« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

鍼童貞

061130massage風邪ひいた。
おととい起きたら喉に鉛の固まりが。
冷房(冷凍?)完備のオフィスでさらに悪化。帰る頃には足先痺れてんの。
よしゃぁいいのに昨日の休みにクライミングしちゃったりして、今日は朝起きた時点でこりゃダメでしょ。
休みたいんだけど、ちょっとしたアクシデント発生で会社に行って、一段落したところで....なぜだかマッサージ屋にいるワシ。

ここんとこしばらく下半身の裏側(腰〜ふくらはぎ)が張りに張っており、しまいにゃ痺れまで感じる始末。あっきょちゃんに言わせれば「鍼」が効果的とのこと。
ガッカリ島に来た時分、調子悪くなると行ってたポンニチ人御用達のマッサージ屋であっきょちゃんも鍼打ってもらってるとのことだったんで、「病院行ってきまぁ〜す、ゴホゴホ」とかいいながら中華街のはずれに到着。

腰に2本、膝近辺に3本、イデデデデとか言いながら鍼を打たれる。
じつはマジメに鍼打たれるのは初めて。ちょっとおっかないっすぅ。
ちくりビリビリ、イデデちくちく。
腹ばいに近い横向きの体勢なんだけど、ゆっくりヨガ的深呼吸してみるとしっかり息吸うと鍼近辺が痛くなる。これって凝っているって事なんでしょうか。いでで。
鍼打たれてしばらく放置されたあと、アシスタント君にグリグリ揉まれてなんか軽くなったような、ほとんど打撲のような。いでで。

ちょっと会社に顔出して、サクッとあがって家帰って暫くぶりにバスタブにお湯張って、ワイン飲みながら半身浴。
軽く飯食って、まだ9時だけどこれから寝ます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

あびぃどおり

061129abbyroadゴジラと一緒に今回恥ずかしながら買い求めましたのがこのアルバム。
いやぁ〜、実は通しで聴いたことなかったんですぅ。
ワシが洋楽聴き始めたときには既にレット・イット・ビーの時代となっており、アルバムも聴いたし映画も観にいった。でもこのアルバムはほんのちょっとの時間差で聴いてなかったんだと思う。その後はグループとしては過去の人たちであり、ベストアルバムみたいなのを聴いてお茶を濁してたわけですね。

サージェントペッパーズは通しで聴いたんだけど、それは世界初の「トータルアルバム」(そういうのが流行ったんだ)ってのを聴いてみようと思ったからで、聴いたあと「ぜんぜんトータルじゃないぢゃん」と思ったりしたし。
あるいは友達から借りたけどちゃんと聴きこんでな買ったのかもしれない。

さてこのアルバムもちろん有名どころの曲は知ってますよ。青盤持ってたし。
でも全17曲のうち"Sun King""Mean Mr.Mustard""She Came In Through The Bathroom Window""The End""Her Majesty"を聴いたことがなかった(か忘れてる)ことが判明いたしました。
やっぱ現代人としてこのアルバムは一般常識だよなぁ。曲の切れ間に次の曲のイントロが頭ン中流れるくらいじゃなくちゃイカンよね。

ところで、ホワイトアルバムは?もちろん通しで聴いてないしなぁ。
志賀直哉知ってても「夜明け前」読んだことないよなぁ、とか関係ないこと思ったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

ゴジラ

061128gojiraこないだ歯止めが効かなくなって買ったソフトの中から最初に観たのがコレ。
「ゴジラ」です。
シリーズの一番最初のヤツ。っていうかこれ作ったときにはシリーズ化なんて考えてなかったんだろうけど。
1954年作っちゅうことでさすがにワシの生まれる前の映画であり、ワシが物心ついたときに見たゴジラはもう「いいもの」になっちゃってて、ワルモノのキングギドラとかとかと戦う正義の怪獣でした。「シェー!」とかやっちゃったりさ。
この第1作もテレビの再放送かなんかで見た記憶があり、やたら画面の暗い、画面だけじゃなくて話も暗いなぁ〜っつう印象。

今回久々に観ても、やっぱり感想は同じかなぁ。
まだ戦争の爪痕残ってる感じで、反戦色・反核武装みたいなメッセージが色濃いっす。ゴジラもストップモーション撮影と着ぐるみ両方使ってるのね。キングコングの影響なのか。
まぁ、逆に言えば今の世の中にピッタリな映画ともいえるわけで、リメイクされてもいいのかも。
でも新宿なのか湾岸なのか、はたまた六本木ヒルズなのか、破壊する対象が多すぎるしゴジラよりずいぶんでかくなっちゃっててゴジラも困るであろう。
ついでだったら海渡って、将軍様の核施設破壊しちゃうとかね。

ちなみにこのDVDにはもう一枚"Godzilla, King of Monsters"っつうアメリカ公開版もパッケージされてて、そっちもなかなか楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

披露宴

061127weddingcake 実はクラビから帰ったその足で、会社のローカルスタッフの結婚披露宴に出る予定が入っていた。

飛行機がガッカリ島に着くのが8時半。披露宴は7時から。
当然無理なんだが、なんせガッカリ島のこととて始まるのがダラダラ遅れるから問題ないよと。せっかくのお招きであるのでとりあえず出席できたらします、みたいなあいまいな返事をしておいた。

で、空港に着いたらとーぜん疲れちゃってるし、行く気はほぼ限りなくゼロに近い状態ですわね。でもまぁ、帰って電話でも入れて間に合いそうなら、なんて考えながら空港から家まで運手していたところ、組織上はワシの部下だが実質上司のスリナおばさんから「ZZサン、来るの来ないのどこいるの?」と。
始まったばかりで間に合うから来いとのお達しであり、ボスの命令には従順なワシといたしましては自然にアクセル踏む足に力が入ったのであった。

家帰ってシャワー浴びて、とりあえず用意だけはしておいた服に着替えて、タクシーで会場であるレストランの大広間に直行。
さすがに食事もほぼ出終わってそろそろ終了の予感ではあったが、ただまぁ、おめでとう言えたからよかったかな、と。

ちなみにガッカリ島の披露宴はほとんどメシ食っておしまいらしく、ご婦人たちは着飾っておられたものの、男は一人もネクタイとかしてないし、スライドショーとか同僚の芸とか番傘とかゴンドラとか花束贈呈とか酔っ払った親戚のおじさんの醜態とか見れなくてちょっと寂しいような、シンプルでいいようなというものであるらしいです。
あ、二人の初めての共同作業でございます、ってやつだけはあったらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

感謝祭のトンサイ

061126tonsai今回は2泊3日、といっても実質登れるのは1日半なんであっという間。
今日はチェックアウトまで時間がないんで、午前中隣のトンサイビーチに出撃。
ガッカリ島とは反対でちょうど雨季明け。
バリバリに晴れて青い空青い海白い砂の海岸をどっかぶりの壁が囲んでいて裸でクライミング〜ってロケーションはポンニチ在住のかたには実感湧かないだろうなぁ。

061126crowdedもちろんこんな環境は寒いヨーロピアンクライマーにとってもスペシャルであり、ヨーロピアンの大好きなタイっつう土地柄、しかも感謝祭の休暇っちゅうこともあってどこのポイントもフランス語・ドイツ語・よくわかんない語・それらの訛りのある英語で混雑しておるのでありました。

それにしてもガッカリ島からも近くて2泊3日で充分別世界を楽しめる。
もうちょっと気軽に来てもいいかもな、と思ったことでございます。

レポートは後ほど。(あっきょちゃん去年のレポートヨロシク)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

Krabi

061125taiwandwall
今回合宿はリョータも一緒なんでお気楽慰安旅行でございました。
今日は朝イチ、宿の近くで2本。
朝飯食べてからちょっと離れた絶景タイワンドウォールで4本。宿に帰ってプールにドボンとは極楽。
とはいえ、久々の外壁は緊張の連続です。
なんか2年前に比べて、ぜんぜん上手くなってないのが悲しい。

画像はタイワンドウォールの記念写真ルート(勝手に命名)を登るあっきょちゃん。
ちょっといいでしょ、ここ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

マッサージ

061124massage恒例J-Rockの海外合宿。仕事の関係により一日遅れで参加。
宿に着いた頃にはもう真っ暗で、飯食って寝るだけ。
い〜や、その前にマッサージをやっとかない事には事は始まらない。
タイに来たらやっぱこれっすよね〜。
はぁ〜、ぎもぢいい〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

豆源

061124mamegen一昨日、K峯さんにチョイと届け物をした際にポンニチから看病にみえているお姉様がお世話になってますこれどうぞ、と紙袋を差し出された。
いやいや、そんなつもりで来てるワケじゃないんで、そんなぁ、え、そうですか、じゃぁいただきますスンマソン。
というのもその緑色の紙袋に吸い寄せられたのであった。

なつかしー、豆源の袋ぢゃん。
ワシったら豆源のお豆やおかきが大好物だったんである。
その昔バイトしてた六本木のお店(スニーカー屋ですが)のシャチョーの大好物で、当時はまだデパートとかにカウンターとか出してなかったここんちの麻布十番のお店まで、お使いに鳥居坂をテクテク降りて行ったもんです。
平日昼間の六本木あたりって気持ちよかったんだよなぁ。
会社に入ってからも近所のデパートに進出した豆源のカウンターで大好きな「ホッこりうまい揚げおかき」をときどきむさぼり食ったり。一袋食い終わるまでとまらんのですよね、だから小さい方の袋を買う。

本日も普通だったら頂き物はスリナおばさんとかにお裾分けするんだけど、豆源ばっかはそうはいきません。
家に帰ってガサガサ袋から出すと嬉し懐かし「おとぼけ豆」のパッケージが。
なんか急に懐かしくなって、おもわず検索したら当然のように豆源.comなのね。おかきムービーが嬉しいっす。

今の夢は、ポンニチに帰って揚げおかきむさぼり食っても太らない体になることで〜す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

歯止めきか(せ)ず

061123cdsこないだHMVに寄ったときに、ちょいと気になるCDがあったんだがなんとなく気が乗らずにそのまま帰ってきた。
本屋でもそうなんだけど、なんだかやたらに読みたい本があるときと、あってもなんとなく「まぁいいや」みたいな時の波がある。そういうのありませんか。
逆に買う気はあるんだけど、どれ見てもなんとなく欲しいのがなくてなんとなく空しい気分で店出るときとか。ありませんか、そういうとき。

で、本日はどうやらかなり買う気が充満してるらしいのが自分でもわかったりして、目当てのCDを手にしたあとも、なんだかCDが買ってちょうだいとこっちにウィンクしているような。
ワシの場合、年に1〜2回そういう波が来るらしい。

で、普通なら「ヤバイ」と思ってリミッター効かせようとするんだけど、今日はなんだかイケイケいっちまえ、みたいな気分。しかも本日は音方面より映像方面でウィンクしてるのが多くて、後半は「ホレホレこっち向いてワシにウィンクしてみろぉ」みたいなハイな気分。
結局ワシ目があったのはCD4枚、VCDとDVD合わせて5枚の計11枚。
なんか買い物系の欲求不満も発散して、1万円ちょっと。VCDが安いからね。なんだか100円ショップで散在した感じにも似て、ちょっとスッキリしたかも。

レビューなぞはいずれ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

晴れ間

061122blueskyガッカリ島はほとんど雨季に入っており、毎日必ず雨が降る日が続いている。
でここんとこは午後に雨。
そして朝一番はけっこう気持ちのいい青空が広がったりする。
ちょっと前まではヘイズで青空が見えない日が続いていたから、空の青さがありがたく、深呼吸したくなる。
街中なんで排ガス吸っちゃうからしませんけど。

でもって、昨日K峯さんのお見舞いに行ったら、一般病棟に移っていてすごく回復してたのもココロの晴れ間。
スゲー嬉しかったですね。

ちなみに今、外は土砂降りだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

2006/11/21 11:30 室堂

061121murodo きやぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!
いぎてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!

と心の中で叫びつつ、よく見ると雨の流れた後がありますな。
冷え込んでるとけっこう辛いかも。

ガッカリ島に来て4年。
もう台風の進路図とかは気にならなくなった(気にしてもしょうがないし)のだが、この時期の室堂山荘のライブカメラだけはどうしてもチェックしちゃいます。
チェックしてもしょうがないんだけど。

あと何シーズンの我慢なんだろう.....。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

メタボリックシンドローム

061119metaboについての番組をやっていた。
太り過ぎちゃったおとーさんが家族のために涙ぐましい努力で体内脂肪の削減に努めました、みたいな。
なんかポンニチではこの症候群予防の大キャンペーン中だそうですね。それもお役所あたりが旗振って。

かたや新聞なんか読んでると、「小太りくらいがちょうどいい」みたいな論調も載ってるし、一方「好きなこと我慢してまで長生きしようってぇ根性が気に入らない」ってな意見も載ったりしますな。

で、ワシはどう考えるかというと、実は「好きなこと我慢してまで...」という考え方に共感を覚える人である。
ナニいってやがんだ、毎日体重と体脂肪率計って、ウサギみたいなものしか食わないでいる健康オタクのくせしやがって、と思われるかもしれないけどそうでわない。
別に長生きしたくてそんなことやってるワケじゃないのね、ワシは。
ただ、時々行くトリップでパドルできなくて悲しい思いしたくなかったり、帰国のアカツキに久しぶりに入った山で登れなくて苦労したり、せっかくドロップポイントにたどり着いたのに膝ガクガクで滑れましぇん、みたいになりたくないだけで。

もちろん病気しちゃうと今やってる遊びは続けられなくなるわけで、だから明日楽しく遊べるように体調整えてるだけだし、できれば明後日も今日みたいに楽しいといいな、とか、できればあと10年くらい波乗りできてるといいなとか。帰国してまたウィンド再開できると嬉しいな、とか。
好きなことの中にタバコとか、グルメな飲食とかが入ってないだけのこと。実は大好きな揚げ物とかのプライオリティがそんな遊びのための節制より低いだけの話でございます。
岡崎友子女史じゃないけれど、あと何回トリップできて、あと何個の台風で遊べて、あと何回の冬を過ごせるかと思うともったいなくてもったいなくて、ということですね。

だから体内脂肪ため込んで体脂肪率25のおとーさんも、尿酸値が8だの9だのいってるあんたらも、ビールの、焼肉の、トンカツのプライオリティが高いんなら堂々と飲んで食いまくればいいじゃん、ってなことを番組見ながら思いました。
人生一回こっきしなんだからさ。
以上。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

エンドース


061119jalendorse=裏書きですな。保証するとか、そういう意味。
航空券の場合、他社のフライトに変更する時なんかに使いますな。

本日は本社のシャチョー様ご一行(っていうか、シャチョー、ジョーム、シッコーヤクインの3人組)っつう、重くて重くてしょーがない人たちの接待デー。
スーツなんか着ちゃったりして、あーワシってポンニチリーマンぢゃん、と妙に安心したりする。
今回はありがたいことに駆け足で夜の便で次の出張先に移動してくれる。それまでの辛抱。

ところが予定はサクサクと進み、これなら早い便に変更してはいかがでしょうか?シャトル便が1時間おきに出ておりますので、たぶん大丈夫だと思いますっ!
っと普段の仕事ぶりからは想像もつかないような熱心さで、あっという間に空港に連れてゆき、某元ナショナルフラッグエアラインの空港事務所に1枚のエアチケットとパスポート持って駆けつけ、その足でカウンターに赴き一番近い便の最後の3名枠(エコノミーだけど近いんだから文句いうなっ!)に押し込んで、「お疲れ様でした〜、またのお越しをお持ち申し上げておりますぅ〜っ」

はぁ〜、終わった終わった。
あと年内死んだふり。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

上品中華

061118sharkfin本日夕刻、ポンニチ本社のお偉いさん(シャチョーと呼ばれる)ご一行が2年に1回の御巡業に遊ばされた。
雑用係のワシといたしましては、フル回転で...と言いたいところだがワシの上司(これもシャチョーと呼ばれる)がやけに張り切っちゃってるんで、段取りは上司に任せたりして。

061118entranceで、夕食ということになったのだが現地VIPとの会食をご相伴ということになった。
場所はご一行様宿泊先のファイブスターホテルのレストラン。ここんちは世界的チェーンの高級ホテルでトーキョーじゃぁ、目白のほうにあったような気がする。
前にも一回だけここで飯食ったことあるのだが、なんだかスカした「ヌーベル・シノワーズ」みたいな感じ。

前菜(ふつうのクラゲ)のあとに出てきた北京ダックは、紙切れみたいなのが1枚お皿にうやうやしく乗っけられ、ソースが上からスカしたフランス料理みたいにかかっている。なんかなぁ。
その後出てきたフカヒレスープも、ホタテにエビにカニの卵まで入ってやたら凝っているんだけど、ワンポーションが何しろ小さい。料理の出方も大皿じゃなくて、最初っから一人づつ取り分けられてくる。

061118friedriceそんなかんじで最後までお上品かつオシャレなまんま進行し、最後に出てきたチャーハンなんてお子様用に取り分けた?みたいな。
確かに意地汚く全部食べちゃうワシといたしましては、カロリーセーブによろしいのですけれど。
中華ってやっぱ大皿でワイワイやるのが美味しいよなぁ、と思ったことである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

かたちあるものは...

061117tipいつかすべてこわれるのだ。
しょーがないのだ、それが摂理とゆーものだ。
とはわかっていても、お茶から、お湯割、カップスープまで、なにかっつーと使ってきたRCHのカップ。飲み口が欠けちゃったのはヒジョーに悲しい。
買い替えるほどじゃぁなあいし、あぁ切ないっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

づぃ・ウチョーテン・ほてる

061116uchouten

DVDになったこの映画をやっと見た。
去年の年末に公開になってるんですよね。見たかったけど、これまで乗った飛行機ではやってなかったし。
ストーリとかはもうご存知でしょうから触れませんけど、シャツのアイロンがけしながら楽しませていただきました。
楽しんだと同時に感心もしちゃいましたよ。
脚本・監督の三谷幸喜って人はほんとに才能あるなぁ、と。

ムチャクチャ濃いキャラクターの出演者をあれだけぶち込んで、ギャルをちりばめつついろんなストーリーを同時進行でホテルの中の一夜の出来事として描きっきって、なおかつそれぞれのキャラが「立ってる」っていうんですか。
いやぁたいしたもんだわ。すごいすごい。
基本的には舞台仕立てが得意なんでしょうね。

ちょっと気になったのが、この監督ヅラが好きなんですかね。ずっとヅラかぶってるオダギリと唐沢もいい味出してるけど、金髪のカツラかぶってる篠原涼子がヅラとったとたんにキャラが変わる感じの演出とかも憎かったっす。
邦画って最近ホント元気だなぁって気がします。

あと麻生久美子ちゃん、やっぱイイわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

スリナおばさん

061115surinaワシが座っている机から見た職場の様子がコレ。
そんでもって左に座っているのが、組織上はワシの部下だが実際には上司としか思えなくて時々自分で料理したローカル飯を作ってきてくれるのだがこれがムチャクチャにカロリー高そうでありがた迷惑なんだが全部食べちゃうんだよなぁという、スリナおばさんである。

この画像のような体勢で黙々と係数資料を作っているのが常であるが、時々すっと目線をあげて眼鏡を外す。
視界の隅にそれを捕らえたワシに緊張が走る。
すると事務椅子がくるっとこちら側に回って、スリナおばさんは突然何事かをまくし立てるのである。
たぶん仕事をしながら彼女の頭の中で浮かんだ、家族のこと、仕事のこと、チャイニーズの迷信のことなど、彼女の中では連続しているのだが突然それを途中から聞かされた身にはナンの事やらチンプンカンプン。おまけに純粋培養のガッカリイングリッシュなんでますますわからない。
しばらく聞いてるうちに、はは〜んあのことだな、なんて推察がつくこともあれば、最後までわからなくてテキトーに相づちうって誤魔化すことも多々あり。
実はこれが結構なストレスであり、かなり辛いモノがあります。
あ、また眼鏡とった、ドキドキ。

061115nokiaちなみに本日の画像はこないだ買ったケータイで撮ってみました。
2MBだそうだが、ピンも甘いし、かなりノイズも多くて困りものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

機種変更

061114k610i とうとう携帯の機種を替えた。
そんなオンボロみっともないから早く替えろ、と回りに言われていたのだが、どーせ通話とSMSくらいしかしないからこれでじゅーぶんだもんねー、と半ば意地になっていたのであった。

ところが日曜日にオーチャードロードを歩いていたら、そのへんにいくアマさん(出稼ぎのメイド)たちがみんなワシと同じ機種。
こうなると気になってしょうがないわけで、工事現場のバングラデシュあたりからのワーカーとかもみんな同じ機種。
だからどーした、それがどーした、と突っ張れるほどの男でわない。見栄っ張りな、弱いヤツですワシったら。

061114sonieri とりあえず携帯屋さんで一番ちっこいやつをチェックして、うちのスタッフに買ってきてもらう。
ちょうどこの週末プロモーションでこの機種は48ドル(3500円くらい?)だったとか。
G3なんで日本でもそのまま通話できるそうです。それはありがたい。
写真も撮れます、e-mailもできます、インターネットもブラウズでききます、スケジュール管理も、ゲームも、mp3も.....って、あーそんなに機能あっても使い方おぼえらんねーよ~っ!
ラクラクホンとかないのか、ラクラクホンとか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

高いところで接待メシ

061113keppelbay本日は懇意にしている日系ゼネコン様とのご会食。いわゆる接待メシ。
日頃の激務の結果として蓄えた利益を、接待費という経費課目で自腹では絶対食えないような高級メシとして社員及び取引先に還元するという美しい日本の伝統はここガッカリ島にも生きづいている。
ご招待を受けたのはガッカリ島でも1〜2をあらそう高層ビルの最上階にある「クラブ」。にーちゃんネーチャンが踊りまくるフラットなアクセントの「クラブ」でも、隣にネーチャンが座ってお酌してくれる「クラブ」でもない、会員のみが利用できるブリティッシュスタイルの「クラブ」なのだが、コンセプトは中国あるよ。
しっとりした中にもしっかりキンキラキンがちりばめられた上等な中国風の内装。
さすがゼネコン様、接待用にこのようなクラブの会員であらせられる。

そーいや、去年の今頃このビルの下の方の階に缶詰になってったなー、と暗い思い出が蘇るのを振り切るように高速エレベーターは52階へ。
ほぉぉぉ、絶景でございます。
世界一の取扱量を誇るコンテナヤードのむこうにはインドネシアの島。
2年後には「インテーグレーテッドリゾート」と洒落た名前つけて罪悪感を緩和してるカジノ(けっ、賭博場じゃねぇかよ)ができる予定の更地なんぞが広がる。

061113fukahireこのクラブの本拠地は香港らしく、その他には北京とガッカリ島の2カ所。
食事はもちろん広東料理のかなりお上品バージョンでございます。
姿のしっかりしたフカヒレスープなんてもん食うのは何年ぶりであろうか。カニまで入ってるし。
お一人様おいくらなのかは想像もつかないが、こうして経済活動というモノは営まれていくのであろう。

部屋は全面ガラス張り。本来なら素敵な夜景を望みながらの夕食のはずだが、冷房を効かせすぎているせいか窓が曇って見えません。
曇ってるのは外側だから拭きようがないのであった。とほ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

トリマー

061112trimer 髭を剃った。
いえ休みの日以外はもちろん毎日剃ってるのですが、あごひげを剃ったのね。
えーと順番が逆になっちゃったけど、あごひげを伸ばしてたのです。5月くらいからかな。

髭は濃くないほうだし、今までもトリップ中に剃らずにほったらかしてどんな感じか試したこともあったけど、口ひげはどうもみすぼらしくてNGであった。

ほんでもって、あごひげだけ伸ばしてみたらこれが案外好評というか、お世辞だとは思いますけど「似合いますね」とか。
まぁどーでもいいんでしょうけど、反対票は投じられなかったものでこの数ヶ月もそもそと。
もそもそとはいっても、あんまし伸ばし放題じゃみすぼらしいので髭トリマーなるものを手に入れて、一応整えてみたりしていたのであった。

でも剃りました。
今週末本社のシャチョーが来るもんで。
海外に出ると調子に乗って髭とか伸ばすやつはよくいるんですよ。そういう人だと思われたくないのね。
だってまったくその通りだからさ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

ものぐさ

061111remoto
ほいじゃマックネタ続けま〜す。
つうわけで、ほぼ無事にiTunes専用マックミニ環境は整った。パワーブックも心なしかサクサク動いてくれてるようで嬉しい。
マックミニにはこないだまで使ってたワイヤードマイティマウスが繋がってるだけという、なかなかシンプルな構成であり、机の上もシンプルでおしゃれぢゃ〜ん、と自己満足の極致です。
やっぱマックユーザーで良かったなぁ〜。
テレビでもCM やってんでしょ。
このひとたち、なんて言うんでしたっけね、こないだやっとわかったんだけどもう名前忘れちゃいました。ここからたどったはずなんだけどなぁ。
この人達選ぶとこもセンスあるよなぁ、とか。

さて、ミニにはApple Remoteコントローラつうのが付いてきまして、フロントロウとかいうiTunesだのDVDのコントロールをするインターフェースに使うらしい、ということは知っていた。
でもあんまし便利ですっつう声を聞いたことないし、引き出しの片隅とかに忘れ去られちゃうんだろうな、という気がしていた。
ところが!実はけっこう使えるんですよ。
なんせミニではiTunesでパーティーシャッフルをかけっぱなし。
作業とかネットサーフィンとかに集中しながら、ジャズとか流れて調子いいぢゃん、てな時に限ってマイルスのあとに>よしだたくろうとかかかっちゃたりして。
むぅ〜ぎわぁらぁぼぉ〜しわぁ〜、ってちょっと今は雰囲気が違うんだよって時にリモコンでさっと次の曲に!
いやぁ〜便利だ。

いや、あと10センチ手を伸ばせばマウスに届くんですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

こりゃ雨季だ

061110rainここのところやっとヘイズも落ちついてきたようだ。
ってことは風向きが変わりつつあって煙が届かなくなってるか、雨が降り出して火が消えつつあるか。
どっちにしても青空見るのは嬉しい。
のだが、やっぱり南の島でも微妙に季節は変わるのであり、要するに「雨季」ってヤツになりつつあるのかな、と。

今日も出勤時はけっこうキレイな青空だったのに、昼過ぎに外出しようとしたら空が暗くて風が吹き出して木から木の葉が舞いだして...。
ポタポタ....あキタ来た....ドシャーッ。
たいした用でもなかったので、そのまま回れ右しちゃいました。
これからしばらくは空模様見ながらクライミングってことかぁ。ヤレヤレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

Macユーザー

061109accesこのブログ(ニフティのココログ)にはユーザーに自分のブログのアクセス情報を提供するちゅう機能がございまして、たとえば時間帯別のアクセス数とかがわかって、一番アクセスの多い時間帯が平日の昼時だとか、わかっちゃうんですな。
仕事中?昼休み?

他にもこの4ヶ月の間で週に1回は覗いてくれる人は291人だとかわかっちゃう。
嬉しいじゃぁございませんか。こんな南の島に遠島流罪のおやぢが垂れ流す日記にを週に一度でも覗いてくれる暇人、もとい奇特なお方がそんなにいらっしゃるなんて。

で、ここんとこMacネタが続いてるわけですが、いったいここを覗いてくれるお方のうちどれくらいがマックユーザーなのか、と。
つまりアクセス解析には使用OS別なる解析もあるんですな。それが画像のグラフです。
ま、窓'sが多いのは仕方がない。なんせ平日昼間のアクセスが多いんだから、ポンニチの職場環境なら当然か。
しかしてパワーPCとOSX合わせて15%かぁ、っていうかOSX少なすぎ。
1%いってないぢゃん。

ってことはワシの最近のマックネタつまんないすか?
ナンのことだかわからないですか?

ま、いいや、ワシは自分が面白いと思ったこと垂れ流すのみ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

タイガータイガーめでたいが〜っ!

061108mini1とりあえず、おんぼろキーボードも繋いだことだしマックミニをセッティングするか、と。
それにしても新パソコンの立ち上げってのはちょっとドキドキしますな。
でもその後にアプリのインストールだの、ネットワークのセッティングだの、ファイルの移動だのを考えるとちょっと憂鬱。一日潰れちゃうかも。
まぁ、今回のマックミニは当面iTunes専用で使って、おいおいアプリだのをインストールして伽胃イヤって事でちょっと気が楽なんだけど。

というわけで、電源オン。
ジャ〜ン、つう機動音はマックミニの場合ちゃんとしたスピーカーがついてないんでかなり控えめ。ちょっと寂しい。
061108mini2まず「何語で使うの〜」。
あ〜よかった、たぶん大丈夫とは思ってたけどちゃんとマルチリンガルなのね。
続いて各国語で「wellcome」の文字が躍るムービーが流れて、ちょっと大げさなスポットライトを浴びた「X」 の文字が立ち上がる。
現行のOSX10.4はもう使ってたけど、新品のを立ち上げるのは初めてだからかなりこのシークエンスだけでも楽しく嬉しいです。こういうとこがMacは気が利いてるよなぁ。このシークエンスなんて1回きりしか見れないのにこの凝りようだもの。

061108mini3さて続いて登録だのの手続きか、と思ったら、なんと古いマックからデータを移しますか?と。
え?どうやら既にマックユーザーであれば、今使ってるマックからいろんなデータを転送できるらしい。
それってアプリのセッティングだの、面倒な各種パスワードだのセッティングとか、そのまま移行できるって事ですかぁ?
それってメチャクチャ親切ぢゃん、うれし〜、とMacユーザーであることをほんとに感謝しましたよ。
ま、どうせ窓sも真似するんだろうけどさ。

で、ミニとパワーブックをファイヤーワイヤーで接続して、ターゲットモードで立ち上げる(トップ画像ですな)。
でもって、もうめんどくさいから丸ごと移行じゃぁっ。
061108mini4って、さすがに1時間40分だと。
ここは雑誌でも読みながらじっと我慢です。
そうだアイロンがけしよ。
あとは、不要なアプリやファイルだのを捨てちまえばいいだけです。なるべく身軽でシンプルにしたいかも。
でもとにかくイチからセッティングし直さなくていいってのは、ホントらくちん。

キーボード使ったのは、途中でパスワード一回入れただけ。
すぐにワイヤレスキーボードもアサインできましたっ。
あ〜、Macユーザーであるシアワセを噛みしめた数時間でござった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

ヒーター修理

061107heater一月ほど前からシャワーのお湯がぱったり出なくなった。
故障ですね。

ワシんちの給湯システムは電気式で、天井に設置されたタンクに貯めた水を電熱で湧かす式。
南の島のこととて、水シャワーでも我慢できないこたぁない。実際前に住んでたヨーロピアン野郎は一度もお湯を沸かした形跡なかったし。
しかして弱っちいポンニチ人といたしましては、これから雨季に向かって気温もちょっと低くなることですし我慢するのもなんなんで、すぐに不動産屋のオバハン通じて修理屋を頼んでいた。
のが来たのが一月あとってのが実にガッカリ島らしいのであるが(別にせかせなかったしな)、夕方突然修理に行きますってことで会社を早引けして待っていた。
30分ほどの遅刻で到着したのは優秀といえよう。

最悪給湯ユニットごと取り替えると1万円以上かかるようなことだったのでビクビクしていたんだけど、単なるショートっつうことで、手間賃程度で済んだので一安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

ワイヤレスな憂鬱

061106macmini本日のネタはiPod用FMトランスミッターでもなければ、マイティ・マウスでもございません。
ご覧の通りMacMiniを買いましたっ!きゃわゆぅ〜い!

ところで、ここを読んでおられるかたはひょっとしてワシのことを衝動買いおやぢだと思ってらっしゃるかもしれないけど、そうでわない(場合が多い)。
マックミニも購入についてかなぁ〜り長い間検討に検討を重ねておったのだった。
■購入の理由(言い訳とも言う)
パワーブックですべてのタスクをこなせれば問題ないんだが、常にiTunesで音楽聴きつつ、ムービー編集やったりするのはかなり負荷が高いようで、チョイとパフォーマンスに無理をきたしている。
パワーブックじゃ当然画面の広さに限界があり、17インチの液晶を買ったわけだけど、これはほぼiTunes専用となっている。
パワーブックを買った際にワイヤレスキーボードを買ったのだが、結局パワーブックのキーボードで用が足りてしまい、ときどきワイヤレスキーボードがこっちを恨めしそうに見ているような気がする。

だったら、マックミニ買ってiTunes専用きにしちゃって、液晶とキーボードをミニ専用にすればいいぢゃ〜ん。ついでにワイヤレスマウス買って、古いのをマックミニに使っちゃえっ!
でもな〜。とりあえずパワーブックでなんとかなってるしなぁ、1.66GHってのもなんだか中途半端。
というようなことをこの半年シツコクシツコク考えていたのだ。

そんでもって先日MacMiniが1.5GH&1.66GHの2機種だったのが、1.66&1.88にグレードア〜ップ!。
さっそく1.88GHを...とはいかないのがおやぢのいやらしさ。
どうやら近所のマックストアが旧機種の在庫を持ってるらしく、1.66GHを値下げした上に1GBへのメモリー容量アップキャンペーンをやっているのを発見。
旧1.66GHと新1.88GHの差と言えばもちろんプロセッサー以外に、スーパードライブがダブルレイヤー対応になった事くらい。かんけーねー、0.22GHの差なんてわかりゃぁしねぇよ、ということでご購入と相成ったんですよ。
ね、けっこう深く考察しとるだろ。

で、昨日さっそくセットアッ〜プ。
コンセント問題などにも悩まされつつ、なんとか結線終了、さぁ立ち上げるぞ、という段階でハタと気がついた。

このワイヤレスキーボード使うためには、ブルートゥースでマックミニとアサインしなくちゃイケナイですよね。
でもその前にセッティングでパスワードとかセッティングしなくちゃイケナイ。
その為には普通のキーボード使ってパスワードとかインプットしなくちゃイケナイのでわ.....。でもワシったら普通のキーボード持ってないぢゃん。
うぉぉぉぉぉ、いったいどうすればいいんだぁぁぁぁぁぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

くりすます

061105orchard「ちんこのべ〜るちんこのべ〜る」とがきデカがスキップを踏んでるところへ西城君が体の2倍のスパナをもって出てくるというギャグを思い浮かべた人は反省するように(そんな人いませんね)。

例年のことでわありますが、ガッカリ島のクリスマスは早い。北半球的にはもうちょっと寒くなってからだと思うんだけど、年中暑苦しい赤道直下としては商売先行なんで、雰囲気盛り上がればどーでもよろしいらしいのだが、どー考えても早すぎでしょ。
オーチャードロードはもう飾りつけが始まって、今週末には点灯するとか。
061105takaxmastreeチョー高級ブランドの並ぶ高○屋様のアトリウムのツリーなぞもとうに準備が済んで、この日曜日はアマさん(メイド)たちの恰好の記念撮影ポイントとなっておる。
クリスマスカードに使うんですかね。
さて、あと何回この南の島でクリスマスを過ごすことになるんでしょうか、なぞと考える今日この頃。
とりあえず4回目ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

しっぽの切れたネズミ

061104mightymouse
あれあれ〜、気がついたらマウスのコードがなくなってましたぁ。
今更ですが、なんかやっぱ「自由」な感じですね。
トラックボールもクリクリ回って気持ちいいし。おかきとか食べた指でトラックボールに触らないように気をつけようっと。

でもちょっと重いです。腱鞘炎になるほどではないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

アナログオヤヂの憂鬱

061103casett 悩んだ末に結局カセットタイプのアダプターを買っちまったワシ。
でもコードが白くてコイル式になっただけでなんだかちょっと純正みたいな上等な感じになってちょっと嬉しかったりした。
ところが!、なんかカタカタいうんですよ。
カセットのアダプターであるからリールをダミーで回してるのはわかるんだけど、いかにも立て付けが悪いというのかのべつ幕なしカタカタカタ、と。気になるもんだから勢い音量が上がっちゃったりして。とほ。

ところがどうやら回転がますます悪くなったらしく、ある日突然「オートリターン」しやがった。(もう既に懐かしいですね、この言葉)
その間音楽は止まったまま。
逆回転はしない構造らしく、もう一回ガチャガチャいってまた途中から鳴りはじめるのであった。鼻歌まじりに聴いてたのに中断されて、なんか調子悪いっす。
この状況がかなり頻繁となり、こんにゃろ、と分解したらなんだかプラスチックのカスみたいのが混入しいた。バーロー。
綺麗に掃除して再度使ってみたら、なんと事態はさらに悪化!1分おきくらいにオートリターン現象が!フザケンナー!

とその足で電気屋さんショッピングセンターに行って、700円くらいの安物買いました。トランスミッター方面にいけなかったのがまた悔しいけど、とりあえず音は出る。
でも音質がなんかよくない。ちょっとカタカタいってる気がするし。
こうなったら前のやつにシリコンでも散布して回転よくするか?(きっとおシャカになる気がする)

前回はMacネタとしましたけど、もはやこっぱずかしくて、そんな分類できまへんわ。あ~、やだやだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

佃煮の連鎖を断て!

061102tsukudani 食い物ネタ続きま~す。
昨日食べたあわび、なんてぇ嬉しいお土産も多いのだが、お土産と言えばやっぱ日持ちがして、かさばらなくて...なんてことを考えると大体似たようなもんになるのはしょうがない。
ポンニチからだとお茶とか、佃煮とか。
さすがにお茶はガッカリ島でも売ってるし、みんながもてあますってことが知られてきたのか、最近貰うことはない。

その代わりに多いのが佃煮の類。
まぁご家族いらっしゃるご家庭ならソコソコ消費されるだろうけど、一人暮らしでおまけにご飯をあんまし食べないワシとしてはかなりもてあまし気味。
腐らないから捨てるのもなんだしなぁ、と蓄積されるのであった。

ワシがガッカリ島に来たときには出張でポンニチに帰ると、必ず買ってくるのが決まりみたいだったんで、「こういうのやめましょ」ってワシが提案して、社内では買いっこしなくなったんだけど。
でもお客さんとかから貰っちゃうのはしょうがないよなぁ。

昨日あわびと共に発掘されたこれらの佃煮。錦松梅なんて二袋も出てきたよ。
ご飯と一緒に食べる以外になんかいい食いかたないのかね。
しゃーない、飯でも炊くかなぁ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

アワビご飯

061101awabiポンニチからのお客様のお土産のお裾分け。
伊勢神宮のアワビらしい。
ありがたやありがたや、本来なら神棚に供えてから食卓に..といきたいところであるがもちろん神棚はないので、神様コーナーに置いてある日本の神社でもらってきたお札の前にちょっと置いてから冷蔵庫に貯蔵。
ありがたがって食わないでいたら当然のように奥に奥にと押しやられ、昨日発掘してみたら賞味期限を一月ほどオーバー。
熟成されてさぞ美味しかろうと平日休みの本日、朝食のおご馳走に供することにいたしました。

晩酌のつまみにとも思ったのだが、煮汁がこれまた旨そうなので、煮汁を使って炊き込みご飯にいたしましょうという魂胆。晩飯にはご飯食わないことにしているもので、チョイとゼータクな朝食です。

米研いで、1時間ほどジムでステップマシーン踏んで、部屋に戻って煮汁を加えてから土鍋で炊いて、炊きあがったところでスライスした本体を放り込んで、プールに降りて軽く泳いでる間に蒸らそうって魂胆だ。
ハイできあがり。
061101awabimeshiくぅっ、美味そうぢゃ〜ん。
小泉教授並みに我が輩の口の中にはぴゅるぴゅると唾液があふれ、糠漬け(まだ生きてますよ〜)としじみ汁で、日本人であるシアワセを噛みしめました。
んますぎて、炊いた一合全部食べちゃったのがご愛敬。
やっぱ、朝は米だわ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »