« Atomos 35 | トップページ | おてんとさまありがとう »

2007年1月15日 (月)

サイドワインダー

モノネタ続きま~す。

ガッカリ島に来てからというもの、山(粉)方面とはすっかりご無沙汰であり、雑誌とか見ても焦燥感とかだんだんなくなっちゃってきて徐々に、あーこんな世界もありましたよねー、的な人事感が強くなりつつあるのは確か。

しかして11月下旬の立山に始まる1~2ヶ月は初すべりの便りなんかが耳に入ってきて、ちょっとココロがざわついちゃったりする。
ポンニチ帰ったらどこ滑りたいかなぁ、みたいな想像したりして。

070115sidewinderそーゆーココロモチのの時にREIのサイトなんかを覗いちゃったりすると、ちょいと危険ですな。
えー、そのとーり。ポチっとやっちゃいましたよ。
そんでもって昨日届いたのがこのアークのサイドワインダージャケット。
いつ着んだよ、バ~カ。とは思いつつ、いつか着るんだもんね~、と小声で言い返す自分がいる。
だってですよ、日本の希望小売価格75600円(税込み)のこいつがUS299ドルに値下がりしてたんですよ。そりゃ買うだろう(買わないか)。
まぁ、出会い頭というか、事故みたいなもんだな。狂犬に咬まれたと思って諦めよう。

070115swcolorこのジャケットの最大の特徴はですね、ご覧のとおりフロントジッパーが喉元からぐにゅりと曲がっていること。
これで、滑ってるときにファスナータブが鼻に当たったり唇にファスナーの裏がざらざらしたりすることがなくなるという。
特にレギュラーフッターの場合は完全に風下側になるのでありがたい。
グーフィー用はたぶんないと思うけど、自分はレギュラーだからそれでいい。それでいーんだよ。
このただジッパー曲げてるだけだろってのが技術的には難しいらしい。
だから値段はちょっと高めになるし、買う人も少ないのでさらに単価は高くなるというメーカー側の言い訳はFallLineをご参考のこと。

070115swpowdercuffもちろん素材はゴアテックスであり、まぁゲレンデならソフトシェルで充分だとは思うんですけどいいじゃないの。
ディセントライン(スキー・ボード用だな)であるからしてパウダースカートも着いちゃってたりするし、左袖には(メーカーによればレディオポケットだそうだが)ニセコポケット(非接触型のICリフト券入れ)もついてる。コレけっこうポイント。
ただし裏地はついてないし、内ポケットみたいなモンもない、なもんでヒジョーに軽い。
コレもポイント。

070115swrecco そんでもって前からあれなんだろな~、と思ってて実は最近初めて知った右袖についてるこいつ。
RECCOの雪崩レスキューシステムなんだそうで、詳しくはここをご参照いただきたいわけですが、要するに雪崩に埋まっちゃったときにこのリフレクターを探知機で捜査して埋没者をめっけるんだと。
もちろんゲレンデ側が対応してなきゃいけないけど、ニセコ全山、白馬なんかが装備しているらしい。
わーいこれで雪崩に埋まっても、遺体捜索は楽チンだぜ!

というわけで「いつか着る」日を想像して、ニヤニヤしながらオフィスで着てたら変な目で見らちゃいれました。

|

« Atomos 35 | トップページ | おてんとさまありがとう »

コメント

おぢちゃん、妄想する為に良い買い物したねぇ。

俺はグーフィーだからこれは買わないのであった。
同じメーカーの別の商品を某新宿の商店に買いに行ったが、
無くなっていただよぉ。残念。

俺の今年は、古いウェアで問題なしです。
して、2月辺り帰国されるのかしら?
水戸で待っています。

投稿: b | 2007年1月19日 (金) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17807/13516032

この記事へのトラックバック一覧です: サイドワインダー:

« Atomos 35 | トップページ | おてんとさまありがとう »