« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

朝のジョギング

060731morningriver
昨日久々に早朝ジョギングでボタニカルガーデンに出撃。
一昨年暮れのハーフマラソンで膝調子悪くしてから行ってなかったから1年半ぶり。
最近は夕方ちょこっと走る程度だったんで、10キロ以上走るのにはちょっとした勇気がいりますな。

なるべくチンタラしたペースで、ボトルに水入れて腰にくくりつけて。
そんで、今回は例のオリンパスμ720も連れて行きました。
やっぱ耐水で軽くて小さくてっていいね。ボトルホルダーの脇についてる小さなポケットにも綺麗に収まるし、雨降ったら...とかの心配しなくていいし、コレで案外暗いとこにも強いし、これでもうちょっと広角気味だったら言うことないのだが(あとSDカードだったら)。
つうわけで、公園の中とかでも立ち止まって景色やら花やら撮ったりできるし、ネタ拾いには恰好の友ですわ。
というわけで、島ネタが増えてるかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

なな

060730nana先日キャシャーンを観た話を書いたと思いますが、あれは別にみたくて見たワケじゃない。
実はこの「NANA」を買った直後、いつもワシに日本のTVドラマのDVDやらマンガやらを押しつけ...じゃなかった貸してくださる同僚に、見終わったら貸すからね、と言ったらそのあと「妻が僕が今日買ったキャシャーンなんか見たくない。ZZさんからNANAを借りてこい、と命令されました。」とまだ封も切っていないこのDVDを持って行きやがったのであった。

で、やっと昨日と今日で見終わりました。
なんでこんなもん見たかったかっちゅうと、インターネットの予告編をみてワシの中の最近よく顔を出すオカマ成分が「じゅんっ」と分泌されたのね。
まさかガッカリ島で上映はされんだろうから、DVDとかで観たいなぁ、アマゾンで買っちゃおうかしら、とか思ってたらこっちのHMVで電撃的な出会い。つうことですわ。

筋というか、中身はまぁその少女マンガだわなぁ。原作ベストセラーなんでしょ。
たわいもないといえばたわいないんだが、高校生の頃毎月少女コミック買ってたワシといたしましては、久々に少女マンガを読ませていただいた感じでけっこう嬉しいかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

耐震構造その後

060729cosmo3>b様の「高下駄の足下はどんな感じになっているのか?画像でも撮れませんかねぇ?」というリクエストにお応えしようと、ノコノコ出掛けてきた。

まずははす向かい(この建物はかなり交通量の多い交差点に面していて、だからなおさら目立つのだ)の小高くなっている空き地に登って覗いてみる。
なんだかよくわかりませ〜ん。
でもまぁ、普通に地面から足が生えてるようだ。

しかし上物がだんだん高くなってくると最初の頃の、にょっきりした足ばかりの印象がちょっと緩和されて見えるから不思議。
完成のアカツキには下の完成図のようなお姿になられるらしく、上物がこれだけ乗っかると下駄が目立たなく....ならん、ならん。

060729cosmoやっぱし日本人は住まないと思うなぁ。
やばすぎですよ、このバランスわ。
一本試しに折ってみたいとか、そんなことばかり想像してしまいますね。

060729cosmo2>b様の疑問にお答えすべく、突撃レポーターはさらに工事現場に近づいてこっそり中に侵入...しようと入り口から中を覗いたら、しっかり警備員がこっちを睨んでいたので断念。
う〜ん、どっかから覗けないかなぁ、ありました。
現場の囲いの隙間を発見。
そこから覗いてみたら、なななんと、下駄の足元は更に地下に伸びており、さらに10m近く掘り込まれてそうな感じ。

たぶんこの地下に駐車場が作られるんでしょうな。うぅむ、更におっかねぇ。
こんなんどこが建ててんだぁ?と建設会社を確認したらなんとS水建設様であり、仕事関係で営業さんと親しいから今度イロイロ聴いてみたいと思います。

ちなみにこれ流行だわ、たぶん。
だってここから目と鼻の先にこんな建物建築中なのめっけちゃいましたもん。
ってことはあと5棟や6棟は...。
おもわず地震ないかなぁ、なんて思っちゃいましたよ。
060729grange

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

人付き合い

060728baby
この島に来て既に3年半。
考えてみるとこの間、生来のめんどくさがり屋と引き籠もり同様の生活のため、会社の同僚と仕事関係以外にはJ-Rockのミナサマ以外に親しい人間関係というモノがつくれていない。(ちなみにポンニチ人会関係はほとんど仕事ですから。)

よく海外駐在中に家族ぐるみで付き合って、帰国後も一生の友として...みたいな話を聞くのだがこんなんでいいのかな。こんなに多様な人たちが暮らす場所には多分もう一生住まないだろうにもったいないな、なぞと思ったりもする。
ローカル(チャイニーズ・マレー人・インド人)、ヨーロピアンだのアメリカさんだのオージーだの。いろんな価値観を持った人たちと知り合って、いろんな考え方に触れるって楽しいんじゃないの?なぞとね。

まぁ、もともと日本にいたときから人見知りな性格ですのでしょうがないのですが。
(画像はレジの列に並んでいたヨーロピアンの女性)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

耐震構造

060727cosmoplitan
前回の建物もひどかったけど、こりゃもう笑うしかございません。
周りは高層コンドミニアムばっかしで、ここの立地はちょっと低い。売れるのは見晴らしのいい高層階。建坪率は限りがある。
じゃぁ下駄履かせちゃえって事なんだろうけどひどいよなぁ...。
この下駄の上にこれから20階以上の上物が乗っかるんですから.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

プールにジャボ〜ン

060726pool
本日お・や・す・みっ。
朝イチ泳いで、久々に銀シャリ食って(っていうかゴマの葉食いたくて)、プールサイドで新聞読んで、climbasia行って大汗かいて、家に帰ってプールにジャボ〜ン。
あぁ気持ちいいい。

本日は朝からヨーロピアンのご一家がいらっしゃったが、午後には更に3日族ほどに増殖されていた。平日だからお父ちゃんらしい姿は見えず、実家から来たジジババと思しき人たちと孫達。もうバカンスシーズンか。
ちなみにポンニチ人ご家族の場合、おかぁちゃんの日焼け対策で夕方にしか出ていらっしゃいません。

なんてぇ光景を見ながらウトウトするなぞ、ユルユルとした平日の午後もなかなかよろしいようで。
(画像は水中逆立ちを競うヨーロピアンの達)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

Seven Month

060725seventh_month
組織上はワシの部下だが事実上ワシのボスといわれているお馴染みスリナおばさんが、いつものように唐突にワシに話しかけた。どうやら、うちの会社の工事現場で作業員が墜落して4人も死んでしまったのだという?
え?マジ?でも工事現場なんてあるか?
スリナおばさんは勝手に話し続けており、そのせいで目撃していた警備員がその後幽霊を見るようになって...。
あのぉ?それっていつの話?    35年前の話ですかハァ...。

ようするに幽霊の話であり、そのようなことが起こらないようにちゃんと信心せねばならないということのようなんだが、そこにたどり着くまでにはかなりの忍耐力と想像力が必要なのであった。

というわけで本日は「seven month」の最初の日であり、ZZさんもちゃんと拝んでこいと促されたわけで。
どうやら中国では7月(旧暦だと思います)はイロイロ悪いことが起こりやすいから、引っ越しとか転職とかやっちゃイケナイよ、と。おとなしくカミサマに無事をお願いする時期らしい。
会社の裏口に設けられてる神棚のよーな、仏壇のよーなところ(信心深い掃除のおばさんが管理)に行って、まず外の仏壇で2本と1本、中の仏壇で3本3本5本それぞれ別なところ。外でまた2本で終了。全部で16本。
コレにどういう意味があるんだかわからない(スリナおばさんが説明してくれたけど意味不明)けど、まぁメモしたとおりにやっとけって感じで。

ワシはこういう信心というかゲン担ぎとかはまったくしないんだけど、やれと言われればやります。
なんかあって、あの時ちゃんとやらなかったからだ、とか言われんの面倒なんで。
あと3回あるんだよなぁ。あ〜シャツが線香臭い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

ゴマの葉

060724gomanoha
先日いつも行く日系スーパーに立ち寄ったところ「コリアンフェアー」なる催しをやっており、チラリと冷蔵ガラスケースを覗いてみる。
いつものように普通のキムチを売ってるんだろうけど、また買い過ぎちゃったりしないようにな...っと、うぉぉぉぉぉぉぉっ!
ゴマの葉じゃぁございませんか。お懐かしうございます。

10年以上も前でございましょうか。まだ韓国料理といえば焼肉が主流で、大久保あたりもまだ遠慮がちにコリアンレストランが増え始めていた頃、四谷の妻家房というコリアン食材屋&レストランにハマったことがございまして、当時はまだ珍しかった「ゴマの葉の醤油漬け」を必ず買ったものでございます。(あと、あればケジャンね)
決して安くないお値段であり、一枚一枚大切に剥がしてご飯を包んで食べたときの美味しさといったら...。

ってな方にこのガッカリ島で再会できようとは。おまけに日本ではお目にかかったことのない「ゴマの葉のみそ漬け」まであるとは。
さすが韓流パワーはこのガッカリ島にも押し寄せており、日系スーパーといえども白菜キムチやらカクテキでは済まされなくなってきたっつうことでございましょうや。
売り切れちゃったら一生後悔するに違いないと思い、とりあえず醤油漬けとみそ漬けをワンパックくらい買ってみました。

で、家に帰ってハタと気がついた。
最近(っていうかこの3年ほど)、炭水化物を控えており、特に夕食にはご飯食ってねぇじゃん!
どうやって食えばいいんだぁぁぁ、と悩むワシの脳裏にひらめくモノが。
そうだ確か蟹カマボコがあったはず。アレをゴマの葉で巻いたら美味いかも。
つうわけで早速やってみましたが、この蟹カマが妙に姿は似ている(これまた進化してますな)んだけど、妙に水っぽくてゴマの葉の味が生きてこなくて失敗。
結局ご飯が一番なんでしょか。

ゴマの葉キムチの美味しい食い方募集中です。(要低カロリー)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

お米はDNAを刺激する

060723undoukai
今日はポンニチ人会主催の運動会で夜明け前から会場のグラウンドに出撃。
昨年に引き続きワシは半分(っていうか気分的には100%)お仕事モードでお手伝い。
前日のNHK国際放送は「ガッカリ島は雷雨」なぞという不吉な予報をしており、確かに明るくなってきたところでなんだか黒い雲が流れてくるわ、生暖かい風が吹いて来るわ。
どうせ降るならキッチリ朝から土砂降りで、午後まで降り続いてもらわんと困るのよ。会場やらの準備はしたわ、途中で雨が降るわなんてのが一番困るのだ。

結局天気は午前中は曇りで、午後は薄日が差して風もあるというガッカリ島としては絶好のスポーツ日和となり、全競技つつがなく終了。
ポンニチ人の減少に従い、参加者も年々減ってたらしいのだが今年は増加。競技参加者延べ人数が6000人、会場に来たのは推定2000人以上っつうかなり大規模な運動会となり、どうやらポンニチ人の人数が増えてるらしいっちゅう噂を裏付けるような一日でございました。

呼び物の競技(米袋に見立てた砂袋をどれだけ長く持ち上げられるかを競う)なんて、商品がササニシキとあって、大勢のご家族参加で大幅増となったりもした。
米となると目の色が変わりますな>ポンニチ人。

画像は障害物競走に興じられるポンニチギャルのミナサマ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

Fine City

060722finecity
「ガッカリ島はFine City」ってのは土産物屋で売ってるTシャツの定番だ。
ガッカリ島では、ゴミ捨てても、タバコ捨てても、(喫煙指定場所以外で)タバコ吸っても、唾はいても、立ちションしても、野グソしても、ナニがナンでもFine=罰金なのだ。

というわけで最近新たに加わったFine Item。
ガッカリ川沿いの遊歩道は、散歩、ジョギング、昼寝、カップルのイチャつきに加えてサイクリングの人なんかも多かったのだが事故でもあったのか、最近交差する道路の下に設けられたアンダーパス(地下通路)は自転車乗って通過しちゃダメ、と。めっかったら1000ドル(約7万円)よん、と。

実はこの島ではクソ暑いせいか自転車に乗ってるのは、出稼ぎのインド人系(ママチャリ)と、60才以上のおぢさん(実用車)と、ガイジン並びにガイジンかぶれのローカル(スポーツ車)ぐらいなのですけど。
アンダーパスのところだけ自転車押してるガイジンとかいて笑えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

営業再開

060721gakkari
メンテナンス終了!囲いも取れて、盛大にゲロゲロやってました。
あ、左下ね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

Move by Yourself

060720donavonf先日HMVをウロウロしておりましたらこんなモノを発見。
ドノバンさんの新譜じゃぁございませんか。
出たのは知ってたけど、わざわざアマゾンにオーダーして取り寄せるほどのもんか?と保留中であったが、こう目の前に差し出されては買わないわけにもいくまいて。アマゾンで買うより安いしさ。
しかしガッカリ島で買えたことを喜ぶべきか、ちょっと微妙な気分。
だってガッカリ島で買えるっちゅうことは、これかなりメジャーになったってコトでござんしょう。

まぁ、その「サーフミュージック」ってなくくりなんでしょうなぁ。
ご本人的にもソウルサーファーであるからして、まぁしょうがないと思ってるんではあろうが、Jジョンソンとは一線を画したいっちゅうか、前座じゃねぇんだよ、とでも思ってるちゅうかなんてことをレーベルをJJんとこから引っ越したみたいなんでふと思ったりした。
音的にも前回のアコースティック中心から、チョイと厚みを増したような。
多分世界中に五万といるJJフォロワーとはチョイと違うんだぜってコトなんでしょうか。
まぁワシ的にはこの手のスモーキーボイスは嫌いじゃないし、この人の生活スタイルも好ましいので、オッケーです。

060720tristanprettymanで、ついでというわけでもないんだけど、アマゾン様からもiTunesMS様からもシツコクご勧誘のあったこの人のアルバムもクリック(iTMSのほうですが)。
この方もスモーキーボイスで、まぁ嫌いじゃないっちゅうかまぁよろしいんじゃないでしょうか。邪魔なになる音じゃございませんわね。
でもさぁ、両方から勧誘ってこんな音ばっか聴いてんのか>ワシ。
こんな毒にも薬にもならない音ばっかし聴いてていいのか>ワシ。
とか思ったことである。
Corinne Bailey Rae のほうがいいかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

朝シャワー

060719shower_1

水曜日と週末アサイチに泳ぐのが習慣となっている。
この頃は日の出がちょっとだけ早くなって晴れてれば7時前にはプールに下りる。
最近は日中の気温が高いせいで、チャポっとプールに足を入れてもちべたい感じはなくて、むしろちょいとぬるめ。

息継ぎで顔を上げるとお月様が見えたり。
泳いでるうちにだんだん空が明るくなって、5往復くらいするころには晴れてれば朝日も差し込んでくる。

部屋に戻ってシャワーを浴びて、朝飯食って、体重軽くして出勤。
と、まぁ当たり前のようにやってるわけだけど、これってものすご~くゼータク、というか普通じゃありえねぇよなぁ、などと思ったりする。
むかしジャパンタイムスとかでゲージン用の住宅とかに「リアルファイヤープレース(暖炉ですな)付、月80万円」みたいなの見てケッとか思ってたんだけど、そこまでいかなくてもかなりのゼータク感ではありますな。

いろいろ文句は言いながら、ガッカリ島の生活は余裕もあって楽しいな、いる間に楽しまなくちゃな、なぞと殊勝に思ったことでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

じこーけーさつ

060718jikoukeisatsu ワシにマンガを貸したり、タイガー&ドラゴンを貸して貴重な夜の時間を奪った同僚が、またも余計なことを。
あ、でもこれ見たかったのね。サンキュ。

パッケージから察するに台湾製のソフトで、ところどころ「提供は...」なんてのが入ったりする(ってことはやっぱし海賊版ですね)んだけどけっこう立派なパッケージング。
日曜から見始めて夕べで6話(深夜ドラマ?1話が短いんですね)まで見ちゃいました。

筋とか何とかそんなのはどーでもよくて、笑えりゃいいわけで、それはじゅーぶん満たされてます。あーおもしれー。
ひょっとするとガッカリ島で刺激のない生活送っちゃってるから、日本のドラマとか見ちゃうと過度に反応しちゃうのかも。

それにしても、あそーくみこちゃんかわいーっすね。
え?こないだのキャシャーンに出てた?ぜんぜん気がつかなかった。え?新撰組!の坂本竜馬の彼女役?ぜんぜん雰囲気違うじゃん。でもこっちのほーが百倍いー。はまり役じゃないっすか。
蒼井優ちゃんとどっちがいーかなー。うひゃーどーしよー。
あー日本に帰ったらこんな婦警さんがいっぱいいるのかなー。
駐禁厳しくなって罰金も高くなったらしいから、それくらいサービスしろ、コラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

ジャワ南部で地震?

ニュースによるとジャワ南部で地震とのこと。
中央ジャワで津波の被害が出ているらしいけど、大丈夫だろうか....。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

空から見たワシんち

060715riverplace_google
ミナサマも既にGoogle Earthではイロイロ遊んでらっしゃると思う。
それにしてもすごいよねぇ、このサービス。初めて見たときはビックラこきましたよ、ホント。
で、こないだ落としたワシが住んでるアパートの画像がコレ。
中央川沿いに数棟いろんな形をした建物が集まってるのがうちのコンドで、★んとこがワシの部屋のあたりだな。
あぁ、プールまん丸だわ、とか。

で、気がついたのは昨日アップした川向こうのコンドの場所(○の場所)がこの画像ではまだ更地なんですな。
ってことは2年以上前の衛星写真を使ってるってコトですね。
いったいどれくらいの間隔でアップデートされるんでしょうか。
きっと気がついたら1日だの1時間おきにアップデートで、台風の進路が刻々とわかるとか、富士山が初冠雪した、なんてこともわかるようになるんでしょうか。
恐ろしい世の中でござる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

入居者募集中

060714rivercondo
ワシの家の川向こうに建築中のマンション。
覚えている人なんぞいないと思いますが、2年くらいかかってやっと完成したようで、日中の騒音もほとんど聞こえなくなった。昼間はほとんどいないからいいんだけどさ。
既にポツリポツリと人も住み始めたようで、部屋によってはカーテンなんかが掛かり始めてる。
うちのアパートはそうじゃないんだけど、この辺の川沿いアパート(コンドミニアムと呼びますが)はだいたい地上階が飲食店とか入っている、所謂下駄履き形式で、川向こうもご多分に漏れずテナントが入るんだろう。
最近この辺は日本食(オシャレとされている)を中心にチョイといい感じのナイトスポットを形成しつつあるので、お向かいさんも隣のコンドの1階と一緒になって、そこそこ雰囲気のいいアーケードとなりそうな予感。

向かい側の住人としてはイベントとかやって、夜にどんちゃかやらんでもらいたいと切に願うモノでございます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

たらこ〜

ひょんなコトから覗いてしまったこのサイト。

http://www.kewpie.co.jp/know/cm/090.html

朝からずっと頭のなかで「た〜らこ〜、た〜らこ〜、たっぷりた〜らこ〜...」。

日本のCMって凄いね。無駄なことにエネルギー使ってるような気もしますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月12日 (水)

たまには日記風

本日お休み。
起きてみるとどよよんとした空から雨粒が落ちて地面が濡れている。

いつものようにアサイチで泳ごうと思ったんだけど気乗りしなくて中止。どうせ濡れるんだから雨降ってても一緒なのに、なぜだか雨が降ってると泳ぐ気になれません。

そういやここんとこ休みの日は段取り決めて、スケジュールをこなすのに汲々としてるような気がする。たまにはなんも決めんで気の向くままに一日過ごすか。

朝飯も鮭焼いてご飯に納豆っちゅう久々の日本食。
日が差してきたんで誰もいないプールサイドで新聞読んで、ひと泳ぎ。
climasiaはやめとこ、気合入っちゃうから。

060712musiumんで、久々にアジアなんたら博物館に行ってみる。
http://www.nhb.gov.sg/ACM
駐車場探しに難渋して、一瞬キレそうになりながらもチョイと遠目に車を停めて(歩いていっても時間的にはかわんなかったかも)なんとか到着。
久々に行ってみるとちょいと展示物も増えて、東南アジア周辺の部族のアクセサリーとか、個人寄贈のコレクションと思われるモノなんかがかなり充実。本気で見れば1時間やそこらはつぶれるであろう。
平日の昼間にも関わらず、館内には観光客を中心にけっこうな入場者でした。
これなら大人S$5は納得かも。

060712gelで、今回のお目当ては特別展示の「移動住居展」。
ジョギングですぐ脇通るんで気がついてはいたんだけど、なかなか来るタイミングがなくて気になってたのね。
モンゴルのゲルとかが展示されてるらしいので、ちょっと興味アリ。
ところがお目当てはぜんぜんショボい展示内容であり、最近のテントとかまで展示して誤魔化してやがんの。まぁ、ガッカリ島らしいといえばらしいのだが。
画像はモンゴルのではなくて、あれどこだっけ?そんなに寒い地方のではなくて横壁が簾になってるのだ。
コレはコレで夏とかには良さそう、ってなにがいいんだか。

家に帰ってまたプールサイドで雑誌などをパラパラしつつちょいとお昼寝。海パンでトランクスの日焼け跡がくっきりのモモ方面なぞを焼いてみる。
060712casshern晩飯食べてアイロンかけながら同僚から借りた「キャシャーン」を見る。
ナニこれ。まったく筋がわかりません。
もともと原作アニメをまったく見てないのに、無理やりストーリーを詰め込んだような感じ。CG多用の近未来描写は凝ってるんだけど、凝ってるだけでだからどーした、っつう感じ。
なんかモヤモヤした後味の悪さが残ったまま酔っ払って床に就く。

まぁたまにはこういうお休みもいいかな、ということで日記は終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

茶の話

060711teacelemony 先日のスピーチコンテストの合間(審査の時間)に「茶道」のデモンストレーションがあった。
毎回この手の日本的なデモンストレーションがあって、ポンニチ人会のおばちゃんとかが着物の着付けとかやるんだけどけっこうかったるい。

今回はたまたまなんだか京都から裏千家の青年部の皆様がガッカリ島にお越しになっており、なかなか本格的。
そのあとゲスト(文化省かなんかののお偉いさん)と一緒に別室でお手前をいただいたのだが、ワシも含めてポンニチオヤジ全員だぁれも作法を知らないの。
やはりポンニチ人と生まれたからには「茶」のひとつも喫せねばならんあぁ、とちょっと思ったことでした。

ちなみにガッカリ島に来てから、ちったぁそういう気持ちも芽生えており、新渡戸 稲造の『武士道』とか、岡倉天心の『茶の本』とか読んだんですけど、ちっとも内容が残っておりません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ARAI

もう早速いろんなところ(といってもワシの知り合いだけかも知れんけど)でとりあげられておりますが、ARAIが営業終了となるそうです。

http://www.araimt.com/

初めて「粉」にはまったのも、ガッカリ島に来る前の最後のツァーもARAIがらみのトリップでございました。
その一方、山ボ研の雪崩研究会なんてぇ酔狂なイベントにも快く協力していただいた(SIM、山田さんはじめスタッフの皆さんありがとうございました)りもして、設備だけじゃなくてソフトの面でも先進的。
バブルの残り香高い、いままでの日本になかった本格的なリゾートスキー場だっただけに残念でございます。
どっかのファンドかなんかがスポンサーになってくれるといいんだけど....。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

日本語スピーチ

060710auditrium
ZZさんってどんな仕事してるの?という問いに対しては「雑用係」という答えがふさわしい。
つうことで今年もポンニチ人会主催のスピーチコンテストに社長の代理でお呼ばれ。

毎年この時期に開催されるこのコンテストは、ガッカリ島でポンニチ語を学ぶ学生並びに社会人のミナサマによる「青年の主張」みたいなスピーチコンテストであり、なぜだかワシの会社が日系一流企業のミナサマに混じって昔からスポンサーしており、ワシの役目はそのプレゼンターをやってこいということですな。
3年連続でやらされてっから慣れたモンではあるけど、壇上で200人近いミナサマの前に晒されるのは気分がヨロシイものではない。ちなみに画像は入賞者の発表で段に上がらされたときに撮った、来場のミナサマ。
ネタにでもせにゃモトとれんわい。

肝心のスピーチに関しては、外国語それもガッカリ島の場合、公用語の英語、自分の出身言語(中国語・マレー語・ヒンディー語など)の他に選んだ3番目の言葉を丸暗記も含めてよくまぁこれだけ覚えられるな、と毎度のことながら感心するコトしきり。
060710begitlian_1言葉だけじゃなくて、内容も日本に関することから一般的なこと自分の夢までなかなか聞かせる内容であり、一般の部の最優秀であった彼など「菜食主義」についてなかなか説得力のあるスピーチをユーモアたっぷりにされたのであった。
英語で自分がこんなスピーチできるかなぁ、つうとかなり自信なし。
っていうか日本語でもできないかもしれないと思ったことであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

フードコート庶民派

060709yishunhokker_1 週末イーシュンの帰りにいつものように近所のHDB(公団住宅)下のフードコートで飯ということになった。

ここんちのフードコートはほんとに庶民のフードコート。

ワシなんかがお客を連れてく街中のフードコートはだいたい観光客なんかも意識してるものなんだけど、こういう郊外の団地の中にあるとこはまったく観光客ズレしてなくてくつろげる。
お客も妙にキャバいかぁちゃんとか、ちょいと崩れた感じが気分ですな。

060709fishheadけっこう足元にゴミとか吸殻とか落ちてるし、生活観があふれてるのだ。
値段ももちろん庶民価格でお安くて、チキンライス1.5ドル(100円ちょっと?)なんてのもあったりする。昨日ももちろんメインはフィッシュヘッドカレーだけどほかにも海老だの野菜だの鉄板豆腐だののレギュラー陣にビールも飲んで、旨くて満腹で(これはチト問題だけど)一人1000円ちょっと。
満足感100%という感じです。

060709nkawansada 乾季に入り気温も高めで、フーフーヒーヒー言いながら大汗かいてカレーを食うってのも気持ちがようござんすな。

ワシらのテーブルを担当したおねぇちゃんが中国出身で英語ができなかったんだけど、一生懸命片言でコミュニケートしようとしてたところもなかなか健気でよろしゅうござんした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

オリーブソープ

060708olivesoap_2もらい物のタイ製石鹸の命ははかなかった。
ちゅうかあっという間に2個ともすぐに使い切ってしまいました。なんか減り早いんでねぇの?
まぁ貰いモンだから文句は言うまい。

で、貰いモンのストックはないし、お中元とかを回してくれる親戚もいないし、ガッカリ島にはお中元なんて習慣ないし、日本にいてももらえるような人ではないんだが。
というわけで、スーパーで普通の石鹸買うのもなんかつまんないので、こないだショッピングセンターに行ったついでにフラフラとロクシタンのお店に入っちゃいました。
入ったとたんにワシの中に秘めたるオカマ成分が「じゅん」と音をたてて沁みだし、買わんでいい物まで買いそうになっちまった(特にメンズのシリーズ)のだが、ぐっと我慢をして仕入れたのがオリーブソープ。

前回買ったマルセイユソープはおフランス人独特の香料の強いモノでかなり慣れるまでに時間が掛かったのであるが、こいつは香りも抑えめで「香料」というよりオリーブの自然な香りがするのでまぁオッケー。
なんかかなり堅めで長持ちしそうなとこも気に入ったかも。
ついでにシアバターの旅行用の小さな缶も買いましたが、湿潤なる気候のガッカリ島ではあんまし必要ないんだよね。ポンニチに帰ると一発で唇とかひからびるんだけど。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

雨季明け

風が吹き続けて涼しいくらいだったロンボクから帰って、空港ロビーから出てみるとモワァ〜っとした空気が体を包んだ。同じような経度にあるはずのガッカリ島なんだが、熱帯に来ましたねって感じ。
この感じはひょっとして本格的に乾期に突入したのかも。

060706weakspa翌朝ふと見ると窓際のスパティフィラムが萎れておるのを発見。
うぐぐ。このスパティフィラムは日当たりの悪いワシの部屋で健気に生き残っている数少ないサバイバーなのだ。
こないだ不動産屋のオバハンがワシの部屋を見に来たんだけど、この向きの部屋で観葉植物を育てるのはやっぱり難しいらしい。そりゃそうだよな、日光が入るのは夕方の2時間くらいだけだもん。
それにしてもスパティファムにはトリップ行く前に水やったはずなのに、やっぱ気温が高かったんでしょうなぁ。
とりあえずたっぷりと水をあげてみる。

060706comebackspaこのひとは、華奢ななりだが案外立ち直りが早いのは承知しておるのでそんなに心配はしないで、昨日の朝には予想通りしっかり復活。
ヨシヨシ、ウイやつじゃ。
でも下の方の葉っぱが黄色くなっちゃってるな。まぁこれも季節の変わり目ってコトで心配ないでしょう。こいつは最後までこの部屋で生き残ってくれそうな気がする。

そして昨日も一日晴れ渡り、日中は35度くらいまでいっちゃった感じ。
夕方出撃したイーシュンでは綺麗な夕日を反射したお月様が高い空で輝いてました。
ここから暫くは暑くてやってらんねーよとかブーたれるんでしょうかね>ワシ。
060705moon

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

江畑さん

060705ehata 朝テレビをつけたら久々にこの人がご出演されていた。

ワシ的にはこの人に対して悪感情は持っていないというか、案外いい人なんじゃないのかなぁとか勝手に思ってたりするのだが、でもやっぱりこの人がテレビに出るってことは物騒なことが起きてる証拠であり、あんまし見たい顔ではないな、と思う。

そういやこの人が最初に活躍した湾岸戦争の会戦の時ってちょうど出張でガッカリ島にいたんだよなぁ、とかもう15年以上前のことを思い出したりしてもみるのであった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

旅の楽しみ

060704ekaskids_1
波乗り旅行の楽しみはもちろん初めての波と出会うことなんだけど、それ以外の楽しみといえばその土地のローカルとかとの出会い。
特にワシが回るのはインド洋のポンニチと比べれば極めて貧しい地域であることが多いのだけど、そういった土地の子供達の顔を見るのはホントに楽しい。

今回も始めて行った漁港(ボート=漁船に乗るのだ)の子供達の目の澄んでいること。
ただカメラを向けただけでワラワラ集まる集まる、はしゃぐはしゃぐ。撮った画像をモニターで見せると大騒ぎ。
隅っこのほうではにかんでる子供を撮ってあげると恥ずかしそうに微笑んだり。
ポンニチやガッカリ島あたりの豊富な物に囲まれて、つまんなそうな子供たちとは大違いな気がしますな。どっちがシアワセなんだろうねぇ。

060704ten6と思えば、あれっ?てんろくさん、今回来れないって言ってたのに先回りして来てんじゃん。そんな髭伸ばしていつからいるの〜、みたいな。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

帰ってきました

060703comehome
帰りのフライトが3時間近くディレイしながらも、とりあえず無事に帰ってきました。
今回はバックサイド修行であり、マグレながらそれなりに成果があったような気もするんだが、そのへんは後日。ってモーリシャスレポートが先だろっ!

それにしてもガッカリ島に帰るやいなや、早速全員メールチェックに勤しむってのは現代人の性(サガ)ですなぁ...。
てな事を思うガッカリ島25時17分だったりして。
でわお休みなさい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »