2019年2月19日 (火)

ガロテイスト

20190219hana今朝のうちの前は北西のクロスオフが弱くて膝モモとスモール。
なんか天気もパッとしなくて日が射さないもんだから日中もストーブ焚いちゃいました。

20190219denwaラジオでオサレな方達が「ヌーベルバーグ」だとか褒めてるってなことで推薦されててポチったマンガ。
年明けくらいに届いたのだがなかなか読み進まず。ってのはですね、絵が汚いというかはっきり言ってヘタなのよ。タッチがいわゆる「ガロ」調でござんしてね、今この時代にこの絵かぁ?って感じで。
ストーリーもなんだか思わせぶりなオチもないようだし。
最近のマンガ読みには物珍しいのかもしれないけど、ラジオで紹介されたマンガって当たり外れありますなぁ。

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

花の町

20190218hana月曜朝イチ快晴のうちの前は北西のクロスオフでモモ腰のインサイドダンパー。スモールじゃ。
日中は暖かくてジョギングもウィンドブレーカーなしだし、ホーホケキョが初鳴きしたりしてもう春の気配濃厚ですわね。

20190218mamiyaこないだ直売所で買ったもの袋に入れてたら目の前にこんな本が何冊か並べられておりまして、聞いたら無料で持ってっていいですよ、と。
新品なんだけどちょっと時間の経過が感じられる装丁で、奥付見たら30年以上前に和田小学校の先生をしていた人が(自費?)出版したものらしい。
南房といえば「花卉」が名産で、ちょうど今月あたりは花摘みの観光バスがたくさん来るんだけど、その元を築いたのがこの間宮さんらしい。
明治の人で、当時漁業と農業しか産業がなくて(今もだけどね)貧しかったこの辺に周りの無理解の中、生花の栽培を苦労して広めた様子が当時の手紙や聞き取りで丹念に書き取った労作であります。
その苦労話もなんだけど当時この辺が寒村だった様子とか、この本が出た当時既に過疎に悩まされていたこととかが興味深かったですわ。

なんて感慨に浸りつつ、裏の梅の枝折って活けてみた。
ちゃんとした花瓶がないんで苦労したのだけど、飾ってみるほのかないい香りだわぁ。水仙の香りは飯の邪魔するけど梅はいいね。なんでもっと前からやらんかったんでしょ。
一輪挿しのひとつでもあってもいいかもだ。
20190218ume

| | コメント (2)

2019年2月17日 (日)

極妻インタビュー

20190217hana
日曜朝のうちの前は北西のクロスオフがやや強めでダンパー気味な腹胸。
昨夜は3人で赤2本空けたのだが、そのせいか二日酔い気味でどうにも身体がダルい。
昼飯は昨夜の残りを波乗り上がりのほんじょさんちに持ち込んで火鍋麺にしてシェアしてもらう。とても一人じゃ食い切れなかったんで、おつきあいいただきありがとうございましたぁ。

20190217shimaてなことで三島本と並行して読んでたこの本を読了。
こないだも一冊読んだばっかだし年末にも一冊と続けざま。
年末に読んだのもそうだけど、精力的に昭和の俳優をインタビューしている筆者が初めて女優の声を拾ってしかも一冊にまとめたと。どうやら女優のインタビューは避けてたらしいのだが、五社監督の話を書くにあたってどうしても会わないわけには行かなくなって、そのまま魅力に引きずりこまれたらしい。
確かに昭和の大女優だし、ワシにとっても「ザ・女優」のイメージ。この人の役作りは撮影前後は普段の生活から役になりきるタイプらしくその辺の凄まじさや、今までにメガホンとった監督達のお話が次から次へ戦後の邦画史が語られております。
取り立てて邦画好きというわけでもないワシがこの筆者に惹かれるのは、映画人の生き様みたいなのを生き生きと引き出してる映画愛が感じられるからなんだろうなぁ。

| | コメント (1)

2019年2月16日 (土)

梅満開

20190216hana週末のうちの前は今日も北西のクロスオフが弱めでモモ腰のインサイドダンパー。
土曜のわりには朝から人多め。

今日は晴れ間も覗いてきたんで、昨日のリベンジにショップ前まで走ってみる。
ショップ前は相変わらずのコンディションで人っ子一人おらず、そのぶんたまに切れたのが入ってる静江岩場は混雑気味。やっぱボトムが岩だから安定してるのよね。
うちに戻ってシャワー浴びようとしたらちょうどマルモ家がやってきて入ったけど、後半は風も入ってイマイチだったみたい。

一方、季節は進んでいるようで裏の梅は満開でございまして、下草刈ってストーブの灰を撒いたり。
20190216ume
今年も気がつくと梅の実を採る季節になっちゃうんだよね。

晩飯は拙宅で冷凍していたラムで火鍋。スープの素はこないだ白馬の帰りにアウトレットで仕入れておいたのだった。
4人で1キロくらいイケルでしょ、と思ったのだがイヤもうみんな食が細くなっちゃってぜんぜん食いきれませんでしたw。
20190216hinabe

| | コメント (3)

2019年2月15日 (金)

印パ沈黙の艦隊

20190215hana今朝もドンヨリとした雲り空のうちの前は北西クロスオフで腰腹。
軽く走るべぇと家を出てしばらくすると細かい雨がパラついちゃったりして、途中で引き返しちゃいましたよ。

20190215submalineということでボリウッドの潜水艦映画。
潜水艦を題材にした映画って、密閉された狭い艦内での人間模様が中心で佳作が多いとされますが、これもなかなか見応えアリ。
主役は前に観た大作でムキムキの悪役やってたおにいさんがグッと締まって登場。
1970年くらいにあったインドパキスタン戦争の開戦前夜が舞台で、両国の潜水艦が対決するわけだけど、インド側の(すぐ切れて暴発しがちな)船長とその抑え役として乗船した主人公との葛藤とかが前半の見所。
後半の戦闘シーンはCGで、途端にまぁご都合主義が目に付くし突っ込みどころも多いのだけど娯楽映画ですしねぇ。
なおボリウッドといえば唐突な歌と踊りなわけですが、なんとこの映画一曲しか歌が出てこないのよね。
まぁ気楽に観られて面白かったっす。

| | コメント (0)

2019年2月14日 (木)

三島の恋

20190214hana帰ってきたら今朝のうちの前は北西のクロスオフが強くてインサイドのみの腰腹。
予報通り一日気温が上がらず、もちろん相対的な温度としてはこっちのほうが高いんだろうけど体感的には白馬より南房のほうが寒いんじゃね?というような背中がスースーする感じ。
日が射せば昼間は消しても大丈夫なのだが、結局一日中ストーブ焚いちゃいましたよ。

20190214bungakuということで山道具の片付けとかしつつ今日はほぼ引き籠もり。
ちょっと思いついて例の小学館少年少女世界の名作文学全集をググってみた。ワシが一巻いっかん読んでは実家に全巻買いそろえたのはワシがトーキョーに出たあと親戚やら近所にくれてやって一冊も残ってないのよね。ほしたらあらあら全巻揃ったのがオークションに出てるじゃないですか。
う〜む、50巻で15000円かぁ。一冊300円。安いような気もするけど、たぶん絶対読み返さないよなぁ。それよりナニよりどこに置くんだよ。
ということで却下。

20190214hitamenで、白馬で読了したのがこの本。
ワシが聴いてるラジオ番組の準レギュラーとして筆者が出演していて、この本についてネタにしてたのを覚えてたのを図書館でめっっけて借りたのよね。
三島由紀夫の筆が一番乗っていた3年間の恋の物語を、その実のお相手である赤坂の料亭の娘と、両方の友人であった女性の思い出語りをまとめたノンフィクション。

タイトルはお能で面をつけずに演じることだそうで、男色家めいたイメージで売り出してその後もちょっと傾いたパブリックイメージを持っていた三島が、実はこんな素顔でしたということからなのかな。
もちろん当時は公にはされてなくて本人達も固く口を閉ざしてたのが、関係者も物故したんで筆者に打ち明け話をしたということのようで。
戦後の花柳界やら梨園の話なんぞも料亭の娘ならではのリアルな語り口で面白うござんした。

実はワシにとっての三島って切腹とかしたヤバイヤツであり、三島の作品は「少年少女〜」にも掲載されておりませんでしたし、まともに作品読んだ覚えがございませんのよね(「金閣寺」途中で投げ出したかも)。
それでも結構面白かったんだから三島ファンなら読んどいて損ないでしょうな。

| | コメント (0)

2019年2月13日 (水)

今日もガスガス

20190213iwatake出発前の予報じゃ昨夜けっこう降雪があるはず...だったのだがほぼ降雪ナシ。
あーわかりましたよ、こんなもんでしょ。

今日はウダさんリーダーでISE3達は山に入るようなのだがワシはパス。
ってかワシは以下の条件でしか山に入らないことを宣言したのであるっ!
一.晴天であること
一.リフトアクセスであること
一. オープンバーンであること
うーむ、我ながら実に清々しいな。
ということで今日も昨日と同じゲレンデで朝イチサクっと滑ることに。

ところが今日も上部はガッスガス。
昨日は左に逸れてしまったので気をつけなくちゃな、と一本目は無事ゴンドラベースに滑り込んだものの、2本目は更にガスが濃くなり今度は気がつけば右に逸れてサウスゲレンデに滑り込んでしまいました。とほほ。
それでも下部のピステン、裏の大外に残ってた極上ピステンでクルージング楽しめたんでまぁよろしかったかもね。
今日から明日にかけて降雪あるかもってことだけど、充分滑ったから撤退!

| | コメント (0)

2019年2月12日 (火)

オサレカフェ&ビヤバーから沖縄料理屋へ

20190212iwatakeということで冬型の気圧配置が強まってガッツリ降雪が...あるはずだった白馬ですけど結局ベースで5センチも積雪なし。
まー、こんなもんだろ、どーせ今年はダメですよ。シーズンとしてもぜんぜんダメなとこにもってきて、ワシのタイミングっつーの判断も含めてダメ。しかしふて腐れて来なくなっちゃうのが一番ダメなんで、来るんだよ、ワシは。

なんて気落ちしてもしょうがないんでISE3と待ち合わせたI岳の朝イチゴンドラに一応並んでみたりする。
いーんですよ今日は圧雪斜面にウッスラとのったバーンもいいじゃないですか、ねぇ。2番目ゴンドラでピスサラめがけて出撃じゃー。

ところがゴンドラが上がるにつれてガスが濃くなり、山頂はほぼホワイトアウト。
こりゃ慎重にゆっくり滑るべぇと滑り出したものの、あっという間にISE3見失うわバランス感覚失うわでパタリと膝をついてしまいまして、ここはどこ状態に。
滑り出しても自分が進んでるんだか止まってるんだか、やっと新しめのスキーのトレース(たぶんパトロール?)見つけて追っかけたはいいけど、真っ直ぐゴンドラベースに降りるつもりだったのが気がつけば日影リフト乗り場に迷い込んでしまいました。だはは。久々にザワザワしちゃいましたよ。
ケータイでISE3と山頂で待ち合わせて、2本目からはなんとかガスも薄くなりなんとかやっと滑れるようになりまして、ピスサラもとめてゲレンデクルージング楽しめたかもw。

20190212citycafe
途中からウダさんレディースチームと合流して、このグリーンシーズンに山頂にオープンしたっつーオサレなカフェにゴー。
お客はほとんどガイジンでニセコもかくやというような外国旅行感でここんちございました。ま、眺望はガスでまったく見えませんでしたけどね〜。

20190212beer夜はこれまた白馬の外国化を象徴するようなビヤバーからスタート。
前からあるホテルの一階改装したみたいなんだけど、クラフトビールっての?やたらいろんなビールが提供されてるのだが、ここもまたワシら以外は全員ガイジン。
ここからはウダさんも合流して、もう四〜五年ぶりに顔あわせたトモちゃんの近況なんかも伺いつつ、晩飯はここもワシが初めての沖縄料理屋へ。
なかなかディープな感じで泡盛なぞも傾けつつ白馬の夜は更けてまいります。
20190212okinawa

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

元祖ダメな世代はワシらです

20190211hana
連休最終日のうちの前は西のオフで腰腹のインサイドブレイクのみ。
でもって今日は急遽山に出撃。
昨日予想天気図観てたらなんか急に冬型の気圧配置が強まりそうな気配。イマイチ当てにはならないんだけど、先週雨でやられたトラウマを打ち消すべく積極的に動いたるか、と。
支度整えて、天気予報じゃ雪とかで長狭トンネル抜けると雪がちらついてたけど路面は問題なしで休日の空いた道路をスイスイと白馬に向けてゴーですわ。

20190211damegenerationま、今日は単なる移動日と言うことで先日読了した一冊をネタに。
「負け犬〜」でブレイクした筆者の最新作がたまたま目に付いたんで。
高校生の頃から「オリーブ」とかに文章書いててワシらの世代にとっては一回り下の妹的な印象なのだが、いわゆる「バブル世代」でもありタイトル通り彼らがいかにダメか、ということを検証するような内容。
確かにバブル世代って苦労知らずで大量に就職して、今や企業のお荷物てきな印象ですもんね。

しかしね、ワシに言わせれば、というかこの5〜6年くらいヒシヒシと感じているのは、本当にダメなのは「シラケ世代」などとも呼ばれた昭和30年前半生まれくらいのワシら年代だと思うのよね。
気がつけばテレビがあって、「レジャー化」した大学で過ごしてやれスキーだ波乗りだと浮かれまくって。就職もたいした苦労しないでバブル期も満喫。「失われた20年」でもそんなに苦しんだ記憶ないしな(人にもよると思うけど)。
でもっていよいよ経営層になったこの10年くらいをみなさいよ。一連の企業の不祥事、官僚の劣化、ぜんぶワシらの世代がテキトーにやってきた挙げ句の果てだと思うのよね。
ということで、今の日本をダメにしたのはワシらであるのでキミタチは責任感じる必要なし。

さぁ、なんとか年金食い逃げするぞっ。

| | コメント (0)

2019年2月10日 (日)

ビーフシチューに山芋めんたいチーズ

20190210hana
3連休中日のうちの前は北西のクロスオフが強くて胸肩〜アタマとサイズアップしたものの風に煽られてねじくれたダンパー気味の波。

20190210ibaichanこりゃ修行系でしょう、おまけにやたら風冷たいしとパスしていたらイバイちゃんが登場してうちの前にパドルイン。
どれどれどんなもんじゃいとワシはジョギングしながらチェックしたのだが、北北西に振れて砂が飛んできちゃって静江先輩んち前で引き返すほど。
ワシが戻ってしばらくするとやはり強風と寒さでやられたイバイちゃんが上がってきたんで、熱いものでもめしませなと椎茸茶なぞを。
しかも今日は仕事だとかで速攻で帰るようで、ご苦労様でございます。

今夜も夕飯はほんじょ山荘で。
メインはこのコンディションで波乗り諦めたほんじょさんが昼から煮込んだビーフシチュー。ワシはこないだ白馬の居酒屋で美味しかった山芋のめんたいチーズ焼きを持ち寄りまして、今日も身体が温かいっす。
20190210dinner

| | コメント (2)

«坦々鍋