« ZZ曰有朋自遠方来不亦楽乎(雪本編) | トップページ | No Direction Home »

2007年1月20日 (土)

ムスタファセンター

070120mustafaゆきぽんとペーパーチキン食ったついでにムスタファセンターを覗いた。
前回>こぐが来たときと同じパターンだな。

ムスタファってのはその名の通りインド系のデパート(?)で、インド人街のメインストリートからチョイと入った場所にあるので、ポンニチ観光客はなかなか訪れづらいのだけど、いつ行っても(24時間営業)混雑しているのだ。
商品は貴金属(インドの人とか金が好きですから)から食料品までありとあらゆるものが、ドンキホーテ並の圧縮陳列状態でこれでもかっちゅうくらいの圧倒的な物量で販売されているのだ。
売上も1店舗しかないくせに高○屋とかのデパートと肩を並べるくらい凄いらしい。

昨日もゆきぽんは入り口のドラッグストアコーナーにおかれたサプリメントのあたりから大コーフンで、食品じゃレトルトのインド料理とか、お菓子とかで「わぁ」とか「きゃぁ」とか喜ばれておられたのであった。
070120babyちなみに店舗は増築に増築を重ねた、ほとんど迷路のような造りであるのでいったんはぐれたら二度と会えないと思われるので、ビーコンなどの装備は必要と思われる。

画像は販売されていたインド人の幼児。値札は付いていなかった。

|

« ZZ曰有朋自遠方来不亦楽乎(雪本編) | トップページ | No Direction Home »

コメント

恐るべしムスタファですね。
売り上げでは、某日系デパートよりも多いといのも頷けるくらい、いっつも混んでますね。
あそこで土産を買うと、なかなか安上がりになって良いんでしょうが、以前行った時、マーライオンの耳掻き綿棒入れとか、楊枝入れとか面白れえなあ、ってみてて気づいたんだけど、そこにサンプルに入れてた綿棒、黄色くて耳垢だらけ。楊枝も「エ?!」使用後??
思わずゲロりそうになりました。

投稿: カイチョ | 2007年1月21日 (日) 09時03分

>カイチョ
あれ、北京から帰ってきてるんすか。
たぶん、そのサンプルの綿棒は「こんなによく耳垢が取れるんだよ」っていうことを見せるためのものなんですよ。
それともインドの人たちはみんなで楊枝とかも使いまわすんでしょうか。
地球に優しいインド人。

投稿: ぜっとぜっと | 2007年1月21日 (日) 12時31分

ははは!
なんだ、インド人は綿棒とか楊枝は使い回しだったんですね。
文化の違いを理解するのは難しいっす。

投稿: カイチョ | 2007年1月22日 (月) 03時30分

ぜっとぜっとさん、初登場T村嬢です。その節はお世話になりました。ムスタファセンターで反応してしまいました!あの時買った高額だから絶対おいしいであろう!な紅茶はオチがありました。箱をあけてみたらとってもキレイな象の形の陶器の入れ物二つ(カラになったらsalt & pepperのいれものとして使えるらしい。)が入ってまして、少量の葉っぱがその中に詰められてました。肝心な葉っぱが25gして入っておらず、母親にちゃんと表示を読みなさいよ、と叱られました。味はフツウ。。。な気が。値段に左右されてはいけませんね。。。しかし、綿棒使い回しって。。。
余談ですが、とっても不良(ワル)オヤジのS山さんに金曜日に会いましたよ~。ぜっとぜっとさんとの懐かし話をたくさん聞かせてもらいました。:)

投稿: T村嬢 | 2007年1月22日 (月) 11時42分

>T村さん、ども
こぐ達といったとき、紅茶はどこだ~って探してたら掃除のお兄さんがちゃんと案内してくれたんだよね。店員教育もしっかりしてるんだ>ムスタファ。
ただ連れてかれたのはリプトンのコーナーであったのだが。
結局、自分で探したけどラック一面全部紅茶。スゲー品揃えでしたなぁ。あの状況で冷静に商品選びなんぞできるわけもございませんよ。

S山とはお互いに人には言えない弱みを握り合っているので、なかなか楽しいです。ヨロシクいっといて下さい。

投稿: ぜっとぜっと | 2007年1月22日 (月) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17807/13597603

この記事へのトラックバック一覧です: ムスタファセンター:

« ZZ曰有朋自遠方来不亦楽乎(雪本編) | トップページ | No Direction Home »