« No Direction Home | トップページ | 増冊 »

2007年1月22日 (月)

帯に短し

070122note この5~6年使い続けてきたミニ6穴のシステム手帳がとうとう壊れてきた。
本体と金具がはがれてきちゃったのね。
直すこともできるんだろうけど、そろそろ新しいのにしたいなぁなんて思ってたところでもあり、去年の暮れに向けてイロイロと物色しておったのだが、どうも気に入ったのがない。
システム手帳系もそろそろ卒業しちゃおうかなぁとか思ってたからなおさら。

少なくともスケジュール管理に関しては、PDF方面に行くつもりはさらさらない。手書きが一番。
できれば左ページ1週間のスケジュールで、右ページメモが好み。でもってなるべく薄めで必要最小限。ソコソコ質感もよくて...なんてのはガッカリ島にあるわけもなく。
伊東屋とかハンズとかあるトーキョーが羨ましい。

なんて彷徨ってたら12月の頭に、例のモールスキンから限定版の2007スケジュール帳が発売されてるのを発見!
左下の赤いヤツがそれ。この赤とかかわい~と、例のオカマ成分が分泌してしまったのであった。ページ構成も希望通りだし、このゴムバンドもいいよなぁ、と。たいした値段でもないし速攻でご購入。

しかしですね。オカマ成分が引っ込んで冷静になると、この赤はワタクシのような謹厳実直誠実至極なビジネスマンにはチと派手すぎであることに気がついた。(買う前に気がつけ)
それにペンホルダーとかないからなぁ。
そーだ、仕事のときはカバーすればいいぢゃん!
というわけで、今度は手帳カバー探しが始まったのであった。
とはいってもそんな洒落た手帳カバーなんか売ってないんすよ>ガッカリ島。とうとう思い余って某おフランスの馬具屋さんに迷い込んだワシであった。

そして、ワシのような謹厳(以下略)に相応しいこげ茶色のカバーを発見。
うっ、見るだけ見るだけ、ちょっと見るだけ見せてほしいあるよ、と魔がさしてガラスケースから出してもらったのが運の尽き。
内側のウグイス色を見た瞬間、オカマ成分が100%噴出してしまったのであった。目の玉の飛び出そうな価格には目をつぶって速攻で購入。イソイソ。

でもですね、どうもモールスキンとしっくり来ないんですよ、じつわ。ギリギリはいらないことはないんだが大きさも厚さも合わないんですよ。
馬具屋さん純正のリフィールもあるにはあるんですが、1冊7000円くらいしやがる上に使い勝手がよくないんですよ。おまけにペンホルダーも純正のボールペンを留め金代わりに使うようになっててですね、25年も使ってるクロスのボールペンが入らないんですよ。まぁ、そんなことは最初っからわかってたんだけど。

しょーがないんで、その辺の日本の文房具売ってる店でテキトーなリフィール買って、細身のシャープペン留め金代わりにして、とりあえず今使ってるんですけど、なんかなぁ。
やっぱ無理やりモールスキンと組み合わせようかなぁ、とかウジウジ悩む今日この頃です。

|

« No Direction Home | トップページ | 増冊 »

コメント

赤の限定モールスキンは私も買うor買わないで死ぬほど迷いました。
(死ぬほどは大袈裟)
結局買わなかったけど…。
でもこの手帳カバーの色、ステキ。内側ってとこが見えないおしゃれです。

投稿: ok | 2007年1月23日 (火) 00時05分

さすがはおぢちゃん、こだわるねぇ。

馬具屋にしては皮が柔らかすぎる?
色はokさんの言う通りステキ!
モールスキンの方はリフィルタイプじゃないようですが、
加工して使えないんですか?
(じゃなくて、赤い色も残しておきたいとか?)

俺は、謹厳何チャラではないので、赤のままが良いです。

投稿: b | 2007年1月23日 (火) 13時38分

> ワタクシのような謹厳実直誠実至極なビジネスマン

誰のことだよこれは!凸(-"-


どうも間違った思い込みが激しくなったようだなぁ・・・暑さのせいか・・・?

投稿: | 2007年1月23日 (火) 17時26分

>okちゃん
色にやられちゃったけど、さすがに皮とか縫製とかいいですよ、馬具屋さん。
結局、ちょっときついけどモールスキンを馬具屋さんのカバーに包むことにして、今日予定を書き替えました。
そうそう、モールスキンからこんなん
http://www.moleskine.co.jp/?gclid=CMH8rK-l2okCFREITAod11Gp4g
が出るらしいよ。
自分で作るガイドだもん、ウォールペーパーのシティガイドよか、こっちのほうが魅力的だと思うのだが。

>b
中身よりこの赤の表紙も含んだたたずまいがいいわけよ。
1年で使いっきりってのもキモチがよろしいのです。

>SIM
名前が入ってないよん(^^;;。

投稿: 謹厳実直誠実至極なビジネスマン | 2007年1月23日 (火) 21時33分

このCity Notebookっていいですね。
こういうのないかなぁ、ってずっと思ってました。
色調もデザインもさすが、素敵。
でも、ヨーロッパや東京はいいけど、
発展途上のアジア・特にぺきんはどうなのかな。
いずれにしてもアジアは2008年か・・。

投稿: ☆ | 2007年1月23日 (火) 22時54分

>☆さん
北京版はオリンピックまでには間に合わせようってことでしょうか。

ウォールペーパーのガイドはこっちでも売ってますけど、シンガポールのを見る限り、「スカしてるだけだから行かないほうがいい」リストのようでございますね。

投稿: ぜっとぜっと | 2007年1月24日 (水) 13時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17807/13618118

この記事へのトラックバック一覧です: 帯に短し:

« No Direction Home | トップページ | 増冊 »