« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

ふつうに握り

080831nigiri

080831shiokara_toufu夜半に雨はあがったようだ。
ロフトで朝ヨガやってから波チェック。
とりあえずイマイチなんで、今週のイベントであるニケ+のバーチャルレースに「参加」。
当選汗だくなもんで体の火照りもついでにとっちゃえと波乗り開始。
入ってみると思いの他楽しくて儲けた気分。

080831shirokawa_chou昨日仕入れた材木使って外回りの準備をしてたら、青空がのぞいちゃって湿度が高いまま気温も上がる。
やっぱし汗かいちゃってたった2日で何枚Tシャツ着替えてんだか。
作業のあと片づけをしてまた水シャワーで汗流してから、直売所で野菜仕入れてそのまま南グルカフェに。
なんにしようかなぁ、ってまず出てきたのは昨日の白皮カジキの胃袋に続いて今日は腸。
いったん干物にしてから串焼きにしたとかで、コリコリした食感は砂肝みたいな感じで、噛むうちにジワリと味がしみ出してくる。

080831ikanigiri
じゃ、久々に握ろうか、ってことで1年ぶりに寿司定。
さ〜次々に握られましたよ〜。
えっとですね、手前から蒸しアワビ、地ダコ、白カジキの卵、イサキ、スルメ、ワカシ(ブリの一番若い時の呼び名)、ヒラメ、石鯛。
白皮カジキの卵はそれと言われなきゃ卵だってわからないちょっとザラッとした舌触りの淡泊なお味。卵っつうより卵巣かな。
地ダコが味が濃くてんまかったっす。
最後にスルメイカを一握り。
ツメの代わりに塩辛のタレ塗るとこれがんまいんだわ。

080831shirokawa_kobukuro最後に白皮カジキの卵巣の皮をさっとあぶって出してくれました。
これまたコリっとした淡白なお味でございましたっ、とぉ。おなかも満足したんでナンチャッテ温泉に入ってから、トーキョーに戻ってクライミングです。
イヤいや、ホント忙しい週末。

| | コメント (0)

2008年8月30日 (土)

のんびりしたいのに

080830shookara雨の中、山道を運転するのは気が進まないんで、今週も早朝出撃。
とりあえず波チェックして先週よりマシなのを確認。
もうちょっと干くのを待ちながら、畑のメインテナンスをしてから、とりあえず歩いて一番近場のポイントで軽く波乗り。

あがってみるとマルモ君から連絡があり、こっちに向かってるから昼飯一緒に食いましょうということにして小屋の作業に入る。
薄日もさして気温もあがり、ぽたぽた汗たらしながら壁の下地を準備。持ってきた朝刊読む暇もありゃしない。
ドロドロになっちゃったんで一旦水シャワー浴びてから南グルカフェに出撃。そういや朝飯食ってないよ、ハラヘッタはずだわ。

080830shirokawa_ibukuro既にマルモ君やホンジョーさんは到着しており、座敷で水なますとか塩辛とかつまむ。
お、こりゃなんだ。
白皮カジキの胃袋の塩辛。なんかコリコリしてんまいっす。
昼でございますんで「おまかせ」にはしないで孫茶で締め。

小屋に戻ってマルモ君たちに手伝ってもらいながら、さっき切ったコンパネの設置を完了。
マルモ君たちが波乗りに行ってる間にナンチャッテ温泉で汗流して、マッサージ椅子でちょっとうたたね。
ちょっとホールドを仮セッティングして、戻ってきたマリちゃんなんかとなんちゃってボルダーセッションしたらまた汗かいちゃいました。

もうちょっと初心者用にガバホールドをセットしたほうがいいな、なんてやってるうちに外は薄暗くなり、あわてて舘山のパワコメに資材の買い出しに。帰る途中で雨が降りだし、一旦止んだものの風混じりの本格的な雨になり南グルは断念。
買い置きのビールとつまみでで壁のセッティングしてるうちに、酔いがまわってロフトに這い上がってバタンキューっす。
なんか一日中ほとんど腰落ち着ける暇なかったなぁ。
いつになったらのんびり昼寝とかできるんだか。

| | コメント (0)

2008年8月29日 (金)

モルディブレポート

P005a380もうひと月たっちゃったんだなぁ...、モルディブトリップレポート始めました。
お暇な方はトップページからどうじょ。

| | コメント (0)

2008年8月28日 (木)

潜水服は

080827sennsuifukuokちゃんのブログで知って気になっててリクエストしといた映画がデリバリーされた。
例によってストーリーはググってもらうとして、ワシ的にはヒジョーによろしい映画でした。
目以外は動かせなくなってしまった難病の主人公が...てな映画だとだいたい甘アマの感動ストーリーになりがち。主人公も撮っても前向きないい人に描かれて、周囲を含めたいろんな葛藤を抱えながらも..なんて、ワシの苦手なあいだみつおテイストになりがちなんだがそうじゃない。
喋ることができない主人公の独白がかなり辛辣だったり、エロオヤジ丸出しだったり本音で語ってるところが大変よろしいです。元気なころの回想シーンも決していいやつに描かれてるわけじゃないし。

それにしてもこの手の映画はもし自分がこうなっちゃったらどうするんだろう、ってことは誰しも考えるんでしょうけど、どうするかなぁ。「もう自分を憐れむのはやめた」ってのがこの映画の一つのキーワードなんだけど、スパッと気持ちを切り替えられるだろうか。
昔バイクの事故で片足なくした人の話を聞いたことがあって、事故って気を失ってベッドで目が覚めたら片足を切断されてたんだけど5時間で気持ちを切り替えたってことで、エラク感心したことありますが。

| | コメント (2)

2008年8月27日 (水)

ゆでぴ〜

080827yudepeanutsそろそろ直売所に生落花生が出回り始めたのだ。
殻付き落花生は生じゃなきゃいか〜ん。
それは枝豆が枝付きじゃなきゃいけないのとおんなじくらい大切なことなのだ。(でも冷凍枝豆とか食べちゃうけど)
というわけで先週もやったのだけど今週も茹でてみました。
Tsunoはかなり柔らかめが好きらしいけど、ワシは歯ごたえがあるのがいいのだ。
テルモス鍋を使って先週25分でちょっと歯ごたえあり過ぎたらから、今日は30分。
よし、調子いいぞ。

もう少しでZZファームでも収穫の予定。
とっても楽しみっす。

| | コメント (2)

2008年8月26日 (火)

生誕120年

080826hyakken本屋をウロウロしていたらこんなムック本が。
内田百間の特集号。なんで今?と思ったら生誕120周年なんだそうで。
(「間」の正しい字は門構えに「日」ではなくて「月」です)

学生の時に「百間随筆」に始まって当時旺文社文庫で出ていた作品はあらかた読んでおりまして、今に至るまで池波と並んでワシのモーストフェイバリットな作家でございます。
作家っちゅうよりワシという人間をかたちづくってる要素の何パーセントは百先生から影響を受けていると思われる。僭越ですけども。

ただ人となりなぞは先生の文章や文庫本の解説から想像するだけだったのだが、なんせ「別冊太陽」ですから豊富な写真や図版でもって在りし日の百間先生を浮かび上がらせてもらえるこのムックはワシにとってはかなりありがたい。
じっくり時間をかけて読もうっと。

| | コメント (0)

2008年8月25日 (月)

板サンガ

080825itasanga_bちょっと話を土曜日に戻しますけど、今回はtsuno棟梁が多忙のためリョウ君と二人でZpump壁の設営作業をやっていたのだが、時間があったらちょっと遊びにおいでよ、と誘っておいた。
とりあえず一段落したあたりで心づくしの手料理持参でサバ子も一緒に登場。

メインのおかずは「板サンガ」。
サンガ焼きといえば普通は網焼きしたりフライパンで焼いたりするのが一般だけど、舘山あたりなのかtsunoんちだけがそうなのか、とにかくtsunoは子供のころからこの板サンガしか食ったことない、と。

080825itasanga_aご覧の通り、魚のミンチ(新鮮じゃなきゃダメですよ〜)に味噌と薬味(ネギとか)を混ぜ(ここまでは普通のサンガと一緒)杉の板に塗って(厚さ1センチ強)火で焙るのだ。
杉の香ばしい匂いがサンガに移ってこれもまた美味し。

| | コメント (0)

2008年8月24日 (日)

えびふりゃ〜

080824ebifly昨日は昼飯からゴーカなものとなってしまい、小屋の作業のあと合流したtsuno&サバ子と4人で現場飯となり南グルカフェには出撃せず。ってか腹空きませんでしたよ。

本日の朝ごはんは南グルでハムエッグ定食。
波は本日も極小で、蒸し暑い中畑仕事や小屋での作業に勤しむ。
夕方パン2行く約束だったんで、トーキョー向かう前に軽く昼飯食べに早めに寄る。

昨日が昨日だったんで、今日の昼飯は普通に定食。たまには海老フライ定食でも食いますか。
海老フライでてきました。なんか久しぶりだなぁ。
でもちょっとでかいです、このエビ。
まず塩にレモン絞ったのにつけて食べてみる。
なんかブリブリした歯ごたえが。肉の味の濃さも太さも尋常じゃねぇ。
けっこう頬張る感じで齧りついても一口どころか3口くらいありますわ。
080824misoshiru定食なんで当然椀ものがついてきますが、フライにした海老の頭が味噌汁の具でした。あれずいぶんヒゲの長いエビだこと。
なるほど、ってがははは、伊勢エビの海老フライってかぁ〜。普通やんねぇよぉ〜、もうこりゃほとんど洒落の世界でしょ〜。
塩のあとは、大将特製の肝と鯨の油ドレッシングで。うむ濃厚じゃ。
ふはぁ〜、海老フライだけで腹いっぱいになっちゃいました。

ところがここにサイドディッシュもつくのだな。
080824hakofuguそれがこいつ。巨大な箱フグです。
昨日カズヤさんが午後も潜って目の前泳いでるのを手づかみで獲ったらしいです。
普通の箱フグの4〜5倍はありそうな。

080824hakofugu_cooked背中に包丁入れて中身を出すんだけど、体の中半分以上肝ですわ。
大将もこんなでかいの見たことないって、いやビックリ。
こりゃ海のフォアグラと言っても過言ではなかろうて。
もともと箱フグなんてなかなか獲れないし、房州人の大好物ってことで身内で食べちゃうものらしいです。
それにしても健康診断オールAのワシとはいえ、こりゃコレステロール値とかどう
なっちゃうんでしょうね。
あ、そういや2万キロ超えました〜。
080824fugumeshiそんな珍味を食えるシアワセ。昨日のウニ&アワビの肝に続いてめったにない機会にぶち当たった2日間でございました。ほんとカズヤさんありがとう。
ってなことはさておいて、もちろんワシ一人で食いきれるはずもなく、ワシは飯にぶっかけさせてもらい、皆さんでつつきました。

それにしても健康診断オールAのワシとはいえ、こりゃコレステロール値とかどうなっちゃうんでしょうね。

| | コメント (4)

2008年8月23日 (土)

イカづくしのはずが

080823surume先週末から空気が入れ替わって晩夏ってかんじ。ついでに波なし状態からも脱して欲しいのだがそうはいかない。
アサイチ出撃してチェックするも予想通りほぼフラット。
畑やって小屋まわりいじくったりコメリに買い物行ったり。

すぐに昼時になっちゃって南グルに出撃。ただいま〜。
080823gesosちょうどスルメイカのいいのがあがってるって事で昼飯はイカづくしって事で。まぁ軽めだな。
まずはゲソを炊いたり焼いたりと。

080823dukedon刺身はもちろん行きの良さの証明で透き通ってますな。
だいたい刺身作るのに生きがいいから身が丸まっちゃって包丁が使いづらそうだもの。
じゃ締めに軽く鰺の漬け丼で今日の昼飯は軽く終了。
ごっつぉさ〜んでした〜。

ところがそこに裏口から海坊主、もといウェット着たまんまのカズヤさん登場。
なんか手に持ってるよ。とれたての獲物?

080823awabiuniebiどわわ〜ん。
20センチ以上はありそうなアワビとウニ3個。
ついでに今朝あがった伊勢エビも添えてみたりして。

ちょっと食べてく?
ってこれを断れるような人はいません。
080823uniバコっと割ったウニをそのままスプ−ンですくうんだ。
寿司ネタになるようなウニは塩水とかで綺麗に洗っってるけど、あげたてのウニはそのまま中身を食うのが正しい作法である。ウニが食べて消化中の海草と海水が味付け。
醤油もポン酢もいりません。口の中に南房の綺麗な海がそのまま広がるようなさわやかなお味でございます。
くぅ〜っ、旨すぎる。
ちょっとカメラのピンがズレたのが惜しまれる。

080823awabikimoそんでアワビの肝ですよ。
すんません縮小表示しようと思ったんすけど、旨そう過ぎるのでそのままのサイズで。
南グルカフェに来るようになってからこの季節は当たり前のように味噌漬けとか食ってるのだけれど、だいたいアワビの肝を食う事自体が東京なんかじゃほぼ不可能なわけで。まぁ高級料亭なんかでは出すのかもしれませんけど、ワシなんかの舌には届きませんわね。
ところが、本日のアワビの肝は生。
足が速いからホントとりたてじゃなきゃ食えないんですよ。だいたい漁が午前中だから、たまたまカズヤさんが持ってきてくれた今日みたいに、よっぽどタイミングがよくなくちゃムリ。

ポン酢でつるりと。
くわぁ〜っ。言葉が出ませんわ。ヤバイ!ヤバすぎるッ!!

080823ikanigiriついでに鰺巻きとかイカ握ってもらっちゃったりして昼からまた満腹。
ほんとにごっつぉ〜さん。

| | コメント (4)

涼しいほうがいいのかも

涼しいほうがいいのかも

| | コメント (0)

2008年8月22日 (金)

オンバク!

080822mach前回笑わせていただいたこの映画の前編というか、元ネタというか。
こっちもオモロイよというコメントをいただいたんで観てみました。
こっちはまぁ国内向けにつくって、思いの外流行ったんで2作目作ったっちゅうとこだろうから、当然あとの方がカネもかかってるんだけど本質的には全く同じ。仏像が象になって、バンコクがシドニーになってアクションがちょっと派手にはなってるけど主人公の肉体はひとつだし。
「燃えよドラゴン」観たあと「怒りの鉄拳」みても面白かったのと一緒?今でも「酔拳」笑えるのと一緒?

単純に笑えて暑気払いには大変よろし。

| | コメント (0)

2008年8月21日 (木)

豪雨

夕立中野島の駅に着いた瞬間に降り始め。
あとパン2まで500メートルのセブンイレブンで足止め。
傘は持ってるけど役にたちません(-.-;)。

| | コメント (2)

2008年8月20日 (水)

シーリングファン

080820sealing_fanちょうどお盆で空気が入れ替わった感じがあり、昼間はあいかわらずあっち〜けど朝夕は晩夏って感じになってきたような。
とりあえずトーキョーの自宅では今年の夏もエアコンのお世話にはならずに済みそうで、これだけは湾岸高層のメリットかも。

南房ZZ亭もエアコンなしで乗り切る所存ではあるモノの、真夏になってロフトのあまりの暑さに恐れをなして慌ててシーリングファンをオーダー。電気が通ったのに合わせてtsunoが設置してくれました。
ちょっといかにもっぽくてこっぱずかしい気もするのだが、プロペラ径が小さめでシンプルなやつをチョイスしたんでそれほど目立たないかも。回転スピードは最強にしてもたいしたことないのがチョイと難点だが、ぶんぶん回るよか上品かも。
夏はもちろんだけど、冬場暖気のサーキュレーション効果への期待も大でございますね。

| | コメント (2)

2008年8月19日 (火)

ブルーベリーのお酒

080919bulueberry日曜日「わくわく広場」に買い出しに行ったらちょうどブルーベリーが並べられるところ。
やっぱし近郊の農家が朝どり野菜を並べに来る、9時半〜10時台がいちばんいいタイミングだな。
ブルーベリーはでかめの(お祭りの焼きそば級)プラスチックケースいっぱいで350円。実もでっかいわ。
あんまし美味しそうなんで思わず3パック買ってしまいました。

080819umeshuそんで2パックはこの通り果実酒のネタに。
こないだ梅酒を漬けた時に買ったホワイトリカーと氷砂糖が余ってたんだよね。
ちなみに梅酒もご覧の通りかなりいい色だしてます。
もう飲めるかもしれないけど、南房ZZ亭の貴重な初年度ものなのでじっくり熟成させる所存でございます。

今回はプロから買ったけど、いつか自家栽培のブルーベリーで漬けこみたいものですな。

| | コメント (2)

2008年8月18日 (月)

鈴虫で秋を先取り

080818suzumushi昨日南グルカフェで朝飯を食ってたら、入ってきた「シャチョー」がそこの朝市で鈴虫かったぞ、と。
10匹くらいで300円だとか。
大将も欲しがったんで、ワシが飯食ったあと仕入れてきた。

小屋に持って帰ると車の中で鳴きだしたものの、帰りの下道〜アクアラインではガタガタゴトゴトびっくりしたのか全く音なし。あたりまえだな。

自宅に着いてとりあえず暗いワシの部屋に置く。
飯の支度をしているとやっと環境に慣れたのかかすかに鳴き声が。
ちょうど気温も下がったし、そのまま枕元に置いて鈴虫の音を聴きながら秋を先取りした気分の風流な一夜を過ごしました。
大きめの容器に移して殖やしてみようかな。

| | コメント (2)

2008年8月17日 (日)

明日への遺言

080817ashitahenoyuigon明日への遺言たぶん終戦記念日に合わせたDVDリリース直後に上手いこと送られてきた作品。ちょっと早めに家に着いたので2日遅れで見てみた。

内容はググってもらうとして、なかなか骨太な映画でございますな。
映画はほとんど法廷と留置場のセットのみ。
カメラワークもオーソドックスな気がするし、あ、この映画もほとんど音楽かからないわ。
テーマとしては「ひとりを殺せば殺人者だけど、戦争で大量に殺せば英雄」「勝てば官軍」っつう割とありがちといえばありがち。

ではあるけど、アメリカ人の弁護人がフェァーな議論を仕掛けて一方的に敗者の側が裁かれるという被害者意識のかたまりではないところがヨロシイ。
藤田まことの抑えたサムライ的な帝国軍人ぶりもカッチョいいし、純子以下家族の静かな対応も高感度高し。逆に難を言えばちょっとかっこよすぎるとこかも。

| | コメント (0)

2008年8月16日 (土)

裏切り飯

080816namekichiそんなわけで「できちゃった」んである。

この週末はガッカリ島からカイチョがご出張されており、土曜日にちょいとパン2で登ってから南グルにでも行きますか、という段取りであった。
しかして「できちゃった」んである。
「できちゃった」ものであるから、これはもうしょーがないというかべつにつけなかったらとかきょうはだいじょうぶだからとかいわれたのにできちゃったというわけでわなくて、カミサマが11号をつくっちゃったんである。はい、言い訳しません、実際ワシはこーゆーやつですスミマセン、とあっさりドタキャンして、カイチョは鱸さんにパン2で接待してもらう事にし、一人で南房に出撃。
前日の午後熱低からの格上げであるのであんまし期待はしてなかったのであるけれど、いちおうサーハーなふりをしていもんですから。
で、小屋の事とかまぁいろいろあったんだけど、何とか久々に南房で美味しい波にありつきましたっ。ゴメンナサイ。

で、小屋に戻ってみるとナメキチがハンモックで気持ちよさそうにお昼寝。
このハンモックはヘネシーのヤツですね。ワシのよりこっちの方が作りがいいみたいです。オススメ。

シャワーを浴びて昼飯に。
実際お盆であるから漁もないし、カズヤさんはいないからあんましいい食材はないし、連日大忙しで大将も疲れてるだろうし、せっかく来てもらってもカイチョがガッカリしたかもなぁと思ってたのだった。
実際、まぁ「普通」でしたから簡単にメモだけにしておきます。

080816_1salad煮卵とトマトのサラダ。
ドレッシングは鯨の脂を使った大将のお手製だそうだが、脂がさらさらしてて植物性みたいでした。

080816_2isaki_2イサキのカマ煮。
さすが大将、さっぱりとした味付けでございますね。塩焼きでも美味しかったかもしれないけど、夏はこっちの方かな。

080816_3tare_2鯨のタレ。
ね、タレですよ、タレ。刺身でもなきゃ、ステーキでも、ユッケでもございません。
普通にタレです。いつでも食えます。わざわざガッカリ島から足運ぶほどのモノじゃござません。
しかしどうやったらこう、しっとりと作れんのかな。

080816_4mekabutoufu豆腐にカツオの血合いのなますとメカブを乗っけたの。
まぁこれも普通でしょ。
普通、普通。
普通に旨いけど。普通のレベルが違うんだよなぁ。

080816_5awabihoya_2アワビの肝とホヤ。
まぁこれはちょっと、ん〜、でもまぁ普通であって、スーパースペシャルなアワビのステーキとかに比べれば別にどうって事も.....旨っ。

080816_6mushiawabiこのアワビにしたって、刺身じゃありませんから。
まぁいってみれば「作り置き」?カズヤさんが潜ってないからしょうがないです。
こんど上がりたての食べられる時期にご案内しますから。
それにしても、どうしてこんなしっとり蒸し上げられるのかね。

080816_7kujirabeacon_2ね、鯨料理が売り物なのにタレとベーコンですよ。
ガッカリしちゃうでしょ。
もちろん自家製で、その辺で売ってるような着色したカチカチで食いちぎれないようなのじゃありませんし、この脂の柔らかさってのはなんだろね。

080816_8misoshiruなんか品数でごまかされた感じかなぁ。う〜ん。
おなかいっぱいになっちゃったから締めますか。
なんだなんだ味噌汁からなんかはみ出しちゃってるよ。
ママも疲れてるのかな、盛りつけが雑ですね。

080816_8iseebiなるほどハミ出すはずだ。
味噌汁の実は大きめのザリガニですね。
ザリガニザリガニ。
はさみがないけど、これはザリガニに違いない。
ザリガニの味噌汁ねぇ。

080816_9sushiというわけで、締めに軽くつまんで昼飯終了。
ま昼飯にしちゃちょっと食い過ぎたかな。
カイチョを連れてくるときには、もうちょっと忙しくない時期にちゃんとクオリティーの高い飯が出せるといいなぁ。せっかく来てもらってガッカリさせちゃしょうがないモンなぁ。
台風のせいでドタキャン「せざるを得なかった」けど、結果オーライだったかも。
あ、画像は一応拡大できますけど、クリックするほどのモンでもございませんよ。

ちなみにこのあとナメキチとワシは身動きできない状態となり、小屋に戻って夕方までハンモックでお昼寝。
そのまま小屋で作業をやって、夕飯は10時過ぎにそそくさと孫茶をかっ込んだだけですので。

次回ご出張の際には小屋も完成している予定ですので、直接南房に来てボルダー、豪華飯のセットでご接待する所存。
今回は平にお許しください。

| | コメント (3)

2008年8月15日 (金)

突然発生

080815typ_11昼過ぎに熱帯低気圧から11号に突然昇格。
マジすか。
とりあえず週末の予定はすべてリセット。スンマソン>カイチョ。
たいしてうねりは期待できないのだけれど、ここんとこのどーしよーもないコンディションを考えると思わず期待しちゃいます。
さてどうなるかな。

| | コメント (8)

2008年8月14日 (木)

晩夏に一枚

080813raulmidon今回のモルディブツァーでご一緒したヒロさんのiPodに入ってたやつ。
カッチョよかったんでメモしておいて帰って来てからiTunesストア検索したらあったんでポチっと。
1年前のリリースだそうですが、ワシったらこの人自体まったく知りませんでした。
盲目のR&Bシンガーなんですな。
レイ・チャールズ、スティービー・ワンダーのあとに続くのか?
ライバルは清水博正?違うな。

ちょっとけだるく、ぐったりした夜にはいいかも。

| | コメント (0)

2008年8月13日 (水)

年寄りの国ではないのだ

080813nocounrtyたまたまリクエストしといたらDVDレンタルリリースされたばっかのが届いた。
おっかねぇ映画、つうかスッキリしない映画ですな。
おもしろかったけど。
アカデミー賞とったらしいけど、こんなカタルシスのない映画がアメリカで商業的に成功するとは思えないんですけど。
おっかなさ的にはちょっとスピルバーグのデビュー作の「激突」にちょっと似てると思った。
得体のしれない相手につけまわされ逃げ回る(実際にはちゃんとした筋があります)感じかな。
とにかく主演の殺し屋役演じる  の存在感が圧倒的で、それに尽きると言ってしまえばそうなのですが。
エンドロールまで音楽が一曲もかからないってのもなんかすごいですね。

個人的には舞台になった80年代のアメリカの田舎の感じがいいかも。学生の時夏休みにグレイハウンドバスでアメリカ一周した時のこと思い出しちゃいました。

| | コメント (0)

2008年8月12日 (火)

土用の梅干し

080812dried土用といえばうなぎ、ではあるが梅を干すのも土用のあたりだそうでございますな。
梅酒を漬けた時ついでにつけた梅干し。ほんの一握りほどではあるがそれらしい感じで漬かってきたので、ガシっと晴天が続きそうなこの週末に干すことにした。
080812umeboshiとはいっても南房まで持ってくのも面倒なんで金曜の夜からベランダに放置。あんまし日は当たらないんだけど風通しはいいからなんとかなるだろ。

日曜日に帰ってみるとちょっと乾燥しすぎた感じながらしっかり梅干しっぽい感じ。
テキトーにやってもできるもんなんですなぁと感慨も新た。
個人的にはしっとりしたのが好きなんで、軽くホワイトリカーと蜂蜜をまぶしてみました。

080812ume味見をしてみると程よい酸っぱさ、塩味控え目でんめ〜っす。
やっぱ自家製のはひとしお美味しく感じるものですなぁ。

| | コメント (4)

2008年8月11日 (月)

東京湾小花火(再び)

080811baybridge何となく散漫な南房での週末を過ごしアクアラインに乗って帰宅。
ってかもう気分的には南房のほうが本宅って感じなのだが。
最近はそのまま羽田まで首都高に繋いで下道に降りるのだが、大井のあたりで前方に光の玉が。
あぁ、恒例の東京湾大花火ってやつですね。
うちのそばの埠頭が見物ポイントなのは去年レポート済みだけど、今年も家の周りは浴衣のねーちゃんがたくさん歩いている。

080811hanabi家に帰ったあたりで花火は佳境となっており、ドカスカ音が響き渡るんですな。
とは言っても、ビルの隙間から断片的に見えるのは去年とおんなじなのだけれど。
たまには場所かえて見えるとこにしてくださいよ。

| | コメント (4)

2008年8月10日 (日)

送別会第2弾

080810sashimi午前中マルモ君たちとムリヤリ波乗りやって、昼は今朝到着の笹ぴょんとリュウちゃんの送別会第2弾を南グルカフェで。
笹ぴょんは夏休み恒例の北海道ツァーがあるんで、リュウちゃんとサヨナラ言うためにわざわざ徹夜明けの仕事から羽田に飛んで来たのであった。

080810sasa既にお盆の帰省客が増え始めたせいか南グルカフェは昼から満員。席予約しておいた
んでなんとかテーブル席を確保。
席に着いた途端にドカスカ皿が運ばれてくる。しかも量が半端じゃないっす。
なんでも予約してたお客さんが直前に予約の半分くらいの人数に変更になったとかで、減った分が全部こっちにまわってきたらしい。

080810saladツオの刺身サラダはアワビの肝をミックスしたソースで。
刺身もてんこもりだし、クジラのユッケときた日にゃもう全部なんか食いきれませ〜ん、とか言ってる割には岩牡蠣はしっかり追加オーダーしちまうワシら。

080810yukke_kakiそれにしても二日続けて岩牡蠣だのを食ってビールガブガブ飲んでちゃ痛風になっちゃいますよ、ホント。

080810sasanapたらふく食って、ビールが入っちゃ寝不足の笹ぴょんがもつはずもなし。
ワシんちに帰ってハンモックで爆睡していただきました。

もうちょっとリュウちゃんには居てもらいたいけど、お盆前に帰れるのは捕鯨チームにとってはラッキー。宮城に戻って彼女のフォローをしっかりしておくんなまし。

| | コメント (0)

2008年8月 9日 (土)

鯨漁シーズン終了

080809iseebi7日に最後の一頭が捕獲され、今シーズン南房総でのツチクジラ漁は終了。
前半天候が悪く出漁できない日もあったけど、出漁した日の捕獲率は高くて燃料高騰の折よかったなぁとは思うのだが、すぐに終わっちゃったような気もしてちょっと寂しい。
特に今シーズンは期間中台風のうねりが届かなかったこともあり、笹ぴょんからくれぐれも頼まれてたリュウちゃんと波乗りできなかったのが残念っす。

今週は金曜夜南房総方面も気温が高そうなのにに恐れをなして、土曜の早朝にトーキョーを出発。
畑仕事やら壁建築作業やらをやったり。ちょっと昼寝をしている間に昼飯時を逃してしまい、南グルカフェには夕食はやめの時間帯に。
お盆の時期はゴールデンタイムは混んじゃうしな。

080809tsukidashiカウンターでカズさんが、クジラ解剖士のコウさんの隣に座る。
つきだしにサザエの肝和えとかアジフリャーとか。この時期のアジはフライにしても美味いのぉ。
カズさんはいつもの通り早めに切り上げたんで、ワシがコウさんの相手をしたりして。

本日の刺身は奥からカツオ、赤イカ、サンマ(肝がかかってます)、イナダにフグ、と。
080809sashimiコウさんは解体の際に例のバリバリの時に皮に薙刀状の包丁を入れている言わばフロントマン。以前は大工をやっていたんだけど、15年ほど前に念願かなってクジラの仕事につけたんだと。
鯨の包丁は両刃で、片刃の大工道具と勝手が違っていまだにこれだっつうような研ぎ方ができない、と悩まれておるのだとか。

080809kousanなんて話も既にロレツが回らなくなってきたところに、リュウちゃんが登場。
リュウちゃんも今年から包丁を持っているのだけど、リュウちゃんが担当してるのはG・ウツミが束ねる組みだそうで、解体した肉を切り分ける組だそうで、解体担当は目立つけど、切り分けのほうも奥が深いんだそうでございます。

先週網あげが始まったのに食いそこなった海老さんがいい感じに焼かれて登場。たぶんでかいのは築地とかに行っちゃってるんだろうけど、小ぶりなこいつも身が締ってんまいっす。

080809kakiflyコウさんのロレツはどんどん回らなくなり、回るどころか行きつ戻りつ。
岩牡蠣のフライっす。
獲りたて新鮮そのもの、刺身で十分美味いのをフライにするなんてもったいない、と思う気持ちはわかるのだが、例のプックリとしたクリーミーな実がさらに締って濃厚に凝縮された感じ。
こりゃ生より美味いかも。

コウさんがかなり危険な状況になってきたところでちょうどケーターに電話が入り、店の外に避難しそのまま涼んでたら、カズヤさんもリュウちゃんも脱出してきちゃいましたよ。
まぁ張り詰めてたのが最後の1頭捕れてちょっと緩んじゃったのかなぁ。

080809awabi暫くするとコウさんが大将に送りだされてご帰宅されたんで、店に戻ってリュウちゃんの送別会を再開。せっかく出してもらった蒸しアワビも腹一杯で食えないのが残念。

それにしてもコウさんもリュウちゃんも、皆さん炎天下のもとご苦労様でしたってことで、今シーズンの鯨漁は事故もなく終了でめでたしめでたしっす。

| | コメント (0)

2008年8月 8日 (金)

バージョンアップ(その2)

080808casio防水ガジェットファンの皆さんコンニチワ。
この夏一番熱い防水ガジェットといえばケータイですね。防水ケータイといえばカシオのG'sのお家芸だったワケですが、去年あたりから生活防水のがちょろちょろ出たなと思ったら、今年は孫さんとこもド○モもあっちゅう間にラインナップが充実。それもねーちゃん意識して風呂場でワンセグ見られるようにだとか。なんだかね。
そんな中ハードな使い道を意識してるのはやっぱりGショックケータイだけなのだが、ご存じの通り新機種が発表されたのだった。

080808depthナニが新しくなったのかとカタログ等を見てみれば、薄くなったり軽くなったりワンセグ見れたりおサイフケータイ使えたりごちゃごちゃいろんな機能が追加されたのはしょうがないけどそんなのかんけーねぇよぉ、とシカトするつもりであった。
ま薄くて軽いのはちょっと心が揺らいだけど、あのゴロンとしていざとなったら武器がわりになるような男らしさもそれはそれでヨシと。
先週あたりから新機種並びはじめたんで、一応ちょっと触ったりして普通に軽いんでビックリしてカタログだけもらってみると。えぇっ?

080808tideglaphな、なんと、タイドグラフ機能が搭載されてるじゃないですか!それまでWEBとかじゃ全然触れられてなかったぞ!
しかも国内100カ所のデータがプリセット!。
干満の状況も単に上げてるとか干いてるだけじゃなくて、潮位までわかってスゲーわかりやすいじゃないですか。
実は今使ってるクイックシルバーのデジタル時計はプリセットデータ少なくて、データも何となく怪しいんでちゃんとした潮位系が欲しかったところ。
フン、っつって背中向けてたのを力づくでグイッと振り向かされて、胸ぐら捕まれたあげくビンタの2〜3発食らった気分っすよ!

というわけでタイドグラフだけで1も2もなく機種変お願いしま〜す。
週末使ってみたけど、いや、ちっこくて液晶も綺麗で替えてよかった〜。
でもワンセグとかお財布とか使い方わかんないんですけど〜、っつうかいらんわそんなもん。

というわけで、とりあえずiPhoneはかなり遠ざかりました。ホッ。

| | コメント (4)

2008年8月 7日 (木)

近頃のヘビロテ

080807asaここんとこヘビロテなこのアルバム。
ワシを救済してくれるかもしれぬ。
いえね、もうこの数か月頭の中でPerfumeが鳴りっぱなしなんですよ。朝から晩までのべつ幕なし。
iPodで他の曲聴いてても「裏で鳴ってる」くらいに。もーいーかげんにしてほしい。
ところがこのアルバム聞いてる時は「裏で鳴らない」のだ。ちょっと解放された気分。

スモーキーなヴォーカルで生ギターの弾き語りなとこはYUSAっぽいし、唱法はちょっと Chrisette_Micheleに似てるかもしんない。
英語発音がネイティブじゃなくてワシの耳には聞き取りやすかったりするのも嬉しかったりして。
この夏は日が高いうちはこいつで、日が傾いたらAsaかなぁ。

あ、もちろんイヤホン外したとたんにあっちが鳴りはじめますが(-"-;;。

| | コメント (6)

2008年8月 6日 (水)

SX-150

080806sx150もちろんもう皆さんとっくにお買い上げのことと思いますが、ワシもやっと「大人の科学」の別冊シンセサイザー号の付録を組み立てました。
080806otonanokagakuこいつは発売早々完売しちゃった「テルミン号」に気をよくした学研が、柳の下を狙った企画であるのがミエミエ。
しかも夏休みに発売しちゃったりして、家庭で父と子の会話がはずみますよダンナ!的な狙いも丸見え。
だけど買っちゃうんだな〜。
紀伊国屋でも2階の入り口に平積みだもの。
ちょっと見てる間にもワカモノからオトーサンまで次々に買い求める人が!

組み立てと言っても、工作がメインの目的じゃなさそうで、基盤はすでに(中国の工場で)組み立て済み。ハンダ付けだの難易度高そうな行程はナシ。
作業はケースにドライバーで部品をネジ留するくらいのもんで、おかーさんでも大丈夫っすよ。
だいたい15分もかからんうちにできちゃいます。

080806playで早速いじくってみたのだが、つまみの組み合わせで音色が変わるのが結構面白くピヨヨォォォォォン、ギュィィィィン、と、ワシこそキース・エマーソンの後継者だぁっ!なんてことは思いませんけどけっこう楽しいです。
チョロッと触って飽きちゃったテルミンと組み合わせる事もできるみたいだから、ちょっとは遊べるかなぁとか、オーディオインターフェースで繋げてガレージバンド(アップルのバンドル音楽ソフト)で遊べちゃうかも、とか。
それともPerfume & Ikuzoとのリミックスか。
ま、大人の遊びとしてはけっこう楽しめるかも。

| | コメント (2)

2008年8月 5日 (火)

ゆきゆきて

080805yukiyukiteなにも終戦記念日(敗戦ですけどね)が近いから見たわけじゃなく、たまたまリクエストしてたのが届いたのが偶然この時期ということで。
ある意味カルトな映画であり、以前は上映の機会とかなかなかなかったこういう映画がDVDとかで手軽に(とは言っても在庫数が少ないらしくかなり待ちましたが)見られるこのご時世はありがたい。

映画の内容はググるなりして調べてください。
予想通り十分重たくて、苦しい映画です。
寡黙なカメラに「オイ、なんか言えよ」と言いたくなるような。
ただ語る人間によって話が変わる羅生門ばりの話の進行と、しだいに明かされる衝撃の事実!みたいなミステリータッチのドキュメンタリーとしても面白いかもしれません。

それより何より主人公の奥崎謙三。強烈すぎる。
奇人変人、狂人の類といえばそれまでだけど、人にこういう生き方をさせる戦争ってやっぱしイケナイな、と思いますた。
以上。

| | コメント (0)

2008年8月 4日 (月)

28mmのシアワセ

080804katohトリップ前に買い替えたオリンパスのμですが、大正解だったのでそのご報告。
今回の買い替えのポイントは28mmと広角端が広がったことだったんだけど、それがウォーターショットでハマりました。
上は今回のベストショットの一枚で謎の鍼灸整体師カトー師のねじ込み系チューブライドなんだけど、けっこう奇麗に撮れてるでしょ。
まぁ、ピンがちょっと甘いのはしょうがないとして。

いままでの35mm端だと動きが早くてこちらの姿勢も安定しないウォーターショットはフレームアウトの確立が高くて、特に寄った時なんかは5枚に1枚くらいしか使いものにならなかったもんだが、28mmはちょっと外してもなんとかフレーム内に収まります。

080804fujinoこの画像はフジノ氏の「来年の年賀状」候補に選ばれた1枚だけど、35mmだったら上半身くらいしか写ってない失敗写真のはず。それが逆にちょっと外れたおかげで波全体が写っていい感じになったっちゅうことで。
たぶん岩場なんかでも全体感が写せそうだから迫力でそうだし、やっぱ正解ですわ。
(画像はいずれも縮小して若干色調補正はしてるけど、トリミングはしてません。拡大可です。)

ただし行きの飛行機(ガッカリ島→モルディブ便)で例によって機内食なんか撮ってそのままパンツのポケットに入れといたら、降りるときにポロリとやって置き忘れてしまったのは×。小さくてかさばらないのも善しあしですな(カメラのせいじゃないって)。
ボートに乗ってすぐに空港連絡してもらいめっかったから◎だけどね。

あとカードへの記録が時間かかりすぎるのが相変わらずの難点か。
純正のCFカード使ってるのになぁ。

| | コメント (4)

2008年8月 3日 (日)

(たぶん)シーズン最後の解体

080803kazusan

080803bf_shitabirame今日の朝ごはんの焼き魚は舌びらめ。
ん〜、んまい。

小屋に帰って野菜に水とかあげて、一段落してジョギングでもすんべぇと支度をしてたら丸茂君登場。
チェックしながら南下してきたけどどこも厳しいみたい。
もそっと南もチェックするってことだったんで、ワシは走りながら海岸線ぞいにチェックして駐車場で落ち合い、結局バァさんとこがいちばんマシという結論に。

080803lunch_awabi海からあがって南グルカフェ。あぁ4食連続だわ。
いえね、今朝伊勢エビの網を今シーズン初めて揚げるんでひょっとすると伊勢エビフェアーにありつけるかも、なんて期待したんですが残念ながらまだ届かず。
それでもごらんの通り、昼まっからアワビにサザエの大盤振る舞いだ。ぐひ。
080803lunch_magocha
カツオの血合いをのっけた豆腐がうまいっす。
マルモ君は特上寿司をオーダー。ワシは普通に孫茶だけどこれまたカツオの血合いで作ってもらったんでこってり系のお味で暑気払いにはぴったりですわ。
080803lunch_tai途中で今朝釣りあげられた8キロだかの見事なタイが持ち込まれる。こりゃすごい。
こんなんが食材として持ち込まれるんだから、不味くする方がよっぽど難しいですわねぇ。

飯のあと、ちょうど鯨の解体が始まってるってことで解体場を覗きに行く。
昨日仕留めた時間が遅かったんで12時からの解体開始がアナウンスされてたのだ。クジラの解体っちゅうのは仕留めて港まで引っ張ってる間に死後硬直して、死後硬直が溶けた直後にやるのが一番いい肉が取れるんだそうです。
昼飯食い終わったらもう開始予定の時間から30分以上経ってたんで、一番の見モノのベリベリは既に終了。
080803mori屋根はついてるモノのこの炎天下のもとの作業は辛そうだ。
血の臭いもいつもとは濃さが違う感じ。
今日の鯨はかなりいい肉らしくカズさんも最後の追い込みですな。

これで南房で捕獲できる規定まであと2頭ってことなんで、今シーズンの解体見学はこれで最後かもですね。

| | コメント (6)

2008年8月 2日 (土)

岩牡蛎見参!

080802sashimi前日飲み会のため出撃ならず、本日朝の割引時間帯をわりとゆっくり目に家を出る。
うねりは小さそうだし朝は満潮だから急ぐことないかな、と。
読み通り波はダメ、予定通り畑だな。

さすがに2週間手を入れなかったうえに本格的な夏で畑もちょっと疲れた感じ。
水やったり、伐採したセンダンの片づけやったりしてるうちに日が差しはじめ、あっという間に汗が噴き出す。
ひと段落して波乗りに行ったあと、やっぱ顔出さないわけにゃいきませんと南グルに。

大将は法事で不在。
少将のシマちゃんに刺し見定食を作ってもらう。
久々にARIさん達がおり、既に出来上がってる様子。
小屋に戻るとリョウ君が来ており、tsunoが忙しくてここんところ滞っている壁工事の打合せなぞしてからナンチャッテ温泉に汗を流しにユク。

080802dinner_tsukidashi入ったロビーのベンチに人相の悪いおやぢが2人爆睡しており、怖々写真を撮ったり。
波乗りして、ガッツリ飯食って温泉入って昼寝ってのは黄金のパターンですな。
ワシも小屋に戻って風通しのいい木陰に蚊帳ハンモック吊ってお昼寝してから夕食に出撃。
つきだしは茄子とモロヘイヤとゲソ。ヌメヌメ系でこりゃ美味いわ。こんどやってみよ。
そして「あるけど食べるかい〜」っつって岩牡蠣登場!
うわ〜い。
080802iwagaki_2東北方面から岩牡蠣の便りが伝わってきて食いたくてしょうがなかったのだよ。
この時期としてはちょっと小粒ながら、一口じゃほおばれません。
むぁ〜、なんだろうなぁ、このクリーミーさ。
ワシ的には冬の牡蠣よりよっぽど美味いと思うのだが。

080802dinner_awabi_2もちろんアワビとか(本日は蒸し)も美味しいですしぃ。(ちょっと写真取る角度間違えちゃったから縮小してるけど拡大可)

この時期に食う水なますはサイコーですよ。火照った体を内側から冷ましてくれる感じ。
他のお客さんが頼んだついでに出してもらった鯨の南蛮もスンゲーんまい。ここの南蛮はピカイチですよ。
捕鯨の人たちが言うんだから間違いないっす。
っていうか、日本に数カ所残ってる捕鯨基地でこんな美味くて楽しい店はないそうで。
080802dinner_namban

暫くするとリュウちゃんも来てたんだけど、座敷もカウンターも満席の大繁盛。
こりゃお客断らなくちゃいけなくなるし、陽気もいいんでカズヤさん達と一緒にVIP専用特別バルコニー席に移動。
カズヤさんと幼馴染の外房捕鯨美人OLのタカコさんの掛け合いトークも調子いいし、ウツミ隊長のエロオヤジトークもいいなぁ。
おまけに星眺めながらのビールはホント旨いっすよ。
080802dinner_outddor

| | コメント (2)

鯨解体

明日12時からだそうです。たぶん週末は今年最後。

| | コメント (2)

南房なんちゃって温泉にて

南房なんちゃって温泉にて
当館は一般向けの施設ですので暴力団関係者の利用はお断りしておりますm(_ _)m。

| | コメント (2)

2008年8月 1日 (金)

BonDance

080801bonodori就業時間も終わりに近づき帰り支度なんて始めていると窓の外からお囃子が。
あ、そういや今日は裏の神社で盆踊りだ。
ここんちの神社はお酉様で有名なのだけれど、赤テントの公演だののレトロサブカル系にも理解があるし、もちろん新宿地域のコミュニティーの中心でもあるのだ。
帰り際にちょっと寄ってみると踊り手よりも周りの見物客の方が多くて、それも半分くらい海外からの観光客じゃないかっちゅうところが土地柄ですね。
ちょっと日本の夏に乗り遅れてたのだけどやっと追いついた感じ。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »