立って」てすんばらしい。
こりゃ観てもらうしかないんだけど、「人」というより「滑り」に対する考え方の映画ですね。
でてくる全員が真摯に「滑る」ということにどういうふうに向き合ってるか、ってことがヒシヒシと伝わってきますわぁ。
ワシ的には、山にどっぷりの登場人物の中で、田口君がトーキョーで仕事しながらいろんなスタイルで滑り続けてるってところがピリッとスパイス効いててよかったかもなぁ。
ぜんぶで8人の個性的な滑り手がでてくるんだけど、それぞれのパートの間には他のライダー達の気持ちえぇ映像もあって、オームやマコちゃん、シーサーなんかの滑りも楽しめます。(ちょっとボードが少ないんだけどね)

101124seth_hide上映会のあとには近所のバーで打ち上げがあって、いつもそういうのにはあんまし顔出さないワシだけど軽くコーフンしちゃって、帝王Aも誘ってノコノコと。
「主演」者では太朗君と田口君が顔出してたし、途中にスゲー滑りを見せてくれてたヒデちゃんとか秋葉君とか。TJ氏も来てたんで、今シーズンの展望やらFallLineの感想語ったり、いつものバカ話まで話は広がって。

101124tenmaいまやパウダー界の「こども店長」状態のテンマも来てチバ君とジャレてたり、なんか楽しかったっす。
最初は遠慮がちだった帝王Aもすっかりリラックスして、秀ちゃん達とスキー談義に花咲かせてたみたい。
暮れには太朗君の初写真集も出版されるようだし、やっと気分が盛り上がってきました〜。
今シーズンも自由に滑りましょうぜい。

| | コメント (0)

2010年11月23日 (火)

4.2

101123ios42ぬぉぉぉぉぉっ!って大声出して騒ぐことでもないんだが、iPhone/Ipodtouch/iPadの基本ソフトiOSが4.2にアップデートしたんだぜっ。もちろんタダ。
すでに第4世代に進化していたiPhone/touchにとってはまぁそんな大きな変化はないんだけど、第3世代のままだったiPadユーザーにとっては福音。
擬似マルチタスクとかも嬉しいけど、なんたってアプリのアイコンをフォルダーに纏められるようになったのがウレシイ。これでとっちらかってるデスクトップがきれいになるぜ~。

101123installこのページ見るとマックに繋げただけでインストールのダイアローグが出て作業が始まるのかとも思えるけど、ワシのiPodの場合iTunesの「デバイス」でiPodを選んで「アップデートを確認」から作業が始まった。
あとから繋げたtouchは繋いだらすぐにダイアローグがでましたけど。
でもってダウンロード〜インストールは10分くらいで終了。さてどうなるのかな〜、って見た目はなんも変わりません。

ということで早速纏める作業をしてみた。
例えばですね、楽器関連のアプリですが1画面じゃ足りなくて2画面に渡っていたのだが、早速「ドラム」「キーボード」とか一まとめに!。やり方は簡単でどれかのアイコンを長押しすると、移動とか削除とかできるようになる(いつ見てもゆらゆら揺れるアイコンがカワイイ)んだけど、纏めたいアイコンのひとつをもう一個に重ねるだけ。
101123folderするってぇとひとつのアイコンにまとまってくれるから、名前を決めてあげるだけ。あとはどんどん重ねるだけでいいんです~。
つうことで、よく使うアプリは普通に前面に。時々使うのはフォルダーにまとめて、って感じで2画面分が1画面にがスッキリ。
ま、これで死蔵されるアプリがさらに増えるような気もするのだが。
(画像クリックで拡大できます)

他にも無線LANに繋がってるプリンタ印刷できるようになったり、いろいろ新機能があるようなんで使ってみたいと思います。
でも重くなっちゃったりしてないだろうなぁ。

| | コメント (4)

2010年11月22日 (月)

顔本

101122facebookちょっとしたきっかけがあって例の顔本のアカウントを取っておいたんだけど、暫く放置状態。
まぁ、そのワシってヤツはパソコン通信時代のniftyに始まって、比較的この手の電子通信手段(なんじゃそりゃ)は早めにとっついたりしていたんだけど、顔本に関しては日本語ローカライズが遅れたせいもあり、SNSなら日本人はミクシィとかじゃねぇのと思っていた。
これってガイジンメディアだな、と。
ところが最近なかなか意外な展開のなりつつありオモロくなってきた。

でオモロイな、と思い始めたのはやっぱしガイジン関連で。
というのも一月ほど前に、昔出張で通ってたクアラルンプールの旧スタッフの集まりがあって、それに当時現地に駐在してたポンニチ人スタッフが参加した、と。
で、そのフォロー情報だの写真の交換だのをメインはメールなんだけど、顔本通じてもやり始めたらしく、既にアカウント持ってたんで覗いてみたんですよ。

するってぇと、いるわいるわ懐かしい顔が。もちろんみんなマレーシアの人ですけど。
まぁその辺と久しぶり~なんてやってて、けっこうそれはそれで盛り上がってた。20年も経ってから、こんなかたちでまた連絡とりあえるとは思わなかった~、とかね。

で、その中にワシがガッカリ島時代に一緒に仕事してたやつが、今マレーシアにおりましてね。ちょうど帰国のとき空港で撮った集合写真を自分のアルバムに載せてんの。
でここからが顔本の真骨頂で、写ってるやつが顔本のメンバーだと顔認識ソフトかなんかでタグつけやがるんですよ。
なもんだから、その写真からガッカリ島方面にもワシがいることが伝播しちゃって、突然ガッカリ島からもご挨拶の嵐ですわ。
なんか「感染」って感じがして笑えたなぁ。

顔本の場合、実名で登録が基本で実生活の延長が基本。
バーチャルのみの付き合いが基本みたいな日本のネット社会と折り合いつくのかどうかはわからないけど、これはこれでオモロイっす。
まぁワシ自身も顔出しNGとかいって、あんまし私的なこと出さないほうなんだけど、顔本では面識ある人とだけだからガンガン画像出したりして。(てなことで、友人以外からのフォロー受けつけませんので)

| | コメント (4)

2010年11月21日 (日)

久々にノーサーフ

101121tarachiri波情報ではかなりサイズがあがってるっつうか、クローズアウト気味で×マークみたいな。
実はここんとこかなり遊べてたせいか肩の調子がいまひとつであり、気合が入らないなか出撃。
とりあえず先日久々に遊ばせていただいたワシにとっては最北端のポイントをチェック。

わ、ヤベェ。
こんなんですよ。


セットはこれよりもうワンサイズでかいのね~。
こりゃムリ、っつうことで南下するもほとんど全部クローズ状態で、仮に出られても七転八倒は目に見えてるんで今日はパスっ!

畑やったりしてからジョギングして、小屋に戻ってちょうど到着したほんじょさんと南グルカフェに。

南グルには>ARIさん一家がWakkyと一緒に鍋をつついてる。
今日は北海道から届いた真鱈で鱈チリ鍋だよ~ん。
101121shirako
とはいうものの、例によって鍋の前に白子だの鹿バーグまで出てきちゃって、鍋はなんとかメイクしたものの、到底オジヤまでは到達できませんでしたぁ。

ARIさんたち追っかけるようにナンチャッテ温泉に行ってマッサージ椅子セッション
したあと、今日は早めに撤退っす。
101121autmun_leaves
もうすっかり秋深しですなぁ。

| | コメント (8)

2010年11月20日 (土)

persona

101120keniyaつうことで夕べ出撃したのは神田店。
ケニヤ君のスピーカーシリーズでございます。

101120floor去年は"icon"シリーズの発表はスキップされたんだけど、今年もiconシリーズではなくて"Persona"っつう滑り中心の"icon"シリーズとはちょっと違って「人」にフォーカスしたインタビュー入りの作品らしい。
1年待たされましたからね。
エビスフィルムファンとしては待望、そしていつもと違ったちょっとドキドキ感ありで40人定員っつうちょっと狭い神田店に50人の予約があったとか。

101120kazuで、ですね、これがよかった。
いままでのスピーカーシリーズの中でもベストかも。
って言いますのはね、今回のイベント用に今までのiconシリーズのダイジェスト版みたいなのを編集してくれたんだけど、これにカズさんっていうギタリストが生で音つけてくれたんだ。
基本ギター1本なんだけど、ナチュラル系のインストで映像とシンクロした演奏は鳥肌モン。
ギターでベースライン弾いて、そのあとジャンベやらオーバーダブのループで聴かせたり。
映像終わったあとのソロ演奏もよかったわぁ。

101120janken"persona"作るにあたってはかなり悩んだとか。
前から滑り手にスポットライトを当てた作品を作りたかったんだけど、実はそういうのはあんまし売れないんだそうで、「売れない」イコール次の作品の制作資金が足りなくなるってことで二の足を踏まざるをえなかったんだ、と。
そんな話を聞いたあとで太朗君や新谷さんのパート観ると、これ買うしかないでしょって気になりますわ。
ワシ的にはgentem stickの工場のシーンが印象的だったなぁ。
職人さんが一本いっぽん丹精込めて作ってるんだねぇ。

でもって最後はスポンサー様からの景品をじゃんけん大会でっつう、スピーカーシリーズには珍しい展開。
101120ticketそして、なんとワシは妙高高原のリフト券を勝ち抜いちゃいました〜。
クジ運最悪なワシとしては珍しい。
珍しいだけに、ここで運を使い果たして粉に当たらないなんてシーズンになりませんようにっ。

ってことで今回のスピーカーシリーズは楽しめた。
まだ始まったばっかしで全国行脚するみたいなんで、機会があればぜしご参加することをオススメします。
上映会も楽しみ〜(^^)。

| | コメント (2)

2010年11月19日 (金)

二の酉

101119ninotori先日の一の酉に続き、今日は二の酉。
この間2週くらいだけどぐっと秋が深まるんだよなぁ。ちょうどイチョウも黄色くなる頃で。

101119misemono仕事ひけてからちょっと寄ってみたんだけど、境内には「見世物小屋」なんぞもあって、マイクにびったり口つけたアナログディストーションの聴いたおどろおどろしい呼び込み口上をおばさんがガナッてる。
ちょっと覗いてみたい気もするな。

101119tangすこし時間があったんで、前からアコガレてた串焼きにチャレンジしてみました。
タンだってんだけど、なかなか歯ごたえあって一体どんな動物のタンなんだろうかとか。
さて、神田に向けて出撃っす。


| | コメント (2)

5:53am

101119sunrise夕べの帰りは寒かった〜。
そして今朝はピーカン、放射冷却でベランダに出るのをためらうくらい。
初冬の朝、と呼んでいいんでしょうか。
今日は二の酉だな。

| | コメント (2)

2010年11月18日 (木)

松ぼっツリー

101118matsubokkuri松ぼっくりがストーブの着火材にいいってのは前から聞いており、去年着火にちょっと苦労した(結局煙突掃除してなかったせいなんだけど)りもしたんで今年は使ってみようかと波チェックの行き来、防砂林に植えてある松の下で拾い集めておったのである。
昨日のストーブ点火式で始めて使ってみたんだけど、メラメラ燃えて気持ちいいですわぁ。

101118yusen一方夏の終わりにサーフボードのワックスを剥がした残りをなんだかもったいなくてとっておいたんだけど、昨日雨で暇なモンでストーブでお湯沸かしてワックス湯煎しましてね。
でもって松ぼっくりを浸してみましたらホレこのとおり。
なんだか雪が積もってるみたいでしょ。
昔めんこい君とかが幼稚園の工作で色塗ってミニクリスマスツリー作ってたの思い出してやってみました。
ま、ワシの場合結局燃しちまうんですけどね。

| | コメント (7)

2010年11月17日 (水)

初ストーブ

101117stove朝から雨のパラつくトーキョー。
天気予報だと南房のほうに雲がかかって一日雨かも。
とりあえずトーキョー宅を暗いうちに出たものの、どんどんモチベーションが下がり交差点のたびに引き返そうかと逡巡しつつアクアラインに乗っちまった。
海チェック、さぶっ。
でもとりあえず波たってるんで無理矢理ワンラウンド。
入れば水温高いんで3mmフルでもぜんぜん問題ないんだけど。むしろ海からあがってクルマに戻る途中で身体が冷えちゃいました。

ヒーターガンガンにかけつつ買い物してから小屋に行って、まずやったのはストーブで中を温めること。今年初のストーブですね。
こないだダンゾー君が薪割ってくれたし、煙突も掃除してるし、最近拾い集めてた松ぼっくりを発火材にしたんで一発着火。ほわぁ〜久々のストーブ暖かいわぁ。
ちょっと前まで大汗かいてたのが嘘みたいだ。

101117dryなんだか雨止みそうにないんで走れないかも。ほんじゃ2ラウンド目、っていっても濡れたウェットまた着るのは辛すぎるんでストーブで乾かす。
ホントはこれやっちゃネオプレーンが痛んで堅くなっちゃったりするからイケないんだけどね。背に腹は代えられませんわ。

立山に備えてボードのワックス落としたり、チョイと工作したりしてから再度出撃。
2ラウンド目は小屋でウェットに着替えて出撃。
そのままウェットで戻ってきてまたストーブに火をつけ、暖まってから着替えして、更に暖まるためナンチャッテ温泉へ。
寒い日波乗りしてからのナンチャッテ温泉はホントにありがたいです〜。

| | コメント (4)

2010年11月16日 (火)

スカンディア

101116patavahti今に始まった話じゃないけど、ここんとこまた北欧がクローズアップされてる気がする。
ナチュラルとかシンプルとか、そっち方面が時代の気分なんでしょうな。
近所のデパートでも北欧関係の生活商品とかの催し物やっててちょっと覗いてみたら、カワイくてモコモコの(今年はモコカワだとか)毛布とか売ってて、思わずオカマ汁がじゅんと分泌したけど値札見てぐっとガマン。
まぁ、小物で気を済まそうかと買ったのが鍋の蓋をちょっと開けておいて吹きこぼれを防止するヤツ
その辺の木の枝でもよさそうだし、たぶんシリコンのきれいなのとかもありそうだけど白樺の木ってのがちょっと気に入りました。

101116sponji
ついでに買ったこいつもカワイイ(ぢゅんっ)。
紙ナプキンみたいなんだけど用途は「布巾」です。
吸水率がスゲー良くて何度も煮沸消毒できるとか。よく考えたらワシは自然乾燥派で、あんましふきん使わないんだけど。

| | コメント (0)

2010年11月15日 (月)

お題は貧困

101115precious今週観た映画。
今年日本で封切られた映画の中で第9地区と並んでこれも観たかったんだ~、と期待して観た。

重い映画です。
主人公の体重が100キロくらい。
じゃなくて内容が。
もう最後の最後までほとんど救いがないというか、ぬるま湯みたいな現代の日本じゃありえない設定とありえない登場人物。
そりゃもちろん戦争モノとかならいくらでも悲惨にできるだろうけど、舞台は現代のニューヨークですからね。
「貧困大国アメリカ」たらいう新書がベストセラーになったけど、ソノモノですわ。
最後はちょっと救われるんだけど、でもこの先も並大抵じゃないよなぁ~。

母親役はスゲー存在感あって、アカデミー助演女優賞とったのうなづけます。
あとちょっと印象的な脇役で、マライア・キャリーとレニー・クラビッツがでてくるんだけど、特にマライアは地味な印象で最後のタイトル・クレジット観るまで本人かどうか自信持てませんでした。
明るい気持ちになりたいときにはお勧めできませ~ん。

101115leonもう届いたのはこれ。
こないだニキータ観てまた観たくなった。
やっぱプロットが緻密で完璧だわぁ。

偶然だけどベースになるのはアメリカの社会問題は一緒ですねぇ。
ってか、ポンニチもこうなりつつあるのかのぉ。

| | コメント (12)

2010年11月14日 (日)

光り物

101114vally
今日はうねりも小さそうなんでちょっとゆっくりめに出撃。
途中山の中、始まりだした紅葉眺めながら7時過ぎに到着。でも温暖な南房は紅葉イマイチなんだ。

さて波は?まぁ割れてはいるんだけどやっぱし小さい。とりあえず小屋に行ってどーしよーかなー畑でも先にやっかなぁ、と思案しているところにマルモ君から干いてるうちに入っとかなくちゃダメですよ~と電話。
確かに仰るとおりで、午後から風も入りそうだしショップ前に出撃。
膝~モモと小さいながら面ツルで波数だけはやたらたくさん乗れて充分っす。

一足先にあがって買い物して小屋に戻って、マリちゃんやあっちゃんたちと太鼓の達人やったりしてるとtsuno家が登場。本日は「美波不動産」としてマルモ君たちに物件を紹介するんだと。
ワシも一緒にショップの上にある物件を見物してからtsunoも一緒に南グルカフェ。

101114fishesちょうどカズヤさんが釣りから戻ったところで、大将がクーラーボックスに釣りたての真鯛やらイサキやらを放り込んでるところ。
氷水に突っ込まれた真鯛がバシバシ水跳ねますわ。

こんだけ一人で釣れれば、そりゃ楽しいだろうなぁ。
凄いね、ってぇワシの言葉に「今日は少くねぇよぉ」とは憎いコメント。

101114harasuアジの唐揚げやら、届いたばかりの鮭のハラスやら、人数いるとたくさん種類が食べられて嬉いっす。
襟裳からとは別に、今日はクジラチームのジィ2ことウツミさんから三陸直送のサバが届いてるよ~。
ワシイワシもアジも好きだけどサバも大好き。
光り物が好きな安上がりおやぢです。

101114saba_sashimi
まずは刺身なんだけど、んまいっ!身のハラス側のとろ~りとした脂の乗り方が絶品。
もちろんサバ独特の臭みなんぞは一切ございませ~ん。
舌が肥えたtsunoんちのノンちゃんもペロリと食べちゃいます。
101114non
そんでメインはサバ料理としてはお馴染みの味噌煮。
101114saba_misoni_2サバの味噌煮って足の早いサバの臭みを味噌で誤魔化す料理ってのが普通だけど、なんせ使ってるのがさっきのサバ。
普通はサバの味噌煮ってボソボソしてるじゃないですか。
もちろんそんあこたぁない。
ホクホク・ふわっとした食感。
味噌の味も控え目で、味噌煮のイメージではございません。
そのままオサレな西洋料理屋で出してもいいかも。
青山あたりで気取った名前付ければ3000円くらいはいただけるであろう。

あいも変わらず腹いっぱい。
ジョギングもしなかったから、腹ごなしに珍しく風呂より波で薄暗くなるまで遊んじゃいました。
一人で小屋に戻って映画を観始めたところでアオタ夫妻が登場し、一緒に1本観てからトーキョーに。
APECご一行様もご帰国されたあとのようで、ガラガラ渋滞なしのアクアラインで今日も盛りだくさんの週末でございましたっ。

| | コメント (2)

2010年11月13日 (土)

日本の自然を滑る

101113nabechan_2
本日出勤にて一旦帰宅後着替えてチャリにて大崎に出撃。
今日は大崎店で「日本の自然を滑る。~テレマークスキーヤー高梨穣。雪国に暮らし滑る魅力。」と題したスノーシーズン前の恒例スピーカーシリーズです。この時期これがないと盛り上がりませんわねぇ。

101113nasshiスピーカーはタイトル通りナッシーことテレマーカーの高梨君、そしてカメラマンのナベちゃんといつものコンビに、フリースキーヤーの中島力さん。
いつもはしゃべりの得意なナベちゃんが最近撮った写真なんかをネタに、ナッシーに話を振るっつうパターンなんだけど、今回はナッシーがメインでたまにナベちゃんがコメントする(茶々入れるともいう)という新たなパターン。
それにしてもワシの前には最前列でノースのジャケット着てるというなかなかいい味出してる方がいらっしゃった。ま、別にいいんですけど。

101113wourld_cup_2話の内容は、まずナッシーが子供時代の話からテレ始めてニセコに定住するまでの話を古い写真とか引っ張り出してきてってのが前半。
ワールドカップに出たときの「痩せてる」秀ちゃんが写ってる写真とか、いつものナベちゃん撮影以外の写真もあってちょっと新鮮。
後半はタイトル通り、日本の自然の中で滑ることについてのお話で、ワシらは普通に思ってるけど世界中探しても広葉樹林帯の中であんな降雪量あるのは日本だけだよ、ってなテーマ。
リッキーこと中島君のパウダースキーの記事になった去年のニセコトリップの話なんかを交えて、自然を感じながらの滑りに目覚めました、みたいな。
同誌からは巻頭のナベちゃんか記事書いた奥穂高を滑ったときの話なんかも。

101113otonano_ski実は立山の予定もまだ決まらなくて、なかなか気分が盛り上がらなかったんだけど、雑誌やらカタログやらめくって一気に気分盛り上げたいと思いま〜す。
あ、大崎店では21日までナベちゃんの写真飾ってますよん。

| | コメント (0)

2010年11月12日 (金)

キミタチね〜


けっこう踊りにキレがあるところがまた鬱陶しかったりする(-"-;;。

| | コメント (6)

シミ

101112fireburn夏野菜の中でしぶとく生き残っているのはトウガラシ類で、いまだに伏見トウガラシとパプリカは頑張っている。
ここんところ伏見トウガラシは揚げ浸しにして食べるのがマイブーム。
味がよく滲みこむようにフォークでブチッと穴あけてから料理するのがコツなんだぜ。

一晩寝かせて味がよく滲みたところで翌朝チン。
ハフハフしながらかぶりついたところ、トウガラシの中に滲みてた熱々の汁がブシュッと噴出、左目に直撃!
アジジッと慌てて水で冷やしたのだが数日チリチリした挙句、ご覧のとおりのうっすら瘡蓋状に。

うむむ、このままシミになっちゃったらどうしようかしら。
ってなことでマクロ撮影してみたところ、うわ、ちっちゃなシミだかソバカスだらけだわ。
四半世紀にわたって紫外線浴びまくってたんだからしょうがないわねぇ。その割にはでかいシミとかたいしてできないなと思ってたんだけど、要は顔中シミってことだわな。
もう歯といい顔といいボロボロですわ。

| | コメント (2)

2010年11月11日 (木)

手術中

101111in_operationさて、今日はいよいよインプラントの手術なのだ。
なんせお高い手術ざんすからね。
ネタにしないでなんとする。
まずは歯医者の看板のまえでつぶやく。
ちなみにお世話になったのはここ。逗子時代からの知り合いで歯科に関してはここ一本槍。伊達に日大歯学部のそばで開院しないだけあって腕は確か。
それ以上にスタッフが美人揃いなのがモチあがりまっす(^^;; 。

ということで受付する前に右のポケットにデジカメ、左のポケットにはつぶやき用のケータイを忍ばせる。
もちろんデジカメはマクロモードでISO400に設定。
ケータイにはつぶやき用のアドレス設定して「手術ちう」と本文入れとくっつう念の入り用だ。これぞブロガーの鏡。ブロガー魂炸裂というところであろうか。

101111stupefactionで、施術台、といってもさして大きな歯科ではないのでいつもの診察台に。
目の前の台にはまがまがしい麻酔用の注射器が。
ワシってヤツは怪我慣れしてるっつうか、痛点が少ない犯罪者体質というか、男にしては痛みには比較的強いほうであると自認しており、注射はオッケーなんだが歯医者の麻酔だけは苦手。
歯茎にブスってのだけはどうもねぇ。

101111toolsでとりあえず仮歯をとって、さて準備完了。
目の前には男子であれば必ず目を輝かせるであろうツールの数々。
なんかいろんな形したドリルヘッドみたいなのがズラリ。
でもこれが自分の歯茎にぶち込まれるのかと思うと、そうも脳天気なことは言っておられませんな。
こえ〜。

でもって、手術用の目隠しっつうか布のカバーをかけられて、あとはどうにでもしてしてチ○コの、みすずちゃん状態(わかるヤツだけ笑え)でまな板の鯉状態。
既に麻酔は効きまくっており、なんだか2階で内装工事もやってんの、くらいの感じっす。

101111dr_yasuiさすがにガリガリとドリル突っ込まれてるとおぼしき時間は緊張してたけど、掘削作業が終わったとあたりで右ポケットをゴソゴソ。
既に右手の一部と化した「きみまろ」のオペレーションは、目隠しをされてようが闇夜でゴルゴ13が闇夜でM16を操るが如し。
トップ画像はその一枚だ。
つづいて左ポケットからケータイ取り出してつぶやいてもみたさ。

「ナニやってるんですか、ZZさん」
あら、先生いたのね。
「ちょっと写真撮ってあげなよ」と助手さんに声をかける先生である。
しかも手術後メールで画像を送っていただいたので、せっかくだからご披露しよう。(グロいので血とか観るのが嫌いな人はスキップするのをオススメします。

101111implant1ドリルで上あごに開けた穴。

101111implant2そこにチタン製のこんなものが埋め込まれる。
ちなみにサーフボードの一般的なリーシュカップも基本こんな形してますね。

101111implant3でもってこんな感じで埋め込まれるわけだ。
この状態からさらに歯茎の肉をかぶせてボルトがまわりの骨に馴染むのを数ヶ月待つらしい。

101111after術後のレントゲン。ちゃんと埋まってるわ。それにしても口の中が異物だらけだのぉ。

っつうことで、とりあえず無事手術は終了。
6時間近くたった今でも術後は順調でっす。
画像はぜんぶ拡大できますよん。といわれても見たかねぇか。


| | コメント (8)

わわわわわwwww

101111murodo


| | コメント (0)

2010年11月10日 (水)

事故2件

本日も早朝出撃。
平日野郎の特権で僅かな時間ながら無人のアタマサイズを滑れてニコニコ。
買い物がてら館山方面に出かけることにする。
tsunoんちに行って菜の花の苗をいただいてからパワコメ行こうとすると珍しくミニ渋滞。
えぇっ?
101110tateyama_accident
横断歩道にばったりおばさんらしき人が倒れて介抱されてる。
脇の道路にはコンパクトカーが停まってるけど、横断中にぶつけられたのか、でも敷物敷かれたりしてちょっと不思議な感じ。
まぁワシの出番でもなさそうなんでそのままスルーしたけど、帰り道にはおまわりさんがいたからやっぱし事故か。

なんだかんだで時間が遅くなり、ちょっと走ってナンチャッテ温泉入ってトーキョー宅に。
そのままこないだ出した洗濯物を取りに行こうとするとまたミニ渋滞。
101110shinagawa_accidentデリバリバイクがばったり。
これも路側にクルマが停まってて介抱中、多分右折関係の事故だな。
事故2件遭遇は人生初かも。皆さん交通安全ですよ〜。

| | コメント (0)

2010年11月 9日 (火)

高速撮影

101109exilim
ここんとこ古い「きみまろ」とFT-1のパナコンビで充分になっちゃって、デジカメ方面に物欲がわかないワシ。
普通撮りは広角・適度に望遠できみまろ。
海山用は広角・防水のFT-1。
スペック的にはFT-1でほぼ充分なんだけど、白熱電球下での発色がイマイチ(要するに南グルカフェですが)なんできみまろも併用。まぁ手ブレ補正だの、GPSだの、笑顔がどうたらだのの新機能は搭載されてないけどワシにはこれで充分かな、と。
あいかわらずデジ一には興味わかないし(ワシには使いこなせませんて)。

ただ、実はちょいと気になってたのがカシオのハイスピード方面なんですな。
アクション系の撮影にはちょっといいかも、と。
じっさいイチロヲちゃんは導入済みで、去年はけっこう活躍させてたし。
ただまぁ、どんだけ使うかなって気もして保留にしてたんだけど、こないだたまたまアマゾンで調べたらアレレ、1万円きってるぢゃん。近々モデルチェンジでもあるのか、その辺のトイカメと変わりませんってことでポチッと。
ってなことで、ちょうど一の酉やってたんでチョイと試し撮りしてみました。
いかがでしょ。

横長はハイビジョンモード。
210fpsで撮った三三七拍子のスローは笑えるかも。

101109onoffちなみに電源オン・オフスイッチですが、異常に小さいです。
手袋してちゃ絶対ムリ。指先がかじかんでても厳しいかもしれないっす。
ワシ的にカシオさんにお願いしたいのは、広角レンズ・ハイスピード/HD動画搭載のGショックカメラっす。あるいはそれら機能搭載のGショックケータイだともっと嬉しいかも。
どうせ社内でG-ショック部隊とエクシリム部隊の連動悪かったりするんだろうけど。

| | コメント (7)

2010年11月 8日 (月)

英語圏などでのNicolasに相当する

101108nikita一昨日マルモ君たちと観たやつ。
たぶん日本での公開が「レオン」のあとだったんで続編みたいな印象だったんだけど、こっちのほうが先なのね。
ジャン・レノが「掃除人」つう呼び名の殺し屋で出てきて、思わず「レオンだっ」ってつぶやいちゃったけど、これが評価されてハリウッドで「レオン」撮ったのか。

バイオレンスな中に切なさとかやるせなさとかが感じられるのはフランス映画ならでは、ですかね。
レオンも大好きだったけど、こっちもまったく劣りません。
また観たいかも。
主演のねーちゃん、この時リュック・ベンソンと結婚してたらしいけど、ミラジョボといい、このおっさん貧乳好きなのかしら、とか。

| | コメント (6)

2010年11月 7日 (日)

一の酉

101107sun今朝は曇り空。
と思ったら水平線近くにオレンジ色の点。
雲の隙間からお日様がチラリと。
ちょっと嬉しいような、でもちょっと不気味な色。

101107kumade今日は出勤なんだけど、いつもは静かな週末の朝なのに職場のそばがなんだかちょっと浮かれたような不思議な雰囲気が漂う。
あ、一の酉だわ。
昼休みにちょっと覗いてみるとあっちこっちから商談成立の三三七拍子。
二の酉の頃にはすっかり秋も深まって、雪山が待ち遠しくなるんだけど今年はどうなりますことやら。


| | コメント (4)

2010年11月 6日 (土)

害獣駆除

101106nekochu
今日もアサイチ出撃。
期待してないけどね~、ってその期待してないどおり波はプアーでちょっと入る気になれず。
この場合、今までだと畑仕事ってことになるのがいつものパターンなのだが、思いついて小屋のロフトで軽くヨガってからジョギングをしてみる。う~む、これわ新しいリズムが生まれたかもってのは大げさでしょうか。

走り終わってから畑いじくって、買い物してからマルモ家と合流してワンラウンド。
干き潮からの上げこみと無風のおかげでいい感じで遊ばせていただく。

でもってそのまま南グルにゴー。
襟裳丼にする?い~え、先週いやっちゅうほどイクラを食べましたのでパス。
101106deer_humburgということで先ずは前菜に小鹿のハンバーグとかぁ、小鹿のスペアリブとか。
野生のエゾ鹿だからジビエってことになりますかな。
小鹿っつうとちょっと可哀想な気もするが、天敵の狼がいなくなった鹿は増えすぎて害獣(人間にとっても森にとっても)になっちゃってるんで駆除の対象なのは本州でも北海道でも一緒。
101106mari
小鹿ってのはまったく癖がないなぁ。
スペアリブは味噌漬けでグリルしてるんだけど、柔らかくてなかなかの美味ですわ。
また仮歯がとれちゃうのが怖いんで、ガブリと豪快にはいけなかったのが残念。

101106sanma刺身はサンマ。
この盛りつけ、1年ぶりだけどやっぱカワイイよねぇ。
包丁使ってるおぢさんも案外カワイイからね(はぁと)。

メインは底鱈のホイル焼き。
ベニアコウの外道なんだそうで、ってことは1000mとかに住んでるわけで深海魚みたいなもんでしょうか。身がフニャフニャに柔らかいんで煮たりすると溶けちゃうんだそうで、箸でつまんだだけでトロリと崩れちゃいそうな柔らかさ。味は普通の鱈をもっと淡白にしたような癖のない上品なお味でございます。
101106sokodara_2

最後にミニ襟裳丼を食べちゃってカロリー消費が必要ともうワンラウンド。
風も入って潮もあげちゃってたモンで、ワシはパスしてナンチャッテ温泉のマッサージ椅子で爆睡。
小屋に戻って映画でも観るべぇかってところにあがってきたマルモ君たちも加わって、映画観てから今日は日帰りでトーキョーに。
なかなかいいペースのお休みでございましたっとぉ。

| | コメント (4)

2010年11月 5日 (金)

月面歩行者

101105moonwalker今週届いたやつ。
まぁねぇ、これってホントに映画館用に作った映画なんすかね。
テレビでやってたMJショーとかいうバラエティのオムニバス版とかそんなんならわかるんだけど、「本編」としちゃシュールすぎじゃないすか。
でもファンは納得しちゃうのかしら。
ダンスシーンになった途端ワシも引きこまれちゃうもんねぇ。
ま、いいか。

| | コメント (4)

6:05am

101105sunriseここのところ早朝曇りがちでもう日の出は隣のビルに隠れちゃったかなと思ってたのだが今朝なんとかギリギリ今シーズン最後の朝日。
現在再建中の会社のビルが傾いてるわけじゃなくて広角の歪みです(^^;;。

| | コメント (2)

2010年11月 4日 (木)

80〜150cm

101104murodo7am7時の画像。
吹きだまりは1メートル以上だそうで。
チョコチップ拾いに行きたい。
でも今年はまだ予定がたちません。


| | コメント (0)

2010年11月 3日 (水)

イクライクライクラ〜

101103ikura母親がきてまして、例によって土産に毛蟹とイクラ。
毛蟹はカメラ構える暇もなく汁まみれになりながらあっつーまに食っちゃいましたが、イクラは冷蔵庫に。
母親が漬けたんで早いとこ食っちゃわなくちゃいけないからドバッとかけちゃえ~。
っていうか子供のころから食卓にはネスカフェの大瓶に入ったイクラがドド~ンと乗ってたのね~。
飯が見えるような食べかたしたことないワシです。
写真撮るにはちょっと色気がないんで、一緒に持ってきたシャケフレーク乗っけてみたけど今回も1センチほどの積イクラ量でございます。
いまんとこ尿酸値は正常、痛風のケはございませんので、ご心配なく。

| | コメント (6)

2010年11月 2日 (火)

薪割りおぢさん

101102maki

なぜか休みを振り替え、早朝出撃。だって波よさそうなんだも~ん。
そしてなぜか後部座席にはアークテリックス銀座店のカリスマ店員ダンゾー君。

とりあえずの波チェックはガッカシ、不発っぽい雰囲気。
まぁそんなモンすよね。もう数十年そんなのには慣れっこであるので、さほどショックを受けない自分がいるのだよ。

101102danozo_makiwariとりあえず小屋に行って畑でもみんべぇ。
昨日の朝南房方面に大雨警報でてただけあって、畑には雨水が流れたあととか。
なんてチェックをしているとダンゾー君が、なんかやることあったら手伝いますよ、と申し出てくれたんであとで薪割りでもやってよとお願いする。
あれ、もう始めちゃうんですかまだ朝も早いからゆっくりすりゃいいのに。

ちょいと畑をいじくってからチェックすると家の前のポイントがなんとなくできそうなんで、とりあえずワンラウンド。
思ったより楽しめて小屋に戻ると、薪がこんなにうずたかく積まれてました~。

ありがとさんですダンゾー君。

ダンゾー君は壁触ったり、ワシはジョギングしたりしてから南グルに。
小鹿の煮込みだの、カレイのから揚げだの食べてから刺身。手前の白いのはタコの口(くち)の刺身。
101102sashimiふ~ん、こんなに柔らかいんだ~。アジにシメサバ、地のアナゴもおいしうございました。
ワシはこの時点でおなか一杯になっちゃったけど、ダンゾー君は軽く握ってもらって満足そう。

101102yakiimo昼飯のあとはダンゾー君も波乗り挑戦、のはずがお腹一杯になっちゃって結局お昼寝でぇす。
昼寝の間ダンゾー君はオバタのおばさんにもらったヒネサツマイモを焚き火の置き火で蒸しといて、ちょっと芯が残っちゃったけどけっこうイケましたわ。
ナンチャッテ温泉にも入って今日は早めに撤退でっす。
またタイミングがあったら遊びに来てくださいな>ダンゾー君。

| | コメント (0)

2010年11月 1日 (月)

Life is a Cabaret, old chum, Come to the Cabaret!

101101cabaretここんとこ惜しむように読んでるイケナミ先生の日記風エッセイ
晩年の作であり、あまり旅行には出かけず体調崩したりといった内容が多いのがちょっと悲しいんだけど、映画だけはしっかり観ていたようで、新作旧作問わずよくご覧になっておりレビューが参考になる。
四半世紀近く前だから「新作」といっても今じゃ旧作・クラシックの類になっちゃってるんだけど、気になる映画についてはページの耳折ってリクエストしたり。
これもそんな1本ですね。

ライザ・ミネリ懐かしいなぁ。って別にファンだったわけじゃないんだけど、主題曲は耳に残ってるもの。
筋はまぁ、もとがミュージカルだからそんな複雑なモンじゃないけど、舞台がナチが台頭しつつあるベルリンってことでなんか不安定な雰囲気は醸し出されてますね。
ライザ・ミネリがスターを夢見るビッチなネーちゃんって役にぴったりハマッてますわ。

それにしても、こうして見るとあんましスタイルよくないなぁ。ってか現代の基準で見るとってことですけど、シャーリー・マクレーンにしろなんかゴツイわぁ。
やっぱ時代を感じますです。

| | コメント (0)

いよっ!待っとったけぇ!

う〜む、やっぱブチ欲しいのぉ...。

| | コメント (2)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »