« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月28日 (金)

良いお年を

良いお年を
久々にちょっくら南方へ。
今回は実況中継できません(^_^;。
次回の更新は年明け2日かな。

| | コメント (2)

2007年12月27日 (木)

ナルシスト?

071227tateyamaphoto11月末来いろんなところで、見せびらかしに見せびらかし、使い回しに使い回した立山での画像。
とうとうプリントしてフレームに納めちゃいました。
それもご丁寧にシークエンスで。

いえね、なかなかこういうシチュエーションで写真を撮ってもらうってのはシロートさんにはないと思うんですよ。光の加減とか、雪の状態とか、自分の滑りとか。
実際ビデオで見ると短い斜面であっちゅう間だし、たいしたことない滑りなんだけど写真マジックって事でしょう。
でもナベちゃんも言ってたけど、雑誌で取り上げられるような写真でも、けっこうゲレンデ脇のなんちゃってパウダーだったりするらしいし、まぁいいじゃないですか。
ということで、これは老後の楽しみということですな。

ビデオ撮りながらシャッターも押すという離れ技をこなしてくれたイチロヲちゃんに感謝。

| | コメント (6)

2007年12月26日 (水)

年賀状

071226nengajoふぅ、なんとか間にあった。
みなさん書きましたか〜年賀状?って自分が終わったもんだから。
例年クリスマスカードが届き始めてから慌てて作り始めるんだけど、今年はそのクリスマスカードも届かない。こないだガッカリ島の全職場からまとめて送りつけられて気がついた。アタリマエですね、海外関係の人に引っ越し先連絡してないんだから。

つうことで慌ててこないだの立山でイチロヲちゃんが撮ってくれた画像を選んで、おざなりに「あけおめ」の字と新住所を乗っけ、画像データをビックカメラに持って行く。
プリンターは結局今年も買わなかったな。

社内ではありがたいことに虚礼廃止なんで、年賀状出すのは昔お世話になった人とか無沙汰を決め込む親戚だけ。どんどん減って40通ほど。
宛先くらいは直筆で書くことにして、一人一人にご挨拶も書かなくちゃ。
ここ見てるような人には例年通りここでご挨拶さて手いただく予定...ってまだ画像も選んでないんだよなぁ。

| | コメント (4)

2007年12月25日 (火)

仮で年越し

071225teeth6月に抜けちまった前歯。
その後も定期的に歯医者には通っており、既に型もとって調整もした。
さすがに新年は気持ちよく新しい歯で迎えられると思っていたのだが...。
結局仕上げに時間がかかるだの、年内は予約でいっぱいだのってことで年を越すことが決定。
仮の歯でもとりあえず機能的には問題ないんだけど、いつまで経っても違和感あり。なんか金属スプーン舐めたような変な味もする。よーするにうっとーしーんですけどぉ。
これでモチにでもくっついて抜けちまったらどないしましょ。

| | コメント (4)

2007年12月24日 (月)

ルフェーヴル河岸36番地

071224urainuこの週末観た映画(レンタルDVDです)。
ハードボイルドです。
最近はやたら派手なドンパチとかアクションとかで引っ張る映画が多いけど、これが本来のハードボイルドだな。
渋いっす。かっちょえぇわ。

フランス映画ですな。原題の"36 Quai des Orfèvres"「オルフェーヴル河岸36番地」がどうなるとこんな邦題(あるいは裏切りという名の犬)になるのかよくわからんけど、雰囲気出てるしまぁ悪い邦題でもないな。
本家(でもないか)のアメリカがつまんないガキ向けのつまんないのばっかし作るんで、フランスが渋いとこきめたんでしょうかね。
こういう渋い映画は香港とかフランスのほうがキッチリつくれる世の中なんでしょうか。

正義も悪もどっちも適度に汚れて入り混じって、それぞれ自分の目指すもの美学を貫き通す、みたいな感じ。
結末はちょっと見えちゃってたけどよくできた筋立てで、最初は入り組んでた筋とか登場人物もスッキリ納まりがつくいい映画。
でてくる役者も女優も含めて皺とかがいい味出してる人たちばかりで、いい感じです。悪いやつらもスゲー存在感あるし。

アメリカでリメイクされるみたいだけど、確かにアメリカ人は字幕読めないみたいだから仕方ないかもしれないけど、英語で吹き替えればそれでいいじゃんとも思うのだけど。
デ・ニーロとクルーニーらしいからそんなにひどいことにはならないことを祈る。

| | コメント (2)

2007年12月23日 (日)

ブートキャンプ再挑戦

071223setupクリーンインストールも終了。
とりあえずレパードを上書きインストールしてから「タイムマシーン」でバックアップをとっとくと、クリーンインストール後も面倒なセットアップだのアプリの再インストールは不要だったのだよ>イチロヲちゃん。マックはお節介なくらいにユーザー寄りに進化しとります。
そして今回最も困難なミッションに取りかかるワシ。
例のアレだ。
ブートキャンプ機能でウィンドウズをインストールするのだ。

前回の失敗は内蔵HDDのエラーによりパテーションが切れなくなっていたため。なもんでクリーンインストールしたわけで、HHDを一旦サラにしたからには大丈夫(なはず)であろう。
で、ブートキャンプアシスタントでパテーションを。
をぉ、クリーンインストールしたせいかHDDの空き領域もかなりひろがっとるぞ!もったいないけど15GBをくれてやろう。やった〜パテーション出来ました。最初のバーはクリア。

あとはインストールのディスク(XPにしました)をぶち込んで、手順に従って...。
071223wssetupうわ、ナニこれ。
見慣れたマックの画面から突然ブルーにギザ文字。
その後も次々と現れるのは下品であか抜けないコンピューターのコマンドとか。
あぁ〜やっぱダメだわウィンドウズ。
作業が進むほどにだんだん気分が悪くなってきたっちゅうか、大事なものに悪さされてるというか、まるで娘を女郎にたたき売ってるような気持になって来ちゃいました。うわ〜やだやだ。
といいつつもなんとか作業は完了し、どうやらウィンドウズがインストールされたらしい。

さて早速セットあっぷとかしてみるかとコマンドキーを押しながら再起動。
最初に出たWindowsかMacを選ぶ画面でウィンドウズを選び...
071223pressanykeyうわやだ。またコマンド画面だよ。
なになにどのキーでもいいから押せと。
カチャ。
あれ?
カチャカチャ。むむっ?カチャカチャカチャカチャ....。

うわぁぁぁぁぁ、どうやらウィンドウズがワシのワイヤレスキーボードを認識してない模様!
だれかたぁすぅけぇてぇぇぇぇぇぇぇ。

| | コメント (2)

2007年12月22日 (土)

年末進行な週末

071223yuzudaikonガッカリ島から帰って以来、週末2日ともじっくり家にいたことってないのだが、今週は初めて遠出をせずにトーキョーで。
ってのも溜まってることが多すぎるもんですからね。なみもイマイチみたいだし、天気が悪いのももっけの幸いくらいなもんで。
まずは掃除だな。ポンニチ人としては年末家の掃除をやらねば新年は迎えられないのだ。朝っぱらからキッチンまわりなぞを。

と同時に懸案のレパードを再インストール。
このために外付けHDDを買っちゃいましたよ。320GBで1万円切っちゃってるのね、恐ろしい世の中だ。既にレパードは一旦インストール済みなので「タイムマシーン」っつうやつでバックアップをとり(これが初回は結構時間かかるんだ)、クリーンインストール開始。
で、これも結構時間係そうなんでその間ちょいと荻窪まで足を伸ばしてBPumpでボルダリング。
帰りに西友の下で野菜とかお総菜とか買ったりもして。
帰宅してからニセコから届いた荷物をかたしてついでにワックスアップ。
なんてことをしつつも柚子大根を作ったりしてるとあっという間の外は暗くなっちゃうんだな。
はぁ、ぜんぜんゆっくり出来ねぇよぉ。
まだやらなくちゃいけないことの半分くらいなんですけどぉ。

| | コメント (0)

ナベちゃん宅にて

071222deck先日神田で再会したナベちゃんからお招きをいただきお宅に伺った。
ワシがガッカリ島に行ってる間にナベちゃんはニセコを代表するカメラマンとなり、自宅を建て、しまいにゃ奥さんまでもらったらしい。
初めて会った頃はクレヨン村に間借りして、TJ氏が編集するパウダー雑誌の草分け「EX」に「仕事はまだない」なんて書かれてたのになぁ。
飄々としてながら、自分をしっかり持って一歩一歩地歩を築いたってことでしょうか。さすが。

ゲレンデ帰りに拾ってもらい、ベースからちょっと降りたご自宅に。
旧軽の別荘地みたいな感じの広葉樹の森の中にカッチョいい建物はあった。
071222zenzaiチャキチャキッとした感じを予想していたのだが、あにはからんや奥様は落ち着いた美人。ぐやぢい。
奥様とナベちゃんは「RUWE2」がご縁で知り合ったんだとか。
札幌で小さな和菓子屋さんをやってるとかでおいしい「ぜんざい」を御馳走してくだすった。

ナベちゃん宅の1階は気軽に入ってこれるように土間(土足可)になっていて、まるでギャラリーのようでもありずらりと今までの代表作のパネルが掛っている。
もう最初っから泊まりに来るやつがわんさか来るのを予想してか、隣に客間が2つもあったりする。

もうほの暗くなった窓の外には雪景色の森。
玄関から続くウッドデッキは夏になったらこれまた緑がきれいで気持ちいいんだろうな。
その向こうはちょっとした斜面になってるとかで、ナベちゃん曰く「3ターンはイケますよ」ってなことらしい。

ニセコに移り住んで10年。
しっかりこの土地に根をおろしてこれからもじっくりいい写真を撮ってくれるんでしょうね。
ワシ的には「RUWE3」を期待したいとこですが。

画像下はナベちゃんの写真集と地元のフリーペーパーのナベちゃん特集。
071222nisekopowder

| | コメント (0)

2007年12月21日 (金)

華麗なるスノーボーダーたち

071221tongarisどーたかさんの入籍祝いパーティーはなんとか一時会までは持ちこたえたものの2次会はリタイア。
そんでもってアサイチセンターフォーだけは欠かしません。
2番目のチェアーからチェックすると、たいして積ってなくてボコボコなバーンにうっすらと被ってる程度。シーズンはじめの試運転期間にスーパーコースに突っ込むのは自殺行為であろう。

ってなことで最初のチェアーに乗ってたスキーヤーをチョッカリでブチ抜いた後はピスサラの世界。
フリココースのアサイチピステンは世界一好き。
シーズン頭のこの時期はまだ地形が残ってるから気は抜けないけど、できる限りコースをいっぱいに使ったターンで気分はTT師匠。
最後のバーンに突っ込んで、うっひゃぁぁ気持ちいいっす。
もう1回まわすかな、とリフト乗り場に向かおうとするとワシの名を呼ぶ声が。
をぉ夕べのメンバーです。年甲斐もなくはしゃいでるとこ見られちまった。

もう一遍まわして、6Cでこれまたツルツルのコースをいただいてから(なんでわざわざツリーに行っちゃうの?)、花園方面に向かう皆さんを追っかける。
花一でグルグル回してる間にやっと追いついた。

それにしても濃いメンバーです。
サイトーさんに新雪小坂さんはモスTT乗り。ニセコに移住しちゃった菅原さんもチャーリーも柿T時代からのgentemユーザーだし。
もちろん滑りは全然衰えるどころか渋みを増していて、追いつくのがやっとですわ。
ずらりと並んだトンガリ板が壮観ですわ。

071221restしかしまぁ「若者のスポーツ」の代表だったスノーボードも近頃年齢層が上がってきているらしい。
今時の若者ときた日にゃケータイだのへの出費が多くて、スノーボードみたいな遊びは始めないらしいですな。
まぁウィンドもそうだったし、波乗りも近頃らそうらしいけど。

それにひきかえ、このメンバーのシツコイこと。
平均年齢は軽く40オーバー。
一緒にゴンドラとか乗り合わせた人は加齢臭でヤラレちまうであろう。
加齢なスノーボーダーとはワシらのことだ。

それにしてもワシが一番年上だってのが納得できないんですけどぉ。

| | コメント (2)

2007年12月20日 (木)

祝いの宴

071220dotaka既にご存じのとおり、今回2日目の晩は飲み会というかお祝いにお誘いいただいた。
どーたかさんの入籍祝いです。
最初はいつものようにカフェあたりで飲むのかと思ったけど、直前に「お祝いを兼ねて」という事になったらしい。というのもワシの他に南国極道医者チームのチャーリーとJINJINもニセコに入ることになっており、こりゃちょうどいいやってことだと思われる。

つうことで久々に「新雪」小坂さんに拾ってもらいニセコ町の最近開店して評判の寿司屋へ。
トモキ一家に久々に会う太君とか参加者も豪華っつか濃い。
チャーリーから島焼酎の差し入れ(飲まなかったけど)とか、ご覧のとおりの「初めて(ぢゃないと思いますけ)の共同作業」とか。
どーたかさんへのプレゼントはMSRのデナリアセント。これでどんな困難も乗り越えていってくださいってなことであろうか、なんちて。

071220tomokidsナンちゃんとこもそうだったけど、トモキ家も子供が3人に増えてたし、ここのところワシの周りでは目出度いことが多いような気がする(含む2回目)。
それにしても子供はちょこまかちょこまかよく動きますね。みんないっぺんになんて写りゃぁしない。

071220zzbirthめでたくないのはワシがまた歳を重ねちゃったことくらいか。
でもケーキまで用意してもらってホントありがとうございました。

赤いベストまではまだまだだぜ。

| | コメント (4)

2007年12月19日 (水)

立山レポート

Zp292oyama後編アップしました。
トップページからどうじょ。

今回は嫌がらせのスライドショートかありませんのでご安心を。

| | コメント (0)

日の出

071219sunrise本日の日の出は6時45分でした。
以上。

| | コメント (5)

2007年12月18日 (火)

玄天cafe 9年

071218gentemcafeレポートにするほどでもないし、せっかくなんで暫く「中継」できなかったニセコネタで引っ張るかも。
で、今回ももちろん行きましたよ「カフェ」。ニセコでカフェといえばここ玄天 cafeだ(関係者限定ですけど)。
ここのところ行くたびに「ここはどこ?」状態で、オージーをはじめとしたガイジン客で満杯状態だったのだが、今回は時期もクリスマス休暇前だったんでまだゆったりした入れ込み。
ていうか、着いた日が営業開始日だったから当然か。

ちょうど入ってきたTT師匠とお話ししていたのだけど、カフェもことしで9年目だとか。
へぇぇ、早いなぁ。
ゴンドラ下に突然現れた怪しのゲルも、場所も移って既にニセコの名物カフェとして定着。
この間、店長のナンチャンちも3人の子供に恵まれてすっかりニセコでの生活も安定してきたようだし。メニューも進化し、冬季限定とはいえ2時間の入れ替え制にするくらいの繁盛ぶりだし。
TT師匠もいろいろアイディアあるみたいだけど、今のガイジンバブル的な景気とは一線画した発展を期待したいっす。

| | コメント (2)

2007年12月17日 (月)

マッタリしてます。

マッタリしてます。
滑りは終了。バスまでまだまだゆっくり。

| | コメント (4)

腹いっぱい

腹いっぱい
第7腰パウ、花3脇腰テクニカル、花1極上ピスサラ。
十分楽しませていただきました。シアワセ(^^)

| | コメント (2)

今日も10センチ程。

今日も10センチ程。
最終日。
ピスサラ一番乗りのあと、溜まってるとこ探しにいきまーす(^-^)。

| | コメント (1)

2007年12月16日 (日)

なぜかボルダー

なぜかボルダー
NACです。何級までできるやら。

| | コメント (3)

積雪5センチ程

積雪5センチ程
たいして降ってません。ご安心を(^_^;)

| | コメント (0)

2007年12月15日 (土)

おめでとうございます!

おめでとうございます!
おしあわせにっ!!

| | コメント (0)

宴会開始

宴会開始
これからどーたかさん入籍パーティー(サプライズ)です。
ついでにワシの誕生日も(^_^;。

| | コメント (1)

ナベちゃん宅

ナベちゃん宅
お邪魔してます。

| | コメント (0)

ゲレンデ状況

気温はやや高め。昨日までの荒れたバーンの上に重めの新雪が10センチ程。熊笹はまだ埋まっておらず、コース脇は厳しく、ゲレンデ内も地形が残りテクニカル。修行にはおあつらえむき。
比羅夫は山頂リフトはまだ動いていないため連絡路から東山へ。リミテッドは雪崩たため閉鎖。
花園チェックに戻ります。

| | コメント (1)

調子良い

調子良い
楽しいかもしれない.....。

| | コメント (2)

積雪10センチ

積雪10センチ
気温も高め。今日も修行の予感。

| | コメント (0)

2007年12月14日 (金)

営業開始

営業開始
gemtem cafeは本日より営業です。

| | コメント (1)

修行中

修行中
やられてます。
でも冷えてきましたよ。

| | コメント (0)

なぜか2本板

なぜか2本板
前線抜けてないせいか気温が高いッス。

| | コメント (1)

朝からセット

朝からセット
バスまで1時間もあるんで始まってしまいました(^-^;)。
生、イカ刺身、小鉢2、オニギリ、カニ汁、締めて1150円也。

| | コメント (3)

なんとか着陸

なんとか着陸
滑走路の除雪で1時間遅れ。
始発のバスは逃したかも。ま、雪はギャランティーかな。

| | コメント (2)

これから搭乗

これから搭乗
降り過ぎで引き返すかもだと(-"-;)

| | コメント (0)

立山レポート

Murodoupano_s
ちょっと時間が経っちゃったけれど、久々にこないだの立山の自慢話を暫定アップしました。
トップページも若干変更。久々にファイル構成とかも変えてくつもりです。まだ中途半端なんだけど見切りでアップしちゃいました。
ヨロシクっす。

| | コメント (1)

2007年12月13日 (木)

お鍋な季節

071213hinabe
う〜さぶ。
鍋の季節ですなぁ。
でもワシはまだ気に入った土鍋と出会えないでいる。
なんか取っ手が気に入らなかったりするんだよなぁ。
ジャスコとかで売ってる3000円くらいのでも別に問題ないんだろうけど、まぁ人生
ひょっとすると今回買う土鍋に最後まで付き合うかもしれないかと思うとやっぱ中途
半端なのは嫌なわけで。あぁ、発想が爺むさい。

できればIH対応がありがたいなとも思ったりするから、更に選択は狭まったりする。
うちのIH調理器は帰国時に他の電化製品とまとめて買ったのだけれど、やっと出番が
まわってきた今日この頃。夏場は暑っ苦しくてねぇ。
引っ越しバブルだったんでデザイン優先でシンプルな外見のやつを選んだわけです
が、今だったらカセットコンロで充分だろっつう理性が働くだろな。

で、とりあえずはルクルーゼで対応いたしましょう。
今日は池波流というか梅安流というか、千六本に切った大根がメイン。
出汁はシンプルに昆布だけ。あとは長ネギと冷蔵庫にあった水菜だけのシンプルな野
菜ナベ。
梅安流だとここにむき身のアサリか。ま、いいや。
ポン酢にこないだもらった柚子絞ってこれで十分シアワセだから安上がりだわ。

| | コメント (3)

2007年12月12日 (水)

カバーショット?

071213magmypic小ネタです。

ワシがスポーツイラスト例テッドのカバーショットに!って、このサイトでちょっと遊んでみました。

まぁ世の中いろんなサイトがありますわねぇ。

| | コメント (2)

2007年12月11日 (火)

ブートキャンプ

071211bootcampビリー隊長ネタではございません。

こんかいマックのバージョンアップに踏み切った理由の一つは「BootCamp」がベータ版から正式サポート版に昇格したから。
マックユーザーでないかたにご説明すると、マックは数年前CPUをそれまでの「パワーPC」からインテル製に供給元を変更したのだ。以前は「Intel Outside」なんてシールを張っちゃうくらいアンチウィンドウズ=インテルだったユーザーの気持ちはかなり複雑だったんだけど、おかげでウィンドウズも同じマシンで走らせることが可能に。
そのためのユーティリティーが「ブートキャンプ」で、ベータ版としてしばらく無料配布されてたのだ。

まぁワシとしてはプライベートで積極的にウィンドウズ使うつもりは毛頭ないのだが、世の中にはウィンドウズにしか対応してないソフトとかもあり、何かと不便。
前は会社のマシンでこっそりやってたんだけど、セキュリティ強化で勝手にアプリ落としたりできなくなっちゃってきたのだった。中古のウィンドウズマシンでも買うかと迷ったけど、金銭てきな問題もさることながら、自分のうちにダセェウィンドウズマシンが存在することのほうがもっとイヤ。
で、しょーがないからベータ版落して、XPも買ってうちのマックミニにインストールしようとしたんだけど、どうやらHDDがなんたらで、上手く行かなかった。っていうのが4か月ほど前。

でこの度正式サポートっつうことで、どうせいつかアップデートするんだからってことで、こないだ一番簡単な「上書き式のインストール」ってのをやったんだけど、やっぱし(確か)以前とおんなじアラートが出てHDDパテーションが切れなかった。
つうことで昨日。「アーカイブしてインストール」っつうのをやってから、サイドブートキャンプを...やったけどまたダメでした。
結局クリーンインストール(HDD一旦完全に初期化してからのインストール)しなくちゃいけないんでしょうかねぇ。
それやると多分初期設定とかめんどくさいんだよなぁ。

誰か助けぇてぇぇぇぇぇ。

| | コメント (1)

2007年12月10日 (月)

10,000km

071210tenkdrive
一昨日、帰りの舘山道で走行距離がこの通り。
納車からほぼ半年、職場の人に話したらびっくりしてたけど、ほぼ毎週の南房がよいだからまぁこんなものなのか。
ちなみに平均燃費は16km/litter弱。
この数字を伸ばすのが楽しみで最近アクセル吹かしたことないっす。

さてこれから山のシーズン。
走行距離は更に伸びるのかな?

| | コメント (9)

2007年12月 9日 (日)

初冬の河川敷

071209tamagawa金曜夜の忘年会、昨日は朝飯ガッチリ、ウナギでガッツリ、締めの同窓忘年会は中華でどっしり。
飲み過ぎ食い過ぎなのは百も承知。

朝体重計に怖々乗ってみると....
きあああぁぁぁぁぁぁぁ.....。

というわけで、今日は午前中からパン2に行く約束なので久々にチャリで行くことにする。
やっぱエアロビックな運動してカロリー消費せにゃいかんですわ。
ちなみにクライミングはほぼ無酸素運動でございますので、カロリー消費はたいしたことありません。クライマーが痩せてる(人が多い)のは、体重あると登れないから必死こいて他の手段でコントロールしてるのです(例外あり)。

今日の予報は北風が強く、ってことだったが午前中は大丈夫だろ。
と思ったのは甘かった。風はそうでもなかったけど気温が低い。
グロープしても指先かじかみ、つま先も冷たいっす。
でもしばらく漕いでるとうっすら汗ばんできて、ペダルを踏むのは快調。

二子橋から多摩川河川敷に出ることには日も高くなり、ポカポカとした陽気。
河川敷ではサッカー野球ゲートボールに打ち興じる皆様でにぎわって、なんかほのぼのとした気分になってしまいました。

帰りは追い風。行き来の経路が固まってきたこともあって、あっという間に自宅に到着。
冬の自転車もいいもんですな。鼻水さえ出なければ、だが。

| | コメント (2)

2007年12月 8日 (土)

忘年会シーズン

071208shimo昨夜は職場の忘年会ですっかり酔っ払っちまった割には、本日夜明け前に南房に出撃。
とはいえ波は期待できないんだよな~。

071208asagohanと、やっぱり駄目。
帰国してから南房に来て、波がなくて海に入らないの初めてかもしれない。
まぁいいや、今日は野暮用もあって南房に来たので。

とりあえず朝っぱらから南グルカフェ。
朝ごはんもやってるんですね。
釣り客や近所の漁師さんを相手の商売だ。夜も遅くまで、そして早朝から朝ごはんと、ホントよく働きますよ>大将。

071208asateiいつもの大ごちそうとは違って朝飯はシンプルに焼き魚定食。
目玉焼きにポテトサラダ。
戦後日本の正しい朝食といえよう。
これでいいのだ、ごつぉさん。

そのあとはこないだ穴あけちゃったウェットを修理に出してから、野暮用こなしに舘山へ。
071208unagi用事を済ませたあと、そちらのお宅で鰻をごちそうになる。
うな丼なんて久しぶりかも。
ウナギが2段になってんまかったっす。
ごちそーさん。

ヤボ用済ませたあとは一路トーキョーに。
今夜は大学のサークルの同窓忘年会。
ガッカリ島に行ってる間ぶりどころか、卒業以来初めて会う奴も。
サークルってのは留学生のお世話をするっちゅうとこだったんだけど、そのまま日本で結婚・就職しちゃったやつも多くて、忘年会も3分の1くらいはそういう連中。
071208cosmic
主婦やってるのとワシらオヤジが家事の分担についての論争となり、じゃアメリカ人の見解はっつうことになり、アメリカ代表のジョーとマイクに意見を求めると「そりゃぁ、こっちは毎日働いてんるんだから家の中のことはきちんとやってもらわないと困るよね。」と声を合わせる。
ま、こいつら中身はほとんど日本人だから参考にはなりませんわな。

ビールに紹興酒をカパカパやっちゃってすっかり酔っ払い「ラ」のパーティーはパス。

| | コメント (0)

2007年12月 7日 (金)

ダウンマフラー

071207tnfさぁ~むぅ~いぃ~。
年内は海行くぞ、なんて決意はどこへやら。
特に毛穴がまだ開いちゃってる今年は、必要以上に寒さ対策に気を使っているワシ。
でも箪笥の中にはあんまし冬物がないのね、特に部屋着関係が。

で、ちょこっと寄ってみたユ○クロ。
値段も安いし一枚買ってみっか、と気がつけばあっという間に部屋着はユニ○ロだらけ。
ヒートなんたらちゅうの暖かいし。
大和民族体系保存会のワシにも着丈袖丈ズボン丈そのまんま問題なし。おまけに財布に優しいし。
なるほど売れるわけだと納得。
でも外出用にはちょっとね、っつうのが偏見だな。

ちなみに外出用のマフラーはTNFのダウンのやつ。
夏に小川山のクライミングフェスティバルで安く買ったのだ。
こないだお店でおんなじものが倍近い値段で売ってたんでニヤリ。
たまにはいい買い物するんだな>ワシ。

| | コメント (0)

2007年12月 6日 (木)

ポケットティッシュ

071207tissueトーキョーの街角では至るところで配られてる広告用のポケットティッシュ。
実はワシはけっこう積極的にもらう人だ。
なんせガキの頃から耳鼻咽喉科で鼻の洗浄したり、いまでも鼻の粘膜が弱いらしく冬場は基本的に鼻づまり。使うティッシュの量もけっこうなもんで、バッグの中には常にポケットティッシュが欠かせないもので。

それにしてもほとんどの人はポケットに手を突っこんだまま、貰わずに通り過ぎますね。
暑い夏もそうだけど、冬なんかはバイトのねーちゃんとかかわいそうじゃないですか。一箱配っていくら、とかなんでしょ。
ガッカリ島なんかだったら、あっという間に配り終わっちゃうね。
っていうか箱ごと持ってかれかねませんよ。
そういやオーチャードロードなんかには、ポケットティッシュ売ってる年寄りとかいたもんな。
パラゴンの前にいつもいたのなんか、ワシは「Wonder(驚異の)ばぁさん」なんて呼んでたんだけど、なに年がら年中「one doller ~one doller」って念仏みたいに唱えながら、ティッシュ一つ1ドルで売ってたからなんですけど。

というわけで、特にこの時期ワシの半径1メートルくらいには必ず「武富士」だの「アコム」だの「docomo」だののティッシュが配置されております。
普段使いは「武富士」で、外出用のバッグの中用は「docomo」だったり、「アイフル」のは水に溶けるんで緊急用にトイレにも使えていいな、とか。

どっちにしてもあんまし鼻かんでると中耳炎になっちゃうから、ご利用は計画的に。

| | コメント (2)

2007年12月 5日 (水)

閉店

071205suehiroteiワシの職場は就職以来、ガッカリ島にいた時期を除けばずっと新宿。
なのに常連と言えるような飲食関係の店は一軒もなし。
いや、なくなった、か。
新入社員の頃からずっと毎日のように行っていた喫茶店が、この度閉店してしまったのだった。

末広亭のハス向かいにあるその店は、カウンター8席くらい、4人がけのテーブルが5席くらいでマスターと手伝いのお兄ちゃんが二人で切り盛りする小さな喫茶店。
昔っから昼飯を「ちゃんと」食べなかったワシは、もうそれこそ毎日昼飯時は直接その喫茶店に行って、紅茶(トワイニングのダージリン)と厚切りバタートースト(イチゴジャム付)を食していたのだった。

ここんとこタバコが吸える店が減ってく中で、喫煙OK、「ブレンド」が250円と手ごろなこともあって、昼飯時はいつ行っても満員。小さな換気扇ひとつの店内はもうもうたるタバコの煙で壁紙はまっ黄色。たぶんワシの受動喫煙量はすでに致死量に達しているかも。
ただ慣れってのは恐ろしいもので、午後中体にまとわりつくニコチン臭が気になれど、なによりトースト食いながら漫画を読むのが欠かすことのできない日課であった。
アキラもスラムダンクもモンスターもビーバップハイスクールも毎週ここで連載中に読んだのだ。

席もカウンター一番手前の漫画に手の届く席がワシの定席で、入ったときは空いてなくてもお客が経つと「空きましたよ~」って移動。
なもんだから、たまにお休みだったりすると右往左往で、この店がなくなったら新宿で働く意味ねぇな、くらい。
昔は一応看板が出てたんだけど、たぶん酔っ払いかなんかが蹴っ飛ばして壊れちゃってからは、なんの店かわからなくても、常連だけで十分商売が成り立っていた。
ガッカリ島に行けと言われた時は、ナニが寂しいってここに来れなくなることだったもの。

なんだけど、実はガッカリ島で完全な嫌煙者となり、40年以上続いた漫画中毒から脱したワシは帰国後この店に通うことななくなっていた。
もちろん帰国の挨拶はしたけど、たぶんあんまり来なくなりますよ、とも言い置いた。

たまに店の前は通るのだが、二月ほど前から改装工事が始まってマスターも不在。
閉店?ひょっとして禁煙にして開店してくれないかなぁ。
だったらまた来るんだけど。

そして先週。
改装工事も終わったようで、ドアのスリガラスの模様の間から覗いたらまだ家具類もなくてガランとした店内にマスターが。
おもわずドアを開けて、改装してまたやるんですか?
「もう喫茶店はやめて、画廊にでもしようかと思って。」
う~ん、残念だけどマスターもずいぶん年取ったし、あの環境は体によくないからたぶんこれでいいんだろうな。

大げさかもしれないけど、なんかワシにとって一つの時代が終わったような。

| | コメント (2)

2007年12月 4日 (火)

ふろふく毎日

071204furofukiこないだバァちゃんからもらった大根。
4切れ炊いて最初の一個はそのままふろふき大根として食し、残りはおでんとなった。
おでんはおでんで美味かったんだけど、ワシとしてはどうしてもふろふき大根が心残り。
つうわけで残った半分は風呂吹き大根として食すことにした。

そもそもこのシンプルさが好き。
味付けも昆布だけとする。
むかし中国では日本人の蔑称として「大根野郎」というような意味の呼び方をしたと聞く。日本人が大根ばっかし食ってたかららしいのだが、ワシとしては上等じゃぁねぇか、と思う。
おう毎日でも食ってやっろうじゃねぇか。
糠漬け、沢庵、おでんにブリ大根、おなます、おろしてあげればスパイスにもなる。葉っぱだって糠漬けにしたり、炒めたり。捨てるとこなんかありゃぁしない。
ちなみに味の素のレシピ大百科を「大根」で検索したら746件のレシピが登録されてると。

種類だって地方によってさまざまな大根があるわけで。
からぁ~い青首大根おろしたので蕎麦食いたいとか。
ウィキによれば古事記にも記載があるとか。徒然草にもか、あ、これ覚えてるかも。そうか薬草扱いだったのか。
これはもう国民野菜と言っていいのではないか。
なんでカイワレ大根の日があって、大根の日がないんだっ!
国民の祝日にしろっ!福田政権は何やってるっ!

というわけで、朝な夕なに火を入れてはシャトルシェフで3日間。一緒に入れた昆布はグデグデだが、お大根さんは煮崩れもせずシャキッとしてる。こういうところも好きだなぁ。男らしいなぁ。
さてさて今回は冷蔵庫にあった柚子味噌と、偶然南グルカフェでお土産にもらった柚子の皮を千切りしてトッピングしてみました。
あ~んめ~。
これは日本酒ですな。

| | コメント (4)

2007年12月 3日 (月)

バージョンアップ

071203leopardちょっと様子見だったのだが、とうとう新OS「レパード」へのアップデートを決意。
別に今のタイガーに不都合があるというわけでもなく、むしろタイガーで追加された機能をほとんど使うこともないままだったような気もするのだが。
ただマックの場合、あとから新OSじゃないとダメよ、的なアプリだのがけっこう出てきたりするんですな。ジョブスさんに付き合うのも大変だ。
既に今回のアップデートでレパードでしかできないこと(なおかつやりたいこと)も出てきちゃったんで、いっちょアップグレードしてみっかと。

ただ、いまだにメインで使ってるPowerBookG4でのパフォーマンスに自信が持てないんで、とりあえずはほとんどiTunes専用機となっているMacMiniで様子見することにした。
というわけで夕飯の支度しながら2時間ほどで一番簡単な上書きインストールは完了。
で、イキナリiTunes 立ち上げて音楽聴き始めたんで、ちょっとデスクトップの見た目が変わったくらいでぜんぜん今までとかわんなかったりして。
ま、おいおい新機能をチェックしてみますわ。

| | コメント (0)

2007年12月 2日 (日)

鍋の季節

071202kouyouいやぁ、秋深まるって感じですなぁ。
風もどんどん冷たくなっちゃって、波乗りするのもいつまでやら。でも年内は頑張りたいと思うのだけど。
で、本日も頑張って出撃。うねりも来てるし、波乗りで冷えた体を南グル飯と風呂で暖めるんだぜ。

071202sasakizuと思ってたんだがこんなことになってしまい、笹ぴょんと一緒に舘山の病院に。(詳しくはこちらをご覧ください。)
しかしこの画像見方によっては卑猥かも。なこたぁねぇか。
昼飯食ってんじゃねぇのっつうくらい待たされてやっと処置終了。これじゃ南グルカフェの昼営業が終わっちゃうよってんでテキトーになんか見繕っといてくださいとお願いし、ギリギリに滑り込む。

カウンターのうえで湯気たてながら待っていたのは鍋。
071202nabeうぅん嬉しいっす。
そういやまだ自分ちで鍋やってないんだよなぁ。なかなか気にいった土鍋がなくて。
なめろうとか手羽とかいろいろ入った寄せ鍋ですね。はふはふ。

071202yakizakana続いてでてきたのは大将が釣ってきた「  」(すんません、メモ書き忘れたんであとでフォローします)。
鰺釣りだかの外道だそうだけど、鰺よりあっさりした上品な味。
こりゃ美味いっす。
これからぐっと魚に脂が乗ってくるんでしょうね。
楽しみ楽しみ。

071202isakimaki「いさき」を野菜と一緒に白菜に巻いて炊いたん。
イサキの旨みがジワっと野菜に滲みて美味いっすね。

そういや南房って温暖で気温差が少ないからでしょうか、紅葉が綺麗って印象がないんだけど、途中に通る渓谷は結構奇麗でしたわ。(トップは帰りに撮った画像)
カメラオヤジが路駐してるんで見とれてるとぶつかりそうだけど。

071202sashimiはいはい、お刺身ぃ~。
中央に花びら状に盛り付けられたのが今回の主役(これもあとでフォローします)。
脂が乗ってもっちりとした舌触りでございました。
最近味噌漬けで供されることの多いスルメイカの肝は今回刺身。
それはそれで新鮮だから爽やかな海の香り。

071202dukenigiriってなことで、傷の痛みもたいしたことなく満腹でシアワセな午後。
笹ぴょんは先週に引き続き大将たちとみかん狩り。
毎週悪りぃから、ってんでお土産げの「づけ握りのおすそわけ」もなんか得した気分。

ワシはちょいと用事があったんで失礼しましたが、満腹すぎて瞼が重くなり途中の道の駅でお昼寝、ってのもけっこう気持ち良かったかも。
今回の小さい画像も拡大できますんで。

| | コメント (4)

2007年12月 1日 (土)

不幸な女の映画2本

うわぁぁぁぁぁ、12月だぁ。
帰国してはや6ヶ月。まぁ楽しんでるな>ポンニチ生活。

さて今週届いたのは偶然不幸な女が主人公の映画2本。

一本目は「嫌われ松子」。
とりあえず話題になった邦画、特にワシがガッカリ島に行ってる間に封切られた作品はリクエストリストに入れておりまして。たぶん日本にいても映画館では観てなんだろうけど、観られなかったと思うと妙に見たくなるものなのです。
原作の小説はもちろん読んでませんので比較のしようがないのですが、まぁ映画に関して言えば漫画ですわね。
ただミュージカル仕立てになったり、原色っぽくイフェクトかけたりってぇ作りが面白いんで最後まで引っ張れました。
そういや中谷美紀をちゃんと見るの初めてかも。
iMovieのCMはかわいいっすよね。米国版の人よりずっと。

で次は古典(でもないのか)「ひまわり」です。さすがにオフィシャルサイトとかないですわね。
なんでリクエストリストに入れたのか自分でもよくわかんないんですけど、小学校の時腕白だったキミちゃんがなぜかこの映画のテーマ曲(ヘンリー・マンシーニ)をピアノで弾けて、教えてもらったのが引っ掛かってたのか?
ソフィア・ローレンの映画観るのも初めてかぁ。
ベラのモデルじゃないかと思うくらい昔からおっかなかったんですけど、この映画でもキツーくて業と情の深いイタリア女やってます。
戦争で引き裂かれちゃった夫婦の再会話。公開された1970年当時はまだ終戦から25年でリアリティがあったんだろうな。
でも今のぬるま湯のようなポンニチ社会ではピンとこないのだけど、世界のどこかではまだこんな悲劇の種が転がってるんでしょうね。と平和ボケした頭でちょっと考えた。

というわけで今週はツリ目女2本でした。

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »