« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

物欲の秋

070831calafateちょっと湿度はあるけれど、やっと涼しくなってきた。
まだ半袖で十分なんだけど、毛穴の開き切った人には気分はもう秋。
そんなタイミングを狙いすましたかのように目白のショップのセールときた。
ここのショップはクライミング関係の品ぞろえがけっこういいんで、この春ちょっと散在させられた記憶もありちょいとヤバいかも。
しかしですね、春夏ものはもういらないんですよ。ウェアーは今後10年は買わずに過ごせるほどの物量がある。
いわゆるアウトドアグッズ関係もですね、こないだキャンプの前に必要なもの(たいして必要ないものも)もは全部揃っていることを再確認。
というわけで、なーんもいらない。いらないったらいらない。
だったら行かなきゃいいのに、でも昼休みに行っちゃう自分がわからない。

初日は昨日だったんで、ウェアー類はでかいサイズしかない。ヨシヨシ。
ザックも持ってるものと被るようなのばっかし。
主なクライミング関係は対象外。
ロープが....マムートが.....10mm50mが17k台で.....前回10.5mm60mのスーパーセーフ14kで買ったから必要ない。えー必要ないですとも。
おっ、ブラックダイアモンドのカーボンプルーブが5千円しないこれはお安い!でも持ってるだろが。それもライフリンクのカーボンのやつの新品を。
あ~ライフリンクのスコップが、オレンジ色のコンパクトでかわいくて安い!ってスコップ何本もってるか思い出せよっ!

というわけで、今回は奇跡的に手ぶらでお店を出られました。
う~んワシも大人になったもんだ。ふぅ~。

| | コメント (5)

2007年8月30日 (木)

湾岸温泉

070830oedoonsen
ちょいと仕事で近所の埋め立て地にあるお役所へ。
ガラガラの無人運転の電車を降り、役所への道すがら出現したのがこの温泉。なんか聞いたことはあった様な気がするけど、がらんとした埋め立て地にスーパー銭湯ですか。

おもえば20年ほど前の計画だと、今頃この辺は近代的なオフィス街とショッピング施設がひしめく「副都心」とやらになっていたはず。
こーやって税金は無駄遣いされ、赤字が垂れ流されているのだなぁ、この構造はいまだに形を変えつつ続いてるんだよなぁなぞと茫然と立ち尽くす。
勘弁してよ。

| | コメント (2)

FITOW(9号)

070830typha一昨日夕方ドガッドバッと落雷大雨、昨日は比較的過ごしやすくて夏終了〜を感じるこの数日ですな。
いいなぁ、このちょっと寂しくて、でもちょっとホッとするこの気分。

しかして台風シーズンはこれからだ。
今年はなんだか発生個数が少なくてまだ9号。
もうちょっと育ってくれて、週末にはうねりが届いてくれるといいのですが。
と一日何回も予想進路を確認するってのも、これまたいいんだなぁ。
南東うねりか、風はどうなるか....。
ポンニチに戻ってることを実感できるイベントです。

| | コメント (5)

2007年8月28日 (火)

夢のねーちゃんたち

宅配レンタルDVDの仕組みは、事前に予約リストに観たい作品をリストアップ、観たい順序に並べておいて在庫があるものから2枚づつ交代で次々に送られてくるというもの。
在庫がある作品には星印が付いているのだが、案外在庫が少ないというか、人気作品ばっかリストに載せてるかもしれないんだけど、50タイトルくらいあるリストのうち星が付いてるのは10タイトルくらいか。

当然人気作品ほど出入りも激しいらしく星がついたり消えたりしてるわけで、入会してから二月近くリストのトップにあったものの、ワシが返すタイミングでちょうど戻ってくることがなかったのがこの作品
ワシの返却と在庫がピンポイントでマッチしてやっと届きました。
わ~い嬉しいな。

けっこう話題になったからご覧の方も多いと思われますんで、内容は別に語りませんが期待どおり面白かったっす。
50年代のデトロイトとかハーレムとかの雰囲気も良く出てて(行ったことないけど)、エディ・マーフィもすっげーハマり役。50年代のポマードばっちり無理やり直毛のR&Bアイドルが、60年代になってアフロになって、マーヴィン・ゲイみたいな毛糸の帽子かぶって、みたいな変化もタマランす。
モータウンとシュープリームスがモデルなのはご存じのとおりだけど、あぁ舞台裏はきっとこうだったんだろーな~って嬉しくなっちゃいますよ。
マーベラッツとか歌のうまいガールズグループはもっといたけど、テレビの普及とR&Bの一般化(骨抜きとも白人迎合ともいうが)でビジュアルが勝っていく感じもよく出てたかも。

070828dreamgirlsアカデミーとったおデブちゃんも、ビヨンセたらいう人も知りませんけど(なんせデスティニーなんたらもTLCもスパイスなんたらもワシの中では一緒)スターを目指す歌好きのねーちゃん達がどんどん上り詰めてくとこなんてワクワクしちゃう。
特にビヨンセがどんどんダイアナ・ロスになってくとこが凄いですわ。しまいにゃディスコでドナ・サマーまで入ってきちゃうしなぁ。本家よかよっぽど歌うまいし。
男的には、やたら独占欲強くてアグレッシブなおデブちゃん(女の魅力とか感じないもん)から、おとなしくて可愛いほうに乗り換えるのは当然でしょ、とか。

こういう映画はもちろん映画館で見るのがベストだけど、家で見るならでかい画面で見たいなぁって思っちゃいますね。特典映像つきのDVDとか欲しくなっちゃうし。
あ~イカンいかん。

| | コメント (4)

2007年8月27日 (月)

くじ運

070827cokeitune_2コカコーラのiTunesキャンペーン。
初回当って(これって陰謀でしょ)そのあとはどんどん当選率が低くなり(やっぱり陰謀)、夏休みに入った途端に全く当たらなくなっちまいました。
途中からは意地になっちゃって毎日毎日毎日毎日毎日「ゼロ」飲み続けてますよ。
応募番号打ち込むときも「けっ、どうせト音記号(ハズレ)だからよぉ。」とかなり荒んだ気持ちになったりして。
で、本日久々に当たりましたっ。
なんかちょっとだけ幸せ。

ちなみに会社で無理やり3千円集められたドリームジャンボの配当金はひとり600円ちょっと。
おかしいなぁ~、3億当ったらひとりあたま4千万ちょっとになるから南房に土地買うはずだったんだけど。

| | コメント (5)

2007年8月26日 (日)

森の朝

未明に目が覚めてトイレに行く途中見上げると満天の星。
外はすっかり冷え込んでいて、足もとがスースーするほど。

070826tents寝袋に潜り込んで気がつくともう外は明るくなっていた。
テントから這い出て、置きになっている焚き火にちょいとその辺の枝を追加。
そこに残っていた燃料用のアルコールをたらして再点火し、これまた残っていた炭を
のっけてお湯を沸かし朝のお茶を入れる。あ〜うまいっす。

Naokix、鱸家ともになかなか起きてこないので、お先に朝飯。
とはいってもフリーズドライの炊き込みご飯ですけど。
この辺は流行りのファースト&ライトということで。

テン場にも日が差してきたあたりで二人を起こすけど、昨日の筋肉痛で登る気ゼロっ
て雰囲気。
ま、いいですよ。今回は何といっても「キャンプがメイン」。
無理して登っても楽しくないしね。

とはいいつつも、ワシは次回につなげるためにとりあえず川を渡ってほかの岩場を
チェックに向かう。
とりあえずTOさんお勧めの「小川山物語」(5.9)のある父岩目指し、踏み跡を追っ
て森の中へ。
ちょうど母岩に行くっちゅう高齢クライマーにだいたいの場所を聞きたどりつく。
既に山岳会のクライミング講習っぽい団体が取りついており、ルートだけチェックし
てサイトに戻る。

Naokixが早めに帰りたいってことだったんで、11時出発ということにしてテキトー
に。
鱸さんはコピ男君と虫とり。Naokixはし・ご・と。
で、ワシはというとこれまた持ってきたハンモックで読書。
070826hunmokいやぁ〜、これもやりたかったんですわ。
白樺の木陰に吊ったハンモックで本読むなんておっしゃれ〜。
できれば居眠りとかしたかったんだけど、夕べよく寝過ぎて眠れないのがちと残念。

ってなことでJ-Rockトーキョー支部の「キャンプ」合宿は無事終了。

| | コメント (4)

2007年8月25日 (土)

小川山キャンプ

070825suzuki今週末は小川山。
先月末のJFAイベントは日帰りだったけど、今度は泊り、それもキャンプにしようね、ということで。
ガッカリ島ではとてもじゃないけどキャンプができる環境じゃなかったし、帰国後もなかなかチャンスがない中、ワシの中ではどんどんキャンプをやりたいっちゅう気持ちが大きくなっており、満を持してのキャンプ。

それもこのクソ暑い下界から逃れられる標高1000mの小川山。天気予報の予想最低気温は17度。
ついでにクライミングもできるんだぜ、ってことで期待はいやがおうにも高まるのであった。
準備もけっこう前からやっちゃったりして、余計な遊び道具も積まれてワシの車の後部荷室はほぼ満杯。

朝も久々に目覚ましセット時刻の5分前にパッチリ目が覚める。
速攻で夜明け前に家を出て、Naokixを拾い、鱸さんとコピ男君拾って前回巻き込まれた渋滞は何とかパス。
それでも小川山に着いたのが10時過ぎ。やっぱ遠いっす。

夏休み最後の週末とあって、キャンプ場はクライマーと家族連で既にほぼ満員状態であったが、なんとか木陰かつ水場に近いサイトを確保。
簡単にテントをセットして、まずはクライミングです。
前回のリベンジと張り切ったものの、やっぱしちょいと凹んで夕刻サイトに戻り、さてお楽しみの始まりです。

ワシら的にはどでかいタープを張って、その下でテーブルだの2バーナーだのの四畳半そのまま持ち込んだようなファミリーキャンプ型は願い下げ。
基本的にはソロキャンプの集合体でありたいわけです。(といいつつ椅子は持ってきちゃいましたけど)
とはいえちょっとお楽しみも必要ということで、車に焚火台も積んできて炭をおこしてソーセージやトウモロコシなんかをBBQしてみる。
鱸さんはキャンプ初体験ということで、かなり楽しんでるようだ。
ワシも久々でスゲー楽しいっす。

070825naokixなんて食事をしていると木陰のサイトはどんどん薄暗くなり気温も下がってちょいと肌寒いくらい。
でもって今回はワシがトラベルギターを持ってきたのでちょいと持ち歌唸ってみたり。久々にやりたかったんだよね、コレ。
iPodにミニスピーカーなんてのもありかもしれんが、焚き火がはぜる音とはミスマッチでしょう。

BBQのあとはそのまま焚き火に移行して、炎を見ながらグビッとバーボン飲んでたら、あっという間にヘロヘロに酔っぱらい、ヨロヨロと寝袋に潜り込むワシでした。

| | コメント (5)

2007年8月24日 (金)

仮前歯

070824teeth抜けちまったものを差しなおした前歯2本であるが、20年ほど前に一度マウイで巻かれてマストにぶつけて折っており、根元というか芯を残して上からかぶせてあったものであった。
かぶせた2本は一見2本だけど実は繋がっており、今回は左側の裏側が欠けちまって、痛いこともあってほとんど「噛み切る」という作業はできない状態が続いていた。
ここんとこやっと歯茎が固定してきたようで、おっかなびっくり残った歯で噛もうとしても抜けはしなかったもののグラグラになっちまった脇の2本がまだ固定しきっておらず、現在治療中。
しかしてやっと前歯は仮の歯を入れましょうということに。

どうするのかと思ったら、繋がってた中央から切断し、欠けてない右側はそのままで、左側だけ芯を出して仮の歯をかぶせてくれました。
これでちょっとは噛み切れるかもと期待したんだが、仮の歯っちゅうことで鋭さが足らず押しつぶす感じ。
ガブリと噛みつくまでにもうちょっと時間がかかりそう。
今年は新ショウガもトウモロコシもお預けのようでございます。

| | コメント (3)

2007年8月23日 (木)

みゅ~

オリンパスから防水シリーズの新型が出た。
790っつう型番からワシが持ってる770の後継機かと思ったら、その下の750の後継機だそう。
防水3m。あそ、カンケーねーやと思ったらweb上からは770が消えてます。
どうやら「現場監督」的な売り方はされるみたいだけど、防水10mは売れないのかな。ワシの周りには結構買った人いるんだけれど。水没事故とか多くて嫌になったのか?
よくわかりませんが、後継機種発売希望です。50m防水とかでヨロシク。
あと画像記録のタイムラグ短くして。

| | コメント (3)

気配

朝さっと雨が降って、ちょいと涼しい風が窓から入ってきて。
ちょっとだけ秋の入り口を肌で感じる。
こういう感覚って久し振りだから、妙に嬉しかったりする。
ちょいと忙しくてネタがない本日でした。

| | コメント (0)

2007年8月22日 (水)

ニュルリとな

070822tokorotenこないだいただいたところてん。
プリッとした歯触り、かすかに残る磯の香、そしてZZ家秘伝の酢醤油のハーモニーが織りなす極上の逸品。
なんてことはまったくなくて、ワシの馬鹿な舌にはところてんはところてん。

でもスーパーで買うのは冷蔵庫内のスペースもとるし、重たいし、これからはできるだけ南房で仕入れようかと南グルカフェの大将に海女さん紹介してちょーだい、と頼んだらまたタダでもらっちゃいました。うひ。
天草あげるから自分でつくりなよ、とのお申し出はさすがに辞退しましたが、でもちょっとやってみたいかも。

こないだは包丁で切ったんだけど、こうなったら気分を出して「天突き」買うしかないだろうとネットを漂流した挙句に結局近所のデパートでめっけたんで買っちゃいました。
まさかそんなの売ってると思わなかったけど、さすが夏ですな。
値段は1800円チョイでネットの価格よか高いけど、送料入れるとたいした変わらないとか、受け取るために早めに家帰らなくちゃとか(結構プレッシャー)、もらった分スーパーで買った値段くらいで充分買えるだろうとか。

もらったところてんはは不定型なんで、断面を3X4センチくらいの棒状に切って天突きに籠め、ふんっ、と力んでモリモリと。
白木のたたずまいも凛々しいし、なんかニュルニュルとした手ごたえも楽しめちゃうので、これって正解かもです。
鰹節削りとかも買っちゃおうかな。

| | コメント (2)

2007年8月21日 (火)

オールドスクール

070821glide創刊以来ロングボード雑誌NALUをずっと購読してきたのだが、さすがにマンネリ。
っていうか10号ぐらいですでにマンネリだったのだが、ガッカリ島にいる間に波乗りへの気持ちが離れちゃわないようにイチロヲちゃんにお願いして、送ってもらっていた。
帰国後も惰性で買っていたのだが本棚に収まらなくなってきたこともあり、「揃える」のは50号までとしそれ以降は面白そうなのだけ(あれば、だけど)買うことにした。サーフトリップジャーナルはもともとそんな感じだったんだけど。

で、前号からちょっとおもしろいなと思っているのが「Glide」って雑誌。
前号が創刊号だったのかな?「オールドスクールサーファーのための」と銘打っているだけあって、おっさんサーファー向けの雑誌です。サーフィンライフ別冊ってのがちと引っかかるけど。
昔ショートに乗ってて、ちょいと辛くなってきたんだけどロングは嫌だし、じゃフィッシュにでも、ってな人がターゲットみたいな感じ。そういう意味ではSurfer's Journal的かな。

ちょっと渋めのオールドサーファーの今や、メジャーなポイントじゃなくてフランスのサーファーのスタイルとかを取り上げてて、今のところ(まだ2号目)読むとこもありますね。
そういやおんなじような読者層を狙ったSCの元編集長石井さんの「波羅門」は休刊のままのようなんで、先行きがちょっと心配ですけど。

| | コメント (2)

2007年8月20日 (月)

ワシの脳内

職場の昼休み。
パソコンの前でうちのおねーさんたちが集まってきゃぁきゃぁ笑っている。
ナニナニ、と覗き込んでみると「脳内メーカー」なるサイトで盛り上がっているらしい。
自分の名前を入力すると頭の中を分析して、漢字で表現しますよ、ってサイトでなんでもかなりの人気サイトらしく、アクセスも結構ままならないらしい。
いや、ナニ、占いサイトの変形みたいなもんで、他愛無いやつですわ。

当たってると思えば当たってるよーな気もするし、的な。
ワシなんかは星占いとか血液型とか、そんなもんで十把一絡げにされてたまりますかってほうなので、なーんだ、みたいな。

「ZZさんも入力しますよ」って別いいけどねぇ。
ほ~ら、ぜ~んぜん当たってないじゃないの。
まったくもう。

070820brain

| | コメント (4)

2007年8月19日 (日)

波乗り不発、寿司炸裂

070819menkoi夜明けとともに出撃し、南端ビーチで8号のうねりを狙ったものの、イマイチ消化不良というか欲求不満というか。
ま今回はめんこい君と久々の波乗りってことにして自分を誤魔化したりして。

070819kaitoとはいえ、めんこい君もほとんどまともに波乗りなんかやってない。ただしガキの頃から夏休みの水泳会みたいなのには通っており、この頃は世話役のお兄さんとして手伝ったりしているらしく、遠泳も3~4キロはいけるとのこと。
泳力だけはあるのか、結構きついゲッテイングアウトをしのいでなんとかアウトに出てきてました。
その後は巻かれまくってて、板にもまたがれないくらいだったけどね。

じゃ、昼飯食って帰ろうか。
なんにする?
寿司。
気がつけば我々は南グルカフェのカウンターにワープ。
大将、なんか握ってほしいっていうんでテキトーに見繕ってやってください。
スターターは水なます。ん、もちろん食うの初めてだろうなぁ。
あ~、波乗りやって日焼けした体に冷たいなめろうがスイスイ入って体がシャキっとするだろ?
と、早速やってまいりました~。

070819sushi
なんかもう次から次へと。
左下の鰺、イカから始まって、メモする暇もなく、地魚握りの嵐。
これをまたパクパクと食う食う。写真を撮る暇も有らばこそ。
画像上なんて一回食おうとしたのを戻させたんでご飯粒がネタについちゃってますな。ちなみにネタは全部違うんです。
結局前半戦はワシの口には一貫も入らずじまい。
こっちは鯨のタレだのゲソだの食ってるわけで。
後半でてきた巻物くらいからやっとこちらに回ってきましたが、タコキュウとかいって蛸の足ときゅうりをまいたのだったけど美味かった(ブレちゃったので割愛)し、なめろうの握りとか、画像左下のマグロとか。

まぁ寿司なんていつでも頼めるからいいんですけどね。
さて、ひとっ風呂浴びて帰りますかぁ。

| | コメント (5)

2007年8月18日 (土)

めんこい君@南グルカフェ

せっかくの夏休みだがめんこい君は塾だ部活だなんだと多忙。
まぁいまどきの中学生なんてそんなモンだろう。ま、一日くらいどっか行こうということになり波乗りも兼ねて南房に出撃。っていうかワシの週末のパターンに付き合わせただけだけど。
塾が終わってから出発したんで暗くなって南グルカフェに到着。

おかえり〜、と迎え入れてくれるのはいつものこと。
お盆休みも最終日ってことで、混雑もちょっと落ちついているようだ。
二人してカウンターに座り、さてナニ食おうかな〜なんてやっていると、ホイよっとイキナリ出てきた。

070817awabiわわわ、イキナリコレだ。
コリコリですよ〜、シャキシャキですよ〜。くぅ〜っ。

で、間髪入れずコレ。
070817sazaeもちろん刺身。
えぇ〜、ちょちょちょっとぉ〜。
めんこい君を連れてくることは言ってあったけど、そんなはりきらんでくださいよぉ〜。
こんな歳からこんな美味いもん食わしちゃイカンでしょ〜。

そんなことはにはおかまいなくコレ。
070817iseebiちょっと小振りだけどミッシリ身が詰まった伊勢エビ。常連のシズオさんが今朝方潜って獲ってきたらしい。
あとから登場した笹ぴょんも、何年も通っているけど、ここでは初めて食ったと。
翌日観光直売所で同じようなサイズの見かけたけど100g3500円でしたよ。

070817kaitobiteもちろんめんこい君も大喜びで、美味いウマイを連発。
それを見ている大将はニコニコ。
その後も鯨の刺身だの、絢爛豪華な海の幸シリーズの連続。
っていうか、町じゃ値段のつけようがない食材のオンパレートというわけで、めんこい君はナニコレ?でもんまい、の連続。
まぁワシとて半年前にはこんな食い物の存在すら知らなかったんだから当然。でも今日のスペシャルさ加減はめんこい君が来たからこそなのかもしれないわけで、ワシとしてはおこぼれに預かっていることになるのか。
いやいやおありがとうございます。
070817kawahagiなかでも美味かったのがこのカワハギの煮付けかな。
(拡大可)

あっという間にタラフクになっためんこい君民宿に送ってまた戻り、でもすぐに酔っぱらっちゃって翌日に備えて早めに引き上げました。
し・あ・わ・せ。

| | コメント (10)

2007年8月17日 (金)

マック銀行

070817shinseibank_2ちょいと用事があってクソ暑い中西口の新○銀行に出かけた。
なんだか大げさな個室に通されてみると、この銀行ってマック使ってるのねぇ、って営業のおねーさんが席を外したすきに携帯カメラで撮ってみました、ってだけの話なんですけど、帰り道にここのところ近寄らないようにしていたビッ○カメラマックコーナーに急に足が向いてしまい、新発売のキーボードにちょいと触ったところ...(以下略)

ハァハァハァ、なんとか買わずに済みました、はぁはぁ(汗)。

| | コメント (2)

3ヶ月ぶり

ひさびさに本編に新ネタを追加しました。
こないだの沢登りレポートっす。帰国して初めてのネタだな。
トップページからお入りくださいまし。

帰国したんで全体的な構成の見直しとかもしたいんだけどなぁ、遊びが忙しくて時間がございません。

| | コメント (0)

2007年8月16日 (木)

蓄熱都市の朝

070816summerskyおあづぅござびばづぅ~。
おかげさんで夜の間は風もかすかに通ってエアコンいらずで過ごせたものの、日が昇ったとたんに室温上昇。
家を出る時点で汗だくなのはかなわないので30分前ほどはエアコンオン。
お盆休みも終わってそろそろ仕事に戻る人も出始めたはずなのに、通勤電車にはワシのほかに一人。
電車が地上に出たとたん窓から熱気が襲ってくるようで振り返ると、車が少ないのか都会には珍しい澄んだ青空が窓越しに目に突き刺さる。

地下道嫌いは改札から地上に出るのだが、旅行会社の社員は日陰もない階段下で社名入りのベストを着せられ本日もビラ配り。社員いじめか修行の一環か、いつもは無視するのだが可哀そうなんで受け取ってあげる。
電車で読んだ新聞には苫小牧が35.5度と観測史上最高記録とあった。自分の記憶じゃ30度にすらなったことのない土地だけに、死人が出てるんじゃないかと実家に電話し無事を確認。

ゴミ収集車が去った後の水たまりと生ごみの匂いをつま先立ちで通り過ぎ、ホームレスのおぢさんの残り香、周りから襲ってくる熱気にいつの間にか息が浅くなっているのに気づく。
地球温暖化だの異常気象だの訳知り顔に言うつもりもございませんが、何とかなりませんでしょうか。

今日はエルビスプレスリーの命日だそうな。
メンフィスの予想最高気温は43度だそうで、それを聞いてなぜだかホッとしたりして。

| | コメント (2)

2007年8月15日 (水)

ところてん

070815tokorotenこないだ南グルカフェでクジラと一緒に「これも持ってきなよ~」とトロ箱に入れてもらったのがこれ。
なんかビニール袋に入ったブヨブヨとしたクリーム色のゼリー状の物体。
一瞬クラゲか何かと思ったのだが、トコロテンの塊でした。

地元の海女さんがとった天草で作ったのを分けてもらったらしい。
たぶん金盥かバケツででも作ってざっくり分けたんでしょう。
もう毎日トコロテンとコンニャク食べてるよ~っつうたらドカンと5キロほど。

天突きは持ってないんで、包丁でスライスしてから麺状に。けれが結構大変。思わず天突きネットで買っちゃおうかなんて。
地方によって食べ方が違うみたいだけど、ワシはやっぱ酢醤油に辛子かなぁ。

| | コメント (8)

2007年8月14日 (火)

世界で一番速いインド人

070814indian先月契約をした宅配レンタル屋。実際は宅配じゃなくて郵送なんだけど、観終わって送り返すとすかさず選んでおいた予約リストから在庫があるものが送られてくる。
ほとんど「わんこDVD」状態であり、なんだか見なくちゃ損するような気もし、テレビがないこともあって週末の夜は映画漬け。
ガッカリ島にいたときの空白を埋めるかのようである。

先週末に見たのはまず「世界最速のインディアン」
なんだかタイトルだけみると陸上選手の話みたいだけど、インディアンという往年のオートバイでスピードの世界記録樹立を目指すジィ様の話です。
スピード世界記録なんてのはアメリカの金持ちの道楽であるという先入観と、なんかのレビューで読んだ気がする「周りの迷惑顧見ないスピード狂いのジィ様話」かと思って(まぁそれに近いのだが)あまり期待せずにディスクをスロットイン。

ところが主演のアンソニー・ホプキンス演じる年金生活のジィ様がいいんだ。
筋とかはサイト見てもらえばいいんだけど、ロードムービーの趣もあり、レース会場までのエピソードとか、レースに出るまでのいきさつとか、相変わらずうまいアンソニー・ホプキンスの演技もあって、どんどんこのジィ様が好きになって応援している自分に気がついたりする。

年寄りが題材の映画って昔は枯れた話が多かったと思うけど、世界的に高齢化が進んでるせいでしょうか、最近は元気なジジババの話が結構あるような。
そういう映画が面白く感じるってことはやっぱしワシも片足突っ込んでるってことだよなぁ、とか。
とにかく機会があれば見ることお勧めします。

070814killbill一緒に送られてきたのは(基本的に2枚一組でレンタルなのだ)こないだ観たレザボア・ドッグスつながりで「キル・ビル」。ガッカリ島にいる時に公開されて、見たかったのになぜか「2」しかDVDにならなくて見落としてた映画。
いやぁ~、漫画ですな。タランティーノの頭の中にある漫画をそのまま映像化したって感じ。
日本のシーンはツッコミどころ満載(わざとやってると思われる)で、この手の悪ふざけが嫌いな人にはどうしようもないけどワシにはオッケー。千葉真一も笑わせてくれたし、「2」も観なくっちゃ。

それにしてもなんでガッカリ島じゃ「2」しか売らなかったんだろ。
残虐だから?ん~。

| | コメント (10)

2007年8月13日 (月)

肉の良しあし

070813onomi今週も南グルカフェでタラフク食いまくってきたわけですが、今回はお土産に鯨の刺身まで持たせてくれたりして。
今朝食べたんだけど、鯨の刺身ってのは血に漬けておかないと味が変わっちゃうとかで、ワシんちの台所は一瞬血まみれ。ちょいと筋が混じってたものの赤身はとろりと柔らこうございました。

南グルカフェで出されるクジラ肉はかなり質のいいものだけを厳選しているらしく、それを支えているのがこの人。
070813kujirano_kazusan_2クジラのカズさんです。
いつもカウンターの端っこで赤い顔してありがた~い感じで座ってる人なのだ。
仕事はクジラの中買いで、解体されたクジラからいいとこ選んで卸すのが仕事ですな。
今日のクジラはいいとか悪いとかってのをバリっと皮をはいだ瞬間に見分けるんだそうで、この目の確かさはかなりのものらしい。
同業者は肉を見るより、カズさんの顔色うかがってるらしく、よくないなと判断したカズさんの行動で値段も決まっちゃうくらいらしい。
どこをどうやって見ると、ってな話をしてくれたんだけど、既にありがたくなっちゃってるカズさんの房州弁なまりのややろれつの回らない語りは半分くらいしかわかりませんでしたけど。

そんなカズさんが見立てた肉だけに、南グルカフェのクジラは間違いないです。間違いないだけじゃなくて市場に出回らない珍しい肉なんかも回ってくるのがいいとこだよなぁ~。昨日の尾の付け根なんてその代表ですわ。
なんせ、トーキョーあたりで食えるクジラ肉といったら十把一絡げで「クジラ」でしょ。せいぜい高級品で尾の身とか。豚だって牛だって細かく部位ごとに名前が付いてるんだから、クジラだってイロイロあるだろうに。

ちなみにこないだの台風のあとクジラが立て続けにあがったらしく(昨日も解体作業があったらしいです)、今年のクジラ漁はあと3頭で打ち止め、だそうです。
刺身が食えるのも今月いっぱいかな。

| | コメント (7)

お盆休み突入

お盆休み突入
そして誰もいなくなった....。

| | コメント (2)

2007年8月12日 (日)

東京湾「小」花火祭

070812daihanabi昨夜は「区制施行60周年記念 第20回東京湾大華火祭」開催日。名前長すぎ。
とりあえずトーキョー湾岸地帯の住人といたしましては一応チェックしてみたのだが、打ち上げ地点の晴海埠頭方向には高層ビルがでんと構えており、まず観覧不可能。
と思いきや!
トップ画像をご覧ください!
7時の打ち上げ開始とともにビルとビルの隙間からしっかり大輪の花火が!
ってこれじゃビルがなくてもショボイでしょ。

で終了ではネタとしてあんまりなので、自転車で近所の埠頭まで出かけてみた。調べてみるとレインボーブリッジ越しに花火が見えるマイナー(あるいは穴場?)スポットらしい。空いた埠頭からのんびり見れんのかも。
070812crowdところが家出たとたんに駅から続々と人の列。浴衣着たねーちゃんカップルだの、ピカチューハットかぶったガキ連れだのが埠頭方面に向かっている。
埠頭エリアはもう車が2重駐車の無法地帯と化しており、車の屋根から見物する奴など多数。
コンテナヤードの警備員のおぢさんはフェンスを乗り越えないように見張るのが精いっぱいだ。

で肝心の花火ですが、遠いんだよね。
大玉の花火ったって所詮は直径100mとかのもんでしょ。
ちょっと離れりゃ迫力半減。
やっぱ花火は見上げるくらいの距離で見るもんだと納得致しました。
070812rainbow

| | コメント (2)

2007年8月11日 (土)

夏の味

070811kamome
お盆の初日。
ワシにはカンケーないけど世間の皆様は本日から連休に入られるというわけでトーゼン海関係は混雑が予想される。つうワケで南端ビーチ。
夜明け前に出撃したにもかかわらず、開通したばかりの館山道は渋滞こそしなかったモノのクルマが繋がる。
楽しい夏の波乗りを楽しんだあとは、お決まりの南グルカフェでございます。
火照った身体をクールダウンさせるためにサクッと水なますでもってなかんじで。
070811awabi_kimoで軽く二皿ほど突き出しをメイクしたあと、サクッと出てきたのがコレ。
アワビの肝。
ポン酢でシンプルに味付けされていて、爽やかにワシの口から胃の中に磯のシアワセが流し込まれます。
ここんとこ潮が悪くて潜りの成果がイマイチらしいけど、肝なんてのは築地に回らずこういうところで密かに食されているんでしょうね。
出だしから美味すぎ。(拡大可)

070811onomiZZちゃんコレ食べてみてよ、と出てきたのがこれで普通の鯨の刺身?
そういや、ここのところ立て続けに鯨があがっているらしく、コレは一昨日解体されたやつらしい。
で、一口食べてみると、ん?なんか鯨じゃないみたい。
今まで食べたどの刺身より歯触り舌触りが滑らか。独特な香りもほとんど無くて、こりゃ美味いッス。
聞けばツチクジラの尾の根本のあたりらしい。
部位的に単位にならなくていつもは他の部署と一緒に売り買いされてるのを、30年仲買やってる人がちょいと試しに切り取ってみたら、美味くてビックラこいたと。
ツチクジラ一頭から1キロも取れないらしいですわ。ラッキー。
(もちろんコレも拡大可)
070811awabikimoそうしている間にも、他のお客さんの注文でつくってる「お作り」の切れ端のアワビが出てきたり。
(拡大可)
あれそういや笹ぴょんがいませんね。
実は笹ぴょん、お盆を甘く見て6時過ぎに家を出たらおもっきさ渋滞にハマっちまったらしい。
電話をしても出ないところを見るとどっかのポイントに入ってるんでしょうか。
早く来ないと全部食べちゃうよ〜。
070811kajikishiokaraま、そろそろお腹もくちくなってきたし、こないだ沖であがったっつうカジキマグロのハラワタでつくったっつう塩辛(拡大可)でも舐めながら笹ぴょんを待ちましょうか。
ちなみにお盆のせいか必ずいるサーファーのお客もいなくて、昼飯時の南グルカフェはいつもに増して緩い空気が流れてますな。
ただしお盆でこの辺に帰省している人も多いらしく、夜の予約は既に満員っぽいし、親戚集めて食うんでしょうか仕出しの仕込みとかでけっこう大変そうだ。
ワシがシメの孫茶を食ってる当たりでやっと笹ぴょんが登場。
どうやら南端ビーチの別なポイントに入ってたらしい。
そんで笹ぴょんを待っていたかのようにでてきたのがコレ。
070811hakofuguなんだと思います?
ハコフグを背中からくり抜いて、身だの肝(危なくないそうです)だのを味噌やらネギやらで和えてご覧の通りホイルで包んでオーブンで焼いたモンだ。
コレが絶品。
フグから出た脂がトロ〜リ、マッタリと絡まって香ばしさを増しております。サンガ焼きをおもっきり上品にした感じかなぁ。ハコフグってのは地元の人の大好物だそうですが、それも納得。

ってなことで腹いっぱいになったところで本日のミッションも終了。
それにしても次から次へとよく続きますわ。ぐふっ。

| | コメント (3)

2007年8月10日 (金)

まだお盆じゃないっつうの

070810vacant
この画像、お盆の朝イチとかじゃありません。
今朝の通勤電車。うちの駅8時9分初の車内です。
前から2両目の車両で、1両目は椅子席なんだけどこの2両目は通勤時間帯はご覧の通り席が跳ね上げられてるんで、朝から疲れているトーキョーの勤め人は乗ろうとしないんですな。
それにしてもこの空き方。1両目ももちろん空席ありです。

| | コメント (2)

2007年8月 9日 (木)

ししとうが好き

070809shishitoh
オクラも好きだがししとうも好きだ。
オクラはガッカリ島に行ってから高感度がアップしたけど、ししとうはもっと前から好き。
こう、あのツヤツヤした緑色が腹に収まると考えただけで、お天道様の恵みを体じゅうに取り込んだような気になれる。
ただガッカリ島のスーパーで買うやつは日本から出荷されているからプラスチックの箱にちんまり整列していて、なんだかその恵み感が50%マイナスというか、工業製品ぽくてガッカリ島のオクラに心を奪われていたわけで。

こないだ南房の直売所で売ってたのは、もぎたてそのまま袋に突っ込んで並べましたって感じで形は不ぞろいだけど健康そのもの。
070809brkfast今朝も焼き魚と一緒に食べたけど、強火でバリっと炒めてもシャキッとした張りはそのままで美味いうまい。
1本だけ「当たり」もあって、朝からビシッと目が覚めましたよ。

今年は余裕がなかったけど、来年はベランダでオクラと一緒に栽培してみようっと。

| | コメント (2)

2007年8月 8日 (水)

魅惑のキーボード

070808imacでましたね、新型 iMac。
噂どおりの薄型で、プラスチックからアルミになって、ちょっとハードなイメージになったかも。
顎の部分はそのまま残ってますな。
でもいいの、秋に新OS出るまではなんも買わないことに決めてるから。
そのころにはひょっとすると新MacBookがちいちゃくなってるかもしれないし。
というわけで心は穏やかである。

070808wireless_keyboardと思ったら!
ちょっと待ってくださいよ。
キーボードも新発売?
これもアルミっすか。
ワイヤレス(←)は余計なテンキーも付いてないくてカッチョいい!

いやいや、ちょっと待て、ワイヤレスキーボード持ってんだろ。
よく見りゃ、パワーブックのキーボード切り取っただけじゃん。
な、落ち着け落ち着け。

と横から見ると..。

070808_wireless
うひゃぁぁぁ、スリムでセクシー。
どうしてこんなキーボード作れるかなぁ。
いやぁ、まいった。
これ純粋にモノとして欲しい。

でもまぁ、キーボード横から眺めることなんてないんすけどね。

| | コメント (2)

2007年8月 7日 (火)

夏ですな(そのまんま)

070807summersky
あぢぃ~。
ガッカリ島にいたとき、トーキョーに帰りたくねぇよぉってぇ理由が通勤電車と夏の暑さであった。
幸い通勤電車は弱小路線沿線に住んだためガラガラで地獄はパス。(街とか駅の混雑はまだなれませんけど)
今月入って梅雨が明けてからも、周りが言うほどそんなに暑くないじゃん、ひょっとしてガッカリ島で全開になった毛穴がまだ開いてる?これなら乗りきれるかも。
とか思ってたのが大間違い。
やっぱ暑いもんは暑いっす。
コンクリに固められてるとはいえ水辺に近くて、高層階なんで風が通るのが唯一の慰めか。とりあえず夜はまだエアコンかけてないもんね。

| | コメント (3)

2007年8月 6日 (月)

秘湯の旅

070806onsen今回の沢登りイベントのもう一個のお楽しみは温泉宿とのことであった。
南東北の由緒正しい湯治宿、それもなかなか予約が難しい松平のお殿様が湯治に使われたという離れがとれたという。
そういや帰国後その手の温泉行ってなかったかもってことでこれもまた楽しみ。

翌朝宿のトイレを借りようと、宿の玄関にあがろうとしてビックリ。
070806hitouをぉ、この提灯は懐かしや「日本の秘湯を守る会」の印ではございませんか。
ガッカリ島に行く前は滑りをからめてこの会の宿に泊まっては、スタンプ貯めたもんでございます。
10個スタンプ貯まると、その中の宿一泊ご招待になるんだよね。
早速翌朝スタンプ帳作ってもらっちゃいましたよ。
チョーうれしー。

これからは滑りだけじゃなくて、登り関係でも「秘湯」に行けるかも。
ほしたら休眠中の温泉コンテンツも再開できるかな。

| | コメント (3)

2007年8月 5日 (日)

渓流対策

今回沢登りに参加するにあたっての一つのテーマは「余計なものを買わないこと」であった。
どうやら本邦で独自に発達した山登りの形態は、ポンニチ国の渓流の特性に特化した独特の用具などを発達せしめたらしい。
でもさ、今回やってみてもう2度とやりたくねーよ、となる恐れも多分にあり、そんなもののために新たな道具を購入するなんてまっぴらじゃないですか。

どうやら「ラ」から事前に連絡されてきた装備リストを見る限りは、ワシが既に持っている遊び道具の流用が可能であるらしい。
というわけで、登り関係(ザックだの、ハーネスだのカラビナだの)はそのままでまぁいいでしょ。ドライサック(防水袋)はちょうどいいから買っちゃおうかな。ヘルメットは自転車用もアリだが、あんまし使ってない波乗り用がいいじゃん、水モノだしな。

で、問題は足元。
リストには「渓流シューズ」とある。ちょっと待ってくださいよ、やはり苔だのでヌメヌメした渓流を歩くためにはそれ専門のフェルト底の靴が必要らしい。で、調べてみるとけっこうなお値段であり、ほかには使い回しゼロ。
う~ん、困った。
波乗りのリーフシューズとかは?冬用のウェットブーツとか。
キーンのサンダルが滑るのはもう経験済みだしなぁ。
で、山道具屋に行ってブツを確認してみたのだが、安価な渓流タビとかはことごとくカッチョ悪くとても履く気になる代物ではなかったし。

しかして!ワシの鋭い眼光は渓流コーナーの片隅に潜む「わらじ」を見逃さなかった!
こないだ図書館で借りたヤマケイの「沢登り入門」によれば、本来はわらじが一番よいのだがいいわらじが手に入れづらくなったため渓流シューズが発達したとある。
値段も1000円以下。これしかないでしょう。

070805waraji
というわけで、初めて沢登をやるワシの足元はご覧の通り。
をぉ、なんかカッチョいい。
冬用の波乗りブーツと草鞋のコラボレーション。和魂洋才とはまさにこのことであろう。
頭のてっぺんからつま先まで、装備のほとんどは石油化学製品と金属っつう現代科学の塊でありながら、大地との接点は稲穂を編んだ古来ゆかしい草鞋!
拙者の足もとに突然江戸時代が降臨したかのような痛快さでござる。
まさにオーガニック。どっかのメーカーが売り出したフットウェアなんぞ裸足で逃げ出すであろう。
控えおろうっ!この方をどなたと心得る!ってなもんだ。

で、実際に歩いてみたところこれがまた調子いいんですな。
キーンなんか履いた日にゃぁ、きっと足下おぼつかなくてそれだけで疲れちゃったと思うんだけど、この草鞋は多少ぬめった川底でも吸いつくようにグリップ。
泥&岩&草のミックスクライミングも独特のフリクションで走破!
5.8程度の岩登り(苔付きの濡れまくり)もステミング効きまくり!
一番最後の藪こぎまでこなす信頼度でござった。
最後に登山道にたどり着いたところでアプローチシューズに履き替えたのも、ウェットブーツの中の足がふやけちゃったからであって下山もできれば履きたかったくらいっす。
正直今回の沢登り初体験が楽しかった要因の50%以上はこの草鞋にあったといっても過言ではなかろうて。

そしてなんといっても一番いいのは、そのまま捨てちゃえるとこだったりして。
そんでもって、ちゃんと土にかえるんだもんね~。

| | コメント (2)

2007年8月 4日 (土)

初沢登り

070804showerclimbinつうわけで、今回は「ラ」のイベントで沢登り。
南東北のさる渓流を登るのだ。
沢登りねぇ、日本独特のなんだかマニアックな世界っつうのは聞いてたけど、やりたくね〜っつうことの代表でもあったような。そういや、クライミングなんてのもやりたくないことの代表選手だったのが、気がつけばハーネスつけている自分がいたりして。

沢登りの様子は久々の本コンテンツとしてレポートしたいと思いますが、結構面白かったっす(除く藪こぎ)。
梅雨も明けて本格的なクソあちー夏。
地獄のようなトーキョーは論外だけど、人が増える海も波がないと行く気になれないし、たまには冷たい川の水で遊ぶってのもいいかもと思ったことである。
せいぜい年一回くらいですけどね。

| | コメント (2)

2007年8月 3日 (金)

駐車場キャンプ

070803parkingcamp今週末は「ラ」の山イベントで海はお休み。
南東北のとある山に今夜から出撃との段取りということで、近所に住む今回のイベントの主催者である社長をワシがピックアップっつうことで5分前には社長のマンション前に到着。
ところがこの社長(以下おっさん)出てきやしない。
携帯に電話すること数度。やっと出てきたおっさんはどうやら酔っぱらっているらしくロレツが回らない。
ったく。
かなり待たされ、他の参加者との待ち合わせ場所を行ったり来たりしたあげく、かなり遅れてやっと出撃。

ところがこのおっさん、酔っぱらうと絡む絡む。思わず途中で降ろして帰ろうかと思ったが、酔っぱらいの戯れ言と我慢して東北道に。ワシも大人になったモンです。
いや、途中で運転替わるから(出来るわきゃないだろ)、なぞというおっさんを「もう寝ていいから」と寝かしつけ山間の秘湯に到着したのは深夜。
駐車場に停めた車の間にテントを張って酒盛りが始まりかけたけど、とっくにこちらはお休みモードで寝袋に潜り込みましたとさ。

さて明日はどうなりますことやら。
画像は翌朝の幕営地。

| | コメント (3)

2007年8月 2日 (木)

夏のシアワセ

070802tomoe有休とりましたっ!

「同じ波は2度とこない」という言葉がありまして、波乗りやるヤツが約束すっぽかしたり、仕事サボったりするとき会社には仮病とか、身内の不幸とかって嘘つくワケね。でもって自己正当化のために必ずわかったような顔して言う寝言でございますわ。
しかしてワシのような年代になるとそんな嘘つく必要も必要もなく、「明日休みますんで。」で済んでしまうのであった。
誰も詮索するわけでもなく、どっかいくんですか、の質問にも「ん、ちょっと」だと。なにがちょっとなんだか。
「同じ波〜」のかわりに思うのは「死ぬまであと何個の台風乗れるんだろう」ってことで。

つうわけで、朝もハヨから波乗りしてきたのだが、あ〜楽しかった。休んでよかった。
詳しいことは壁新聞に書きますのでサヨウナラ。

ではなくて、なんかもうシアワセな気分に浸ってしまい、これはシアワセのだめ押しをせねばとちょいと足を伸ばして南グルカフェに。(結局これだよ)
070802kujirasashimi今日は軽く昼飯だけってことにして、鰺の南蛮漬けとか鯨の刺身とか軽く。

あ、こないだの台風のあと鯨が立て続けにあがったらしく、とろりと柔らかい美味しい刺身でした。
ん〜、たまらん。

でもって、そうそうちょうどzzちゃんに食わせたいのがあがったんだよ、と出て参りましたのがコレ。
070802oyster
キターッ!
ってやつですかね。待ちに待った今年最初の岩牡蛎です。
思わずガッツポーズ。
コレ潜って獲ってきたシズオさんもいて、今一番甘みがあって美味いんだよね、と。

身はだいたい縦10センチくらいだと思ってください。ま、冬食べる普通の牡蛎と一緒に見えますわねぇ。
ところが!身の厚みが4センチくらいあるんですよ!
牡蛎の殻の付け根のほうがもうどんぶりみたいに掘れていて、その中にブリンブリンの身が詰まってるんですよ!
くぅっ〜、味つけはレモンで充分。
すするんじゃなくて、口いっぱいに頬張る感じ。
歯でかみしめれば夏の海が舌の上に炸裂!
いやぁ〜昇天ですわ。

メインは孫茶漬け、通称「孫茶」です。
070802magocha鰺のなめろうをどんぶり飯に乗っけて熱いお茶をぶっかける。
熱が通って表面が白くなってる生のなめろうをかき混ぜると、お茶と鰺のダシが混ざっていい香りのお茶漬けのできあがり。
食が進んで夏バテなんかにはサイコーの食い物でしょうね。
あー美味い。

午後にもうワンラウンドとか思ってたけど、なんだかありがた〜くなっちゃって風呂に入ってまっすぐ帰っちゃいました。
はぁ〜、やっと夏の始まりを感じる一日。

| | コメント (6)

2007年8月 1日 (水)

ビジネスシューズ

ガッカリ島から帰って以来、生活用品揃えるついでに調子に乗っていろいろ買い物をしちまった。
先々月、先月と送られてきたカードの請求書のおかげでやっとこさ正気に戻った(っていうかヤバイっす)のだが、請求書を見て笑えるのが買物ぜ~んぶ遊び道具関係だったちゅうこと。
少しは仕事関係の洋服だの日本のビジネスシーンで戦うサラリーマンに変身するアイテムを買ってもよさそうなもんだが、ガッカリ島で着ていた夏物でしのいでるうちにほんとに夏になっちゃって、半袖シャツは一生分持ってるからもうオッケーなのさ。

070801nikeただまぁ、お仕事用の靴は買わなくちゃいけないかも、なんて思ってたところJ-RockのNaokixがとあるシューズメーカーのアウトレットの入場券をくれたんで、そこで買ってきた「紳士ビジネスシューズ」がこれ。

サイドがメッシュで涼しそうでなかなかカワイイっしょ。
ちなみにこのアウトレット、うちから歩いて5分。
たいへん危険だ。

| | コメント (8)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »