« 経済学シリーズ | トップページ | ランナーズ・ハイ »

2010年7月 1日 (木)

電子書籍

100701magazine発売から一月経ってweb上の「触ってみました」的な初期レビューなんかはほぼ出尽くした感じ。でもって話題はすでにiPhone4.0に。
で、評価はおおむね2派に別れてて「でかいiPhone でしょう?」的なアプローチの人は「でかいってこんなに素晴らしいのね!」と好意的なのに対して、「もっと小さくて使いやすいPCかも!」ってなアプローチの人は「仕事には使えません、ガッカシ」みたいな感じで落胆されておるようだ。
後者の極端なのは「タイプ速度が2.5倍かかる!」みたいなネガティブなご意見まであったりするんだけど、そーゆー連中にはハナから触って欲しくないというか、一生「PC」使ってなさい、と申し上げたい。ばぁか。
ワシなんて夕べも「太鼓の達人」セブンイレブンのチーカマソーセージで叩きまくっちまって寝不足なんだぜ。こっちはもっとバカ。

でもって、もういっこのイシューとしてはiPadは電子書籍の地平を開くか!?的な話題ですな。
kindle vs. iPadとか。
まだこっちのストアでbookstoreが開店してないせいもあってポンニチじゃ様子見な感じだけど、雑誌関連ではチラホラ「お試し」が出てきましたな。
つうことで本家「これぞ電子雑誌!」のWIREDがお試し無料版が出てたんで落としてみました。
確かにインタラクティブで、動画とか綺麗に映るし、同じ特集記事が下方向にフリックするのとか新鮮な感じ。英語だから買わないけど、このクオリティなら雑誌以上の「質感」かもと思った。

翻ってポンニチはまだまだ「紙」にしがみついてる感じ。
前からある「クーリエ・ジャポン」とかもフルバージョンでも本誌の半分で、ぜんぶ読みたかったら紙のほう買ってね、的な宣伝版。やっとアクセスできるようになった話題の「ビューン」もまだお試し期間なせいもあるのかダイジェストが多い感じ。
それよりなによりほとんどぜんぶ紙紙面のスキャンでしかないとこがねぇ。
こんな事いつまでもやってるとどんどん進化するwebマガジンとかのweb専メディアに引き離されて、既存のプロダクションラインは先細りって気がするんですけど。
余計なお世話か。

|

« 経済学シリーズ | トップページ | ランナーズ・ハイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 経済学シリーズ | トップページ | ランナーズ・ハイ »