« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月30日 (土)

Long Week End


日本は昨日からGWですか。
こちらも明日の日曜がメイデーなんで、月曜は振替休の3連休。そういうわけでホリデーとは言わないまでもロングウィークエンド。堅気の方はさぞかし羽を伸ばしている事であろう。
かくいうワシも先週平日休みに仕事しちゃったモンで、今日明日で連休だ。嬉しいな。

今朝は例によって暗いうちから起き出して、軽くヨガったあと明るくなってきたところでプールに降りてゆっくり長めに水泳。部屋に戻ってフルーツで朝飯。
朝のうちにつくっておいた紅茶を持って、新聞とってそのままプールに降りてゆっくり。そんでもってこれからシャンタおばはんのヨガクラス。

うーん、今じゃ当たり前なようになってるけど、これって日本の生活から比べたらリゾートライフみたいなもんじゃねーか。たぶん日本で思い出したら夢みたいに感じるんじゃねーか?
なぞとふと思い、ネーチャンがブスだとか、寿司が不味いだとか、テレビがツマランとか、文句ばっかしいうのは止めよう、と反省した事である。
ありがたやありがたや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月28日 (木)

温泉卵再び

遂にこの時は来た。臥薪嘗胆、待つ事1年以上。
そう、鶏インフルエンザ以来禁止されていた日本産卵の輸入が解禁されたのである。
この間ワシが好物の温泉卵を自ら調理し、あのトロッとした舌触りに陶然とするという至福の時を過ごす事能(あた)わず、忍耐の日々を過ごさざるを得なかったのである。
ローカル卵?なんかヤじゃん。

そのようなわけで、解禁されるとの噂を聞きつけてよりほぼ一月、日系スーパーを訪れるたび卵売り場のチェックを欠かさなかったワシだが、遂に本日日本産卵を発見!
沖縄より空輸の生み立て卵ゆえ1ヶ70円近くするという、ひょっとすっと世界で一番高い卵なんじゃねぇか?とは思いつつ当然買ってしまいました。

卵さん達は現在水温摂氏70度のお湯の中で温泉卵へと生まれ変わりつつあります。うひひ楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月26日 (火)

マルセイユソープ


どうせワシなんてこんなモンで充分さ、とエメロンシャンプーとかどーでもいいよーな石鹸とか使ってきたワシ。
しかしてヨガを始めたせいかもしれんけど、こないだ頭洗ってたら突然「このシャンプー石油臭い」と感じた。なわきゃないんだろうけど、そうなると石鹸もなんとなく石油臭いような気が...。
かといって揚げ物したあとの油使ってお手製の石鹸を作るほど主婦臭い趣味はなく、なんかいい石鹸はないもんかと。いわゆる無添加系のヤツですな。

で、ボディーショップとか行ってみたけど案外そういうのって置いてないのね。ところがある日たまたま高○屋SCの地下にある専門店街でそれっぽい店をめっけたんでフラフラ入ってみた。平日で空いてたし。
ほしたらやけにいろんな種類の石鹸があったんすよ。オリーブオイル配合だのそーゆー感じのが。そして「マルセイユソープ」を発見。
たぶん昔なんかの雑誌で「マルセイユソープ」のことは読んでいて、昔から伝わる独特な製法で無添加で、みたいな事で覚えてたんだと思う。速攻で買ってしまいました。

ついでに店内物色してみたら、かわゆいパッケージングのシャンプーだの、メンズモンでは旅行用の携帯ひげ剃り用石鹸&ブラシだの、ワシのココロの奥底に潜むオカマ成分がジンワリにじみ出てきそうな品揃え。
とりあえず、おめめがハートになってラベンダーフレイバーのリネンウォーターを買ってしまいました。

んでもって家に帰って石鹸のパッケージ開けてみたら、これがけっこう香料強いんでやんの。無添加とかいうから無香料と勝手に勘違いしてたんだけど、相手はおフランスの石鹸であったことを失念してたわけだ。
それにしても石鹸としてはかなり巨大。日本の石鹸3~4ケ重ねたくらいあるかも。ダイエット中のOLの弁当箱よりでかいであろう。これで殴れば人間殺せるな、とか。暫くはこいつの香りとつきあわねばなるまい。そのうち慣れちゃうかも。

ちなみに店の名はL'OCCITANE。フランス語なんでなんて読むんだかワカランけど、日本にもけっこう店あるみたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月25日 (月)

久々のお供え物 =Cho-B-Png=


オフィスが替わってからお供え物はほとんどない。残念なんだかよくワカランけど。
で、今朝突然当社が誇る受付嬢のキャットちゃん(キャサリーンの短縮形)が「ZZサンZZサン、スリナさんのステッキーライスが好きだって言ってたでしょ。きっとこれも美味しいよ。」と紙包みを持ってきた。
受け取るとホンワカ暖かい。

スリナさんちゅうのは便宜上ワシの部下であり、実はワシの上司であり、ワシのオフィスの裏番とも言われる当社の古株。いわゆる「お局」のおばはんだが、現在はお局を解脱されておられるお方。
で、彼女が作る餅米系の混ぜご飯(今度作ってきてもらったら紹介します)はとっても美味しいくて、こないだもらったのはパースに行く直前で、ツレに食わせたら「美味いウマイ」とあっという間にワシの分まで食われちゃった程の美味である。

で紙包みを空けると、ご覧の通りの混ぜご飯状のご飯であった。
お米は塩味のモチ米であり、本邦の赤飯であれば大豆だがこの場合茹でピーナッツがまぶしてあり、味はやはり甘い。塩味と甘みとが混ざり合って故国の赤飯を思い出させるのだが、米自体がネチョネチョした日本の餅米というよりは、日本の米に近い食感はワシ好み。(実はワシ赤飯苦手なんす)

あとでキャットちゃんに、これはなんていう料理なんだと聞くと、Cho-B-Pngだと。どうやらスリナおばさんのは潮州バージョンであり、今回キャットちゃんがくれたのは福建(いずれも中国南方の地方)バージョンの同じ種類の料理らしい。
漢字で書くとどうなるんだと聞くと、しばらくしてから調べてくれたらしく(キャットちゃんはたぶん漢字の読み書きは正式に習ってない)「糯米」と書いたメモを持ってきた。
なーんだ「モチ米」そのまんまぢやん。
それにしても、やはり米っ食いてぇ点でチャイニーズもポンニチ人も一緒であり、お互いピースな気分でお付き合いしましょうよ、と近頃の日中関係を憂いたりしながら思ったりした。

ちなみに「受付嬢」という言葉に反応された方もいると思うが、キャットちゃん、ホントにチアフルでおめめもパッチリして、気も効くし当社の人気者です。
10年前によく出張でこの島に来てたころとその点はまったく替わりません。
ただ、当時はちょっとプクプク(半濁点)してたのが、現在は濁点に変わってるのが唯一の難点といえば難点、成長といえば成長。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月24日 (日)

I know 募金

週末、特に土曜日なんかにオーチャードを歩いていると制服を着た高校生(あるいは中学生?)が募金をやってるのに出くわすことが多い。
たぶん課外授業でやらされてるんだな。
適当に散らばって、それ用の缶とか袋とかを持って「おねがいしまーす」みたいな事言いながら近づいてくる。

募金をするとちいちゃなシールをくれて、それをシャツにでも張っておけば、あとはオッケー。日本の赤い羽根の募金と一緒のシステムだね。
通りをけっこうな距離歩かなきゃいけない時は、最初のほうで会った子にサクッと募金しちゃいますな。だって。これから何人も近づいてくるかと思うとけっこう鬱陶しいし。

イチイチ相手を選んだりはしないけど、なるべく女の子、それもカワイイ娘だとちょっと得した気になるんだろうけど、そういう事はまずございません。
まぁ、この島にいる限りしゃーねーわなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月22日 (金)

浄土で指パッチン?

ポール牧さんが亡くなったそうですね。
なんでも自殺だとか。

ワシけっこうスキだったんすよ。ラッキーセブン時代から。
あのアナーキーなギャグよかったのになぁ。正月のお笑い番組で相棒の関武志がヒットラーの格好で出てきたときなんか笑い転げたもんなぁ。
出家したと聞いてたんですが、復帰してたんですね。
舞台が忘れられなかったんかなぁ。

とにかく合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月20日 (水)

日の出日の入り


この島は赤道直下であり、四季がないわけで、従いまして日が長くなりましたなぁなんてぇ会話は成り立たないわけで、ポンニチ人的にはこれがけっこう寂しかったりする。
ですがね、どうやらちょっとだけ日の出の時間とかはズレるらしい。

この島は緯度の関係で7時前後に夜が明け始めるんだけど、12月くらいは7時15分くらいまで暗いんですよ。ところが現在は7時には充分明るいんですな。
15 分程度の差だけど、出勤前に泳ごうとかするとこの差がけっこうでかかったりするんですっ。
そゆわけで、今朝も7時から30分ほど泳いだりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月17日 (日)

In Between Dreams その後

いやぁ、聴きまくってますわ。まぁほぼ毎日。
ヒジョーによろしいです。今までの2枚もけっこうよく聴いたけど、今回のも和みますね。
平日は会社行くクルマでかけるんだけど、なんせ近いもんで2曲ぐらいしか聴けない。もっと通勤時間が長かったらなぁ、なんて思っちゃいますよ。
今のところお気に入りは2曲目の"Never Know"かな。

そうそうこっちの島でもやっと売り出していて、こないだHMVに行ったら全開でプロモーションしてたりして。でもワシが買ったのは日本版。初回限定DVD付きってのにまんまと乗せられて買っちゃった。
で、このDVDもけっこうよろしくて、こっちで買うのと値段的には倍くらいになっちゃったんだけどぜ~んぜん損した気分にはなりませんな。

DVDには3本のムービーが入ってて、このアルバムのメイキングと、これからでるであろう"Live from Japan"(きっと買うな)のクリップと、サーフムービー"A Brokedown Melofy"の中からジャックの出てくる場面のクリップ。
そんで最後のがカッチョいいんすよ。前にここでもちょっと書いたUS Surferに出てたチリのレジェンドサーフツァーはこのムービーのためのツァーでもあったんだな。
うーん、これもオーダーしちゃいそうだぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月12日 (火)

歯~を磨きましょっ!

ソニケアを使い始めて既に3年以上かな。
これけっこういいっすよ。
その前は同じ電動歯ブラシでもブラウンのヤツ使ってた。あれはあれで回転するブラシが磨いてんぞぉっって感じでよかったんですけどね、ちょっとソニケアを試してみたらもうコレしかない、と。

同じ「磨く」でもブラウンのは「研磨」してるって感じなのだが、ソニケアのほうはなんつうか、うーん曰く言い難い。ホントに細かい振動で「摩擦」しながら磨いてくれてるというか。それでも振動がちゃんと奥の方まで届いてる感があるし、マッサージしてくれてるような気もする。
磨き始めるて2分間で止まるんだけど、30秒ごとに「ピッ」っとかいってくれるんで、磨く位置を変える目安にもなるしなかなか便利っす。

ワシの場合は普通の歯ブラシでざっくり磨いてからこいつをおもむろに使うのだが、これナシでは朝は気持ちよく始まらないのだ。
今朝もさぁ気持ちよく「ウィ~ン」と思ったら10秒ほどでピタッと止まった。
充電切れだ。リチウム系の電池らしく、止まるったら止まる。またスタート押してもあっという間に止まっちゃう。金輪際動いてくれないのだ。
実に男らしい(のか?)。
しかして取り残されたこちらとしては朝っぱらから残尿感の固まりと化すのであった。
実に年寄り臭い。

そーゆーわけで、できれば充電切れが近いことを知らせる機能もつけて欲しいなぁ、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月10日 (日)

青空復活(?)


いやぁ~こう雨が続くとねぇ、ネタ拾う気にもならんですよ。ジッサイ。
ところが昨日、朝ピカピカに晴れてたからまたこりゃ午後から雨だな、みたいに思ったわけさ、もうネガティブな方向性にしか考えられないわけさ。
ところが案に反して一日晴れ。

そして本日も結局一日晴れ。
それもこの島には珍しく、風もソコソコ吹いて湿度も低め。
これくらいの日が続くんならこの島に一生住むのもいいかな、なんて思っちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 5日 (火)

雨季ですね、これは。

3月末から雨がちな天気が続いておる。
乾期でも雨は降るんだけど、それはだいたい午後にドシャーッとスコールが来てすぐに止んじゃうんだけど、ここのところは朝からショボショボ降ったりと乾期の降り方じゃないです。
晴れれば晴れたでスマトラあたりからのヘイズ、要するに焼き畑の煙がこっちまで漂ってきてうっすら曇った感じですっきりしないこと。
ワシなんて単純だから、こーゆー天気が続くとなんとなく気分がネガティブになっちゃいますよ。
暑つけりゃ暑いで文句いうんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 3日 (日)

春の香り


「春」ってなんだっけ?
故国を離れて既に2年。もう四季なんてとっくに体は忘れかけており、毛穴全開の南洋オヤヂとなってしまったワシ。
しかしてココロのどっかにはまだかすかにその感覚は残っておる。

一昨日、日系スーパーに寄ったら「お花見フェアー」なるものをやっていた。
年中花なんて咲いてるよぉ、トボケてんじゃねーよ、と毒づきつつも「桜茶」なるモンを買ってしまいました。普通のティーバッグとなんだかわからないアルミパックのを勧められがままに。
そんで昨日、なんだかわからない方のお茶を飲もうとすると、なんとアルミパックの中には桜の花びら入りのちょっと甘めのお茶(?)のシロップみたいのが封入さていたのであった。
茶碗に入れてお湯を注ぐと、あの桜餅の甘ぁい香りが部屋に広がっちゃったりして、一瞬にしてワシは桜の木の下に。

そして今夜は焼酎のお湯割りにこの桜茶を投入。
んー、気持ちよくなってきた。今夜は夜桜の下でひとりで宴会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 2日 (土)

Yogi Shanta

土曜日のヨガクラスが楽しみだ。
11時からの Intermediate Class なんだけど、壁新聞にはもう書いてるがインド人のオバハンインストラクターの時間なのだ。小柄かつふくよかというかまん丸ちいというか、初めてでた時は「あ、ヤベェかも」と思ったんだけど、クラスが始まってみると今のワシにはぴったりの授業であった。
だいたいにおいていつも雑念だらけで1時間半のクラスを終えるワシなのだが、このオバハンのクラスは違った。

最初の呼吸法からしてなんとなくキキそう。呼吸法ってのはヨガじゃ非常に大切で、クラスに通い始めたのもこればっかは自己流じゃ難しそうだからってのもあったし、呼吸法だけのクラスにも出たりしてみた。
でもなんかイマイチ「マジでこんなんキクのぉ?」って感じであり、キクとかキカないとかいう問題じゃないんだろうけど、イマイチよくワカランかったというか。

しかしこのShantaオハバンのクラスでは不思議に呼吸に集中できて、あ、集中力高めるのにいいんだ、と感じ入ってしまったワシ。

そしていわゆるアーサナ(「ポーズ」ですな)に入ると、他のインストラクターと違って基本的なポーズをじっくり深くやるのがこのオバハンの方針らしかった。
ただそれっぽいポーズをすればいいんじゃなくて、ここに神経集中して、ここの力は抜いて、体重はここに乗せて、と指示も具体的で、その通りにやるとナルホドこりゃキいてる気がするわい、と納得。
しかもワシの弱点であるエビゾリ系を中心に、柔軟性を高めるための技も次々と繰り出され、イデデデデッとなる直前で寸止めされるという、ワシの中に潜むマゾ心を微妙にくすぐるShantaオバハンだ。んぅーんもっとぉ、みたいな。

というわけでいまのぼくのゆめはおおきくなったらしゃんたせんせいみたいなよがのせんせいになることです。

(画像はたまたま帰りのエレベーターに乗り合わせたShantaオバハン。エレベーターの鏡でラビリンス状態だ。クラスが終わるとお茶目なオバハンとなるところがまたよかったりする。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 1日 (金)

エンジニアリングブーツ

職場にはクルマで通勤しているのだが、クルマは近所のショッピングセンターに停めておる。で、そのショッピングセンターにはもちろんいろんなお店が入っていて、帰る時間にはまだ開いているのでチョロッと覗いちゃったりもする。
先週なかのスポーツショップを覗いたところ、セールをやっていた。
ふーん、あいかわらずロクなモン売っとらんのぉ、と通り過ぎようとしたワシの目に入ってきたのがなぜかブーツの一群。なんでスポーツショップでブーツなのよ、とは思ったが置いてあったのがワークブーツとエンジニアリングブーツ。そいつら全部ハーレー(ダビッドソン)ブランドなの。
ワークブーツはこないだ念願のレッドウィング買っちゃったモンねー、とパスすることができたんだけど、エンジニアリングブーツの前で足が止まってしまったワシである。

いつ履くのよ、少なくともこの島じゃ履かねぇよな、日本に帰ったって履かねぇだろ、そーゆーカッコしねーだろ、基本はビーサンだろ、イヤ実はベンサンだったりするだろ、実際仮にエンジニアリングブーツ買うにしたってやっぱレッドウィングだろ、ヤメトケヤメトケ。
でもさ、お値段が6000円ちょっとにまで下がってるよ、まぁ韓国製だったりするけど日本で買えば2万やそこらするんじゃねぇの、けっこう作りもしっかりしてるみたいだしさ、まぁこの値段ならダメ元で長靴だと思えばいいぢゃん。

とゆーよーなココロの葛藤をしたのち、ワシはそのまま家に帰った。
エライだろ。
とりあえず一晩は寝かすのさ。ココロ落ち着かせて翌朝もう一回考えるのさ。そんでもって、もしやっぱ欲しいでしょってことになっても、なんかの理由(売り切れてた、忙しくて行けないうちにセールが終わっちゃってた)で買えなかったらそれは「縁」がなかっったということなのさ。

で、結局現在ワシのうちのリビングにはエンジニアリングブーツが転がっているのである。
しまった、靴の棚がいっぱいでこんなん入れるとこねーよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »