« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

賑やかな年越し

061231sparklingこれでガッカリ島で4回目の年を越すことになった。
で、思い起こすと最初の2年は一人で家で過ごしたし、去年は帰国の空港か飛行機の中で年を越すっつう殺風景な年末年始であった。
しかして今年は違うよ。
T村嬢に続いてI川嬢、そんで夕べ来たA南嬢とメシを食う予定あり。画期的だ。
ま、大晦日まで仕事なのはいつものことであり、8時過ぎにオフィスを出てクソ混雑したオーチャードロードを縦断。オーチャードロードに面したオサレなお店で軽い食事ときたもんだ。
本年の仕事納めはちょいといい気分だったので、モエシャンドンなんぞを奢って乾杯。ちょっと飲み足りないからワシのアパートのプールサイドで一杯やりますかってことになったのだが、家着いたら雨。
しょうがないから小汚い当家にお上がりいただき、引き続き久保田だの安スパークリングワインだの。
カウントダウンは窓開けて対岸が盛り上がってるのに合わせてまたもや乾杯。お陰様でお嬢様3名に囲まれて、なかなか賑やかな年越しとなりました。

元旦から仕事だしそろそろ眠くなってきたところで、ピンポ〜ンとベルが鳴る。
実は昨日の夜、突然大学時代の友人から電話があり「マイレージのチケットとれたから明日行く」との連絡がありまして、彼を待っていたんですね。
当然そこからまた飲みは続き新年会へ突入。あとはなんだか覚えてませ〜ん。
まぁこういう年越しもありかな、と。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

大和号

061230yamato 年末ってのは忙しいもんと相場が決まっとりますが、今年は忙しさの度合いが違いまして、なんだか仕事もバタバタしてるわ、お客も多いわでマイペースが保てませんわ。

今日は久々の休みだったんで、溜まってたシャツのアイロンがけをしながらこないだ仕入れたこいつを鑑賞。
日本にいたら絶対見ないんだけど(ってのがけっこう多いな)VCDで出てたんで。

普通は中国語の字幕がついてるものだけど、これは吹き替え。
バイリンガルの切り替えどうやるんだかわからなくてちょっと戸惑いましたが。
中身は、う~ん。反町がカッチョいい士官とかじゃなくて飯炊き軍曹だってのが意外でもあり。獅堂も大車輪で海軍の猛者って感じがよく出てたかも。
確かにビジュアルイフェクトすごいし、どっから合成でどっからセットなんてワカランですよね。
個人的には蒼井優ちゃんがやっぱしカワイイかもと。
フラガール見たいっす。VCDになんないかなぁ。

丁度ワイシャツ6枚アイロンがけが終了したのも○。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

ZZ曰有朋自遠方来不亦楽乎(小倶編)

061229kogu_gakkariこないだロンボクに行く途中に寄ってくれた雪ポンのダンナの>こぐが追っかけトランジットでガッカリ島に来た。
ゆきぽんとは顔見知りだったけど、こぐとは実はほぼ初対面。メールのやりとりとかはけっこうしてたんだけどね。

061229paperchekinつうことで一晩だけどまずメシ食いますかってことで、一昨日フィッシュヘッド食ったT村嬢とその友達で夕べガッカリ島に入ったI皮嬢と例によってペーパーチキン。ったく芸ねぇよなぁとは思うのだが、ここが一番あたりはずれなく喜んでいただけるのだ。ワシ的にはちょいと飽きちゃってますけどさ。
まぁ、美味しい行っていただければワシも連れてった甲斐があるってもんでございます。

そのあとはこないだのゆきぽんのガッカリ写真を見たこぐのリクエストにより当然ガッカリに出撃。
ここもやっぱ夜は綺麗でガッカリできません。
ガッカリを期待してきた人は、カネ返せとゆいたいであろうが皆さん喜んでいただきましたっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

じゅんのすけ

こんな画像付きメールが送られてきた。

061228chibakidsこのたび12月20日午前5時10分、2954gで誕生した我が可愛い息子の名前が決まりました〓
『○○純ノ介』です〓
この世に生を受けて1週間。
最初から私に似て(?)美形だったのですが、さらに1日1日恐ろしいほど可愛くなってきておりまして将来はどれほどカッコイイ男になって女泣かせになるのか今から心配するほどであります〓
これからもそんな親子共々よろしくお願い致しま〜す〓

あほかぁ〜!。
あの男らしいお前はどこ行った!?
舎弟がこんなんなっちゃってワシは悲しい。
それにしても出産って人間変えますね〜。以前のヤツがヤツだっただけに変身ぶりが際だつわ。

じゃ変身ついでにワシからお願い。
タバコはやめてあげてくださいね。まさか禁酒はしないと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

フィッシュヘッドカレー

061227fishheadトーキョーにいる「とっても不良(ワル)オヤジ」から知り合いの女の子がそっち行くからヨロシク、とのことでご接待。
フィッシュヘッドカレーが食いたいとのご希望により、インド人街でもちょっと有名なレストランに出撃。
ワシも初めてなんだけど、カイチョにいろいろ聴いてここがよかろうと。
カイチョ曰くイーシュンのほうが美味い、とのことであったが、まさかイーシュンに連れてくわけにもいかないし。

インド人街のメインストリートの裏側にある通りは、小奇麗なインド飯屋が何軒か並ぶちょっとしたエリアなのだ。
061227choiseメニューにはいろいろな料理が載ってるんだけど、英語の説明だけで写真とか載ってないからガラスケースのところまでいって、あれこれフロアのおぢさんの説明に従ってオーダーする。
本日はメインのフィッシュヘッドカレーと、チキン、イカ、茄子、豆、の5種類ですな。ん~、ちょっと多くねぇか?

店の中はほぼ満員で、ワシらみたいなガイジンとちょっと裕福そうなインド人グループが半々くらいでほぼ満員。
お味は頼んだのが北インドのが多かった(と思われる)せいか、割とマイルド。
二人ならこれくらいは大丈夫、といわれた量はもちろん食えるわけもなく、最後に「ターパオ」(お持ち帰り)をお願いしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

2年

061226krabi津波から2年。
この1年くらいは「津波被害調査団」と称して、ワシが以前トリップしてその後津波の被害に遭った場所を再訪してきた。
スリランカ、モルディブ、モーリシャス(初めてだったけど)、北スマトラ、そしてクラビ。
まだまざまざと傷跡が残ってたり、地形自体が変わっちゃってたりと様々だったけど、それなりに逞しく立ち直ろうとはしてるような気はした。人間強いなぁと思う。
その一方、ジャワみたいにそのあと地震や津波にやられちゃったところもあって、やっぱ自然にゃ勝てないよなぁと思い知らされもします。
かとおもえば、せっかく地震の被害から立ち直ろうとしているのに、人間同士の争いが始まっちゃったスリランカみたいなところもあるし複雑。
なかなか上手くはいかないよなぁ、なぞと殊勝に考えたりする今日この頃だったりする。

画像はこないだのクラビはライレイウェストビーチ。
この海岸も2年前津波でグチャグチャにやられたんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

ライトローテーション

メリークリスマス!
って、まっすぐ家帰っておでん食ってるようじゃネタにはならん。
ジェームス・ブラウンが亡くなったっていっても、そんなヘビーリスナーじゃないしなぁ>ワシ。ブルース・ブラザースの神父役はサイコーでしたけど。黙祷。

つうことで最近よく聴いてる音をご紹介。とはいっても家ではiTunesのパーティーシャッフルで聴き流しが多いし、通勤時間も短いからヘビーローテーションとまではいかないのだけれど。

061225belleandsebastianまずはこのBelle & Sebastianのアルバム。
同僚が「これたぶんZZさん好きだと思いますよ」と貸してくれたモノ。なんでワシの好み知ってんだよ、オラ。
と突っ込みたかったが素直に聴いてみた。もちろん聴くのはおろか、名前聞くのも初めてだったりして。
なんかオシャレ〜。
ワシが洋楽聴き始めた頃にラジオのトップ10番組なんかでよく流れてたポップス。
いわゆるバブルガムだのリバプールサウンドだのの軽くてハッピーな音をファインチューンしたような。
2006年現在、わざわざこの手の音を聴かなくちゃイケナイかつう問題を抜きにして、最近雨がちなガッカリ島で昼間のドライブとかにはキモチが明るくなってよろしいです。

061225johnlegend次はこの人の新譜。
デビュー作もジャージーでカッチョよかったんだけど、ちょっと肩に力が入ってたっちゅうか、重い音がなんだか疲れてあんまし聴かなくなってしまいました。
2作目はその辺の力が抜けて、音もメロディーもソコソコこなれたというか聴きやすくなったというか。
これまた夜のドライブによろしい感じでございますね。
ちなみに年明けにガッカリ島に来るんだよなぁ。まさか年金ツァーじゃあるまいに。

061225senti_toy最後にこれ、今年の初めくらいに買ったと思うんだけど。
なんのきっかけで買ったんだ?>okちゃんのブログで見たのかな?
ナガランド(インドとミャンマーの国境付近)出身ってことで、エキゾチックな音を期待して手に入れたんだけど、あにはからんやアコースティックなジャズっぽくもあり、ファンキーな感じもありで、ボーカルも囁くような感じで全体的に都会的。
アレッ?と期待を裏切られてそのままお蔵入りか、と思われたんですがね。
すっかりCDを聴かなくなったワシですが、寝室は安物CDコンポがあって、寝る前とか夜中に目が覚めて本読んだりするときにCD聴き流してるですよ。
そんでたまたまこのCDをかけてたら心地よいのね。すっかりリラックスできる感じでベッドではこればっかし聴いてます。

そういや最近朝までソファで寝ちゃうことが少なくなったかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

クリスマスタイ

061224xmasnecktie気がつきゃ今年もあと1週間。
でもって本日はクリスマスイブ。はぇ〜。

今年はここんとこバタバタしてるせいで、まったくクリスマスだの年末だのの浮かれた気分を味わう暇もなく。
今朝も出勤間際にそういや今日はイブだったなって事で、ゴソゴソこのネクタイを引っ張り出してネタにしてみました。
年に一回しか締めてもらえないような不憫なタイでございます。
ご覧の通りサンタのワードローブの中にタキシードが混じってるっちゅう、なかなか粋な柄でございますな。ひっくりかえすと「銭屋」さんのものらしい。
10年以上前のいただき物で、ノットの太さなんかがチョイと細いのだけれど結び方変えて今日は締めてこうと思ったら、またまたバタバタでタイ締める間もございませんでした。
はぁ、せめて晦日〜新年はゆっくりした気分で越したいもんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

イカメシ

061223ikameshi 先日ゆきぽんがお土産に持ってきてくれたイカメシを食すなり。

ちょっと小ぶりで1パックに二つ入ってたんだけど、もちろん一人で昼飯に供す。
中に入ったもち米の味の沁み具合もよろしくて、かぶりつくたびシアワセがこみ上げてきますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

ぶったまげた〜

061222chibababyいや〜、ブッたまげた。なにがブッたまげたってワシの弟分であり、ワシを粉中毒にした新宿2丁目の悪徳商店の元美人店員が出産したんですよ!!!
いやぁ〜知らなかったぁ。
あいつほんとは女だったのかよ〜。
まいったなぁ。
兄貴分として恥じ入るばかりですよ。
知らせてくれた>シャケありがとね〜。
結婚したときもね、なんでこいつうぇディングドレスとか着て、女装の趣味あったけかとか、いぶかしくは思ってたんですよ。

ワシがガッカリ島に飛ばされて、暇つぶしの相手いなくなったもんだから店やめちゃったのは知っていた。
時々電話したりもしてたんだけど、この1年くらい連絡とってないな〜と思ってたんだけど。
それがまぁ、この度ご出産。
いや、めでたい。マジでメデタイ。
男の子ですと。おめでと〜。
ここんとこメデタイ話が少なかったんでワシはマジ嬉しい。
立派な父親になれよ〜。

061222chibawedding上の画像は悪徳商店のサイトから勝手にかっぱらいました。
下の画像は結婚式でシャウトするヤツ。
ワシが今までに撮ったポートレートでは一番のお気に入りの一枚。
こいつが出産かぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

カロリー摂取波状攻撃

061221shabuさすがに年末。宴会だの会食だの来客だののセットが入っている。
今日は職場の忘年会。ポンニチ人出向者の宴会っちゅうことで、やっぱ鍋でしょうというのは当然の成り行き。
確か去年は牡蛎鍋だったな。
当社の宴会部長が選んだのは、ポンニチ飲み屋が集まるビルの3階にあるしゃぶしゃぶ屋。
どうやら「放題」らしく、こりゃヤバイってことでクルマ置きに一旦家帰ったついでに、コンニャクで軽く腹を満たす作戦にでたワシです。焼け石に水っぽいけど。
しゃぶしゃぶは豚シャブで、ワシったら実は牛よりも豚が好き。それも脂身がガキの頃から好きなのよ。
思わずバラ肉に向かう箸の矛先を必至に野菜に方向転換し、とりあえず今年もご苦労様でしたということで。

しかし年末年始までこのセットは続く模様です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

水曜日はペストコントロールの日?

061220pestcontrol日曜日から降り続いた雨は、この島的にもかなりの降雨だったらしく、倒木だの(でかさが半端じゃないんだよね)で道路が塞がれたり、低地で洪水状態になったりしたらしい。
で、本日平日休み。日頃の行いがよかったとみえてガッカリ島を覆っていた雨雲の固まりも去り、朝から青空。
雨が続いたせいか空気も綺麗で、なんだかシャープネスとかコントラストのフィルターをワンランク上げたような朝でございます。
雨のおかげで気温も低めで気持ちいい。湿気はあるけどさ。

で、気持ちよくプールサイドで新聞を読むっちゅうワシがけっこう好きな一時を過ごしていると、聞こえてきたのがブ〜ンといううなり声のような音。
ありゃ、ペストコントロールですわ。害虫駆除ですな。
そういやこないだの平日休みの水曜日も当たったような。
マスクをした業者がモクモクとした害虫退治の煙を吐き出す駆除マシーンを腰溜めにして、植え込みとか水の溜まりそうなとことかダストシュートとかに吹きかけてくのだ。
たぶんちょっとくらい吸い込んだくらいじゃ人間には問題ない.....うわぁ風上から煙りがぁっ。
げほごほ。(ってほどじゃないんですけど)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

iCon5 treat

061219icon5ゆきぽんに頼んでいたiCon5が届いたんで早速観た。
今回のは日本のロケが中心だっちゅうこととかはFallLineで予備知識とかはあったし、太朗君の滑りが久々にしっかり観られるようなことも聞いていたからかなり楽しみ。
例によってタイトルクレジットで出演ライダーの紹介があるわけだけど、TTだけは滑りとかじゃなくて滑ったあとのマニューバ。くぅっ、憎い。

iConも5作目とあって、滑り手も微妙に変化してたり、野沢とそこのスキーヤーがフューチャーされてたり、少しづつ変化があるのも楽しい。
そんでFallLineの記事にもなった北海道ローカルスキー場ツァーの様子が、太朗君のナレーションとともに。スノーボードって自由で楽しいよね、ってメッセージが素直に伝わってきますな。
バブルス氏の滑りを初めて見ることができたのも収穫。かっけ〜。

で、最後の最後に太朗君の滑りをまとめて。
オープニングシークエンスで紹介された沢でのロングショット。くぅっ〜、痺れますね。
南の島暮らしには、この時期の初滑りの便り(今年は雪が少ないようだが、ぐふ)と、新たに発表される作品が一番辛いッス。
あ〜、こんなあったけぇとこでなにやってんだ〜、ワシ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

高下駄

061219cosmopolitan

例の物件ですが....。
こんなことなってます。
ほんとにアリかいな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

ZZ曰有朋自遠方来不亦楽乎(雪本編)

061217yukiponこの年末は来客がけっこう多いのだ。
昨日のマコトに続き本日は>ゆきぽん。ここに時々コメントつけてくれてるんで知ってる人もいるかな。
パソコン通信時代のニフティでの付き合いだから、やっぱ8年とかになるのかも。
今回のガッカリ島訪問は、ロンボクトリップのトランジット。ダンナの>こぐは仕事の都合(それが普通)により年末おっかけ行くらしい。
片割れが遊べるときはめいっぱい遊ぶ。正しい夫婦のあり方と言えよう。

今日は朝からパラパラ降り出した雨が、午後に更に強くなっていくっちゅう、雨季になっちゃったのねっつうお天気。
061217choiceフライトがディレイしちゃったんで、そのまんまフードコートで飯ってことで、初めてのこととて迷うのも楽しみのうちでしょうな。
鶏の脚とかエゲツないモンも軽くこなして帰ろうとしたところ、ちょうど雨が小降りになってきたんで、ここは外しちゃイカンだろうとガッカリに出撃。
ちょうどワシらが行ったときだけ止んだみたいで、帰ろうとしたらまた大粒の雨。ラッキー。

ってなことで、現在当家にてワシのトリップムービーを無理矢理見せられたあと、セプテンバー・セッションを見るという深海からヒマラヤに連れてかれるくらいの落差を経験されている隣でこれをアップしているワシだったりする。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

ZZ曰有朋自遠方来不亦楽乎(風波隊編)

061216makoto今夜は日本からの団体様が到着。総勢10名。
みなさんガッカリ島の隣のビンタン島でのウィンドサーフツァーの帰りにお立ち寄りということで。
とはいっても知っているのは団体を率いるツアコンがわりの岩崎マコト氏のみ、その他の方は江ノ島でやってる人たちとのこと。
ビンタン島はモンスーンシーズンにはソコソコ吹くとのことは知っているんだけど、ワシが好きなコンディションにはちょっと風邪が弱すぎるので、ぜんぜん行く気もなく家族接待などで2回行っただけ(距離も値段も手頃なのね)。
今回も残念ながら毎日ヘトヘトになるまで乗ったワケでもなさそうですが、それなりにリゾートアイランドでの1週間を楽しまれた様子。

引率のマコト(突然呼び捨てになったりして)は逗子のスクールでずっとウィンドを続けていて、いまや独り立ちして重鎮の一人として活躍してるらしい。
彼が大学出たての頃から知ってるから、かれこれ20年近いつきあいか。
ガッカリ島に来て以来連絡途絶えてたんだけど、こないだのモーリシャスのことでいろいろアドバイスもらって、今回ビンタンツァーのついでに声かけてくれた、ということですな。
お互い年とったはずだけど、なんか昔とぜんぜんかわんなくて笑っちゃうよね。もう40越えてるはずなんだけど、年齢不明のおやぢ(左端)にちゃんと育ってら。

ホテルまでで迎えに行って、例によって馬鹿のひとつ覚えではあるけどタクシー3台に分乗してペーパーチキン屋に出撃。だってここが一番ハズレが少ないんだからしょうがない。人数いるからイロイロオーダーできるしね。
ペーパーチキンはじめ、定番メニューはすべて網羅し皆さんご満足いただいたご様子。
まだまだ元気な皆さんはガッカリ見に行ったみたいだけど、ロートル組はホテルに直帰。

061216hotel81それにしてもトランジットとはいえ宿泊先のホテルは、ガッカリ島の赤線地帯のど真ん中。
宿泊代の安さと微妙な立地で、急速に多店舗化を進めているホテルチェーンのひとつ。
ロビーで待ってる間も「お休憩」的なカップルさんが次々とチェックインされていた。
当然ホテルのまわりも独特な雰囲気で、ガッカリ島のこととて危険さが感じられないのはありがたいけど、真っ暗な裏通りには妙なエネルギーが満ち溢れておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

はっぴー?

061215birthday昨日は朝からバタバタ。
バタバタがやっと一段落した夕方、組織上は(以下略k)スリナおばさんが、応接室に来い、と。
なんじゃい、来客の予定はないはずだけど〜、といってみると画像のようなモノが。
あ、そうだったぁ。
バタバタしててすっかり忘れてましたけど、スタッフ連中が用意してくれたココロばかりのプレゼント。

回数数えるのもかったるし、また年とったと思うと嬉しくもないのだけれど、こうやって祝ってもらえるのはハッピー。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

同窓?

061214mitakuripa この島に住んでるポンニチ人は2万とも2万5千とも言われるのであるが(景気がよくなって増えてるらしい)、そのほとんどがサラリーマンとその家族というアンバランスなコミュニティである。
サラリーマンでない人もほとんどはサラリーマンとしてこっちに来て、何らかの理由で(気に入ったとか、帰りたくないとか、かえるに帰れないとか)こちらでビジネスをやってる人がほとんどのようだ。

そんなリーマン社会であるからして、日本のリーマンの生態をそのまま持ち込んじゃったりもしていて、大学の同窓組織なんてものがある。
ポンニチ人サラリーマンがいるとこならどうやらどこの国や街にもできるらしいっすけどね。商工会議所と一緒。
そんでもってその機能がゴルフをやるための口実作りにあるのも商工会議所と一緒。
6大学対抗だの、全日本だの、まぁよくぞいろいろ考えるもんですなぁ、とゴルフをやらないワシとしては鼻で笑っちゃってたりして。

さすがに家族やらに申し訳ないとでも思っているのか、ちゃんと普通の活動もやってんだよってことで年1回はご家族参加でクリスマスパーティーをやることになっている。
これまた勝手にやればぁ、と言いたいところなんですが、なぜだかワシの出身大学の人間が多い当社は強制的に幹事をやることになっており、毎年手伝いに狩り出されるのであった。

別に他は全部落ちて入った大学なんで、大学にたいしてロイヤリティもなければ自分のアイデンティティにもなってない。なんでたまたま4年間それも全然別の時期に通っただけで、一緒くたに集まったりしなくちゃいけないのか全然理解できましぇ~ん。

なぞというへそ曲がりの思いとは別にパーティーは盛り上がってるらしく、最後に肩組んで応援歌だと。
まぁ、これも浮世のしがらみと諦めるしかないのでしょう。たぶん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

ビリビリ

061213hari こないだ鍼を打ったわけだが、どうもイマイチ効いてんだか効いてないんだかよくわからない。
張りぬいた瞬間に、あ~ら不思議、今までのは何だったのかしらってぇほど症状が改善!なんてことは全然ない。家に着いたらぐにゃぐにゃの腑抜けで翌朝起きられませんでした、てなこともない。

腰からふくらはぎにかけての張った感じはやや緩和されたような気もするけど、ちょっと大人しくしているせいのような気もする。
こりゃいっちょ中途半端やらないで、しっかり効くか効かないかを見極めたほうがいいのかな、と。
061213ancient というわけで、再度出撃だ。
例によって中華街の外れの昼間は静かな一角で、先生の勧める湯冷まし飲んで落ち着いてから、半ズボンのジャージに着替える。
鍼を打つのは奥さんで、今回は腿裏が張ってるんでヨロシク、と。

前回は初めてだよんと伝えてたんで、すこし手加減してくれたんだけど、本日はちょっと強めに打ちますよ。はいヨロシク。
トントンと打つ鍼。
前回はちょっと痛みを感じるところで止めてもらったんだが、今回は様子もわかったんでちょっと我慢。
ずぅ~ん。おっおぉっぉぉぉぉっ。ちょっときたかも。
特に膝の外側に打った鍼(写真手前のヤツ)は、トントンと打つたびにビリビリビリッとつま先までキタきたきたぁぁっ。これですか>あっきょちゃんが言ってた「ビリビリ」ってのは。
その後15分ほど放置されるんだけど、なんか打たれた鍼のまわりに、それまで滞ってた血が集まって来たような感じ(たぶん気のせい)。

ケツに打った鍼は、あとが暫く痛かったし。でもおかげで今回はちょっと張りが改善したような気がする。
次回ももっとビリビリしてもらっちゃおうかなぁっと。

続きを読む "ビリビリ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

退院・帰国、お大事に〜&また登りましょう!

061212kominesとうとうK峯さんが退院する日が来た。
まだやっとリハビリ始めたばっかじゃん、寒い日本に帰るより春になるまで暖かいこっちにいれば?と思うのだが、もう倒れてから2月近く経って、保険の関係とかもイロイロあって日本でリハビリということらしい。
それでも倒れた直後に見舞ったときには、正直どこまで治るかなと心配した病状だったのに比べると格段の回復ぶり。
日本でビシッとリハビリすれば間違いなくまた山に登れるようになるでしょう。
それにしても、こうして写真を見るとお母さんにそっくりですね>K峯さん。

061212amburance帰国も車椅子でかなと思ったら、病院から救急車でそれも東京の病院まで医師と看護婦がつきそっていくっつう大掛かりな移動。
空港でもイミグレとかはお母さん達が代理でやって、本人はそのまま機内に入るんだそうで、ゲートでのお見送りというわけにはいかないらしく、ワシらは病院の救急用の玄関でお見送りということになった。
後任の人も既に赴任していて、「酒飲みすぎるなよ〜」「カラオケはヤメトケ〜」と最後まで後輩の心配をするK峯さんであったが、とりあえず自分の心配するようにと思った。

061212kotobuki見送ったあとは、K峯さんが倒れていたのをめっけてくれたっちゅう日本料理屋にいって軽く飯。
助けてくれた店の人にお礼を言いたかったのだけどあいにくお休み。3人(リョータが病気でYONEさんは不参加)で先細るJ-Rockの行く末、N皮君のシアワセなぞについて話し合いつつ夜は更ける。
それにしてもこの店、ワシんちから歩いて5分ほどのところ。
ほとんど意識がなかったらしいけど、なんで呼んでくれなかったかなぁ〜、と思うとちょっと悲しい。

ワシが帰国したアカツキには一緒に登れるように、頑張ってリハビリに励んでくださいね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

アマさんの谷

061211amas「アマさんの丘」こと地下鉄オーチャード駅上の緑地がショッピングセンター開発のために閉鎖されたことは既に書いた。
アマさん達が週末のひと時を仲間と共に過ごす場所が消え、一体あの人たちの安らぎの場はどうなってしまうのであろうとココロを痛めていたのはワシだけではあるまい。

ところが昨日、チョー高級ブランドブティックが入居する高○屋ショッピングを覗いて(覗くだけ)LV様の脇のドアを出た途端、どひゃぁっ。
そこにはほとんど難民の群れのようなアマさんたちの団欒のひとときが展開されておった。 べったり床に座って、ギャァギャァいいながら持ち寄った食いもんを食べている。
一歩中に入ると、LVだのシャネルだののチョー高級ブティックで買い物する金持ちどもがいるわけで、なんだか嬉しくなっちゃいました。

続きを読む "アマさんの谷"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

亀スープ

061210turtle_soupタートルスープちゅうのを初めて食べた。
そういうのがあるのは知ってたんだけど、敢えて自分から食う気にもなれないし、わざわざ食いに行こうという人もまわりにいなかったし。
食べてみると、スープ自体はハーバルな感じで、癖もなくなかなかイケる。
3ミリくらいの厚さの皮はコラーゲンたっぷりって感じのプリプリ感。肉も癖ないし、小骨が多いって事もない。ワシのには入ってなかったけど、足のところはほろほろと肉と骨が剥がれて美味いそうな(鶏足みたいな感じ?)。
うむ、なかなかイケます。

061210kominesなんでこんなモノ食ったかっちゅうと、入院中のK峯さんのリクエストに応えて、カイチョがわざわざ買ってきてくれたのだ。
鴨南蛮とカニは何とかワシが差し入れしたんだけど、カイチョがガッカリ島ナンバーワンのタートルスープレストランまで行ってくれたのだ。
まずい病院飯でウンザリしていたK峯さんも、看病のおかあさんも妹さんも美味しそうに食べてくれました。
ヨカッタヨカッタ。
K峯さんも自分で立てるまでに回復して、もうすぐ退院、日本に帰国の予定です。
元気になったらまたガッカリ島で一緒にタートルスープ食いに行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

羊肉ラーメン

061209matonmen空きっ腹で行ったヨガから帰ってきたあと、こないだ上海に出張行ったときにスーパーで仕入れたカップ麺を食ってみた。
061209gelなんつっても容器がゲルの形してるんだもん、買わないわけにはいかんでしょ。
特別どんな味とかも考えずに買っちまったわけだけど、よく見るとどうやら羊味のラーメンらしい。モンゴル名物なのか、勝手にでっちあげたのかは不明。

たいがいできあがりの写真とか載せてるもんだが、パッケージからはどのようなモノかはうかがい知れない。カップ麺の割にはズッシリとまでは行かないけれど、ソコソコの重量感。

061209inside恐る恐る蓋開けてみると、なんかいっぱい入ってますな。
麺は細めのビーフンみたいな透明な麺。
それにもちろん調味料の袋が入ってるんだけど、なんか化学調味料そのまんまの姿形であり、ちょっと入れるのためらわれる感じ。
そしてなんとレトルトの具らしいモノが封入されていたのであった。
なんか重いなと思ったけどこれか。

調味料全部ぶち込んでお湯入れて、2〜3分でできあがり。
レトルトはなんとなくスペシャルっぽい雰囲気なんで、別に鍋でお湯沸かして暖めたりして。
で、お味はと言いますと、タレはピリ辛。ビシッと化学調味料の味。
そしてレトルトの羊肉は薄味で羊の香りがそのまんま。脂もちょっとのっており、羊の匂いが嫌いな人にはちょっとキツイであろうが、ジンギスカンで育ったワシにはなんともございません。
けっこうリッチで美味かったです。
さすがどんどん豊かになっていく中国だけあって、インスタント麺も独自かつリッチな方向に向かってんだなぁと感心したりして。
気がつくとフカヒレカップラーメンなんてのも出ちゃうのかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

惑星戦争(その3)

061208starwars3こないだまとめ買いしたうちの1枚。
まだ見てなかったしVCDで700円くらいだったので。

つまんねぇ。
つじつま合わせるためにこんだけカネかけなくていいと思う。

以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

めでためでたの

061207marrigeガッカリ島もパーティーシーズンたけなわである。
昨日に引き続き本日もパーティー、って結婚披露パーティーなんすけどね。
当社はガッカリ島における歴史が結構長くて、生え抜きのローカル社員のお子さんがご結婚の時期を迎えるような古参がけっこういるのだ。組織上は(..以下略)のスリナおばさんの娘さんもそろそろ結婚らしいし。
本日はローカル社員のトップである人の娘さんの結婚式なのだった。

6時半開場、7時開始はガッカリ島の吉例に従いまして滞りなく1時間遅れ。飯は出ないのにワインだのシコタマ飲んじゃって、ポンニチ人ばっかしのワシのテーブルはほぼできあがっちまっている。
ちょうど8時に司会が喋り始めたと思ったら、スクリーンでビデオを流し始めた。どうやら「ROMの日」の様子らしい。「ROM? read only memory? read only member?」とボケた連想しかできないワシに、「resister of marrige」ですよと優しく囁く人あり。なるほろ、ってなんでも略すんじゃねぇっ!
こっちは結婚が決まると、だいたい家先に手配して一緒に住んじゃって、その後正式に役所に登録して、暫く経ってから披露宴やって、その後ずいぶん経ってから新婚旅行、てなパターンがけっこう多いらしい。
ポンニチみたいに何でもまとめてやっちまって、挙げ句の果てに成田離婚、みたいのよかいいかもしんないなと思ったりして。

061207cakecutさてやっと新郎新婦のご入場、したと思ったらあっという間にウェディングケーキにご入刀。
もしもーし!カメラをお持ちの方は前にどうぞはないんですか〜。「二人の初めての共同作業」との認識はないのであっさりしたもんだ。
家に着く頃には箱の中で七転八倒してグチャグチャになってるケーキのお裾分けもナシ。
それにしても、写真で見た娘さん(当時大学生)は眼鏡かけて、勉強はできそうだけどちょっと色気ネェな、との印象だったのだが、なんのなかなかカワユイではありませぬか。父親としては断腸の思いなのであろうか。

061207yamsenその後はヒタスラ食うのみ。EOMである。eat only memberの略(そんなことわゆわない)。
前回同様、友人の芸があるわけでもなく、親戚のおぢさんの黒田節もなく、唯一隣のテーブルで親戚のおぢさん同士が「ヤムセン」(一気ですな)をやっていただいたのが雰囲気あってよかったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 6日 (水)

ラッキドロー

061206partyショーコー会議所つうものがありますな。
全国区津々浦々、ポンニチ会社のある限り、人口カバー率99%なんてケータイアンテナ並にあるんじゃないでしょうかね。一般人にはナニやってんだか皆目見当つきませんけど、地域の経済活動を支えていらっしゃるのであろう。
ここガッカリ島にも当然のようにショーコー会議所があり、何百社っちゅうポンニチ株式会社が登録しているらしい。

産業別の部会の理事かなんかしているワシの上司(シャチョーともいう)の活動を見る限り、どうやらガッカリ島のショーコー会議しょっちゅうのは、ガッカリ島のゴルフ産業の振興に非常に熱心な様子で、年がら年中次のゴルフコンペの打ち合わせや、それでも足りないらしく個人的なゴルフの約束などをするのが主な活動であるらしい。

で本日はそのショーコー会議所の年末懇親会。ま、忘年パーティーですな。
ここ2年は逃げ回ってたのだが、今年はつかまってやむなく参加。
何百人ちゅうポンニチ人ビジネスマンがいる中で、ワシが知ってるのはわずかに10人いるかいないか。
どーせゴルフやらない変人ですよーだ。
ブッシュさんも泊まる高級ホテルの割には簡素なお食事にガッついているうちに、会は滞りなく進行し受付の際に半強制的に買わされたラッキードローのお時間に。
会員企業のミナサマから寄付された各社の製品なぞが商品となるのだ。
当たればけっこうでかい。
最初の下一桁で参加賞みたいなの当たった以外はとーぜんスカ。「こんなとこでツキ使いたくないッスよね」なぞと捨て台詞を残してそそくさと退出。

さて、家に帰って参加賞を開けてみると...。
061206prize_1ゴルフやんねーっつってんだろ、こらぁっ!
最近白いおまんまあんまし食べないから、海苔はすぐシケっちゃうのっ!
もう使えネェもんばっかしだ。
最後に残ったのは...う〜ん。そっちの趣味はないけど、はけないことはない?
でも食い込みそう、はみ出そう。
さてどうするか。
いや〜んこまっちゃう〜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

コーヒーショップ

061205cafe島には昔ッから「コーヒーショップ」と呼ばれる場所がある。だいたい街の角っこにあって、もちろんオープンエア。まわりに現地飯屋が並んでて、飲み物はコーヒーショップからオーダーするみたいな共存共栄な一角を形成してたりする。
最近じゃ繁華街からは姿を消して、スタバだのスタバの偽物だのが幅をきかせて、カッコつけた連中が「カフェ」しとるのだが、ワシはなんかイヤ。
オーダーするのもなんかワカンねぇメニューだし、大きさだってトールだのなんだのってカッコつけんじゃねぇ、とかキレそうになるのはトーキョーにいた頃と一緒である。

今朝ちょっとかけ持ちの用事で出掛けたところ、一個目の用事がキャンセルとなり、30分程空き時間が。どうすっかなぁと次の場所の近くで車を停めたら目の前にコーヒーショップが。
ちょうど読みさしの新聞持ってたんで、ちょうどいいやとコーヒーショップに。
考えてみればたまに現地飯で済ます昼飯のあとを除いて、こういうところでゆっくりするのって珍しい。

061205cafejijii午前中って事で、ガラガラの店の中で隣の現地麺屋のおばさんが野菜を切ってたり、近所のじぃさまが暇つぶしに来て「コピ」(コーヒーショップの基本的な出しものである甘あまのコーヒー)を飲んでたり、ゆるゆるとした空気が流れていて心地よい。
ちなみにコーヒーが不得意なワシが頼むのは「テオコッソン」。
砂糖抜きの紅茶なんだけど、ローカル以外がこの名で頼むことは珍しいらしく、いつも聞き返されるのが難と言えば難。
少し冷めるまで待ってすすりながら飲んでると、お腹から暖まってちょっと汗ばんでくるくらいがちょうどよし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

とにーDVD

061204tony_takitani たくよぉ、またメンテナンスかよ>ココログ。で、このザマですかい、まぁいいや。(というわけでこれアップしてるのは7日の午後です)

こないだガッカリ島にきた、あっきょちゃんにアマゾンから送りつけた
モノのひとつがこれ。
「トニー滝谷」しつこいねぇ>ワシも。
っていうか久々(っていうか初めてかも)にガッカリ島でいい映画見せ
てもらったもんで、嬉しくなってスペシャルエディションのDVDと、原作が収められている村上春樹の短編集を。

しかしてあっきょちゃんが来る直前、なななんとHMVでこっち盤が売り出されているのを発見。
DVDでも半額以下。VCDの値段は思い出したくなぁ~い。

それでもさ、こっちは特別版だから。
メイキングがドキュメンタリーとして公開されたくらいのクオリティだしさ。りえちゃんのインタビューも入ってるし(あ、監督のもイッセーさんのもありますよ)さ。
あーうれしい。

でも映画撮るのって大変な作業ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

濃い紫

061203deepliveこんなもん観て喜んでちゃいけないよなぁ、と思う。
だいたい、お金に余裕の出てきたおっさん達の懐具合見透かすようなこの手の映像やら、音(リマスター&紙ジャケットとかね)なんつうマーケティング根性丸出しの魂胆に乗るのがクヤシすぎる。
それでも時々片棒担いでいるアマゾン様の「ZZ様にお勧めの...」なんてぇ囁きにのっちまう時分が悲しくもあり、カワユクもあり。
そんなわけでパープル全盛期の映像DVDだ。
1972年のコペンハーゲンの白黒映像。マシンヘッドが出たばっかのライブなんかな。
あ、まだオレ生まれる前ぢゃん、なんつうギャグも空しいですが、ハイウェイスターから始まるライブはライティングもなんもなくてシンプルそのもの。アクションも地味だし、いまどきゃ高校生だってもっと派手に暴れるだろってかんじ。
そんでもおぢさんには、動いてるイアン・ギランや、ブラックモアが嬉しすぎる。ちょっと体脂肪率高そうなイアンペイスとかも。ジョン・ロード活躍してる割には地味。そんでロジャー・グローバーの腰の振り方ヤバイでしょ。

ってなことで、とても嬉しい映像なのですが、やっぱし古くさいのばっか観てちゃいけないよなぁ、とちょっと反省したので、こないだあっきょちゃんに持ってきてもらったCDをば。
061203rygRodrigo Y Gabriela つうスパニッシュギターのデュオのインストアルバム。
通常であればワシの感度の低いアンテナにはまったく引っかからない音源と思われますが、誰かのサイト(シャケの日記?)で教えてもらったYouTubuのライブ映像に痺れてクリックしましたっ。
いやぁ、スパニッシュギターっつうと、情熱だの情念だのの暑苦しい、ヘタすると演歌にも通じかねない(古賀先生?)ワシには苦手なイメージが先行(鬼平のエンディングテーマのロス・ロボスとか)するんだけど、これは単純にカッコイイ。
勝手に体が動きます。特にリズムのほうの女性がカッコイイ。
ワシもこんな風にギター弾きたい。
まえから一本ナイロン弦欲しかったんだけど、マジ買いたくなっちゃいましたぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

アップグレード

061202gr_updateGRデジタルのファームウェアがアップグレードされた。
通常デジカメなんてのは機種自体のモデルチェンジがあまりにも頻繁で、ファームウェア(カメラを制御するためのソフトウェアですな)をアップグレードするなんてのは、コンパクトデジカメであればよっぽどの不具合がめっかったか、デジ1なんかの高級機種とかに限られるはず。
ところがこのGRデジタルちゃんたら高級コンパクトっちゅ位置づけらしく、きちんとソフトウェアーまでフォローしてくれているのね。そういや、値段もあんまり下がってないらしい。

追加になった機能はいろんな設定やら使い勝手のチョコチョコとしたアップグレードで、ヘビーユーザー様のご意向を反映したモノと思われ、基本機能すらきちんと把握してないワシとしてはありがたいんだかありがたくないんだかわからない。
けれどアップデーターをダウンロードして、カメラをパワーブックに繋いで、アップグレードの作業をしてるだけでなんとなくシアワセ。
どんどん製品の「賞味期限」が短くなる世の中で、長く使える(っていったってまだ1年も使ってないんだけど)モノを持った「お得感」みたいなもんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

年の瀬のご挨拶

061201mochuあっという間に師走ですなぁ。
ガッカリ島に来てもう3回目の暮れだわ(だよな)。
それにしてもこの時期一番クリスマスカードと一緒に来るのが「喪中につき...」ってやつ。
この歳になるとじーさんだのばーさんだのより親が亡くなりましたってのが多くなり、それに混じって連れ合いやら、あるいは友人やら先輩の連れ合いから本人が...、ってのが増えてくる。
今年もそろそろ、あぁ今年はあの人が...ってなのが届き始めました。
こゆお知らせはなるべく少なめにお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »